第 一章 東京語 の文字 ・表記

東京時 代 の国語 を表 記 す る文字 には、漢字 ・片仮名 。平仮名 ・ロー マ字 があ る。
漢字 は、 江戸時代 にお いては 一部 の知 識 人 のも のであ り、
 一般 の庶 民 には読 む ことも書 く ことも できな いも の

││

則 を定 め、第 三号表

大 正 一二年 五月臨時 国語調査 会 は常 用漢字 一九 六 二字 を発表 、 昭和 六年 五月 一八五
八字 に修 正、 昭和 一七年 六

で教 育 に用 いる漢字 一二〇 〇字 を 示し た。

こう した漢字制 限 の趣 旨 は教 育 にも採 り入 れら れ、明 治 三二年 、文部 省 は小学校令
施 行規

日本 二仮 名 ノ文字 アリ ナガ ラ漢字 ヲ交 へ用 ル ハ甚ダ 不都合 ナ レド モ ︵
中略︶漢 字 ヲ全 ク廃 ス ルノ説 ハ願 フ可
ク シテ俄 二行 ハレ難 キ事 ナ リ、 此説 ヲ行 ハント ス ル ニ ハ時節 を待 ツ ヨリ外 二手 段 ナ ル シ
カ ベ

中略︶今 日 ヨ
リ次第 二漢字 ヲ廃 ス ルノ用意専 一ナ ル可 シ  其 用意 ト ハ文章 ヲ書 ク ニムツカ シキ漢字 ヲ バ
成 ル丈 ケ用 ヒザ ル
ヤウ心掛 ル事 ナリ
と述 べ、 ﹁ム ツカ シキ字 ヲサ ヘ用 ヒザ ンバ漢字 ノ数 ハ二千 力 三千 二テ沢 山 ナ ル ベ シ と
﹂ 漢字 の制 限 を主 張 し た。
明治 一九年 には矢 野文雄 が ﹃
日本文体 文字新 論﹄ の中 で、常 用 の漢字 は三〇〇 〇 以下 で十 分 であ ると述 べ、 二〇
年 に ﹁三千字 字 引 ﹂ を発表 し た。

字 不可廃 論 ﹄ な どを生 む ととも に、仮名 専 用論、 ロー マ字 専 用論 、 漢字節減論 を生 んだ。
福 沢諭 吉 は ﹃
文字 之教 ﹄ ︵
明治六︶ の端書 で、

こ のよう な漢字 全廃 論 は、漢 字廃 止 に反対 す る意 見 、 た とえば 、 三宅 雪嶺 の ﹁
漢 字 利 導 説 ﹂、井 上 円 了 の ﹃

と いう意見 をも って いた。

も 一度 に漢字 全廃 と いう こと は困難 もあ りまし ょう。 むし ろ、 ロー マ字 を使 用 すれば 、
こ の国 民 に大 いな る
利益 を与 え る こと でし よう。 ︵
明治六年 二月 二三日 一
局谷道男編訳 ﹃
S ・R 。ブ ラウン書簡集し

来 日し たダ ツチ ・リ フ オー ムド ・ミ ッシ ョンの宣教師 S ・R ・ブ ラウ ンもま た、
わたし は、 こ の漢字 全廃 、 かな使 用論者 です。漢字 を学 ぶ間 に、 も っと他 の事 を学び
う る から です。 も つと

