正蓮寺だより32号







































16 14



























































12 10 8 6 4 3










32
表紙:正蓮寺本堂縁側

こころテラス
1

相談できるお寺
































「 し
怨 うら 、
み 幼
に き
報 法
い 然
る 上
に 人
怨 は
み 出
を 家
以 さ
て れ
し た
た そ
な う
ら で
ば す
、 。


























































































































































































































































































































































































































































































































































2



































































































































































































正蓮寺だより32号




































お勤めの後は歓談





















































方 し
に ま
は し
玄 ょ
関 う
で 。

御お

移 つ寺
り に
( お
お ま
返 い
し り
) の































・ ・ ・ ・ 内帳平新
面成年
お記お新容も
2を

8合
斎念つ年
用年掌
意ので
撮との
しご迎
影めご
て命え
お日ま

りをし

ま確ょ

す認う

。で






朋総
奉代






姿















































午午平
後後成
2 1 28
時時年
よ41
り5月
3分1
時参日
ま集



姿




































四し 末
季き 年
参 まい 始
り の


















平成 27 年修正会の記念写真
3



おい
寺一
の年
本の
堂始
でま
過り
ごを




相談できるお寺

ま の の 終
す 方 お 焉
。 、 檀 を
ご 家 意
懇 様 味
志 を し
を は ま
く じ す
だ め 。
さ 、 事
っ 総 前
た 代 準
皆 様 備
様 、 を
に 世 し
厚 話 て
く 人 く
御 様 だ
礼 、 さ
を 当 っ
申 日 た
し ご 当
上 来 番
げ 寺 区



























































































当番区事前打ち合わせ

娘も加勢


































































































































































































































































年 平
々 成
徐 27
々 年
に 10

詣 月
数 25
の 日
増 、
え 報
る 恩
正 講
蓮 が
寺 厳
の 修
報 さ
恩 れ
講 ま
で し
す た
が 。

前日準備五色幕

レジュメお経本設置












椅子の設置

景品の用意

4



司会、副司会

正蓮寺だより32号

報恩講の記念写真撮影中

帰敬式受式法名授与

熱心に法話を聞く参詣の皆さん

真宗大谷派
平松理薫師

閉会式で歌った「仰げば尊し」に感動

帰路はすがすがしい夕日










































































浄土宗
井上広法師

県外から友人僧侶も見学

報恩講スタッフ当番写真



















雲 大
寺 泉 西
様 寺 琳
様 寺













成 町

寺 成
様 福

5











西 願
念 寺
寺 様

小澤秀之さん

真言宗
松下弓月師

住職挨拶

景品争奪じゃんけん大会





























































相談できるお寺




























年 昭 ~
よ 和 ほ
り 2 と
楽 9 け
生 年 の
保 祖 こ
育 父 ど
園 、 も
寿 正
光 蓮 先
幼 寺 代
稚 1 住
園 8 職
と 世 、

し 住 々
て 職 代
形 釋 げ住
を 元 りん職
変 了 ょう~
え 法
、 師
父 が
、 に
1 楽
9 生
世 園
住 を
職 興 おこ
、 し
釋 て
元 げん以
和 な来
法 、
師 仏
が 教
「 保
ほ 育
と を
け 実
の 践
こ し
ど 、
も 現
」 在
を は
教 3
育 9
方 0
針 名
の の
核 園
と 児
し が
て 生
情 活
熱 し
を て
注 お
ぎ り
、 ま
種 す
を 。
撒 昭
き 和
、 5

歴 の あ
史 焚 たっ 時 ~
的 い た は 正
な た 旧 流 蓮
事 線 本 れ 寺
実 香 堂 、 本
に の に 昭 堂
思 残 入 和 の
い り る 4 追
を 香 と 8 憶
馳 は、 、 年 ~
せ い そ に
る の こ 落
と ち は 成
、 の か何 し
今 芳 ぐわと た
私 し も こ
た さ 言 の
ち で え 青
の あ な い
眼 り い 屋
前 ま 静 せい根
ご し 謐 ひつ瓦
本 た な の
尊 。 空 新
は 阿 間 本
益 弥 で 堂
々 陀 し に
輝 如 た 阿あ
き 来 。 弥み
を の 文 陀だ
増 も 字 如 にょ
し と 通 来 らい
て に り 像 ぞう
い ぬ 伽 がらは
ま か 藍 んど移
す ず 堂 うさ
。 き で れ
、 あ ま
香 り し
を ま た
く し が
ゆ た 、
ら が 私
せ 、 が
、 そ 幼
お こ い
念 に 頃
仏 漂 、
の っ 今
生 て は
活 い 新
に た 墓
情 の 地
熱 は は
を 、 す
捧 今 の
げ 思 さ
た え と
先 せんば と
達 だつ私 な
の た っ
姿 ち た
、 の 土
そ 先 地
の 祖 に




















































































、 開 ~
釋 山 先
慧 え住 達

了 ょう職 檀

法 釈









み師 ~
妙 ょうか

了 ょうら
法 、
師 釋し
、 正 ょう
釋 應 おう

休 ゅう法
ち師
澄 ょうへ
法 と
師 仏
、 法
釋 の

了 ょう灯
恩 おんは
法 繋
師 が
、 れ
釋 、

了 ょう釋 ち

意 い足 そく
法 法
師 師
、 、
釋 釋

了 ょう了 りょ


澄 ょう應 おう
法 法
師 師
、 へ
1 と
7 。
世 し
釋 か
男 だんし
也 や世
法 は
師 戦
へ 乱
と 期
、 、い
そ 幾く
の た
灯 び
が か
消 の
え 焼
る 失
こ に
と 遇
な い
く な
護 が
持 ら

っ 俗
て 名 親
い 渡 鸞
た 辺 聖
、 半 人
真 左 が
言 エ 亡
宗 門 く
磨 ま。
「 な
尼 にさ今 っ
山 んは て
千 ちば浮 う3
葉 で世 きよ4
寺 らに 1
の 望 の年
御 みどみ ぞ後
堂 う無 、
を し 慶
移 」 長
設 と 9
し 発 ほ年
建 心 っし(
立 し ん1
し 、 6
た 庶 0
の 民 3
が か )
、 ら 4
私 出 し月
た 家 ゅっ、
ち 得 とけ今
の 度 くどか
法 し ら

し4
山 釋 ゃく1

正 如 ょ2

蓮 法 う年
寺 と 前
で 名 な。
す 告 の武
。 り 田
、 氏
鳥 に
打 仕
村 え
よ 、
り 小
半 田
里 原
ほ か
ど ら
北 当
西 時
の こ
山 の
池 鳥
の 打
ほ 村
と に
り 居
に 住
空 し
き た
寺 の
と は
な 、
6



















聖 ょう教 に 剃 いは
ぎえ の 髪 つ1 ~
教 ょうに 縁 し 1 親
を 還 かえは 僧 7 鸞
表 ら 見 侶 3 聖
し れ 極 と 年 人
て ま め な 、 の
、 し 難 り 承 じょご
次 た く ま 安 うあ生


の 。 、 し


世 そ つ た
の の い 。 年
た 後 に そ 春
め 、 2 の の
に 北 9 後 こ
教 海 歳 比 ひえろ
え の で 叡 い、

を 僻 へ比 山 ざん鸞

広 地 ち叡 に 聖
め に 山 て 人
ら 辺 へんを 修 しゅは



ょ降 学 く京




り 研ん
1 の ぐ、 鑽 さん都 ひ
2 群 んる法 2 日 の
6 類 い然 0 野
2 を 上 年 の
年 教 人 。 里
弘 え の 広 に
長 、 お く ご
2 関 念 南 なん誕
年 東 仏 岳 がく生
1 の に 天 てんさ
1 山 出 台 だいれ
月 野 遇 の 、

2 に い 玄 げんの
8 苦 、 風 ぷう最

日 悩 六 っを 中

、 の う角 く とぶに
念 有 じょ堂 どう訪 ら
仏 情 うに い 親
の を て 、 を
息 導 聖 深 失
は き 徳 く い
絶 、 太 楞 りょ孤

え 晩 子 厳 ごん児
、 年 の 横 よと
9 、 夢 む かな
川わ
0 京 告 こく り
の 、
歳 都 を
余 より御
で の 得
流 ゅう年
往 巷 ちまて
を 9


に 、 汲 く歳

お 自 ん に

還 力 で し

り の 学
素 そかに 雑 ぞうば て し
懐 いな 行 ぎょれ 青 ょう

蓮れ
を っ
か ま 院 んい
遂 た
ら し にん
げ 後
他 た て
ら は
力 が 出
れ 、
の 、 家
ま 多
本 生 さ
し く
願 き
た の の 死 れ



















































































白 もう





























白 もう


表 らわ

「未来の住職塾」とい


良くするためのつどい

共有する仲間です。県外

寺されますので、ぜひ

申し込みは、本送り状

正蓮寺だより32号






































お の
念 た
仏 め
を に
い 念
た 仏
だ 者
き と
切 し
り て
、 歩
い む
つ こ
の と
日 を
か 、
あ 私
な は
た 誓
と い
同 ま
じ す
往 。
生 そ
浄 う
土 し
の て
素 そか親
懐 いか
を ら
遂 い
げ た
る だ
た い
め た
に 命
。 を
















如 い謝
何 かの
な 誠
る を
不 表
幸 し
に 、
も 念
屈 仏
す に
る い
こ そ
と し
無 み
く ま
、 す
称 。



朗 ほが






倶 くえ
会い
一 っし
処ょ























































































































































































誓 て
い お

~ ま














れ 三
に 、
関 死
わ 別
る や
僧 悲
侶 嘆
と に
出 寄
会 り
い 添
、 う
そ 「
の グ
活 リ
動 ー
の フ
存 ケ
在 ア
背 の
景 つ
に ど
向 い
き 」





























浅 せん
学 がく





























































































表白の様子
7

て 社
三 会 し ~
つ の か 未
の 中 し 来
活 の 自 の
動 お 分 住
と 寺 に 職
の の そ 塾
出 で本 ん 、

遇 あ分 な 侶
い や 大 と
を 使 そ の
果 命 れ 出
た を た 会
し 見 こ い
ま つ と ~
し め が
た な で
。 お き
す る
「 だ
未 ろ
来 う
の か
住 と

職 躊 ゅう
塾 躇 ちょ
」 し
に て
通 い
い た
、 時
今 、
日 「
ご 望
法 み
話 な
を き
い 浮
た 世
だ 」
く に
お 応
寺 え
様 た
を 歴
含 代
め 住
、 職
多 が
く 私
の を
私 しし奮
淑 ゅくい
す 立
る た
僧 せ
侶 て
と く
出 だ
会 さ
い い
、 ま
そ し
し た














































































































































































































































































































































































ん 時
犯 ~ 。 代 私
罪 反
に が
に 省
比 2

べ 2
き 現
る 歳
込 代
と で
ま 社
色 正
れ 会
々 蓮
る に
と 寺
こ お
状 の
ど 寺
況 住
も が
は 職
。 成
変 を
犯 す
わ 預
罪 べ
り か
を き
ま ら
犯 役
す せ


が て


、 い

現 た

代 だ

社 い

会 て

は か

物 ら

質 、

的 近

な 隣

豊 寺

か 院

さ 様

の 、

中 お

に 檀

む 家
な 様


し の

さ お

を 育

孕 はらて

み を

、 い

ど た
彷 さま
こ だ
徨よ
か き

満 1

た 2

さ 年

れ が

な 経

い ち

心 ま
に し

悩 た


む 。

人 先
も 代


少 や

な 先
く 々


あ 代

り 住
ま 職

せ の

相談できるお寺



































































































































































































































































































































































































































































































調





























































































































































































http://otera-oyatsu.club/









































調






























































































8

お飽
そ食
な日
え本
のに
おも
さあ
がる
りこ
をど

おの
す貧
そ困
わ問
け題

















































奈お
良や
県つ

松安ラ
島養ブ
靖寺発
朗住起
上職人






























































































正蓮寺だより32号





























松島上人の事業説明

参加者のみなさま

パンフレット設置

松島氏































住職




















































































































































































































































































































9






































便



























































































































































































姿


























































































































































































































































ご祉
賛協
同議
く会
だ様
さが




















相談できるお寺


















護た
寺。

遠植佐室野関坂及金小土
藤松藤伏際野井川子沢屋
常純洋春暁ユ哲重啓
誠登義夫男江子リ夫信治
様様様様様様様子様様様

末室鈴相相落重片石土
野伏木良磯合田山井屋
紀 雅清信俊 大勇
昭博彦文子二智志二保
様様様様様様様様様様
小篠関遠遠鴨塩今岸正
澤田 藤藤下谷野本治
節和卓俊宏春隆あ司
子博子夫之久一け乃恵
様様様様様様様み夫様
様様

竹笹で本堂外壁のすす払い
























相加鈴相関加加小
磯藤木磯野藤藤林
和敏克和義信君貞
子男己典男幸子博
様様様様様様様様
相谷久相芦相谷関
磯川保磯川磯田野
誠 田由 武朝光
子誠義紀孝廣子宏
様様郎子様様様様
様様




相高鈴小谷加加
磯橋木林中藤藤
悦正 泰幸 禮
子道隆裕子淳子
様様様様様様様

役員さんによる作業説明























簿

















おつとめからはじめます



寺号塔前掃除

蓮の鉢周り草抜き

本堂前のソテツは頑固でした

境内の植木の剪定

枯れた蓮の葉っぱをおかたづけ
10

せっせと草取り

テラスの苔庭の草むしり

正蓮寺だより32号

護寺会より清掃奉仕のおねがい
「正蓮寺があることで、いままで少しでも安心を得た方」はなるべくご協力いただけるとありがたいです。
住むところは違っても、私たちは仏様とお寺を中心にした仲間。無理の無い範囲で結構ですが、年に一度は奉
仕作業へのご協力をよろしくお願い申し上げます。
一致団結してお寺を護り、きれいにいたしましょう。 護寺会会長 住職

12月13日(日)午前 8:00~10:30 ころ
~お寺をきれいにして、お仏具みがいて、
やきいも食べましょう~
※今回の担当は、正蓮寺仏教青年会、正蓮寺だよりが郵送で届く方、信徒、はすとも
(永代供養の方)。境内草取りなど軽作業で、参加自由ですがぜひご協力をお願いい
たします。今までの担当回をやむを得ずお休みになった方も、振り代えでご協力い
ただけるとありがたく思います。よろしくお願いいたします。
ご参加いただける方は、正蓮寺までお電話をお願いします。055-948-1366

次々回:来年2月下旬 蓮の植え替え
担当:役員(総代、相談役、世話人、蓮がほしい方有志)

古木は薪にします

草刈り機の方裏山を軽く

庫裡玄関前の植木刈込

おみやげもらってさようなら

境内への参道脇草むしり

みんなでわいわい

休憩たっぷり
11

軽トラの屋根からハイチーズ

相談できるお寺












































































































































































契【
約納
後骨
、期
基間
本に
的つ
にい
はて
「】








信 しん
徒と

















































































































































































































12













































正蓮寺だより32号










一とル
ひ守
葩らり
」 花



















亡き人や、契約された方(赤字)のお名前を刻みます










































































無 お
阿 寺
弥 の
陀 そ
仏 ば
の に
こ い
こ る
ろ 限
と り

の 「
出 あ
遇 な
い た
を を
果 決
た し
し て
た 見
「 け捨
結 ちて
縁 えん な
の い
人 」
」 と
で い
あ う






















13


























































































































































































































相談できるお寺












会を「 ●
と来よ 正
と年り 蓮
も3よお寺
に月く寺だ
開2生のか
催7き終ら
し日き活で
ま護るセき
す寺 ミる

。会 ナ
めー
総に

す 被 こ
。 災 ど
地 も
に た
寄 ち
贈 が
す 描
る い
検 た
討 仏
を 様
し の
て 絵
い 画
ま を






























1 会
8 付

3 単
0 回
~ 参
2 加
0 2
: 5
5 0
0 0



























1●

6正
日蓮
、書

月院

0 月
日 一
、 回

月 水
1 曜
6 日

8 月の回参加者のみなさ


































































































いご、
。家お
族話
やを
おい
友た
達だ
とく
ご予
参定
加で
くす
だ。















予 し
ま 真 定 た
す 空 で 。
。 管 す 次
の 。 回






















レコードの手入れをする田邊さん
14














































































































3 2
月 月 月

2 3 3
日 日 日
、 、 、
3 2 1
月 月 月
2 2 2
月 3 4 7
謝 日 日 日























































































yoga










































































正蓮寺だより32号




















大勢集まりました

書家阪野氏による看板

スタッフ「お結び」のみなさん













































































































したノ おのる
た。実おいおス十
。とさ声し寺タ二
てん掛いがン
も、 イ映ス月
素ほけベ画で六
映日
敵かくン
トが
なスだで見画、
のお
上タさ
っすれ上寺

映フた。て が
会の岸 、映主
でみ美 カ会催
レが
しな
たさ和 ー開で
。んさ ま催は
あ大ん でさな
り変、 いれく
がお主 たま会
と疲催 だし場
うれの けたを
ご様相 ち。提
ざ 原 ゃイ供
うンす
いで
まし木 、ド

本堂で映画上映

サリーの着付け体験

テラスでカレー給仕
























































































































旅するギフトのみなさん



















































































































































さげ▼
いま暮
。すれ
。の
本お
堂参
にり
も、
お庫
線裏
香に
をて
おお
手待
向ち
け申
くし
だあ
15

































































▼まに編に▼
報すラ集も前
恩。ブはま号

レかしか

タなてら

ーり1色

を苦6々

書労ペ動

くしーき

つまジが

もしのあ

りた大っ

でが容た

頑、量の

張読でで

っ者す、

ての。い

い方






相談できるお寺

園長(住職)が園のこどもたちの様子を写真付きでご紹介いたします。Facebook、ブログも見てね♪

七五三法要
本堂で七五三法要が営まれました。元来七五
三は神社の行事ではなく、家庭や地域行事であ
ったそうです。正蓮寺ではこどもたちの成長を喜
び、お経本を持って仏様の徳をたたえています。

火災予防の避難訓練
月に一度、園では地震や火災を想定した訓練が
義務付けられています。11 月はかっこいい消防
車が登園してくれ、記念写真ににこにこしていま
した

ホームページ
ご覧いただき
ありがとうございます

ハロウィン給食

おゆうぎ会

お寺の幼稚園保育園ではありますが、ハロウィ
ンもクリスマスも行います。都会で行われている
ような騒ぎではありませんが、静かに世界の宗
教文化を味わわせていただいています。

(写真はリハーサル風景)
長岡総合会館アクシスかつらぎで、楽生保育
園寿光幼稚園のおゆうぎ会が開催されました。
両方でおよそ 1000 名の保護者様の拍手が鳴り
響き、こどもたちの立派な姿に涙を流しました。

テレビ出演その1

テレビ出演その2

東京都内「すみだがわのほとりにえがおさくほい
いくえん」園長のまあ先生が楽生保育園寿光幼
稚園を訪問し、本人が進行する番組の撮影に
来てくださいました。子供たちは大喜びでした。

秋のお彼岸企画ということで、静岡第一
テレビ「とびっきり静岡!」の取材が入りまし
た。こどもたちが描いた写仏画や、レコード
を聴いて、正蓮寺の彩を楽しんでいただき
ました。放送は10分ほど流れました。

相談できるお寺
しょう

れん

http://shourenji.or.jp

開山 1603 年
℡055-948-1366

住職携帯 090-7306-0220 hotokenoko@gmail.com
410-2221 静岡県伊豆の国市南江間 930 正蓮寺住職
16

ブログ 「ほとけのこども日記」
渡邉元浄 genjo watanabe

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful