正蓮寺だより20号







20
みほとけの慈悲に照らされて




































・ ・
第 第
11 79























報 奉 節
告 仕 で
作 す


















ブ行
ッ会

1

.

正蓮寺本堂で佛前結婚式








22


































真発
宗行
大人






正蓮寺だより20号



















































































そ 々
し し
て く
何意
よ 味
りの
、 あ
本る
堂出
内 ない発
陣 じんに
に な
飾 った
ら か
れ と
た 思
御い
先ま
祖す
の 。








仕 しあ
合わ
せせ

























や 合
慶う
び 人
を 生
胸の
に よ
、 き
そ パ
の ー
御ト
前ナ
で ー
礼 らいと
拝 はいし
生 せいて
活 かつ出
を 会
共 った
に ご
歩縁
む の
誓不
い 思
を 議
た さ





















































伝(
法 42 昨
院 )と 年
で タ 12
佛レ 月
前ン に
結ト 入
婚の
安籍
式め し
を ぐた
挙み 芸
げ さ 能
た ん 人
そ ( 、
う 30 テ
で )は イ
す、 ク
。 東2
京の

・ 貴

草博
寺さ
の ん

一一一一一
、、、、、
恩親新新指
族郎郎輪

交新新交
讃杯婦婦換
式焼
杯香









2


































































































礼い
拝は

生せ

活か










一一一一一一

、、、、、、
総嘆勤表総司開新
婚式郎

者の新
礼偈行白礼焼辞婦











正蓮寺だより20号




今き

日う

出い

立た

幸さ
































今き

日う

出い

立た

幸さ



































































倶と


生い



結む



互た



胸む























苦く























































簿











厳ご




仏と

の 厳お





に に

両 押
家 さ
の れ
幾 た
久 和
し ろ
い う
仕 しそ
合 あわく
せ せの
を と
照 も
ら し
し び
て が
い 、



































今き

日う



日ひ


寿と



で 祝 しゅく
必 婚 こん
ず の
歌 歌
わ は
れ 浄
る 土
仏 ぶっき真
教 ょう宗
讃 さんの
歌 か仏
。 前
金 結
箔 婚














































3

今き

日う



日ひ


寿と


倶と


生い



誓ち







尽つ



生ょ

涯が

変か



愛あ



敬や






仏と


前ま



浄き






浄き









今き

日う


慶ろ


栄さ





























今ょ




慶ろ


栄さ


















倶と


生い



契ち


















深ふ







尊う








寺 テラ










朝し
た お

夕う

に みほ
仏と

か の

被か

光か


て を




















量は


無な

量は


無な































正蓮寺だより20号

















































































































































那 ナラ

お 」 バ


釈すナ 盆
迦。 。 の

様裏漢源
の 盆字は
弟で に
子は 音サ

だ あ 写ス
っ りすク

、 もま る リ
目 くせ と ッ
「 ウト
連 れんん 盂

と 。 羅 ラで

盆 バンウ

家で
の き
皆ま
様す
お の
一も

人毎
お 回

人 70
の 名
身 しんを
施 せ超
の え
志る
、 檀














































4

































































































































平 正
草 業 朝 成 蓮
刈 内 8
25 寺
り 容 時

よ 年 寺


り 6


10 月 事

時 30 業

半 日 奉

こ (日 仕

ろ ) 作








正蓮寺だより20号




























































































































































って













歳説開
で きい
入、 て
滅世ブ
し界ッ

て に と
今仏な
年法り
で が 、
2 広人
5 ま々
5 る に
6 。 法
年 80 を

正庄清
治司水
定照
恵道正
様様様










5




















っか
















































































































































































11



















30








=



















、 前
新 回
調 の
さ 旅
れ 行
た 会
本 で
堂 参
の し拝
設 つらし
え 、
の 好
中 評
で で
僧 し
侶 た
に 「
よ 築
る ど地
読 き本
経 ょう願
が 寺
勤 」
め で

=












層 静 せいら
意 謐 ひつれ
味 な て
を 空 い
増 間 ま

し を た
、 、 。
い 味 自
よ わ
い っ 然
よ て と

厳 ごそお 話
か ら す
で れ 声
功 くどま は
徳 くし 小
の た さ
。 く
あ お
る 焼 な






の の
始 煙 な
ま も さ
り 一 ん
























「 ブ
仏ッ
陀ダ




































正蓮寺だより20号

ご参加御礼
相磯和子様
相磯信子様
新茂様
大谷清和様
小澤晴江様
鴨下美枝子様
小林雪枝様
正治恵様
関野春江様
高崎昌士様
高崎ひさし様
土屋完江様
望月コヨ様
谷中幸子様
山下稜子様
全参加者 110 名

新茂様
大谷清和様
庄司定道様
正治恵様
土屋完江様
全参加者 65 名




























10




10









































っと













































































6





って





















































講 平第
光 師 伊 成 79
明 : 豆25 回
寺滋の年 聞
住賀国5 法
職県市月 会
東 韮26 報
堀近山

内江成日
了市福(
賢 寺日
師 様)














































つ 前 三
と 半 島
め は 成

正 しょ、
私 真
信 うしが 寺
偈 んげ講 様
」 師 で

練 を 開
習 預 催
を か さ
2 っ れ
グ て ま
ル お
ー り し
プ ま た
に す 。
分 声し









て 講う
行 習し




、 毎

勤 日
め の















31






(

ご参加御礼

第会次
80場 回

回は平

の 成
記 津25
念大

の泉
聞 寺11
法様月
会 17
で 日
す (
。 日

理のも での
由?か先有通滋
や」わ生名り賀
、といがな「県
お歯い胸「腹か
念におにい話ら
仏衣弟抱っ術お
の着子きこ」出
意せさ、くのか
味ぬん巧堂ごけ
」法く
を物。みさ

明言 にん話だ

らい 操のをさ

かで る先得っ

に、 「輩意た

し私 ひにと堀

てた かあす内
今る る



日 た
れが 君る方生

まお 」そでは
しは 、



に う
たに とでテ右

。来 っすレ写
たたて ビ真






























11








正蓮寺だより20号





って







った
















った
















人 て

数 法 本 ろ
で 事 堂 う
も は の か

結 、 法

構 遺 事




















寺 お で た
へ 頑 使 、
ご 張 う 焼
相 っ お 香
談 て 焼 を
く 生 香 ○
だ 活 の ま回
さ し 抹 っこ し
り て 香 うて
、 い に や
お る は り
気 こ
、 た
京 い
持 と

ち 報 都 と
を 告 か 思
込 、 ほら う
め 報 うな の
て 事 じる は

、 。 べ
法 と く 亡
事 り 香 き
を わ り 人
つ け の へ
と 年 良 の
め 回 い 想


も の

喜 法 の よ
び 事 を う

厳 で
家 は 選 、
族 数 し 本
で シ年 て 人
共ェ に 用 が
有 ア一 意 満
し 度 し 足
て の
て す
く こ
と い る
だ で ま 想
さ す す い

。 で
。 し

、 総


無 むじ 気
常 ょう 持 ま
の ち た
道 の 、

理 内 お
を 容 気
思 も 持
い 大 ち
、 事


た で 込
ち す め
。 て
を 目
お の 焼
浄 前 香
土 の を
に 亡 」と
迎 き 良
え 人 く
る 、 耳
仏 大 に
様 切 し
を な ま
信 家 す
じ 族 が
、 を 、
そ 失 そ
れ っ れ
を た な
焼 遺 ら
香 族 ば
と を お
い 前 念
う に
形 し 仏
で たて に
讃 た、 こ

え 自 気
て ね分 持
念 んの

仏 もぶつ い
の を
申 うち 込
す に め
の も ま
が 最 す
、 期
参 が 。
列 あ 込
者 る め
の 諸 しょ ら


ょれ
得 行 うる




























西






















頭 正
礼 蓮
、 寺
⑤ の
退 宗
出 派
、 、
と し真
焼 ょう 宗
香 こう 大
作 さほ 谷
法 う派
が (本
定 山
め 東
ら 本
れ 願

は・寺
い )は
ま 、
す ①
。 合
し 掌
か を
し せ
、 ず

回 頭
で 礼
は 、
少 ②
な 焼
い 香
と を
か 2
、 回
3 、
回 ③
は 合
多 掌
く し
て て
丁 お
寧 念
と 仏
か 、
、 ④
そ 合
う 掌
い を

こ 解
7

























っと










・・






































・・








40






































お◆
悔よ
やく

みる
に質
行問
くの

とー
、ナ
「ー
おが
気で
持き
ちま

をた
込◆







正蓮寺だより20号

る び ま内堂
方に すの に 毎
、 駆。 落お 週
お け 15 ち ま 月
待出 葉い ・
ちし分をり火
申まほ
素し曜
し すど
の 手た午
上。 作で 後前
げ 子 務 拾 、 さ10
ま ど の っ 作 む時

すも終て


。 た わ 楽 (清 こ
終ちっ し掃ど
わとたみなも
った 一 後 な ど た

後緒清が の ち
々ら作は
の に

茶 し協業お
話 務 い 力 )を 数
会を気し行珠
が し持て い を
楽て ち行ま持
し く で って す って
み だ外い 。 本
。 さ遊 境

真宗大谷派


育子
のど
願も
いた
をち
一の
言声
添が
え聞
よこ
うえ
とて
考く
える
てよ
おう
りな
ま写
す真
。を




正蓮寺

















寿







開山 1603 年

楽生保育園・寿光幼稚園
410-2221 静岡県伊豆の国市南江間 930 正蓮寺住職 渡邉元浄
住職携帯 090-7306-0220
寺電話 055-948-1366
FAX 055-946-0750
メールアドレス hotokenoko@gmail.com
ブログ http://hotokenoko.exblog.jp
Facebook で法語や仏教イベント情報配信中。
法事や葬儀はもちろん、生活・悩み相談・仏事に関すること、何でもお応えいたします。

8












「ほ




」が








「あ
























Sign up to vote on this title
UsefulNot useful