北スラウェシ

シガルラキとリンバト
Cerita rakyat minahasa

Harly Tangkilisan

大昔、トンダノにシガルラキと言う名のある熟練した狩人が生きている。かれも、
やりで突くことは得意だからもっとも有名である。さらに、何物も彼のやりの柄から
逃れない。
シガルラキはリンバトという名のしもべを持っている。シガルラキに命令をさせる
仕事は、すべて、リンバトがほとんどすることができてしまう。熟練した狩人として
なのに、ある日、彼らは狩りの獣を一つも持ってこられなかった。また、リンバトは、
二人の狩りした「肉」がなくなったのを、シガルラキに伝えたときには、シガルラキは
頭に来た。
何も考えずに、結局、雇用主シガルラキはリンバトをその肉をぬすんだと非難した。
リンバトはそれを聞いて、おどろいた。リンバトは、自分が雇用主シガルラキにその
肉をぬすんだ人としてだと非難されることを考えられないからである。
そして、シガルラキはリンバトに肉をぬすまないと証拠を指摘させた。証拠を指摘
するためには、シガルラキは池の中にやりで突き刺す。それとともに、リンバトは池
にもぐられさせる。もし、リンバトより、そのやりほど先に池をでると、彼はぬすん
だ人わけではないが、そのやりより、リンバトほど先に池をでると、彼はぬすんだ人
だ。
その変な条件はリンバトがこわくなる。しかし、どうしても彼はぬすんだ人ではな
いと証拠すると思っている。そして、彼は池にもぐるとともに、シガルラキはやりで

突き刺す。
やりで突き刺した時に、急にシガルラキは池に飲んでいる一匹の猪を見た。すぐに、
その猪のほうにやりで突く。しかしそのやりは命中しなかった。だから、シガルラキ
がリンバトに負けてしまったが、シガルラキは先ほどの証明をもう一回するように頼
む。
気がすすまないで、結局、リンバトはシガルラキの命令をしてしまう。槍で突き刺
すときに、急に、シガルラキの足を大きいかににかまれた。彼も痛くて叫んで、思わ
ず、そのやりを持ち上げてしまいました。結局、リンバトは勝ちました。彼は自分が
ぬすんだ人ではないと証拠することができる。特別な根拠がなくて訴えるから、シガ
ルラキはおおきいかににかまれたという刑罰を得た。

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful

Master Your Semester with Scribd & The New York Times

Special offer for students: Only $4.99/month.

Master Your Semester with a Special Offer from Scribd & The New York Times

Cancel anytime.