明 治 の地 獄

三遊亭円朝 口述
酒 井 昇 造 速記
ヱヽ 一席申上 ます 明治 の地獄も新作 と申す程 の事 でも
なく彫襲が冠ぎ て経ぽ に選留輯薙載計 でぜ庚獣欺 の緩 を肝
まし て夫 から案 じ附 ました お短 か い落語 でござ います がま
だ 口慣 れ ま せんから御聞苦 しうござ いま せう 人間が死 で

八 八

慇せん﹂と摯んでプーと農 のrま つた雌 に、胤ぶぽぱ好 へ
響くかとがふ⋮⋮針妊 へ颯りませうヽ題は舞篠許ぎ に観が
つたら何処と被仰るか知りませんが、円朝 には分りません、
対席でモー計鏡も矛ぬとぼ暦をし、日れも矛斑した義も鶴
てPりヽ従税席は帰須 に離き、け鋭も戦う矛ぬと認けが解
 ヒ
いて僣舞 つてもヽトロイヽと屈〒粥れで府ぱ いた﹄ に、
ヨイと配ぼぱが守める義ががります
男 ﹁イヤー⋮⋮対彫慮 い⋮⋮ コリア尉 のぼな姓ぜ⋮⋮オ

頓 と分 ら ん事 で、人が 死 んで行く時 は何 んなも のか、此肉

も な し極楽 の写真 を見 た事も な いから、是 は有 るか無 いか

円朝 には分 りま せんが  地獄 からド ーセ郵便 の届 いた試 し

りした処ろ へ出て来た⋮⋮遠くに電気燈でも点 いて居るの

眠られると思 つたら眼が覚めたやうだが⋮⋮此んなばんや


らはも数FをしてPたけれども、外し提 に魔 つてウトノく

だふから、夕て難 つたがヽ儲村楚営にグて襲げても赳 ケ射
いと計はれた、さうだふ研智殴束が財斑す﹂ゐの庸でだか

ヤぼは輝﹂だが雌醜優齢進燒針が避も越 ケ弊 いと計 つた ヨヽ
期から裁がdばして儲縫燎ダ に夕て艶 つたら好ぽだらうと

体 と霊魂 と離 れ る時 は其 霊魂 は何処 へ去 き ます か、ド ー モ

か知らプーと明るいョ⋮⋮ コリア歩行ける⋮⋮今迄は両方

地獄 へ行と か善 を為 した る者 は極楽 へ昇 天す ると か  を
ホ教

是 は分 ら ン、此等 の事 を考 へなけ れば 真実 の智識 と は言 へ

の手を以 て腰を抱 いて貰 はんと便所 へも行けなか つたが

の方 では天国 へ行く、悪 国 へ堕 ると 云ふ、何方が真実 だ か

んと 云ふ事 だ さう でござ います、随分彼 の悟道 の方 には、

⋮⋮ コレ ハ妙だ歩行ける⋮⋮運動に出 て来たのか何んだか

ツと直 き に行 れ ます ヨ

重 ﹁オ な に解 乾 射 がゃ り ま す から 、ぉ 聾 にぞ れば 、 スー

岩 ﹁夫 でも 極 楽 は十 万億 土 だ と 云 ふ じ や アな いか

﹁ガ ン コウ、地 に堕 んと欲 す る時 、 ソモサ ンカ何 れ の処 に

ガ響く、モシ/ヽ姉さん
婦人が一
分らん⋮⋮オヤ向ふへ
婦人 ﹁ハイ

岩 ﹁モー地 獄 へも汽 車 が 出 来 た か ヱ、驚 ろ いた ネ
甲 ﹁ヘヱーど う も 旦那 、 誠 と に暫 ら く ⋮ ⋮

バ凛場九群ばり財ございますが、雌貯はぼ妊ですネ
男﹁
女 ﹁此処 は六道 の辻 でござ います ヨ

岩 ﹁イ ヤ ー、 ア ハ ヽ ヽこれ は吉 原 の封 間 の民 仲 だ ネ

じ や アな いか

民 ﹁ヘヱ、 ド ー モ思 ひ掛 な い処 ろ で旦那 にお目 に掛 つた

 コリヤ ア驚 ろ いた、
男 ﹁ヱ⋮⋮夫 じや ア僕 は死 んだ んだ、
六道 の辻だ と ヱ、往時青 山 に爾う 云ふ処 ろが有 つたが、困
つたネ、僕 は死 んだ のか知 ら ン⋮⋮姉 さ ん何 んでげ す か ヱ、

岩 ﹁ナ ニ能 く も 来 な い⋮ ⋮姦 に川が 有 るネ

乙 ﹁ヘヱ旦那 、 誠 と に暫 ら く 、 ド ー モ能 く お出 な す ツた


裁け庭から、ツてPりますヽオヤマア、為けピ
女﹁ハイ

民 ﹁コレが 有 名 な 三途 川 と 云 ふ ので

矢 ツ張貴嬢 は急病 かな んかで此処 へお出 なす ツたか ヱ

の旦那 だ ヨ、貴 公 は腎 虚 な ん で せう

八九

岩﹁
三途川にしちやア橋が有るネ
男 ﹁馬鹿 を い へ  而 う し て和 女 は誰 だ ツけ
殴は耐武で対Lに規きな柾げぽが言つてヽ難ばに
民﹁
女 ﹁柳 橋 のお重 でござ います ヨ
響て六迂蹴を聴てPまし
だLが貯てヽビ線ので脱をフン
岩 ﹁な る程 芸妓 のお重 さ んダ 、 和 女 は虎 列 刺 で死 んだ の 肥
たが、渡しはいけないといふ議論がありました、其は水害
ダ 、 これ はド ー モ⋮ ⋮此 方 へ来 て から虎 列 刺 の方 は薩 張 り
律くの の新めにモシ朧が解喬でると配璧るピ者が勢いので、難で
よいかね、備し撤んでが行くのは礫だ、ほはが庚へ
は掘鮫離け欄といふ貯震の封傑だといふので、既通り光樫
は困 ま るネ、 極 楽 へ行 き た いが 、 何 方 へ行 た ら宜 から う
に成つちまいました、ソレ御覧じろ三途橋と書いて有りま
重 ﹁何 方 へ行 ても最 う 雑 作 ア有 り ま せ ん、直 き です ヨ

明治 の地獄

ネ、 西洋 酒 のビ ラが 下 つて居 所 が 不思議 だ ネ 、 此婆 さ ん は
な ん です か

せう

九〇

産機、三高端に据側が知る攪とぶふのは学結もので
岩﹁
民 ﹁得 来 な ん テ、 地 獄 の開 け た事 を費群 にお目 に掛 け度
位 ゐ のも のです 、 兎 も角 彼 処 に茶 屋 が 有 り ます から 入 ら ツ
しや い。

ともから数配 にどれてゲき 儲を離る、と配詈側 の脱拌
け蕪慰で数が何P に魔 つて群り 戸概が三ツばかリゲリヽ
搬が紺配もやりましてヽ計舒鶴ヽ ラムネ、デ混攪 の里が殺
だも壺んでF て、戦く鷹 いたも のでゴ貯を犀くT つて、
テ ーブ ル    し ろ                     かけ     か 、            ゐ  す       あ                       た は こ

卓子 に白 いテーブ ル掛が懸 つて、椅 子が有 りま し て、姻草

額が肝て勝りヽな屁に催をFし戦く気取たもので、難升舒
にはが驚塾下に性か難升が言りますヽ貯い難子では精ませ
んけれども、万事届いて居ります
岩 ﹁コリ ヤ ア驚 いた、 婆 さ ん茶 を 一杯 お呉
婆 ﹁御 掛 け 被 成 いま し 、 能 く 入 ら ツ し や いま し た 、 サ

ヽ箸板難が肝
、濤聾の計るにはチツと醜が村ますヨ
雌冗へ
ま した後 でござ います、之 から地獄行が出 ます
岩﹁
妙だ ネ、
 ヘヱー、感 心だ ネ、 ちや んと麦 酒 の招牌 だ

岩 ﹁ヘヱー、 調練 ⋮ ⋮ コレは面 白 い ナ、 向 ふ ノ高 い山 の
上 に白 いも のが 見 え る、 ア レは何 んだ ヱ

九一

用 はな い のでご ざ いま せう 、 銭 札 を付 け る奴 杯 は何 う し て

婆 ﹁十 王様 は官 様 同様 な お家 柄 でご ざ います から何 も 御

岩 ﹁爾 う です か ヱ  十 王様 は

ま した

式 の時 には お冠 り な さ います 、 夫 に到 て散 髪 に成 ツち ま い

婆 ﹁重 た い冠 り は脱 て仕 舞 ひ、 軽 い帽 子 を 冠 つて、 又儀

居 ます か

岩 ﹁ヘヱー、 何 う 云 ふ姿 で、 矢 ツ張 り舌 や何 にか出 し て

何 ん でも な さ る の です

で、憲 法 発 布 が有 り ま し て夫 れ から は皆 得 来 方 が引 受 け て

婆 ﹁現 今 は お気 楽 でご ざ います ヨ、皆 さ ん方 に任 せ ツ切

獄 のお閻魔 さ ま は何 う し て居 ます ネ

岩 ﹁ヘエー、 驚 ろ いた ネ、 大 層 揃 つて出 来 ま した ネ 、 地

い      と こ                                        お つし や                 も う だ いし ん

の好 い処 ろ でな け れば な ら んと被 仰 いま し て森 大 臣 さ まが 、

婆 ﹁ア レ でご ざ います か、 文 部省 が 建 ち ま し た ノ、 空 気

岩 ﹁ア、 アー、 三途 川 の婆 さ ん か ヱ

入 ら ツしや いま し て

民 ﹁之 は脱 衣婆 さ んな ん で

婆 ﹁ハイ旧 は彼 処 で 六道 銭 を取 て、 ど う や ら斯 う や ら暮
し て居 り ま したが 、 今 度 此 処 へ停 車 場 が 出来 る に就 て茶 屋
を出 した ら宜 らう と 云 ふ人 の勧 め に任 せ て茶 屋 を始 めま し
たが 、 此 方 が 結 句 気 楽 です
こ は                    ば ア                    し ん じ ゆ く   ば ア                お に ち が

岩 ﹁怖 ら しく な い婆 さ んだ ネ 、 新 宿 の婆 さ んと は大 違 ひ
だ ⋮⋮
﹁何 処 も 彼 も 貴 君 実 に立 派 に成 り ま し た ヨ

明治 の地獄

の揃 つた 亡者 を撰 ん で毎 ロノぐヽ調練 でご ざ います

や いま し て陸 軍 省 を お建 にな り ま した  夫 れ から身 丈 格 好

婆 ﹁明治 十 年 に西郷 隆 盛 様 や桐 野 様 や篠 原 様 が 入 ら ツし

0 いち               さ いこ う た かも り さ ま     き り の  さ ま     し のは ら さ ま     い

つく ぐ ん せ う     で  き
岩 ﹁ヘエー、陸 軍 省 が出 来 ま し た かネ

﹁陸 軍 省 でご ざ います

りくぐ んせう

﹁向 ふ の微 か に遠 い処 ろ に赤 い煉 瓦 が あ る   ア レ は何





彼れは書記官 に成 つて居ります
岩﹁
得来もんですネ、鬼なんぞは矢 つ張り角が有りませ

婆 ﹁イ ヽヱ、霊 の能 は髭など離 の若矧質がだらし ツて強

九二

死雌を流した二で肘 の温をどめて仕舞 ひ、争 ではオ ツ詈ら
で彼処が公園に成りまして誠とに面白うござ います ヨ、難
が熾dで鶴 の槽を搬たりする雛物が肝ます ヨ
産機、
岩﹁
 ヘヱー
婆 ﹁パノラマを行μ
て御瞥一
なさいまし
岩﹁
地獄 ヘパノラマが⋮⋮

てお仕舞なさ いました
岩 ﹁ヘ ヱ ー

婆﹁
大層立派に出来ました ヨ
婆 ﹁イ ヽ工、世ど のが戻 ので の軋ぜ鯖剛慰庚府で 雌冗
に難対 ので のLが村りまして判鋭締 で獄 て彬 て見嚇利がチ

短ばリアノ潔襲の毎既 に行るやうな軽笹 の町か ヱ
岩﹁

婆 ﹁チ ヨイと小 さ い シ ヤ ツポ を 冠 り、 洋 服 で歩 行 い て居
ます から 、 知 れ ま せ ん ヨ

岩 ﹁アノ耐嚇響 の鏃ぽ新 のぼ鶴 は伴うしました
新 の投猷 は各配 にお恭どがゃりましてヽォ妊 に擢伊
婆﹁
うだ、怖 いなんツて皆さんが被仰 います

ツとも舛りません 調とに就砒だで のォえる姓が究物 のや

けて有りますが 皆さんが僕は地獄 へ来てから体量が増え
た構とだ つて慨こんで群りますヽ配慶響 の鍵は、 ストウブ
六日に蓋 の開くと云ふ、地獄 の巨大な釜は何うしました

た のでござ いま せう


賛狂人
だ蛤を什ましたから鶴儡を律屁まれで見義で板梁へ

婆 ﹁ナ ニ極 楽 へ行 つて在 ツしや いま し たが 、 近 来 極 楽 も

婆﹁
開けたツて、貴公劇場見 に入ら ツしやいヨ、
 一日お

岩 ﹁ヘヱー、開けたもんで

婆 ﹁アレで応炉を好きます、従 は対“ へ魔炉がヤきます
から、少しも地獄は怖 い事 はございません

産機、おうでござ いますかネ、驚からE月と鋭 の十
岩﹁

を好きます上 に鍵 つてありますヽ麓でけ聴″ へてヽ会野 の
嚢が早 る は は冠でけ離 い裏をした構とぶ つて視 ツしやい
ます
産機、耐 の温ぜ災、鋼 のビなどはまだございますか
岩﹁
婆 ﹁イ ヽヱ、ござ いません ヨ、岩崎弥太郎さんと云ふ方
が入らツしやいまして、 アノ旦那様が針 の山を払ひ下げて

供 を致 しま せう
岩 ﹁地獄 に劇場が有 ます か
あ                       き      ゐ               一
ヽ  し ん た か し ま や

婆 ﹁有 る か ツて、
 子 フイ のが 来 て居 ます   故 人 高 島 屋 ヤ

岩 ﹁極楽 の勧化 か ヱ  相変 らず此地 へ来 ても お忙 し い

し ん す ゐ  き    ゐ       はん        なかざうなど  き    それ   ´
﹂んど と つ

彦 三郎が来 て居 ます、半 四郎や、仲蔵杯も来 て夫 に此度訥

婆 ﹁夫 に関 口さ んと 肥 田さ ん は鉄 道 に は懲 り た と 言 ツて

と 云 て居 る内 に慣 れ な いから 足 を踏 外 し て三途 川 へ逆 ト

岩 ﹁何 にし ろ奇態 なも ので⋮ ⋮。

何 日 でも お馬車 で

それ   せきぐち       ひ た        て つどう     こ

升 に宗十郎が這 入 ツて大層 な演劇が有升
岩 ﹁成程此地 の方が宜 い
それ    ぶ せ んだ いぶ   き          と みもとゼう       せう

婆 ﹁夫 から豊 前 太 夫 が 来 ま し た、 富 本 上 る り に庄 五郎 が
き                       な が う た     で  は や        あ り

来 ま した ので長唄 の出囃 しが有升

ぶつ

ンボ を打 てド ブ ー リ飛 込 む と

石 ﹁南 無 阿 弥 陀 仏 々 々 々 々 々 々 ⋮ ⋮

岩 ﹁成 程 是 は ヱラ イ、 ぢ や ア見 に行 き ま せう。
、/ヽ ︵
と 云 ふ処 ヘガ ライ ヽ
轟 く音 ︶

女 ﹁実 に驚 き ま し た、 彼 ンな お強 壮 さ ま な お方 が 如 何 し
て御 死去 り に成 つた かと 云 て宿 の者 も 宜 しう申 し ま し た

し つ    お ど ろ                   I″              で う ぶ                 か た     ど   う

婆 ﹁馬車 が 来 ま し た
岩 ﹁オ ヽ、 お立 派 な 馬 車 だ、 大 き な方 だ ネ

撫 ぞ お力 落 し で⋮ ⋮

あ       か た     や ま を か て つ        さ ま     お つし や         か た

致 し ます ヨ
妻 ﹁魔 が 魅 し た のでせう ⋮
九三

女 ﹁オ ヤ、 お待 ち な さ いま し、 早桶 の中 で ミ チノヽ 音 が

ま し た位 で⋮ ⋮

妻 ﹁有 難 う存 じ ます 、 良 人 は平 素牛 肉杯 は 二人前 も喰 べ

婆 ﹁彼 の方 は山岡鉄太郎様 と被仰 るお方 です
岩﹁
側 に何 か 二人 り附 いて居 るネ
ひと り   し つをか  ち し   な す     せきぐ ち

婆 ﹁ハア、 お 一人 は静 岡 の知 事 を 被 成 ツた関 口さ ん、 お
ひとり   ´
れうきよくて
   い

う  ひ だ           な か
一人 は御 料 局 長 の肥 田さ ん で、 お情 交 が 睦 いも んだ から、
何 日 でも 御 一緒 で
岩 ﹁大 層 お忙 し さう で
明治 の地獄

岩 ﹁明 け て お 呉 れ ′ ヽ 、 蘇 生 へ つ た か ら 明 け て お 呉 れ
女 ﹁何 ん と か 云 ひ ま す ヨ 、 お 明 け な さ い 。

と 云ふから早桶 の蓋 を取 と蘇生 へつて居 る
妻 ﹁ア ラ ま ア お 前 さ ん   助 か つ た の か ヱ

岩 ﹁三途川 へ落 こ つて蘇生 へつた
婢だネ、 マ就 しい
妻﹁
女﹁
斯 ンなお芽出度事 はござ いませんネ

==さ
一ん

し 其大黒を飾 つてから段 て仕合が能くなりましたので
ど警 のお鷹がたびしく腱 つて難はもれら
へてヽさいと鯖dを

グ/


九四

を貸 せ の帯 を貸 せ のと いろ ノヽ の事 を いはれ て不仕 合 計 か
り縮 く ので  題 で はなら ぬと律 狩 岬 の野 荒 機 へ貌制 に従 く
と  間 の悪 い時 は悪 いも ので其 帰 りが け に土 手 で追剥 に出

慰りまして 鰐針の
憩て刻饗κにされ逮くのほでr配Fへ
薙障がでましたから様
だ髭を何ぎをして鋏ぎ残てPる藤ろ

騰は奮でなもので

の計結を死べ姜て慨♂だと 崚
﹁左 様 だ ら う   お前 のは自 己 が 懐 中 の淋 し い時 に持 へた
大 黒 だ から ノ ウ

﹁何 にも 金 無 垢 じ や アな い、 ひ んむく だ

り今 一度 五十 両 の下 金 を出 し た ら

に宗 眠 さ ん は憎 ら し い人 だ よ

﹁オ ヤ夫 な ら那 れ は金 無 垢 じ や アな い のか ヱ

いふと イヤあの花魁 のは紀文が百両といふ下金料を出し

たからrだたので一銀が鮮ちやア謹 にれ へる調には観 ント

﹁マ ア道 理 で ア ノ日 か ら脱 が せら れ て計 か り居 た  本 当

為階は光鐘を難繁り征ザ難ひ群て
をビして帰みますると 一

﹁又 た ひ んむ く か ヱ
こ ん ど     き せ    こ し ら     き

九五


を は り︶

﹁お爪 其 様 に怒 ら ンでも い ヽ  マア堪 忍 し てく れ   其 代

終 つて肝腎 の大黒を持 へて呉ませんから遣手がセツセと催
ばをするので斜ばなく動鑓鍵グ で概ら
へてもはしました ぎ
ギは健ざとは硝じませんから対彫識がで肇ぼ概艦 へ郷りま

﹁ナ ア ニ今 度 は着 で椿 へて来 て や ら う

題話
遊女 の無 心 ・大黒 天 ・彫物師 〓一

とが多を館 てやりますと 鋭魔は蹴率をした囃がだ てが場

亭主が尋ねて来て金を貸せとねだり込まれ金は持ないから

したが 饉した講か難Pから既“儀僕が離くなり 陳配 の

いは          つめ  それ    ど う そ これ    た いし   た め      れう     へそく り

云れ て  お爪が夫 なら何卒是 でと大事 に貯 た五十 両 の磨繰

お いらん    き  ぶん    れう      したがねれう  だ


口朝生算
μ′ん
多οt5毎 タラ
2
杉 雄 多努 族 う

岩﹁
皆さんはお通夜 のお方 か、 オヤ/ヽ物騒だ ナ、通夜

三遊 亭 円朝 口述


をはり︶

のが さんが簡 に酷離れ てP る、麟磁 に繊夕をド ツチリだし
て、
 一樹概 に様雖裂 鵬軒だね も から駄ふとが策 の対が


「II
話む

ギ ツ響肥けた⋮⋮。
とだふお謝ず ⋮

師天心

齢 ず瀧ど 議氣
避贅 発L札容 の階劾酔 の薙臓







と申す辟雑 の容ご薫黙 の解を鋭 でな へてくれと鯖dをいた

彫大遊

物黒の

る。 奥 付 は、 明治 二十 三年 九 月 三 日印刷 、 同年 十 月 十 三 日出

四 六四
ゃな いん です。 ど ち ら かと いう と 、
 マク ラ にお ん ぶ し て いる
版︵
傍 線 部 は墨 書 ︶、 発 行 者 本 田吉 太 郎 ︵
東 京 京橋 区中 和泉 町
四番 地 ︶、 印 刷 者 山 田良 弼 ︵
愛 知 県 名 古 屋 市 伝 馬 町 六十 番 戸 ︶、

﹃おも し ろ し﹄ に は円朝 作 の 一口話 。三題 噺 が 複 数 収 録 さ

集 ﹄、角 川書 店 版 ﹃三遊 亭 円朝 全 集 ﹄ に は未 収 録 。

店︵
名 古 屋 市 本 町 通 六 丁 目 ︶。 いず れ も 、 春 陽 堂 版 ﹃円 朝 全

発 売所東 雲 堂 ︵
東 京 京橋 区中 和 泉 町 四番 地 ︶、 売 捌 所東 雲 堂 本

安 直 な サゲ です 。 サゲ よ りも 人 情 味 で聞 か せ る はな し でし ょ

う ﹂ とあ る ﹁林 家 正蔵 集 ﹄ 上 、 青 蛙 房 、
  一九 七 四年 ︶
な お、 本 作 の冒 頭 に ﹁荻 江 伊 三 の伝 記 が 切 れ ま し た から チ
ヨ ツと 間 へ落 話 を 一席 お聴 に達 ま す ﹂ とあ るが 、 ﹁荻 江 伊 三
の伝 記 ﹂ は ﹃百 千鳥 ﹄ 十 二︱十 六号 ︵
明 治 二十 三年 二月 二十

日新 聞 ﹄ に載 る︶への掲 載 を 予 定 し て 口演 され た作 であ り ︵

全 集 九巻 後 記 ﹁
荻 の若 葉 〓初 出 ・底 本 ︺の項参 照 ︶、 そ れ を ふ
以 前 に初 出 紙 の存 在 す る可能 性 が あ るが 、 確 認 でき て いな い。

の であ る ︵
本 巻 一二頁 ﹃梅 ・寒 中 の雨 ・狸 の腹 ﹄ と 二四頁 以
下 ﹃親 子 の聾 ﹄ ﹃朝 麻 坊 ﹄ 翌日の大 名 の心 意 気 ﹄ ﹃無 筆 の田舎
の名 主﹄ ﹃人 情 の松 茸 ﹄ の後 記 解 題参 照 ︶。 よ って本作 も 本 書

れ て いるが 、 本 作 を除 く作 品 はす べ て別 の媒 体 に既発 表 のも

ま え れ ば 本 作 も 同 紙 のた め に 口演 さ れ た作 であ った か。 し

日 ︱ 四月 二十 日︶に掲 載 さ れ た 円朝 ﹃荻 の若 葉 ﹄ を指 す と考
え ら れ る。 ﹃荻 の若 葉 ﹄ は ﹃いろ か新 聞 k 明 治 二十 三年 一月
一日創 刊 と の広 告 が 明 治 二十 二年 十 二月 十 七 日付 ﹃大 阪 朝

か し ﹃いろ か新 聞﹄ は目 下現 物 を確 認 す る こと が でき ず 、 以

四六五

貢︶
開 化 一口ば な し   ︵一Q 一
開 化 一口ば なしL森本順
底本 は神奈 川近代文学館所蔵 の ﹃



二郎、 明治 二十 五年 二月 ︶ 整 版本 中 本 一冊 表紙 。本文
円朝 の紋︶の後 ろ幕 を背 に口演 す
とも多色櫂。 表紙 は高崎 扇 ︵

遊亭円朝/ 開化 一日ば な し﹂ 見 返 しを含 む
る噺家 の図、ョ 一




帰宅す ると 三両 の金 が な い 先 の上腐 ⊆戻 て探 すと 二両

つか った。持 ち帰 り、着替 えをす ると衣類 の破れ から拝領



三両が出 てき た。 ﹁さ ては右 三両 は落 さず 落 せしと て


堀 より尋得 しは別 の金 也 ﹂と夫婦 とも に喜 んだ と いう話
観世新 九郎修 行自 然
観世善九郎 の鼓 の逸話も ﹃耳嚢﹄巻 一 ﹁
本全集 九巻 五 五頁 ﹁鼓 を打 つと ⋮⋮ ﹂ の
の事 ﹂ に類似 す る ︵
。 同 じ書物 から能 役者 を めぐ る 二 つの話 を採 り、結
注参 照︶
び つけ たも のか。




¨叫 好期構 恒〓 剛獅卿 薇﹁ け膿 豊画脚﹄赫 鯵はに ない ヽ

﹁て つき り ﹂ に改変、 セリ フの前 の発話者名 翁内儀 ﹂﹁七 ﹂な
ど︶を全 て省 く等 であ る。
本 作 は根 岸 鎮 衛 ﹃耳嚢 〓 文 化 六年 全 合 ● 跛 。写 ︶巻 七

﹁不思金 子 を得 し事 ﹂ に類似 す る 能 役者 梅若 七郎兵衛 が年


寒 いから雪 催 し で有 る ノ  七 ﹁ヘー員 九 八頁 上 ︶を削 除
﹁必定是 は吐潟 の中 へ只 一〇 二頁上︶の ﹁必定 ﹂ の振 り仮名を

日本 館 刊 行 の雑 誌 ﹃人 情 世 界 ﹄ 五年 二十 一号 ︵
臨時増 刊、



三友 舎 、 明治 二十 五年 二月 ︶

底 本 は早稲 田大 学 図書 館 所 蔵 の単 行 本 ﹃新 著 落 語 十 二種 ﹄



ム担の﹁
地獄一 ︵
八八頁︶

と サゲ る。 ﹁小 から 大 へと 順序 通 り、 小 鼓 から 大 鼓 に進 む も
のと錯 覚 し たも の只武藤 禎 夫 ﹃江 戸 小 咄 辞 典 し 。

な ﹂ ﹁何 サ、 こと し で 三年 にな るが 、 ヤ ツパ リ小 つゞみだ ﹂

﹃小 鼓 ﹄ の類 話 に ﹃
今 歳 花 時 k 安 永 二年 全 増 3 × つゞみ ﹂
が あ る。 二人 の者 が 隣 家 の鼓 の師 匠 に つい て噂 し ﹁上 手 か

上 は推 測 にと ど ま る。 な お ﹃百 千鳥 ﹄ に本作 は掲 載 さ れ て い
な い。

自惚一 ︵
八七頁︶

一口話 し
小鼓
大 の燿 惰 者

底 本 は単 行 本 ﹃おも し ろ し失東 雲 堂 、 明治 二十 三年 十 月 ︶
表 紙 に ﹁諸 大 家 合 作 ﹂﹁風流 三味 洒 落 道 場 ﹂ な ど の記 載 が あ

明治 三十 三年 六月 十 日︶掲 載 ﹁新 作 明 治 の地 獄 ﹂も 酒井 昇 造
速 記 であ り、 ﹃新 著 落 語 十 二種 ﹄ 収 録 作 と 同 じ速 記 に拠 ると

みら れ るが 、 本 文 にはわず か に異 同 が あ る 例 えば 語 り出 し
の ﹁ヱ ヽ⋮ ⋮円朝 が 先 達 て﹂ の箇 所 を ﹁一席 申 上 ま す  円 朝

が 先 達 て ﹂と簡 略 化 、 ﹁病 気 労 れ で床 附 いた時 に ヒ コイと
間 に眼 が 覚 め る 只 八 八頁 下 ︶の箇 所 を ﹁病 気 労 れ で麻 附 い て
、 セ リ フ の前 の発 話 者 名

翁男 ﹂﹁女 ﹂﹁岩 ﹂﹁重 ﹂な ど︶を全 て省 く 等 であ る
仕 舞 つて ま た 眼 が 覚 め る ﹂ と改 変

明 治 三 十 三 年 二月 五 日︶所 載
な お ﹃人 情 世 界 ﹄ 五年 五号 ︵
二遊 亭 円
﹁人 情 世 界 臨 時 増 刊 予 告 ﹂ に ﹁落 語   落 しば な し  一
、 同 年 二月

五年 八号
の掲 載 予 告 が あ るが 、 当 該 号 ︵

朝 口演 ﹂




























九五頁︶
二題 話   ︵
遊女 の無 心 。大 黒 天 ・彫 物 師   一

新著落語 十 二種気 三友舎 、明治 二十 五年 二月︶
底本 は ﹃
九一
ハ頁︶
梅 若 七兵 衛   ︵


底本 は ﹃新著落語 十 二種 L 三友舎 明治 二十 五年 二月︶
臨時増刊 、 明治 三十 三年 一月十 日︶
﹃人情 世界﹄ 五年 二号 ︵
、 新著落語 十 二
梅若 七兵衛 ﹂も酒井昇造速記 であ り ﹃
掲載 ﹁

種﹄収録作 と同 じ速 記 に拠 ると みられ るが 本文 にはわず か
続 いて
殿 ﹁
に異同があ る。 例えば 石川と七兵衛 の会話 から ﹁
解題︶
後   記 ︵

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful