You are on page 1of 2

(日本語は英語の下をご覧ください)

Digital Archive of Japan's 2011 Disasters (JDA): New Content and Features for 2013

The Digital Archive of Japan's 2011 Disasters (jdarchive.org) has launched a new front page, along with new content and features that enhance the usefulness and accessibility of the archive. The front page now includes: ● Links to an overview of the archive, a list of partner organizations, and navigational help, available in both English and Japanese. ● A stream of recently uploaded "Collections," or user-curated exhibitions of archived items. New content includes: ● A "Translate" button that allows users to add their own translations of item descriptions, in any preferred language. ● Images and full-text news articles from the Asahi Newspaper Company’s Englishlanguage “Asia & Japan Watch” website ● Japanese headlines from a variety of other news sources such as the Jiji Press and the Mainichi, Yomiuri, and Sankei newspapers. ● Japanese news broadcast videos from NHK. ● New website content updated almost daily In addition, two upcoming features will be available in the early fall: ● A bookmarklet that can be dragged to the browser toolbar to add content to the archive from any web page. ● A presentation editor that will allow users to build interactive multimedia presentations out of materials in the archive. We hope these updates enhance the content, design, and interactivity of the JDA. If you have any feedback or examples of how you have used the archive, please feel free to contact us at info[at]jdarchive.org. The Digital Archive of Japan's 2011 Disasters project (jdarchive.org) is an initiative of the Edwin O. Reischauer Institute of Japanese Studies at Harvard University in collaboration with several partners. We aim to collect, preserve, and make accessible as much of the digital record of the disasters as possible, to enable scholarly research and analysis of the events and their effect.

2011 年東日本大震災デジタルアーカイブ (JDA) 2013 年度 新機能・コンテンツ公開のお知らせ 2011 年東日本大震災デジタルアーカイブ(jdarchive.org) は、ハーバード大学エドウィン・ O・ライシャワー日本研究所が中心となって協力団体と共に立ち上げたプロジェクトです。東 日本大震災に関する研究や情報分析などをサポートするために、デジタル記録を収集・保存・ 公開する目的で設立されました。 Nick Kapur Project Manager Digital Archive of Japan's 2011 Disasters Reischauer Institute of Japanese Studies Harvard University .org までご連絡頂ければ幸いです。 ※ 2011 年東日本大震災デジタルアーカイブ(jdarchive.org) は新しいトップページ、機能、そして コンテンツを追加し、アーカイブの利便性が高まると共に活用方法も広がりました。 トップページ更新内容: ・和英のアーカイブ概要、パートナー団体のリスト、検索・投稿マニュアルへのリンク ・ユーザがアーカイブの資料から作成した「マイ・コレクション」を公開すると更新さ れる、「新しいコレクション」スライドショー 新規コンテンツ: ・ユーザが自ら資料の説明の翻訳し、翻訳内容を公開出来る ・朝日新聞社 Asahi Asia & Japan Watch Translate ボタン より、英語の全文記事 ・時事通信や毎日・読売・産経新聞等の報道サイトより、日本語のニュース見出し ・NHK より、日本語のニュース動画 ・ほぼ毎日アーカイブされている新しいウェブサイトやデジタル資料 また、初秋には新しい機能が2つ公開されます: ・ブラウザーのツールバーから直接資料をアーカイブに投稿するためのブックマーク レット ・アーカイブ資料をもとにマルチメディアのスライドショーを簡単に作成出来るプレ ゼン編集ツール 上記の更新により、アーカイブのコンテンツ、デザイン、そして参加型機能が一層充実するこ とを願います。当アーカイブの改善案や新しい使用例をご存知の方は、info[at]jdarchive.