You are on page 1of 3

@Phonak Japan Co.

, LTD_20110909_Directional_Microphone_System

指向性マイクロホンの仕組みと種類
『指向性マイクロホン』とは、音声の届く方角によって入音する感度を調整できるマイクロホンです。補聴
器で、このマイクロホンシステムを使用することによって、騒がしい中での前方(目の前の話し相手)から
の音に集中しやすくなる効果があります。聴力の低下がある方は、雑音下での会話の聞き取りを非常に
苦手とします。これは様々な要因が複合的に絡み合って、その症状に陥ってしまいます。直接の要因は
はっきりしませんが、対応策としては SN 比の改善が最も有効とされています。補聴器本体の機能で SN
比の改善を行うものということで、『指向性マイクロホン』が補聴器に搭載されています。
以下では、『指向性マイクロホン』の基本的な仕組みと種類を説明します。
『指向性マイクロホン』の仕組み
指向性マイクロホンシステムは、2 つ以上のマイクロホンの組み合わせによって実現できます。
1 つのマイクロホンの場合、音の情報は 1 つしかないため、音源の方向を特定することができず、前
後左右のどの位置から届いた音も同様に入音することになります。
マイクロホンが 2 つ以上になると、2 つのマイクロホンから入音された音の情報(入音のタイミング、入
音した時の音の位相、等)を比較、分析することで、届いた音が概ねどの方向から届いたのかの判断
ができるようになります。この時の入音される音の範囲(方向)は、ポーラパターンにて示されます。
以下では、無指向性と指向性の処理の流れを図示します。
無指向性
無指向性

音源

マイク

指向性
単一指向性
前マイク
音源
後マイク

※前後のマイクロホンで集められた音は、補聴器内部で多角的に分析されて、音源の方角を判断します

@Phonak Japan Co., LTD_20110909_Directional_Microphone_System

ポーラパターンの種類

双指向性
(ポーラエイト)

単一指向性
(カーディオイド)

鋭指向性
(スーパーカーディオイド)

鋭指向性
(ハイパーカーディオイド)

-

カーディオイド : 後方からの雑音を抑制します

-

ポーラエイト : 横からの雑音を抑制します

-

ハイパーカーディオイド、スーパーカーディオイド : 斜め後方からの雑音を抑制します

多チャンネルの指向性マイクロホン
補聴器で処理できる周波数帯を分割し、それぞれで独立して指向特性(ポーラパターン)を持たせるこ
とで、より高度で複雑な指向特性を実現することができます。
単一チャンネルでの指向性マイクロホンシステムに比べて、複数の雑音を抑制する能力が高く、日常
生活、特に騒がしい屋外での補聴器使用において、正面からのことばの聞き取りの手助けをしてくれ
ます。
例 : 12 チャンネルの場合

周波数
各チャンネルでの指向性マイクロホンの指向特性(ポーラパターン)で入力された音声を元に、補聴器
の心臓部分に当たる DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)で、音声の増幅やハウリング抑制等の処
理が行われます。

@Phonak Japan Co., LTD_20110909_Directional_Microphone_System

フォナックの指向性マイクロホンの種類
指向性の名称
UZ ウルトラズーム
ハイエンド:プレミアム 33ch
ミドル:アドバンス 12ch
ベーシック:スタンダード 1ch

VZ ボイスズーム
ハイエンド:33ch
ミドル:12ch
dAZ デジタル・オーディオズーム
AZ オーディオズーム
StreoZoom ステレオズーム
※専用のプログラムを追加して使用します。

ZoomControl ズームコントロール
※専用のプログラムを追加して使用します。

内容
周波数を最大 33 チャンネル(ハイエンドクラス:33ch、ミドルクラ
ス:12ch、ベーシッククラス:1ch)に分割し、チャンネル毎にポーラ
パターンを設けることで最適な指向性を実現するとともに、正面
方向からの不要な騒音を抑える SNR ブースト※という機能を追
加、言葉を更に聞き取り易くする新しい指向性機能です。もちろ
ん複数の移動している騒音も正確に抑制することが可能です。ま
た、これまでの指向性マイクロホン作動時では聞き漏らすことが
多かった後方からの話し掛けに対しても聞き取れるようにポーラ
パターンが変化することも新しく加わった機能です。
※SNR ブースト
指向性マイクロホンの機能を更に効果的に作用させることを目
的とし、指向性マイクロホンで得られる前後における SN 比を算
出し、そのデータを基に正面方向からの聞きたい音をさらに聞
き取りやすくするために効果的に SN 比を改善します。SNR ブ
ーストはウルトラズームと組み合わせて働きます。
周波数を最大 33 チャンネルに分割し、各チャンネルにポーラパタ
ーンを設けることで、自動的に最適な指向性を実現します。複数
の移動している騒音も正確に抑制することが可能です。
後方や横に存在する移動するような雑音を抑制し、正面のことば
を聞き取りやすくします。
後方に存在する雑音を抑制し、正面のことばを聞き取りやすくし
ます
両耳に装用した補聴器同士が音信号データをやりとりすること
で、左右合計 4 つのマイクロホンが連動、聞き取る幅をさらに絞り
込み、より精度の高い超指向性を実現します。ステレオズームは
プログラムスイッチかリモコンを使って切り替えることができます。
両耳装用のときのみの機能です。
左右の補聴器同士が高音質な音信号を通信することで、前後左
右のいずれか話し声が存在する方向へマイクロホンの指向性を
切り替える機能です。車を運転しているときや、並んでサイクリン
グをしているときなど、対象の人に顔を向けられないときに強力
な解決策となります。