P. 1
動作経済の原則

動作経済の原則

|Views: 82|Likes:
出版社:Donna Bibier

More info:

Published by: Donna Bibier on Apr 11, 2012
著作権:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as DOC, PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

04/11/2012

pdf

text

original

動作経済の原則(Principle of Motion Economy)

ギルブレスは動作改善の研究を整理して、動作経済の原則を発表した。今日は!"#
$(%ル&'()ス)*して発+して,て-.。動作経済の原則*は/0 を1234
5して、67489:を;<た=、!"の%>ルギ?を7@ABCD<.た=の経EA
4F則G.。
(H) IJKDの原則
1. LMはNOB動作をP=、NOB動作をQR.。
2. LMはSTOをU-て、NOBVWX4-YZB<.。
3. L[の動作は\]-B^_`ab^cdB、eしてNOBfZYZB<.。
4. MghIJの動作は,.ijklmnfR.YZB<.。klmnのonはg、
Mg、Mg*p[、qp[*Mg、\YrsJ*qp[MgのtuvGw、 exyx
の動作z{はo|B}~し、M•、€、•、sJ‚ƒ{*4.。gijの動作‚1kl
Gw、q„I動作‚tuvのZ…1†‡*4.。
5. 作ˆ‰の動作をzŠ<.た=の‹理AŒ•(Ž•)を•D<.。たiし、Œ•を‘’
<.た=B“•をKD<.”•はŒ•を1–*<—,G.。
6. ˜™`4š›をœ5動作は•›žŸŸ¡¢をœ5動作Yw£-。
7. ‘¤のG.動作h¥の‘’をZj.動作Yw、¦¢A(§¨4š›A)の動作のc‚
©-し、ª«iし、¬-2G.。
8. b®¯作B\j.§発A˜™`4動作Bは°±²‚³´µG.。作ˆは´¶4·
wª«4§¸4°±²‚*x.YZ4¹º*<—,G.。
9. 作ˆは»›を¼½B動`<¾¿の4-YZB、»›を§¸4ÀÁBÂ-て\j.YZ
B¹ºÃx.—,G.。
(Ä) ¹ÅÆrÇÂの原則
1. È#ÉhÊËは作ˆÌŒ‚ÍÎÃx.YZBÏÐのÑÐnÂBÂ5。
2. È#ÉhÊËは“Â<”}*をÒ5}*‚,.YZBp2ÓてÔ=™xたÕÖBÇ
ÂÃx.YZB<.。
3. ÊËはKDÃx.nÂの×5ØÙÚÃx.YZB、ÛÜ?Ý?、mÞß、àáâã
4äを•D<—,G.。
4. È#É、ÊË、¯作Éは作ˆ‰B,.ij×-nÂB、Øた作ˆ‰の1å作ˆÁæ
BÇÂ<—,G.。1å作ˆÁ*はsJを動`ÃçB•èéをê*して、ëìíqî
cdBM‚ï5ðñòÎÃx.作ˆÀÁをÃ<。
5. È#ÉhÊËは動作oóを1ô*<.YZBÇÂ<—,G.。
6. 作ˆQõOB、作ˆ‰‚öõÞの÷wøしBMをKDし45て2Y-YZBùøú、
Øたは§¸ûîcüを•D<.。
7. 作ˆBô¬4ýþをÿR.。ô¬4作ˆÕÖ‚*x.た=のô切4デイá*高Ãの
イスをÿR.。作ˆ”所の高Ã*イスの高Ãは立n*椅子n‚交]B*wh <-高Ã
*<—,G.。ýþは今日はþ.ÃYw2陰影、Ÿレア、色光、»野BÇ慮<—,
}*‚多-。*5B作ˆÁのÇ色*作ˆ‹*の^比は作ˆ•¶* 眼精/0*の観{を
考慮して選~。
(3) 機械機ú、¹ºの原則
1. Mg“保持<.”、“ÑÐして-.”*-Z動作を45<。‹のÑÐBはÈÉ、ÑÐú、
ペタルüのÑÐÉ4äを#夫<—,G.。!"を保持<.}*BK4-。
2. !"の#É機¶*<.。#$機¶の#É動作は#É*#Éの÷w%R4ä²Ý‚多-。
!"の機¶を•XてH&の'-作ˆ‚<(YZB<.。
3. タイ)*…作ˆのYZBgをKD<.作ˆの”•Bは、+gのÏ•を考慮した作ˆ*
<.。,gは!-しgYw“•は.-‚持/•はY-。–gは“•は.-‚01•‚Y
-}*4äを考慮<.。
4. È#Éの2(Ÿ°())の¹ºはM34*の5647‚多-2の*<.。89の:Þ
Bは;<<.2‚多-。;-2は“•‚=R™xB55³>ÐG.。
5. レ??h@áAル4äの¯作ÉのÇÂはGØw作ˆÕÖをBR.}*45¯作,.
nÂ*å,ÃB<.。し`し、¯作Éのå,ÃはCJA•$A•{を考慮し、–ÃD<
4-}*‚å切G.。

作業に適正な照明を与える。適正な作業姿勢がとれるための適切なデザインと高さの イスを与える。作業場所の高さとイスの高さは立位と椅子位が交互にとりや すい高さ とすべきである。照明は今日では明るさよりも陰影、グレア、色光、視野に配慮すべき ことが多い。とくに作業域の配色と作業物との対比は作業性能と 眼精疲労との観点を 考慮して選ぶ。 (3) 機械機器、設計の原則 1. 治工具の柄(グリップ)の設計は手掌面との接触面積が多いものとする。現実の製品 には細すぎる柄が多い。細い柄は筋力が伝えられにくく不安定である。 5.7. レバーやハンドルなどの操作具の配置はあまり作業姿勢を変えることなく操作できる 位置と大きさにする。しかし、操作具の大きさは生体的力学的利点を考慮し、小さ過ぎ ないことが大切である。 . 手指で“保持する”、“固定している”という動作をなくす。物の固定には治具、固定器、 ペタル式の固定具などを工夫すべきである。人間を保持することに使わない。 2. 複数の工具機能とする。単一機能の工具動作は工具と工具の取り替えなどムダが多い。 複数の機能を合わせて1回の扱いで作業がすむようにする。 3. タイプ打ち作業のように指を使用する作業の場合には、各指の特性を考慮した作業と する。親指は人差し指より筋力は弱いが持久力はよい。小指は筋力は弱いが即応性がよ いことなどを考慮する。 4.

You're Reading a Free Preview

ダウンロード
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->