1

と沐べ た。 この漢字廃 止論 は、 聖公会 宣 教師 C ・M ・ウイリ ア ム の話 に示唆 され たも のであ ったが、江戸末 期 に

用を御廃 止相成候様 にと奉 存候 ︵
漢字御廃止之議︶

ても 西洋諸 国 の如 く音符 字 ︵
仮名 字 ︶ を用 ひて教 育 を布 かれ漢字 は用 ひら れす終 には日常 公私 の文 に漢字 の

迂遠 な る教授 法 を取 らす渾 て学 と は其事 理を解 知 す る に在 り と せさ る可 らす と奉存候 果 し て然 ら は御 国 に於

な る文字 文章 を用 ひさ る可 らす其 深逮高 尚 な る百科 の学 にお け るも文字 を知 り得 て後 に其 事 を知 る如 き顛 渋

国家 の大本 は国民 の教育 にし て其教育 は士民 を論 せす国民 に普 から し め之 を普 からし め ん には成 る可 く簡 易

こ のよう な環境 の中 で、慶 応 二年前 島密 は、

と述 べ、漢字 を ﹁四角ば ツた字 ﹂ とよ ん で いる。言 い換 え れば 、 江 戸 時 代 は、 ﹁
学 問 と云 へば 士 族 の為 す事 で平
民 には為 す こと の出来 ぬ様 に考 へら れた﹂ ︵
国語調査 の意見﹂太陽 。明治三三年五月号︶時代 であ った。
前島密 ﹁

篇下︶

であ った。 明治初 年 の ﹃
西洋道 中膝 栗毛 ﹄ ︵
明治三∼九︶でも、 町 人 の北 さんが、 漢字 平仮名 交 り の文 の日記 を、
弥 次 さん おめ へ読 ンでく ん ね へお いら にや ア四角 ば ツた字 があ ると蹴 つまづ いてよ み にく いから ヨ ︵
北 ﹁

V文 字・ 表記
東京語各論研究
第二部


東京語 の文字・ 表記
第一 章

月国語審 議会 は標 準漢字 表 二五 二八字 を作成 、
 I 一
月、文部省 は 二六 六九字 に修 正 し、義 務教 育 で習得 さ せ る べ

昭和 一三年 七月 国語審議 会 は漢字字 体整 理案 を発表 し た。 そし て、 昭和 二四年 六月、当 用漢字字 体表 を発表 し、

字体 に ついては、大 正 八年 一二月文 部省 が漢字 整 理案 を、大 正 一四年 一〇月臨時 国語 調査 会 が字体整 理案 を、

が発表 された。

、 カ ナ モジ カ イ の五〇〇 字 制 限案 ︵
そ の間、 民間 でも、斯 文会 の常 用漢字 三五 八六字 案 ︵
昭和 一〇︶
昭和 一こ

定 、人名 用漢字 別表 とし て公布 した。


いわゆる教育漢字︶とし て決定 した。 また 二六年 には、当 用漢字 以外 で人名 に のみ使 用 し てよ い漢 字 九 二字 を 選

告 示をも って公布 した。 二三年 には当 用漢字 表 から、義 務 教育 期間 に指 導 す べき文字 八八 一字 を、当 用漢字 別表

き漢字 の標 準 とし た。 昭和 三〇年 一 一月、 国語審議会 は当 用漢字 表 一八五〇字 を発表 し、政府 は内 閣訓令 および

V文 字・ 表記
東京語各論研究

J ・ク L 子 ∴ L ︶ と L な O L 呼 ふ i ♪

ぷ ・ク ‘ L 学 t 六 ﹂ な

失 ヲ調査 ス ル コト﹂ をあげ 、仮名 に ついては、 仮名字 体 および仮 名遣 いを研究 し、 また、片仮名 。平仮名 の読 み

文字 ハ音韻 文字 フ採 用 スル コトト ナ シ仮名 羅馬字 等 ノ得
明治 二五年 七月 には、 国語 調査 委員会 が調査方 針 に ﹁

どよく使 用 され て いた。 そし て、 選定 さ れな か った字体 は変体 仮名 とよば れ るよう にな った。


ネ レ L な ら o♪

卜 と ﹂ ﹁に → モご ﹁■ 曾 卜と な ど、 平 仮 名 で は、
井 ︵
ヰご ﹁
子 →0 ﹂ Jχ 9 テご ﹁R ︵
片 仮 名 で は、 ﹁

て大 き い。

字体 を整 理 し、 片仮名 および 平仮名 の字体 を 一種 に定 めた。 こ の字 体整 理が教育 ・印刷界 に与 え た影響 はきわ め

明 治 三 二年 八月 、 文 部 省 は 小 学 校 令 施 行 規 則 を 定 め 、 そ の第 一号 表 で そ れ ま で行 な わ れ て き た種 々雑 多 な 仮 名

た。

平 仮 名 を併 用 し 、 そ の字 体 を お の お の 一種 に選 定 し 、 語 を 分 か ち書 き にし

  三 ハ年 七 月 、 三 団 体 は合 体 し て ﹁か な のく わ い を結 成 し た 。 そ の根 本 方 針 は、 片 仮 名 と
わ い な ど が 生 ま れ、


、 か つ縦 書 き にす る と いう も の であ っ

こ のよう にし て、 明治 一三、 四年ご ろ から仮名専 用 を主 張 す る ﹁かな のとも﹂ ﹁いろはく わ い﹂ ﹁いろは ぶんく

の実 例 を 示 した。

も のわ り のは しご ﹄ ︵
感 動 シ或 笑 ヒ或 哀 ム﹂ と主 張 し た。 そ し て、化 学 の入門書 ﹃
明治七︶を 平 仮 名 で訳 し、 そ

と述 べ、 平仮名 を用 いた ﹁田舎 源氏自 来也物 語膝 栗毛 八笑 人義 太夫 本浄 溜 理本 ノ如 キ婦 女童 子 モ之 ヲ読 ンテ能 ク

簾 稟帖 稗史 ノ類観 テ見 ルベシ

片仮名 ヲ知 ル者 モ亦 天下多 シト セズ 是 ヲ以 テ余 ハ只平仮名 ヲ用 フ ル コト ヲ主 張 ス凡平仮名 ノ通常 タ ル招 牌 暖

音 訓 に ついては、昭和 二三年 音 訓 を整 理 し て政府 は ﹁
当 用漢字音 訓表 ﹂ を公布 した。
仮名 には片仮 名 と平仮名 があ るが、 明治 七年 、清水 卯 二郎 は ﹃
平仮名 ノ説﹄ を発表 し、 漢字 は いう ま でも なく、

内 閣訓令 および 告 示 で公布 し た。

第二部

論 ﹂ を発表 し、 国字 に ロー マ字 を採 用す るよう主 張 した。 明治 一八年 、 ロー マ字 を国字 にす る目的 で羅 馬字 会 が

和 英語林 集成 ﹂ で使 用 し た つ
づ り方 が試 みら れた。 な か でも、 ア メリ カ の宣 教医師 J ・C ・ヘボ ンが和 英辞書 ﹃

修 国語 論 ﹂ を、 明 治 七年 には 西 周 が 洋 字 ブ以 テ国 語 ヲ書 ス ルノ  3
づ り方 が有 名 であ る。 明 治 二年 南 部謝 割 は ﹁


ロー マ字 は、 江戸木 期 の開 国 ととも に来 日し た欧 米 人 によ って、 英語式 。フラ ン ス語式 ド イ ツ語式 な ど の つ


国定 教科書 から、小学校 一年 の文字 学 習 が従来 の片仮 名先 習 を や め、 平仮名 から始 め る こと にな った



大 正期 には、 山下芳 太郎 が ﹁ヨ コガ キカタ カナ﹂説 を唱 え、 カナ モジ カイを設 立 し た そし て 昭和 三二年 の

書 き の難易 に関 す る実 験 心理学的研究 を行 な った。

東京語 の文 字・ 表記
第一章

たも のであ った ので、
 一般 には、
 ヘボ ン式 とよば れ て いる。

これ に対 し て田嚇ば 雰 橋 はヽ 明治 一八年 ﹁
羅 馬字 用法意 見﹂ を公 にし、 明治 三 八年 ﹁
外 国 の感 化 を受 けな い日

明治 四 一年 には、 ロー マ字 ひろめ会 が これを改訂 し標 準式 の名 でよ んだ が、 も とも と ヘボ ンの つづ り方 に基 づ い

こ の ロー マ字 の つづ り方 は、
 ヘボ ン の ﹃
和 英 語 林 集 成 ﹄第 二版 ︵
明治 一九︶ に採 用 され、 そ の普 及 に貢献 し た。


第 二︶教 育 を受 け た る東 京 人 の間 に行 はるる発音 を 以 て成 る べきたけ標 準 とす る事


第 二︶仮名 の用 ひ方 に拠 らず し て発音 に従 ふ事

語 又 は拉 丁語 の音 ︶ を採 用 す る事


第 一︶羅 馬字 を用 ふる には其 子字 を英吉利 語 にお て通常 な る音 を取 り其 母字 は伊 太 利 亜語 の音 ︵
即 ち独 逸

設 立 され、同年 、 ﹃
羅 馬字 にて日本語 の書 き方﹄ を発表 した。 そ の根 本方針 は次 の三箇条 であ った。

V文 字・ 表記
東京語各論研 究

昭和 三 四年 国語審議 会 が ﹁
送 りがな の つけ方 ﹂ を建 議 し、同年 内 閣訓令 および告 示 で公布 さ れた。 以後 、教育 ・

送 仮名 法﹄ を出 した。後者 は、
房局編纂 の ﹁
送 仮名 法﹂ が刊 行 され、 明治 四〇年 には文部 省 の国語 調査 委員会 が ﹃
文語文︶ の送 り仮 名 法 であ った。 口語 文 に ついて は、
国定教科書 の準拠 す る と ころとな ったが、 いわゆ る普 通 文 ︵

日本 文 典 ﹄ ︵
明治九︶が 早 いが、 明 治 二七年 には、内 閣 官
明治 期 に送 り仮 名 法 に ついて述 べた のは中 根 淑 の ﹃

し て い った。

送 り仮 名 は、副 仮 名 ・捨 て仮 名 とも いわ れ、本 来 、 漢 文 を訓 読 す る際 の読 み誤 り を 防 ぐ た め であ った から、
、﹁

ぜ に︶ の ﹁卜﹂ rご も 送 り仮 名 であ る。 こ のよう な片仮 名 小書 き の表 記
打問集﹄ の ﹁
みかど︶
錢.
王 卜﹂ ︵
ご ︵
は明 治初 期 の漢 字 片 仮 名 交 り文 の学 術書 や啓 蒙書 にかな り見 ら れ、例 えば 、 ﹁
尚 ホ﹂ ﹁
高 サ﹂
最 モ﹂ ﹁
重 サ﹂ ﹁
即 チ﹂ ﹁

欠 クル﹂ ﹁
例 ヘバ﹂ な ど と用 いら れ た。 し かし、 これ ら の表 記 は、 漢 学 の衰 え と活 版 印刷 の普 及 にと も な い消 滅

など不徹底 な点 があ る。

現代 仮名 遣 いは、原 則 とし て現代 語 の音韻 法則 に基 づ いて定 めら れたも ので、歴史 的仮名遣 いにお いて用 いら
れ て いた ﹁ゐ ・ゑ ・を ・く ゎ 。ぐ わ oぢ ・づ﹂ が原則 とし て姿 を消 し、 語中 語 尾 の ﹁は ひふ へほ﹂ は ﹁わ いう え
お﹂ と書 く こと にな った。 ただ、 原則 とく い違 う例 外 も少 な からず あ り、助 詞 ﹁は ・へ ・を﹂ はも と のま ま書 く

者 が現 れ、
 一時 は、 小学校教 科書 の漢字音 に表音式 仮名 遣 いを採 用 した こともあ った。

し かし、
 一方 では、 現実 の発音 と対応 しな い歴史 的仮 名遣 いは習得 に不便 なた め、表音 式 仮名遣 いを主張 す る

布 され るま で続 いた。

ど の 一般 では混乱 し て いた。 し かし、 明治政府 は歴史 的仮名遣 いを使 用 し、 学校教 育 でも これを用 いた ので、
 一
般 に普 及 し、 しだ いに正書 法的性格 をも つよう にな った。 そし てそ れ は、昭和 二 一年 一一月、 現代仮名遣 いが公

仮名遣 いは、 江戸時 代 には契沖仮 名遣 い ︵
いわゆる歴史的仮名遣 い︶が国学者 の間 に広 ま って いたが、戯 作者 な

表記 には仮名 遣 い 。送 り仮名 ・振 り仮 名 、句 読 法 な どを示 す補 助符 号 があ る。

で公布 され、 つづり方 の統 一が図 ら れた。

あ る。 し かし、 三者 が並び行 な われ た の で、昭和 二九年 一二月、 ﹁ロー マ字 の つづ り方 ﹂ が内 閣 訓令 および 告 示

この ヘボ ン式 ︵
標準式︶と日本式 を統 一し よう とし て、 昭和 一二年 、内 閣 訓令 第 二号 で示 さ れ た のが訓令 式 で

を実行 し た。 こ の つづ り方 は、 日本式 とよば れ、 五十音 図 を基 準 に考 え、同 じ行 の子音 は同 じ字 で統 一した。

本 人 が合点 す る様 な綴 り方 ﹂ を考 え、 明治 四 二年 に日本 ロー マ字社 、 大 正 一〇年 には日本 羅馬字会 で、 こ の主 張

第 二部
東京語 の文字・ 表記

振 り仮名 は、 ルビ とも いわ れ、送 り仮名 と同 じく読 み方 を示 すも ので、漢文 訓読 の必要 から生 じ た。 そ のた め

法令 。公 用文 に用 いら れ現在 に至 って いる。

第一 章

片仮名 を用 いる ことが多 く、初 めは心 おぼえ のた め であ ったが、中 世 から読 者 のた め に読 み方 を教 え、 また そ の
意 味 を教 え る役割 に変 わ った。明治 期 には、片仮名 も平仮名 も振 り仮 名 に使 用 され、初 学者 や婦 女 子を対象 とし

日本普 通文如 何﹄、 渡 辺修 二
習字教授 案 ﹂、新保 料次 の ﹃
年 ご ろ から試 みら れた。 明治 三〇年 には、 三宅米古 の ﹁

また、 現在 、 文章 の段落 ご と に 一字 下げ の慣 習 があ るが、 これも、 明治初 期 は特殊 なも の以外 なく、 明治 二〇


 。マル、
 主アン、。ポ ツ、 ﹂ カギ、﹂ フタ ヘカギ の五種 の符 号 の用法
句読 法案 ﹂ を立 案 し て公刊 し た。 これは、
を規定 したも ので、 以後 、句 読法 は急 速 に普 及 し て い った。


国文 句 読 考 ﹄ を 公
 一欠 事 タ ルヲ弁 ス。﹂ ︵
東京学士院雑誌し を 発表 し、 明 治 二〇年 には権 田直 助 が ﹃
セサ ル ハ。
にし、 明治 二九年、 文部 大臣官房 図書 課 が ﹁
現行 ノ国定 教科書修 正 ノ場合 二則 ル ヘキ標準 ト ナ スヲロ的 ト シ﹂ て、

句読 法 に ついては、 明治 一四年 、伊藤圭 介 が ﹁日本 人 ノ雅俗 文章 二於 ケ ル。句 読 段落 ノ標 示 スルプ以 テ必要 ト

 o︵
 ヽはやが て使 用 さ れなく な り、
し かし、
句占じ と ヽ︵
読占じ に定着 した。

、嵯 峨 の屋 おむ ろ の作 品 な ど に用 いら れ た。
風流 仏 ﹄ ︵
同︶
二葉亭 四迷 の ﹃
浮雲 ﹄第 二篇 ︵
明治二一し、 幸 田露伴 の ﹃

 ヽ﹁ oの三種類 を使 い分 けた。
 ヽは セミ コロンの用法 を まねたも ので、 こ の三種 の使 い分 け は、
と抱負 を述 べ、

亜ぎ て、欠 けた る処 なり。今 此中 の新体詞 には、 新 に句 読 法 を作 り、 以 て句 脚 を切 り

句 読 法 ︶ と いふも のな し。 是語 法 の設 昧 な る に、
我邦 の文章 には、 欧州 文 にあ る如 き パ ンクチ ユエー シ ュン ︵

また、 山 田美 妙 は、 明治 一九年 の ﹃
新体 詞選﹄ の諸 言 で、

と読点 が使 い分 けら れ て いる。

一〇︶も、 ﹁
原 文 、句 読 ノ間 ヲ圏 点 。尖点 ヽヲ以 テ、密 二区 分 セリ、今 一二コン ニ従 フ﹂ とあ る よう に、句 点 と

支 那文 典﹄ ︵
明治
全 体 新 論 ﹄ な ど にみら れ る。 大槻 文彦 解 釈 ﹃
輸 入 され た清 本 および そ の和 刻 本 で、 た と えば ﹃

のよう に使 い分 け て いるが、今 日 の用法 とは違 って いる。 現代 と ほぼ同 じよう な用法 が みら れ る のは、中 国 から

る﹂夏 は夜 る、 月 の比 はさら也 。闇 も猶蛍 飛 ちが ひた る。 雨 など の降 さ へを かし﹂

春 はあ けぼ の、 やう ′<ヽし ろく な り ゆく。 山 き はす こしあ かり て、 むら さきだ ちた る雲 のほそく たなび きた

と述 べ、

補助符 号 には、句 読点 のほ か、濁音 ・促音 。長音 な どを示 す符 号 があ る。
句読 を示 す符 号 には ﹁。﹂ F ﹂ ﹁ご ﹁ヽL な ど が あ ったが、江 戸 時 代 には いず れ か 一種 類 を 用 い、 二種 類 以
  ﹂ ハ 一節 。ハ句 ヽハ読 ﹂
国文 世 すの跡 ﹄ で、 ﹁
上 を使 い分 け る ことはほ とんどな か った。 わず か に、伴高 膜 の ﹃

内 務省警 保 局 は幼少年 雑誌 の振 り仮名廃 止 を決定 し今 日 に至 って いる。

昭和 一三年 山本有 三 は ﹁
国語 に対 す る 一つの意 見﹂ で ﹁ルビ を や め ると いふ ことは、 ふり仮名 が なくな つても、
誰 にでも読 めるやう な文章 を書 く と いふ こと です﹂ と、 ルビ の廃 止 を主 張 し た。 そし て、 これが契 機 とな って、

