18


しんらん

浄土真宗宗祖

親鸞聖人




1173~1262

○ ○










弥み
也や
子こ

若 旅 聞 七
手 行 法 五
の 会 会 三
















10




ギ 日
タ 中
ー 法
説 要
法 お









お 帰 逮
琴 敬 夜
と 式 法









( 2
仏0
真発
歴1
宗行

大人5 3


5 1


年月

) 4


○ ○

報 ほう 新
恩 おん 年
講 こう は
ご 2
案 5
内 5


修 しゅ
正 しょ
会 うえ




































































理 日
で 常
す 生
が 活

仏 ぶつを
事 じ全

を 仏
行 歴
う で
と 送
き る
は こ
ぜ と
ひ は










































































































仏 ぶっ
陀だ







( て

) 、
の 私
い た
の ち

」 凡
は 夫
無 に
く 対
な す
る る
こ 「
と 願
は い








) す
と 。































































life
























hope






































った























仏ぶ

歴れ















































































西























25






が しの
修 ゅう真
す 宗
る 寺



























































































を 修 正
迎 正 会
え 会 (
、 は し
清 「 ゅ
々 正 し
し 月 ょ

い に え
気 修
持 す )」
ち る が
で 法 ほう勤

正し
ょ会 え

信 し」 り

偈 んげ。
新 し
を 年































8 7
時 時
終 お
了 琴















.










って









6 5
時 時


生お
前つ 受
法と 付
名め
授帰
与敬
式式














































逮た

夜や






























報恩講におまいりしましょう
もちもの

おじゅず



4 3
2 1 0
時 時
時 時 時


法 休


福 話
憩 つ 寺 受

と 会 付
き ギ










紫の門徒袈裟(檀家)












お 例
寺 年
様 の
が 法
み 要
え で
ら す
れ 。
、 た
大 だいおく
音 んじさ
声 ょうん

《 3
報 月
恩10







































































































講 こう












































































































て 今
「 年

逮 は
夜 報
法 恩
要 講
」 前
帰 き夜
敬 きょうの
式 しきお
( つ
生 と
前 め
の と

すを メ
。 し ラ
た マ
写ン

真石
の 巻

示を

も 問


討た
し 際
て に
お 撮






調

















































































































成 昨
25 年
年 の
3 決
月 起
10 と
日 姿
、 勢
正 を
蓮 引
寺 き
報 ほう継
恩 おんぎ
講 こう、
及 平










































々昨
に年
参の
詣3
を月
い 11
た日
だに
きは
、 120

恩名
講も
及の



















































よ 興
う 、
と 相
す 変
る わ
経 ら
済 ず
至 原
上 発
主 を
義 再
蔓 はび稼
延 こ働
る さ
人 せ















の 若留な お
グ 手米っ 世
ル 僧市た 話



侶の







恩昨
講年
で の

会場:夜の本堂

釈 しゃ親 しん

迦 か鸞 らん親 。
さ 」 鸞
ま と
名 聖
の 告 人


子 ら 「 し
で れ 釋 ゃく
あ 、
る お

い て
う 生
名 なき
告 のて
り い
で き
あ ま
り す
ま 。






帰き
敬 きょう
式 しき









「 、
私 そ
は れ

仏 ぶは
弟 つで
子し













































帰 全
敬 国
式 の
を 真
受 宗
式 寺
し 院
ま で
す 実
と 施
「 さ
法 ほうみれ
名 ょうて
釋 い
○ ま
○ す
」 。





















































布ふ
施 せぎ
行 ょう

た に
。 あ
帰 た

敬 、
式 帰
と 敬
は 式

仏 ぶつ (き
・ ほき
法う
・ そょ
僧 うう
の し
三 き
宝 )を
に 実

依 施
し す
、 る
真 こ
宗 と

門 致
徒 し
( ま

教 し


















逮 たい
夜や






























































































































帰 おた6
敬 逮い時
式 夜やか

要 ら





































































































































































































で 八た
被すと 、修
災。 、 N善


P寺


Oの



亜人西

弥沼念

子津寺

さ市様










逮 たい



夜や





よ所要

る の で

仏西


前尾

で 秀奏

の 和し

邦さて

楽んお

演の ら

奏尺れ






































帰き

敬 ょう
式 しき



















で少
すし
。照









































お月
琴9

尺日

(土)

八夜
の7
奉時
納~
演8
奏時
















































寿









































































































































































































































す大
近。 学今

の 回

講お

座呼

なび

ど し

で ま





っ た
張ご




だ師

こ は

の 、

説全

法国

師の




近恩


藤講


龍聞

麿法

師会

で 、





















































3 ◆
時 翌





法 (日)
話 午

10







龍 たつ
麿 まろ


































会次
場回
はは
韮平
山成
成25
福年
寺5
様月
で26

。日























































































招さもあと
きん呼りて愛
しかんまも知
たらでしわ県
いごほたかか
と提し。りら
思案い笑やお
っも」顔す出
てあとあくか
ふ 、け
いり参れ し

ま、 る かく
すいし聞しだ
。つた法中さ
か檀 心っ
お家会にた
。 伊
「し
うっ奈
ちか先
のり生
報との
恩仏お
講教話
でがは





















































































































人てせーがだなだ「
間ぼんがら、い、好
だくなな死なだ間き
もらんいんん、にだ
ん煩なででだ言合嫌
。悩らしいかっうい

いんょっんただだ
っよ。てだ言間、
ぱ。おも言わに損
いだ念しいな合だ
のっ仏ょないわ得

き 庭作
・ 木業

球剪:
交定蓮
換 ・窓 植
・ ふえ
竹き替
垣・ え

整仏草
備具取
なみり
どが








前 月
8 24
時 日
か (
ら 日

10

安講会
楽師場平
寺: 成
住 愛 裾24
職知野年
県 市11
伊西佐
奈尾野月
祐 市 法18
諦 雲日

師 寺日
















第事
78 の
回 報
聞告








































































と 年
し長
た園
こ 児

法 90
要名
は を
、 対











































































































































調
















































寿




































































































































絵園
を児
奉 ほうが
奠 てんそ
しれ
彩ぞ
りれ
ま描
しい
たた
。 写
保佛
















































































































































































































見ら住
学任職参
す命就拝
るさ任し
これ式た
と、が東
が住修本
で職さ願
きがれ寺
ま誕てで
し生おは
たすり、
。る、ち
瞬本ょ
間山う
をかど

なの仏手た
い製具同だ
も作屋士き
の工さのま
で程ん交し
しので流た
た見伝も。
。学統あ行
も工り程
な芸、中
か士和は
なに気檀
かよあ家
見るいさ
ら仏あん
れ具い若

の大寺
視修の正
察復歴蓮
、と史寺
境言にの
内わ触宗
のれれ派
清るる、
掃阿と浄
奉弥と土
仕陀も真
を堂に宗
さ修、東
せ復平本
て現成願
い場の

















































































つ蓮
ど寺2
い檀年
本家振
山青り
視年の
察部開
研育催
修成に
。事な
業り
、ま
若し
手た
の正

























24

10

27

(土)

28

(日)



























・湖




宝 平
の 成
紅 24

と 年
く 12
み 月
ひ 3








さ本
せ山
て東
い本
た願
だ寺
きの
まお
し掃
た除







(月)



(火)


















































「み


」と














弥み
也や 浄
子こ 土
と 真
い 宗
う の
名 日
を 々
い の
た お
だ つ
き と

ま 「
し 正
た 信
。 偈
親 」
鸞 の
聖 一

人 か
の ら

さ 由
れ 来
た し
正 て
信 、




























って













って


































































った







っこ


















































































11

20















































必 なら

信 しん
心 じん



テの
能 うに
入 ゅう






























































































12

22
















































































」と








「ほ
っと


」「

っぱ

必 ひっ
以ち

信ん

心ん

為の
速 すみ

能に

入 ゅう カ
ニ じ
寂 ゃく



無む
為い
ノみ
楽 やこ
ニ は
入い















「子
」が















っと
















速 そく

入 うゅ

寂 ゃく

静 ょう
無む
為い
楽 らく

正 しょ
信 うし
偈 んげ




410-2221 静岡県伊豆の国市南江間 930 正蓮寺住職 渡邉元浄
住職携帯 090-7306-0220
寺電話 055-948-1366
FAX 055-946-0750
メールアドレス hotokenoko@gmail.com
ブログ http://hotokenoko.exblog.jp
法事や葬儀はもちろん、生活・悩み相談・仏事に関すること、何でもお応えいたします。
Facebook で法語や仏教イベント情報配信中。

真宗大谷派

正蓮寺開山 1603 年

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful