微 小粒子はおるか放射性物質さえほぼ捕提出来るかのような詩式評価しました。 PM2.

5の た 損 帳報翌H SO親 に 公表 され ました。 (I S 023210120030b 揺が 2C100年 この韻 瞳 法で1ま 高濃度償 Fでの預 F定結果が過大評価になる喪術的課題があ り 、 これ逮改善したバーチャル ・ インパタターを用 いた新たな測定法の ISO規 格イ Lの作業 が 進行中であると明記してあ り ます。 (I sOrD I s18271) 2酬1年3月 現在 ISO/D I S18271は FDIS(国 、「 ― 際親絡最終築 〕 としての 濃 !定に関し、環境増のアセ スで1ま 算機式 (カスケ ー ド )イ ンパタターを用 い

豊録に向けて承認消み」の段階にあ りますが、A演 1定法は癖集性粒子も含めて llaでき るものではないこ とも'主 濃 己 言 があ ります。 離集性粒子 とは、高温の煙道中ガス状であ っても、大気中に敵数され希釈 ・ 冷却 され る 過程で粒子化するものと指 します。 『 集 じん装置モ通退する際にはガス状であるため、捕集されない。 』 つま 準 現行の還 r定斉送は、練集性粒子の預 J定結果を保証するものでtま あり ません。 根に大追セ ンター長の主張するとお り に SPMや PM2.5の 榊 Jヽ 粒子が ほぼ齢去出来るならば、バ ダフ ィル ター を付設した焼却炉の周辺でtま 端息な 健康報害は起 こらない害です。 しかし神奈lll県 横浜市の業区の ごみの熊却炉が稼働を停止 した ところ、 同過 0小 学校児童の喘息紙 患率が減少したとい う疫学調査 があ り ます。 ヽ ヽ 態台可学校では1917弥お ら914略に半減 し、A郷 小学校で,ま 1516韓から5略 零ま り3分の1にな りました。 プラステ ッタごみは燃や してよいのか」青木泰著、 リサイタル文化社 P184∼ 参考 :「

どの

また 日の出の最終処分場内に建てられた エコセメン ト エ場 の近 く にある 青揺市第 2小学校において児童の喘 亀 エ場が稼働 した 紙患率は、エ コセメン ト 200S年の翌年 から大き く 変化 しています。 それ まで0%∼ 0.3%の 間で推海 して きた被患率が2007年度に 140/0に 士 し、 鞠日 2側8年には 13∼14晩のFRTと な りました。 エ場 と喘 亀 参考 :「 日の出町エ コセメン ト 」園表 IV-4青 梅市立 第二 小学 校紙患書率 Pl 04-106 ナ ,シ カの世界がや 坤て くる 空 気 と食べ物 の放射能汚染」 青末泰著 「

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful