You are on page 1of 3

民主党圧勝が日中関係を揺るがす恐れ JBpress 26/08/09 11:39 AM

›› CLOSE

海外>Financial Times [Financial Times]

民主党圧勝が日中関係を揺るがす恐れ
2009年08月26日(Wed) Financial Times

(2009年8月25日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 日本の自民党は第2次世界大戦後ほぼ一貫して国を統治してきたが、今週末、選挙に向けた政策綱領の1つに
対中関係の改善を掲げた野党に惨敗する見通しだ。

 といっても、中国人がそれに気づいているというわけではない。

 インターネット上のニュースポータルサイトには、民主党勝利の可能性について国営メディアが伝えるおざ
なりな内容の記事がたくさん出ているが、今回の選挙の本質やそれが日中関係にとって何を意味するかを分析
する記事はごくわずかしかない。

 それには明白な説明が1つある。専制支配の中国共産党にしてみれば、自国民が選挙に参加する権利を持た
ない時に、近隣国の民主的プロセスについてあれこれ語ることは賢明でないのだ。

 昨年の米国大統領選は中国国内でもそれなりの関心を集めたが、国営メディア(大抵、外交問題について報
じることを許された唯一の媒体)は、アジア近隣諸国での民主主義選挙については、努めて控えめに報じる傾
向がある。

 中国人が唯一、台湾の政治について耳にするのは、台湾の政治家が議会で乱闘を始め、中国政府がそんな
みっともない民主主義の未熟さに舌打ちをし、再び母国に戻りさえすれば台湾がどれほど良くなるか説くチャ
ンスを与えてくれる時だけだ。

中国にとって民主党の勝利が意味するもの

 民主党の勝利が中国にとって何を意味するか分析しようとする数少ない
記事は概ね、相反する結論を導き出している。

 一方では、民主党代表の鳩山由紀夫氏は中国を過去に何度も訪れてお
り、中国共産党中央党学校で講演したこともあり、何より、日本の戦死者
を奉っている靖国神社を参拝しないことを約束している。

 また、鳩山氏の妻が1943年に上海で生まれたという報道は中国に対する 鳩山由紀夫氏は靖国不参拝を約束
親近感を示唆しているが、当時は上海をはじめ、中国の大部分が日本軍に している〔AFPBB News〕
占領されていたことには触れていない。

 他方、こうした見方の対極を成す懐疑的な報道は、民主党のよりリベラルな姿勢が問題の種になりかねない
と指摘している。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/print/1640 Page 1 of 2
民主党圧勝が日中関係を揺るがす恐れ JBpress 26/08/09 11:39 AM

 「民主党は『自由』『民主主義』『人権』により重きを置いており、これが日中関係の焦点となる可能性が
ある」。新華社通信は先に、それが無礼で、つまらないこだわりだという侮蔑を露にしつつ、こう報じてい
る。

 さらに続けて、鳩山氏はダライ・ラマと会談するという無鉄砲なこともしたと指摘した。このような生意気
な姿勢は、民主党が選挙に向けて示唆してきた新しい日中関係のパラダイムに貢献するものではない――。

 民主党の外交面の政策綱領は一貫性を欠いているが、党の一部大物議員は、日本はリスクを分散させるため
に外交戦略を三角形にし、対米関係だけに依存せずに、もっと中国に近づくべきだと主張している。

 だが実際、かつて宿敵だった日米関係は近年改善してきた。これは中国
側の取り組みによるところが大きく、胡錦濤国家主席にとっては、中台関
係の改善を別にすれば外交政策上最大の功績と言っていいだろう。

 心変わりによって両国関係は大きく進展し、2005年に中国全土で展開さ
れた反日抗議デモは、「春の訪れ」に関する話題や日中首相同士がキャッ
チボールをしている仲睦まじい写真に姿を変えていった。

 もし中国共産党が再び、国内の失政から大衆の関心を逸らすために身代 2007年12月に福田康夫前首相が
わりとなる攻撃相手が必要になれば、こうした状況も一変するかもしれな 訪中した時は首相同士のキャッチ
ボールで友好関係を演出した
いが、今のところ、両国の友好関係は勢いを増しており、日本の議会を誰
〔AFPBB News〕
が押さえようと大して変わりはないだろう。

 一方で、民主党の勝利は、中国共産党が政治改革に向けて内々に考えて
いる長期の――超長期と言う人もいる――目標を見直すきっかけになるかもしれない。

中国は日本流の政治制度に落ち着くと考えられていたが・・・

 政治制度の手本を探してアジア地域を見渡すと、中国政府は台湾の混乱には嫌悪感を覚え、香港には魅力を
感じるが既に領土に収めており、シンガポールの「管理型民主主義」には夢中になりつつも、それを中国の規
模で機能させる自信は持てない。

 世論調査が民主党の圧勝を予想し始める前まで、多くの専門家は、中国が(かなり遠い将来に)日本流の政
治制度に落ち着く可能性が最も高いと考えていた。しかし、もし日本の政治制度が与党の敗北を容認するよう
であれば、近代の中国支配階級にとっては、それはずっと受け入れ難いものになる。

By Jamil Anderlini in Beijing

© The Financial Times Limited 2009. All Rights Reserved.

©2008-2009 Japan Business Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.

http://jbpress.ismedia.jp/articles/print/1640 Page 2 of 2
Financial UK

Close

DPJ landslide risks unravelling Beijing's closer ties with Tokyo


By Jamil Anderlini in Beijing
Published: August 25 2009 03:00 | Last updated: August 25 2009 03:00

Japan's Liberal Democratic party has ruled the country almost continuously since the second world war but next weekend it looks set to be
crushed by an opposition that has made improving ties with China an important part of its pre-election platform.

Not that anyone seems to have noticed in China.

Internet news portals are running colourful pages of blandly factual articles from the state media on the potential victory of the Democratic
Party of Japan, but there is precious little analysis on the substance of the race and what it will mean for Sino-Japanese relations.

There is an obvious explanation: it is not very smart for an autocratic ruling party to harp on about a neighbouring country's election when
China's own people cannot partake of that privilege.

Although last year's US presidential election did receive a fair bit of attention in China, state media (usually the only outlets allowed to report
on foreign affairs) tend to studiously play down the democratic process closer to home in Asia.

The only time Chinese people hear about Taiwanese politics is when the island's politicians start throwing punches in parliament, giving
Beijing the opportunity to click its tongue at the undignified immaturity of the democratic system and say how much better the place would be
if it would only rejoin the motherland.

The few reports available that try to analyse what a DPJ victory will mean for China are ambivalent in their conclusions.

On the one hand, Yukio Hatoyama, the DPJ leader, has visited China many times, addressed the central Communist party school in Beijing
and, most importantly, promised not to visit the controversial Yasukuni Shrine, which honours Japan's war dead.

Reports that his wife was born in Shanghai in 1943 hint at an affinity for China but do not mention the fact the city and much of the rest of the
country were occupied by the Japanese army at the time.

At the other end of the spectrum, sceptical reports point to the DPJ's more liberal attitudes as a potential source of trouble.

"The DPJ puts more emphasis on 'liberty', 'democracy' and 'human rights' and this could become a focal point in Sino-Japanese relations,"
said Xinhua news agency with obvious scorn for such a rude and petty fixation. It went on to note that Mr Hatoyama has even had the
temerity to meet the Dalai Lama.

This sort of impudence will not contribute to the new Sino-Japanese paradigm the DPJ has been hinting at in the run-up to this election.

The DPJ's foreign policy platform lacks coherence, but some important voices in the party have suggested the need for Japan to hedge its
bets and triangulate its foreign policy strategy away from its sole reliance on the US and more towards China.

In fact, relations between the former bitter enemies have improved in recent years largely thanks to Chinese initiatives, probably President Hu
Jintao's biggest foreign policy achievement besides improving relations with Taiwan. The change of heart has seen the relationship progress
from anti-Japanese demonstrations across the country in 2005 to talk of a "new spring" and cosy photos of the Chinese and Japanese prime
ministers playing baseball together. That could all change if the Communist party needs a whipping boy again to divert the masses' attention
away from domestic failings, but for now diplomacy is in the ascendant and it probably makes little difference who sits in the Diet.

A DPJ victory may make the party reassess its secret long-term - some say very long-term - goals for political reform.

Looking around the region for political role models, Beijing is repelled by Taiwan's messiness, attracted to but already in possession of Hong
Kong and enamoured with Singapore's "managed democracy" but not sanguine about making that system work on a Chinese scale.

Until polls began predicting a landslide DPJ victory, many analysts thought China most likely to settle (some time in the distant future) on a
Japanese-style political system. But if the system allows the ruling party to lose power then it becomes a lot less palatable to the modern-day
Mandarins.

Interactive LDP graphic: www.ft.com/japanldp View from the markets: www.ft.com/vftm

Copyright The Financial Times Limited 2009. Print a single copy of this article for personal use. Contact us if you wish to print more to distribute to others.

"FT" and "Financial Times" are trademarks of the Financial Times. Privacy policy | Terms
© Copyright The Financial Times Ltd 2009.

http://www.ft.com/cms/s/39f8fd32-910e-11de-bc99-00144feabdc0,dwp_uuid=ebe33f66-57aa-11dc-8c65-0000779fd2ac,print=yes.html