You are on page 1of 15

utte interview vol.

アートと書のハーモニー

デザイン書道家 平田美記インタビュー
Miki Hirata, a Design Calligrapher,
utte interview
Harmony with Art and Moji
December 2008
アートと書のハーモニー

作品『創』部分

Harmony with Art and Moji 2


アートと書のハーモニー

この冊子は、クリエイター作品の販売ウエブサイト
「utte」に掲載するクリエイター×ウッテリエ・イン
タビューです。気鋭のクリエイターの創作世界観を、
ウッテリエ(utte+sommelier=クリエイティブ界
のソムリエの造語)が 2000 字から 2500 字でぎゅ
っと伝えます。

2008 年 12 月にとりまとめたデザイン書道家平田美
記さんとのクリエイティブなインタビューです。美記
さんの創造文字の世界をしっかり伝える一文になり
ました。お楽しみください。

皆さまからのコメントが励みになります。お手紙は
utte の電子メールアドレスまでお願いいたします。
utte@utte.co.jp

utte ブックレット制作責任者 郷好文
同 村山桜子

Harmony with Art and Moji 3


アートと書のハーモニー

平田美記 utte ウエブサイト
http://www.utte.co.jp/joomla/content/view/329/54
/
utte ウエブサイト
www.utte.co.jp
平田美記ウエブサイト
http://www.hamoji.com/
平田美記ブログ
http://ameblo.jp/hamoji-fude-moji

Harmony with Art and Moji 4


アートと書のハーモニー

平田美記(ひらた みき) デザイン書道家

自己紹介

本格的書道家を目指していました。(笑
その思いから古典書を学び始めいろいろと進むうち
に芽生えてきた違和感を持ちながら歩んできて私の
やりたかった事って?書道家って?という疑念と葛
藤しながら辿り着いた道が、デザイン書道という今の
hamoJI(墨・調和・ぬくもり)という形でした。

文字を自由にアートする。

書道という固定観念を捨て墨モヨウであったり、文字
であったり決まりを拭い捨てる事で自分自身が自由
に書ける喜びを得た気がします。
10 人全員が共感してくれる作品を求めているわけで
もなく、美しいだけの文字を書きたいわけでもない。
たった一人にでも何かほんの少し心に残るモノが伝
わるような作品を作り続けていきたい。

Harmony with Art and Moji 5


アートと書のハーモニー

平田美記(ひらた みき)経歴

1977 年 宮崎生まれの東京育ち
1983 年 書を習い始める
1999 年 書道家を目指し本格的に書の勉強を始める
2006 年 産経国際書展、全国臨書模刻展、入選、特選
受賞など(以下、継続)
2006 年 アート書道の講師としてワークショップ開

2007 年 hamoJI を開設 書道家ではなくデザイン
書道家として活動を始める
2008 年 池袋コミュニティカレッジにて商業書道を
専攻
2008 年 JDCA 日本デザイン書道作家協会に入会
2009 年 『楽しい筆文字・アート書』の講師としてア
ート書を教える

Harmony with Art and Moji 6


アートと書のハーモニー

アートと書のハーモニー

文字、ではあるがじっと見ると“心象”にも見える。
文字、ではあるがじっと見ると“情景”にも見える。
文字、ではあるがじっと見ると“絵画”にも見える。

心象にも見える作品は『幻』。 こ
の世のものかあの世のものか、
文字の心模様がまるで霊のよう
に踊っている。

情景にも見える作品『風』には、
“かぜかんむり ”が飛ばされま
いと、ぐっと踏ん張る風
の動きが見えてくる。

絵画にも見える作品『雨』
は、雨の文字が人型にな

Harmony with Art and Moji 7


アートと書のハーモニー

って踊っていて、てるてる坊主にも見えるユー モラスさ。
雨音のピチャピチャが聴こ
えてきそうだ。

魂、意志、ユーモアがあふれ
るアーティスティックな書。
デザイン書道家 hamoJI こ
と平田美記さんの偶発から
生まれる作品たちだ。無心
に墨を摺る。すぐには書か
ない。本を読んだりテレビ
を眺めたりして生活感を吸収する。想いにふける。ふと
筆を持つ。