べ好部はず﹂などの用字法を非難した。
礫沖になつて﹂﹁
鵬も鶯も思つて﹂こ静脚
と述べ、硼肥社一
派の﹁

も早 く止 め て貰 わ ねば なら ぬ。

だ しもだ が、新 に勝手 なも のを作 り出 し て、 そ れ に ﹁ルビ﹂ を附 け て、 人 に読 ま せると いふ事 など は、
 一日

或 一派 の小説家 が、字引 と首引 し て、何 ん でも かん でも漢字 、 漢語、 そ れも従来 用 ひてゐるも のならば 、 ま

明治 三 四年 、島 村抱 月 は振 り仮名 と漢字 に ついて、 g口
文 一致 の現在 未来 ﹂ の中 で、

あ って、 漢字 は意味 を限定 す る役 割 を し て いる。

は意味 を示 すも のが多 い。 な お、 ﹃
安 愚楽 鍋﹄ ﹃
西洋道 中 膝 栗毛﹄ な ど の戯作 物 は、振 り仮名 と送 り仮名 が本文 で

た文章 に用 いら れた。平仮 名交 り文 には総 ルビ、 片仮名 交 り文 にはぱ ら ルビ の傾向 があ り、 右側 は読 み方 、左 側

V文 字・ 表記
東京語各論研究
第 二部
東京語 の文字・ 表記
第一 章

郎訳 の ﹃
世 界実 事奇 談﹄ があ り、 雑誌 ﹁
以良都 女﹂ は明治 二 一年 七月創 刊号 から実行 した。 ほ か に、 二字 下げ の

は、濁点 を使 用 し て いな いも のが多 い。 そし て、濁点 を つけな い習慣 は、文 の種 類 によ って、 のち のちま で続 い
た。 ま た、 ガ行鼻 濁音 に ついては、 明治 五年 の文 部省 版 ﹃
単語 篇﹄ に、 ﹁カキ クケ コ﹂ とし るされ て いる。
促音符 は ﹁つ﹂ ﹁ツ﹂ が使 用 され、 小書 き さ れな か った が、 明 治 三 二年 一月帝 国教 育 会 仮 名 調 査 委員 が ﹁
促音
も右 の方 へ寄 す ﹃ヲ ット﹄ ︵
夫︶ ﹃
ほ っす﹄ ︵
国語漢字 に関する決議︶と決 議 し てから、 教 科書 を 通 じ て小書
欲ご ︵

明治初 期 の漢字 片仮 名交 り文 には特 にこ の傾向 が強 く、 ﹁ベシ﹂ ﹁ガ﹂ ﹁
ズ﹂ ﹁バ﹂ な ど前後 の文 脈 で知 ら れ るも の

濁音 符 は、 明治期 にお いて、 必ず 濁音 を示す場合 に使 用 さ れたわ け ではなく、 必要 な場合 にだ け使 用 さ れた。

こ のほ か、音 符 や反復符 号 があ るが、今 日 と用法 の違 う も のに、 濁音 符 。促音 符 。長音符 があ る。

試 み、 三宅 米吉 によ る頭文字 法 6S ︼
3 Sけ


8 ︶ の試 みもあ ったが、 これら は定着 せず に終 った。

V文 字・ 表記
東京語各論研究

ず前 島密 の意 見 を紹介 し よう。

裏 面 にあ る時 代 思潮 が 日本 の近代 化 とど のような かかわりを持 って いた かを明 ら か にした いと思 う。 そ こ で、 ま

見 が ど のよう にし て起 った か、 い いかえ れば 、 どう し て前 島密 の建 議 が出 された か、 そ の必然性 を さぐ り、 そ の

。 し かし、 こ こ では、 漢 字 廃 止 の意
国字国語改良論説年表﹄参照︶
日本文章史 の研究﹄。国語調査委員会 ﹁
喜代治著 ﹃

佐藤
であ った か のよう にみえ るが、 明治 の前 期 には標 準語 、標 準文体 の問題 など とも密 接 にむすび ついて いた ︵

漢字廃 止 之議 ﹂ と いわれ るよう に、 国字 問題 が中 心
国語 問題 は、
  一般 に、前 島密 の将 軍徳 川慶喜 への建 議 が ﹁

置 した。 こう し て、 国語 調査 のた め の方針 が公示 され、 国語問 題 は国家的 問題 とし てとりあげ ら れ る に至 った。

じ ま る。 そし て、 明治 三二年 四月 に文 部省 は国語 調査 委 員 を任命 し、 三五年 には国語 調査 委員会 を文 部省内 に設

漢字御廃 止 之議 ﹂ で知 ら れ る将軍徳 川慶 喜 への建議 には
日本 の国語 問題 の歴史 は、慶 応 二年 一二月前島密 の ﹁


  国 語 国 字 の問 題 点

第 二章  日本 の国語国字問題 はどう し て起 った か


長 音 符 には、 ﹁
引 ﹂ と ﹁︱﹂ と が あ り、 ﹁
引 ﹂ は し だ い に用 いら れ な く な った が、 ﹁
御 温P ︵
■ 輸当 世書 生気

質し、御新 造 さ ア ン型 ︵
浮雲し のよう に用 いら れた。

きが 一般 化 し た。

第二部
日本 の 国語 国字 問題 は どうして起 ったか
第二 章

著者略 歴

昭和八年千葉県 に生まれる。 昭和 三
八年東北大学大 学院文学研究科博士
課程修 了。国立国語 研究所言語変化
研究部長を へて現在、国際 基督教大
学教養学部教授。 国語学会 評議 員。
編著 に﹃
英米外未語 の世界﹄南雲 堂 ︶

明治 のことば辞典﹄ ﹃
現代形容詞用
法辞典﹂ ︵
以上東京堂出版 ︶
な どがあ


υ

[あ ]

アイスクリーム ………………………… 509
安愚楽鍋の一人称代名詞 … ………………34
安愚楽鍋の指定表現 …… ……………… 35
安愚楽鍋 の和語 と漢語の使用率 …………36
あそばせ ことば …………………………… 542
宛字の音読語 ……………………………… 534
あなた 。アナタ ・38,113,117,122,137,149,
151,156,176,178,189,640
アメ リカ英語 …………………………… 388
あ りんす言葉 ……………………………… 190
[い ]




平成 四年 八月 二〇 日  初 版 印刷
平成 四年 九月 一
 日  初 版 発行


者 飛

東 京 語成立 史 の研究

発⊆

印 刷 所  図書 印 刷 株 式 会 社

製 本 所  図書 印 刷 株 式 会 社

発 行 所

東京都千代 田区神 田錦 町三︱七 ︵
〒 ここ
電話 東京 三二三︱モ躍 振替 東京 三l t¨

ISBN4 490 20192 3 C3081
Printed in Japan

イエスシ読本 の用語の特色 ………………53
如何 せん欺 …………………… 109,188,377
・109,188,376
行 けよ ¨¨¨¨…… ………………………
意識 ………………………………………… 532
-字 下げ ………………………… 767,870,880
-人 称 ……37,39,115,120,124,131,133,152,
157,159,188,637
-人 称 。二人称 の体系 ……………………・123
意訳 ………………… …… ………… 91483
・541,623
いらっしゃる 。イラッシャル ……・
・869
いろは くわい ……………………………・
いろはぶん くわ い ………………………… 869
[う ]

う・ よう ………………………………… 543
恨 む 。恨 ム ………………………… 540,751
[え ]

oYo亜 rumi Hida
1992

英学 ………………………………………… 144
英学者の翻訳法 ……………………………・455
英学者の訳字 と訳語 …… ………………462
英学資料 …………………………… 144,154
英幸字典 …………………………………… 385
英語 …………………………………… 202,388
英文典直訳 ………………………………… 475
江戸語の完成期 …………………………… 171
江戸語の成立期 …………………………… 171
江戸語の体系 ……………………………・171

(事 項・ 語句 )

江戸語の発音 の特色 ………………………・620
江戸時代の教育 ……………………………・215
江戸定府の家来の言葉 ……………… 166,376
江戸訛 ………………………… 13,27,188,368
江戸 の人 口構成 …………………………… 113
江戸府 ¨…… ……………… ……… …… ………186
NHK …………………………………… 373
[お ]

お∼す る …………………………………・544
お∼ になる ……………………………… 544
・196
オイ コラ …………………………………・
欧文直訳体 ……………………………95,648
欧文脈 ……………………………………・647
大坂・ 大阪 …………………………………56
大新聞 ………………………99,248,250,392
オール ドミス ……………………… 527,528
オールバ ック ・……………………… 527,528
オカアサ ン ……………………………54,210
送 り仮名 …………………………………・765
オ ッシャル ………………………………… 623
オ ッペ ケペ ……………………………… 522
お とうさん 。オ トウサン ……………54,208
オヤカマチヤンリン …………………… 522
オランダ語 ………………………………… 387
音訓 ………………………………………… 762
音節数 ………………………………… 287,322
音読語の省略 ……………………………… 534
[か ]
¨
・¨¨・ ¨¨¨¨¨¨¨¨¨546
か (冨 」
助言
可)
外国語の誤解 ¨…… …… ………… ………522,534
外国資料 …………………………… 85,89,107
階層語 ………… ……………………………167
解体新書の訳字 と訳語 ・………………… 458
外来音 ……………………………………… 265
外来語 …………………… 372,385,487,535
外来語 の省略形 ……………………………529
外来語 の動詞化 …………………………… 535
会話表示 ・…………………… ……………878
会話 を示す符号 …………………………… 253
[Oa]か ら [ga]へ ……………………・202

898

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful