1

岡知史・講演一覧 (ver.8)

2017.09.09. 第 10 回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)
講演『自助グループの定義とわかちあい』(長野県長野市:JA
長野ビル 12 階 12A 室)

2016.09.10. 第 9 回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)
講演『自死遺族の自助グループが創造するもの』(福島県郡山
市:郡山商工会議所中ホールA)

2015.09.13. 第 8 回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)
講演『自助グループに集う自死遺族と悲しみの文化について』
(東京都品川区:きゅりあん)

2015.01.10. 第 4 回自死遺族支援に関わる者の研修会「当事者支援における
ソーシャルワーカーの視点について」(主催:宮城県社会福祉
士会障害支援委員会)講演『ソーシャルワークが求められてい
る:自死遺族そして多くの人々から』(仙台市:宮城自治労会
館)

2014.09.13. 第7回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)
講演『専門家によるサポートグループとの違い:行政との葛藤
について』(滋賀県大津市:総本山寺院 「圓満院門跡」ホー
ル)

2014.02.22. いのちの授業(主催:自死遺族分かち合い・越後逢うる)講演
『自助グループと出会って 35 年』(新潟県新潟市:亀田駅前
地域交流センター)
2

2013.09.29. 東京断酒新生会 60 周年記念大会(主催:東京断酒新生会) 講
演『新生への断酒の道:東京断酒新生会は、日本の自助グルー
プの歴史的原点である』(東京都荒川区:サンパール荒川)

2013.09.19. 自死遺族支援者研修会(主催:富山県心の健康センター)講演
『グリーフケアは、なぜ自死遺族を怒らせ、不愉快にさせてい
るのか? 自死遺族の声の「通訳者」の立場から』(富山県:
富山国際会議場多目的会議室)

2013.09.07. 第 6 回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)
講演「トマシーナ・ボークマン先生の講演から何を学ぶか」
(東京都品川区:きゅりあん)

2012.11.09. 札幌市精神保健福祉センター(札幌こころのセンター)・自死
遺族支援研修会・講演『グリーフケアを再考する:自死遺族の
声を通して』(札幌市:WEST19)

2012.11.03. 自死予防専門研修プログラム(主催:長野県精神保健福祉士協
会)『遺族支援について:ソーシャルワークの立場から』(松
本市:ホテルブエナビスタ GRANDE)

2012.08.18. 第 5 回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)
講演『自死遺族の自助グループと悲しみについての考え方:悲
しみは愛しさとともに』(仙台市:エルパーク仙台)

2012.05.20. 埼玉県断酒新生会研修会、研修講演『自助グループ(断酒会)
の機能』、場所:埼玉県県民活動総合センター
3

2011.10.23. 第 2 回不登校を考える県民のつどい実行委員会主催・長野県不
登校を考える県民のつどい・研修会『親の会(自助グループ)
の持つ力』(長野県塩尻市:長野県総合教育センター)

2011.10.22. 第 2 回不登校を考える県民のつどい実行委員研修会『親の会
(セルフヘルプグループ)の役割と運営上の留意点』(長野県
塩尻市:長野県総合教育センター)

2011.09.11. 第 4 回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)
講演『自死遺族「本人の会」:その特徴とボランティアの会と
の比較』(東京都:江戸川区総合文化センター)

2011.05.29. 全日本断酒連盟第 43 回関東ブロック(埼玉)大会・講演『自
助グループの新生』(埼玉県東松山市:東松山市民文化センタ
ー)

2010.06.03. 全国自死遺族連絡会・特別シンポジウム『自死遺族「自助グル
ープ」の定義への提案』(東京都港区:日本財団ビル 2 階・大
会議室)

2010.04.18. 全日本断酒連盟四国断酒ブロック(高知)大会記念講演『「回
復」というより、「新生」なのでは?~松村語録を振り返りな
がら』(高知市:高知市文化プラザかるぽーと)

2010.03.14. 藍の会講演会『自死遺族の会について:グリーフケアが要らな
い社会を目指す市民運動』(仙台市:ファイブブリッジ)
4

2010.01.23. 第 8 回現代 GP フォーラム講演会『セルフヘルプグループ(自
主グループ)の組織としての 5 つの問題点』(島根県出雲市:
島根県立大学短期大学部出雲キャンパス)

2009.11.12. 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)・自死遺族支援のため
のスタッフ養成講習会『自助グループへの支援:自死遺族の場
合「悲しみもまた私たちのもの」という声にどう応えるか』
(東京都千代田区:総評会館)チラシ

2009.09.05. 第 2 回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)
『「セルフヘルプグループ」というもうひとつの生き方』(東
京都港区:日本財団ビル)

2008.10.24. 千葉市こころの健康センター・精神障害者家族会会員研修「家
族会の良さと難しさについて考える:活力ある家族会にするた
めに」(千葉市:千葉市こころの健康センター)

2008.03.09. 山口県精神保健福祉センター・市民公開セミナー「わかちあ
い:セルフヘルプというもうひとつの生き方」(山口市:山口
県セミナーパーク)

2007.08.04-05. 全断連・東京セミナー「自助集団の機能と回復」(東
京都千代田区:アルカディア市ヶ谷)(かがり火 142 号に抜粋
が掲載)

2007.07.27. 特別講義(修士論文へのコメント)聖路加看護大学教授堀内成
子研究室
5

2007.05.26-27. 全言連研修会「セルフヘルプグループ:「わかちあい」
をする組織としての考察」(千葉市:海外職業訓練協会)

2007.05.19. 胆道閉鎖症の子どもを守る会『第 25 回全国支部長・総会』
「学習会:難病の子どもをもつ親の会:セルフヘルプグループ
としての活動と問題点」(東京:国立オリンピック記念青少年
総合センター)

2006.10.07 日本社会福祉学会・学会企画シンポジウム 1『時代を切り拓く
社会福祉研究』「異文化のインタビューを読む:セルフヘルプ
グループの日米比較」(プログラム PDF)(埼玉県新座市:立
教大学新座キャンパス)

2006.08.11 成育ピアサポーターミーティング『ピアの立場による相談活動
の原則』(東京都文京区:NPO 難病の子ども支援全国ネットワ
ーク会議室)講義記録

2006.02.04. 親の会連絡会研修旅行研修会『親の会相談活動の原則』講演記
録・レジュメ

2004.06.19.日本社会福祉実践理論学会シンポジウム『質的研究法の諸課題』
「質的調査法の教授法」(社会福祉実践理論研究第 14 号 75-
80 ページ, 2005 掲載, PDF)

2003.03.01 親の会連絡会研修旅行研修会『親の会の相談活動』「いこいの
村あしがら」 講演記録
6

2002.05.11. 日本二分脊椎症協会、支部長研修会(総会)『役員のなり手不
足の問題の解決方法』、埼玉県さいたま市:埼玉県障害者交流
センター, 講演要旨

2002.02.02. 親の会連絡会研修旅行研修会『役員のなり手不足をどう解消す
るか』、「いこいの村たてやま」 講演記録

2000.05.20. こらーる・カレッジ『セルフヘルプグループ研修会』主催: 精
神障害者ピアサポートセンター・こらーる・たいとう、東京都
台東区:池田ビル 1 階

2000.02.26.第 3 回かながわ市民カレッジ『セルフヘルプグループとともに』
主催: かながわボランティアセンター、神奈川県横浜市:県民
会館 14 階 配布レジュメ(PDF)

1999.10.11 さくらメンタルヘルス講座『セルフヘルプというもうひとつの
生き方:今とはちがう生き方をみつけるために』主催:はつか
いち精神障害者のくらしを豊かにする会(さくら作業所後援
会)、広島県廿日市:はつかいち文化ホール

1999.05.29. 日本社会福祉実践理論学会第 16 回大会『ソーシャルワーク実
践における価値と倫理のディレンマ』(シンポジウム1『社会
福祉実践における価値と倫理のディレンマ』シンポジストとし
て参加)、場所:大阪市立大学、社会福祉実践理論研究
9(2000.06), 11-31.
7

1998.12.14. 第一回『ピア・カウンセラー研修会』 (シンポジウム『ピア・
カウンセリングとセルフ・ヘルプ』シンポジストとして参加)
主催:全国自立生活センター協議会、場所:こどもの城

1998.11.22. こどもの難病シンポジウム基調講演『ボランティア活動として
の親の会』主催:難病のこども支援全国ネットワーク、場所:
順天堂大学有山記念講堂. 難病のこども支援全国ネットワーク
(1999)『こどもの難病シンポジウム:市民活動とボランティア
活動報告書』pp. 7-15.

1998.03.23. 家族講演会『家族のわかちあい:わかちあい・ひとりだち・と
きはなち』 主催・場所:幸手保健所

1998.03.17. 平成 9 年度セルフヘルプ研修会・セルフヘルプグループ基礎プ
ログラム総論『セルフヘルプグループの意義について』主催:
全国精神障害者家族会連合会精神障害者社会復帰センター、場
所:ハートピアきつれ川

1997.11.01. ピア・カウンセリング講習会『ピア・カウンセリングとセルフ
ヘルプグループ』主催・場所:東京都障害者福祉会館

1997.09.10. 第 1 回精神保健福祉一般研修『セルフヘルプグループの働きと
成り立ち』主催・場所:東京都立中部総合精神保健福祉センタ

1996.12.21. 第 8 回障害者自立生活研究会(主催:全国自立生活センター協
議会)分科会『社会生活力向上支援とピア・カウンセリング』
(シンポジストとして参加)
8

1996.12.13. 『セルフヘルプグループの概念とその支援』主催:クボタクリ
ニック、場所:クボタクリニック、講演スライド

1996.12.02. 第 11 回『精神障害者の社会復帰と社会参加を推進する全国会
議』第 4 分科会「当事者交流」(助言者として参加)主催:全
国精神障害者家族会連合会、場所:ホテルメトロポリタン東京

1996.02.15. 「自由に語り合おう、わかちあおう:セルフヘルプグループの
楽しさの秘密」第 3 回『心の保健ゼミナール』主催:枚方市、
枚方市精神保健推進協議会、場所:メセナひらかた(大阪府枚
方市)(未整理テープ起こし+講演記録 PDF)

1995.10.30. 平成 7 年度地域精神保健推進事業講演『新しい時代のコミュニ
ティづくりを考える:セルフヘルプグループとの協同』主催:
埼玉県大宮保健所、場所:JACK 大宮第 2 会議室、講演集
(1996.03.埼玉県大宮保健所発行)pp. 1-25.

1995.10.24. 平成 7 年度社会福祉協議会活動全国会議『地域福祉時代におけ
る社協の創造:事業型社協の推進をめざして』第 1 研究分科会
「小地域での仲間づくり活動」(助言者の一人として参加)主
催:全国社会福祉協議会、場所:釧路市観光国際交流センター

1995.09.10. Happy Life Forever 設立総会・講演会『セルフヘルプ活動の
意味:心身に障害のある人たちの会活動支援のために』主催:
Happy Life Forever、場所:狛江市中央公民館
9

1994.03.21. Self Help/Mutual Support Groups Workshop. The Cultures
of Self Help. 主催・場所:Tokyo English Life Line

1993.11.13. 「海外のセルフヘルプ支援センターから学ぶこと」主催:大阪
セルフヘルプ支援センター、『第 5 回セルフヘルプグループセ
ミナー報告書:今、なぜセルフヘルプグループなのか?』より、
場所:大阪市立社会福祉研修センター

1992.09.24. 『セルフヘルプグループの基本的要素』主催:国立公衆衛生院
平成 4 年度特別課程保健福祉コース、場所:国立公衆衛生院本
院 3 階第 3 会議室

1992.08.06. 『中野区内コーディネーター懇談会』(助言者として参加)主
催:中野ボランティアセンター、場所:中野区役所、まとめ
(PDF), 事前レジュメ(Scribd)

1992.01.24. 『自助グループの理論と実際』主催:埼玉県精神保健総合セン
ター平成 3 年度精神保健特別研修、場所:浦和地方庁舎講堂

1991.09.12. 『ともに生きるために:ボランティア活動の「対象者」』主
催:東京都北区ボランティアセンター

1990.11.23. 第 4 回セルフヘルプグループ研究セミナー・基調発題『セルフ
ヘルプグループに何が求められるか』主催:大阪セルフヘルプ
情報センター設立準備委員会、場所:大阪府社会福祉会館

1989.12.17. 第 3 回セルフヘルプグループ(当事者組織)研究セミナー:セ
ルフヘルプグループ運動の現状と課題:セルフヘルプグループ
10

を支えるネットワーク作りに向けて『セルフヘルプグループ運
動の現状と課題』主催:大阪セルフヘルプ情報センター設立準
備委員会、場所:大阪市シルバーボランティアセンター(大阪
市浪速区)

1989.02.25. セルフヘルプグループ(当事者組織)研究セミナー:専門職と
セルフヘルプグループ『セルフヘルプグループの意義と機能を
めぐって』主催:大阪セルフヘルプ情報センター設立準備委員
会、場所:大阪市シルバーボランティアセンター(大阪市浪速
区), 講演記録(PDF)

1988.12.11. 京阪神ボランティア需給調整担当者懇談会『需給調整活動での
「ポイント」とは何か?』主催:大阪ボランティア協会、場
所:京都・興正寺

1988.01.31. 「セルフヘルプグループとは何か」主催:大阪セルフヘルプ情
報センター設立準備委員会『セルフヘルプ研究セミナー:セル
フヘルプグループを考える集い』、場所:大阪市

1987.01.31. セルフヘルプグループ(当事者組織)を考える集い『セルフヘ
ルプグループとは:その活動、働き、そして意義』主催:大阪
セルフヘルプグループ情報センター設立準備委員会、場所:山
西記念会館(大阪市北区)

Related Interests