Harmony with Art and Moji 8


アートと書のハーモニー

筆が書道紙に触れる瞬間に、心象・情景・絵画が生まれ
る。書き終わるまで何も考えない。実際、タイトルさえ付
けない作品が多い。

【自由と伝統のはざまで】

HamoJI とは“Harmnony(調和)”と“MOJI(文字)”
を合わせた造語である。これを雅号と呼んでいいものか。
雅号とは書家らが自分 を表現する風雅な呼び名である。
作風を表し、属する“派”も表す。そうした書道の伝統的
なきまりと一線を画してきた彼女の作風は、書家のカテ
ゴリーにおさ まりきらない。

Harmony with Art and Moji 9


アートと書のハーモニー

6 歳の頃から学びだした書、ずっと続けていたが、本格的

に書道家になろうと誓ったのは、結婚して子どもが生ま
れてから 23 歳のとき。きっかけは 30 歳になっ た自分
がどんなだろうかと想像したこと。何でもない自分では
イヤだなと思った。では自分に何ができるだろうか?ど
んなことも吸収する好奇心の強さをバネに して、何をし
たいのかじっと考えた。そして自分が好きだった書道で、
30 歳までに書道家になろうと決めた。子を育てながら前
衛的な書道家を師とする生活を 続けた。

甲骨文や金文、いずれも文字の始原と言われる古代文字
を学び、篆書(てんしょ)や楷書、かな文字を学んだ。臨

Harmony with Art and Moji 10


アートと書のハーモニー

書(お手本を見ながら書く)もたくさんした。書こそ自
分の道だとあらためて実感した。

だが疑問も芽生えた。書道家として段をとり、師範にな
り、書の伝統を守る。それもいいけれど、どうも自分とぴ
ったりこない。それが自分の書きたい文 字への道なのか、
表現の道なのか、自信が持てない。あれをやってはダメ、
こう書かないとダメという作法や規則にどこか窮屈さ
を感じた。

【自由に書きたい】

そんなとき結婚式のウェルカムボードを受注した。どん
な文字を書こうかワクワクした。普通の楷書ではつまら
ない。ある商業書道の大家の書体を真似て書いてみた。
できあがったのは自分の作風とはいえなかったけれど、
のびのびと自由に書けた。これだと感じた。

Harmony with Art and Moji 11


アートと書のハーモニー

「わたしは自由に書きたい」 。

前衛書家のように目隠しをして書く。自分の衝動で書く。
そんなアート書道が自分の道だと思った。そこで自由な
作品を創造する商業書道を学び、自分なりの作風を磨い
た。文字で心象を表し情景を描き、絵画表現にする手法
にたどりついた。

Harmony with Art and Moji 12


アートと書のハーモニー

鏡 像シンメトリーの作品“花”には、自由なスピリッツが
あふれる。右側の花という字。内側からほとばしる生命

が開き、

花となるかのように、文字が身をよじ る。一方、左側には
花をひっくり返した“鏡文字”がある。ひっくり返すこと
で、花のほんとうの美しさって何?と観る者を想いの淵
にいざなう。なんだか花が 謎めいてくる。

【夜、インスピレーションを書道紙に落とす】

Harmony with Art and Moji 13


アートと書のハーモニー

淡墨(たんぼく)と濃墨(のうぼく)のコントラスト
も彼女のユニークさだ。淡い墨がにじみながらも広がり、
中心に濃い墨がとどまる。この表現を高める和紙の里な
かとみ(山梨県見延町)の紙が、彼女のインスピレーシ
ョンを受け止めるたいせつな道具でもある。

根っこにアーティストがいる彼女、でも昼間は子どもを
追いかけ、また追いかけられての明るい母でもある。母
としての一日の生活がひと段落した夜 10 時以降に“顔
を変える”。硯を手元に置き、インスピレーションがやっ
てくるのを待つ。本の文字に自分を漂わせ、しんとした
生活の音の中を泳ぐ。

Harmony with Art and Moji 14


アートと書のハーモニー

空間の隙間 にふと文字のヒントを感じる。指先にそれが
落ちる。筆に伝わる。硯から墨を落とす。文字から偶発が
生まれ書道紙に hamoJi の世界が広がる。

2008 年 12 月 04 日
文・郷
写真・村山

Harmony with Art and Moji 15