選 薬

さ L 漱

励 測

撫 L 螺

撫   榊

Jο ″

″αJ

◎ にポ騒尽   口8 駅冒#88

ェ ンバ レン著 作 目録


略称〉
Sα ε


Oη ∫ぽ

■4S」 一―T2‐ ●

JAI
JAS

、ヽ Hヽ︱
︱腱導 Qヽヽ ″

ヤ ト ﹀

K選

B二 H=チ

Ю 3 ν 和 期 製 椰 越 ″ヽ 特

B醐

N  抑網黙枢巨嵌

側 中8一 ヾ〒曽ム 終K樫図 黎輸條R o81終 畑
中ヽ武 ﹃駅志細メ拒し﹁︶‘9ぜ細メ 曖駆終 回ゼ
熱 ヽ﹁ 姜︵


中ヽ 状 ﹃駅志
案褒侭 ●
´ョ餞 К ヘキ や﹂ ^
田0 ■80
“ 載︻
鰤枢拒し ﹁︶69せ側 メ攣圏K 口評終く κ ヽキ ヽ﹂︱メ経
柵郡 E氷︶﹃≪椰 響く終 回収ぺ報
︹ヽ11 ヽ ヽ卜く Ш︺ ︵
稲駐︶﹃
紹黎柿終 回堅畑駅﹄︱辻榊
掏塁﹄ バ蔀 K枷榊 ヾ︺ ︵

Щぐ都朴嵌朴 K
収熱黙翠メК m壼杯冊 。
Щぐぐ
Щぐ硝朴細メ拒K m ^
叫ぐぐ絣収にHK 匝 ^
終 皿 .
艦濡朴КK 工  憚 パ
Щ如ぐ 燿 卜ヽ卜終 回 。
朴収朴採 K 皿 ¨
。卜ヽ ︵
ヽ仲収終 Ш︶服 維=筆蒸黙志朴メ 盤朴К朴К終 匝

民 椰翻輪低沢 せ圏9

£゛

乙 m のH
NIい∞〇〇︱いHヾ∞︱︶ 一

■ 椰ハ製‘蜘麟農雪K卜ヽ ・卜

K

0米興 二嗅品
晏已

倒 爆

8ヽロ ーい振無 蜘墨
o 組田
ぶ 1∞
ぶお ︱∞
製撫R旨来= 図鯉黙職嵌沢 o8 ト

К

曇組割算赳 憚脚

配 8■卜暉投

め″

rル ASね

げ Jψ α″

`″
`た
Zο gJ`α J I″ s`ゴ ′
″0′ ο
A72′ た

Jα ″

″ ど r´ ′
′G7‐ `α r B′ j′ αブ
`″
“``ο
17・
α



α
22′
α
′β


ο
G′

fr Sο ε



ο′
ノ ′
メαZ 4sfα ′
`′

`み `Rο

ο′′
71a

.

.


著書〉
英語変格一覧 上下 (Elements of English Grammar)(一 貫堂
」PO′ ι
Tた ′CJα ssjσ α

ノのFr力 ′!嗜α″s`(London,
R′ ω′
J"ο ′ “
K9ガ λ

`お

`√

gげ

`j″


s
α″ど ,`ο ′

Vo1 10 Supplement. 1883)




s, Mα ″jが ,arr"Й Essay ttζ ′J′ ′
あ′
」″ α″ A″ ε
`S′

3vols.(London, Tribner&Co Yokohama, Kelly&Walsh 1886)

A'■ ρJi■eノ


″″α′●F′ λ′J`ク α″′
G′ ´

(文 部省編輯局 ,明 治20年 4月

日本小文典

Trubner&co Tribner's Oriental Series 1880)

″パ"(TASJ
A″ ε
た″オルfα ′

πf″ ご Jψ α″Sa R′ αル′,Cο なお
Rο ″α

明治12年 4月 )

La4″ αg′

'ノ

″fο π
″EZgJJsλ T″ αパ′

,υ ″λα

(London,Tribner&Co Yokohama, Kelly&Walsh 1886)

)

sο

ο9″ ブ
αJ」 α′απ′
A Ha72Jみ 00ん ο′Cο ′
(London, Tribner Tokyo, Hakubun―

sha. 1888)

S′
αZ」 1′ αη′

ο9″ ′
λρ
A Ha″ ′ιοο
(2nd ed rev Shanghai, 1888)
/Cο ′

A Zα ″′ιοολのr

Cο 〃ο
α′」
9″ ′

λ
A Hα ″ab。 。

`r Cο

″gs Japα
Tん ゴ

απ σ (2nd ed.London,Tribner Tokyo,・
`∫

Hakubun― slla.1889)

`′

`sa

J′

S′
ο9zfα J∫嗜 α″′
(TOky。 1889)

たsο ″υαrJO″ s
レg″ ο
β´


szタ ル′

σ
ο7ta″ ′

′型J′ λ Jψ α″ (London,Kegan Paul 1890)

The Classical Poetry Of the Japanese(Reprint London, 1891)
S′
″θ
rhJ″ gs Jq´ α

Aら

(2nd ed. rev and enl London, Kegan Paul 1891)

Jル バ
ο
″′ιο
λ/● ′ T2・ aυ ′

m=口 =ホ

J″

="α

″ (with W B Mason. 3rd ed rev and for the most part rewritten

Hヽ・くヽ`榊と 皿贈

ohn Murray.
London, 」

ギ 111

ギ 1111
1891)

チ ャムブ レン英文典

(明 治26年

9月 )

A Eα ″′ιοοたル ′Traυ ′ ′バ ゴ
π

T力 J″ gs

i"● ″
`S`‐

A Hc″ ごιοοたげ

="α

″ (4th ed LondOn,JOhn Murray 1894)

(3rd ed London, Kegan Paul_ 1898)

Cο ″ο
ι」α
9zゴ α
′α″aS´

AP″ ″ゴεα′ルr″ み σ′ゴο″

(3rd ed London, Sampson Law 1898)


λι &zの ぼ 」ψ α′
:″ ∫
σlろ ′

J`fη g(London

`ο

1889)

t

ス Eα πどbο ο
λル ′ T/α υ ルぉ づ
″Jq′ απ (5th cd London, JOhn Murray. 1899)
`″
れ′
″rsげ EagJJsた G″ ππ″ )(改 修第二版 ,大 阪三本書店,り ]治 32年 1月
英文典教科書 (〕 ¢

A Hα ″どうοολル ″T″ υグルだ

f″

Mα ″zα ′ど″」apο ηαおι´α″ι
ι

(Irα

π′ら。
。λ●
Jο ク
zた ′J"α π″
SC‐ )Traduction Francaise de Emmanuel TronquiOs avec les Exemples
/Cο ι

Transcrits en Caraetさ re Chinois et」 aponais(Tr Edme Gallois Autographi6と
r/1J″ ″

)

」Fク α″ (6th ed London,John Murray.1901)

ノ α″CS′ (4 th. ed London, John Murray Yokohama, Kelly&ヽ

Yokohama 1901)


alsh 1902)

`′

A Hα ″ごみοολ/● /T′ αυグルバ ′
″Japα π (7th ed London,John Murray 1903)
7λ ′
″g∫

ノα′α″′
s′

AP″ ε′たα

J f2z′

(5th ed London, John Murray Yokohama, Kelly&Walsh 1905)
ι
た′」
シz″ ッの′J`′ α″θ
s`77・ ゴ

J″ g(2nd

′ο″″ε ″
`Jο

1905)

A Hα ″どιοοたrar

Jル バ
T7_α υσ

J″

ノ1′ απ (8th

α72as`Pο ζ
, (Enl ed London,

=唆

απttε ん´
5 (T/1172gsノ

=ゅ
erm ann.Berlin 1912)

´

ed London,John Murray Yokohama,Kelly&Walsh_19o7)

´″′
Sa)Notizen iber verschiedene japanische Gegenstinde ftr Reisende und andere (Tr_B Kell―
`′

A″α″′ιοολ/・ ″ T″ αυ′ιι′′sf″
T■i72gs Jψ α
πσ
S′

Yokohama, Kelly&walsh

」。hn Murray 1910)

AJル ″
Jど

ed LondOn, C Lockwood&sOn

`ο

!"α ″ (9th ed London,」 ohn Murray 1913)

(Reprint of the 5th ed,rev with the addiion of two Appendlces LOndon,」

Mc″ ″s′ ′Cazォ z″ ι
sど z ∫
″ D'`′ 7
嗜ο

。hn Murray 1927)


α5e edition anglaise, revue et augment6e par l'auteur Paris(Tr M Log` Paris,

eS

Payot_ 1931)

T/2θ


ι
″ιMα
ο″
′∫げ A″ ε
KaJjλ j ο
″R″ ご

rs(2 nd. ed with annotations by Ⅵ″G.Aston An append

by Prof.Uri Tsugita.Kobe

``ι

1932)
s ι
ι―
ti′ ″あバ・ (PariS, Payot. 1933)
α l%z′ お, P′ パι
´
E71ω ′
′asι υJυ ′′

東京・ 岩波新書,昭 和 14年 4月 )
7/1a“ KaJfλ J"(日 本文学歴代名著選 ,東 京 。日本学 4j出 版社 ,昭 和 34年 10月

鼠 はまだ生 きてゐる

(吉 阪俊蔵訳

1(高 梨健吉訳,東 京・平几社東洋文庫,昭 和44年 1月
2(高
日本事物誌
梨健吉訳 ,東 京・平几社東洋文庫,昭 和44年 9月
日本事物誌
ノψ α
"`S″

Tん f"g,(reprint.

`√

(山

口栄鉄編訳 ,琉 球文化社

昭和 51年 5月

)

s(reprint Tokyo, Charles E Tuttle. 1983)
A2cた z′ Mαι ″

ど ο
″ぼ
Tル Cの りι
′ ′

)

Tokyo, Charles E Tuttle 1971) .

王堂チェンパ レンーーその琉球研究 の記録

K″ jλ ゴο″R′ εο″あ

)

)

`′

T力 J2gs Jゅ

α″′

(高 梨健吉監修・ 楠家重敏解説 ,名 著普及会

昭和60年 )

'`′

<論 文 >
On the Use of`Pillow― Words'and `Plays upon Words'in Japanese Poetry(■ 4SJ Vo1 5 1877)
Japanese

liniature Odes(Tた ′Cο ′″たIJ′ Mag′ zJた a vo1 36 1877.7)

On the Mediaeval Colloquial Dialect of the Comedies(TASJ Vo1 6, Part 3 1878)
A Short Memoir froln the Seventeenth Century(■

4S」 Vo1 8 Part 2. 1880)

Suggestions for a JapaneSe Rendering Of the Psalms(TASJ Vo1 8 Part 3 1880)

Notes on the Dialect Spoken in Ahidzu(TAS」
Notes on」 apanese Philology(T/1ι

V。 1

9 Part l 1881)

ysα ″
″′
″ 1883

Cλ ′
たι
″zπ α″ど Pο ′

z1883
″ブ
λ′
″Z″ α″′ Pο ′
Notes on Japanesc Philology(Tん ′C/2″ ノ5α ″′

,

3)

5)

On Two QuestiOns Of」 aPanese Archaeology(工 4S V。 1 15 Part 3 1883 5)
Vries lsiand(Oshima),Past and Present(■ 4SJ Vol ll Part 2 1883 5)
Notes by Motoori on the Japanese and Chinese Art(TAS」 Vo1 12 Part 3 1884)

m=ロ ニふ Hヽ・くヽ`榊辻 lm購

押 11111

ギ 11國
,lα R′ υ
J′ ω Vo1 14, No 4 1885)
The Romanization of the」 apanese Language(Cλ ブ

物y No 683, 1885 6)
The Romanization of the Japanese Language(A“ ′′
On the VariOus Styles used in Japanese Literature(TASJ Vol 13 Part l 1885)
4SJ V。 1 13 Part 2 1885)

The So― called trOot' in Japanese Verbs(■

Past Participle,or Gerund P一 ―A Point of Grammatical Terminology(TASJ Vol 14 Partl 1886)
On the Quasi― Characters Called`Yajirushi'(7L■
明治19年 9月 25日

神字有無論 (東 洋学芸雑誌
支那語読法 ノ改良 フ望 ム

Vol 15 Part l 1886)

S」

)

明治19年 9月 25日 )

(東 洋学芸雑誌

」apan Viewed in the Light of Aino Studies(レ

The Language, Mythology, and Geographical Nomenclature of
五J″ ″ ′
″′′ Cο JJ′ ″

,I"ヮ ′ガα′ υ″ブυ′″sカ メ

`/Jψ

α″

θ
Sげ ′力′
″ο″

No l,1887 4)

Reply tO Mr Batche10r on theヽ Vords Kamui and Aino(■ 坐 ヌJ VO1 16 1887)
Nihon Rekishi wa Kaki naoshi wo Y5su(RO″ ″J
Gem― bun ltchi(Rο ″″J

ZαSS″

Zα ∫

λJ明 治20年 2月 10日

)

明治20年 5月 10日 )

Directions for the PrOnunciation of English(文 部省編輯局
蝦夷語 卜日本語 ノ関係 (東 洋学芸雑誌

明治20年 6月

)

明治20年 11月 20日 )

Rodrigue2 System TransliteratiOn(TAS」

Vo1 16 Part l 1886)

Notes on the Japanese Go― Hei, or Paper Offerings to the Shinto Gods(」 141 Vo1 18 1888)

On Two Questions of Japanese Archaeology(/AS 1888)
A Vocabulary of the Most Ancient Words of the」 apanese Language(Assisted by M Ueda TASJ Vol 16 Part 3 1888)
日本上古史評論

(飯 田永夫訳

史学協会出版局

明治21年 4月 25日 )


那珂通世氏の年代考 に対す る〕ちゃんべれん先生 の回答 (文

明治21年 )

A Review of Mr Satow's Monograph on“ The Jesuit MiSsion Press in Japan 1591-1610"(TASJ Vol.17 Part l 1889)
What are the Best Names of the`bases'of Japanese Verbs7(節
NOtesloi S。 ■■Mi■ ●r Jopanest Religibus Practices(JArl V。

」 V。 1 18 Part l 1890)

1,22 1892D I

I

I I

││

On the Manners and Customs of the Loochooans(TASJ Vo1 21 1893)
′London 1894)
″′q′ S″ ε

α″ο
″ノb′ ′
λ′A′υα″raπ ″
力″′
′ g。 /`λ ′B′ ルおみAssο ε
On the Loochooan Language(Rゅ ο′r。 /′ λ′θイ′
`″
`jπ

The Luchu lsland and Their lnhabitants(G′

grα ′λ
Z′ ″
α′Vo15
icaZ」 ο
ο

Nos 4∼ 6

1895)

Two Funeral Urns from Loochoo(JAI V01 24 1895)
A Comparison of the rapanese and the Luchuan Language(TAS」

VO1 23 1895)

Essay in Aid of A Grammar and Dictionary of the Luchuan Language(TASJ V。

1 23 Supplement 1895)

A Preliminary Notice of the Lichuan Language(JAI V01 24 1897)
A Quinary Systelln of Notation Employed on the Wooden Tallies Termed Sho―

chu― ma

(JAr v。 1 27 London 1898)

Notes on A Long― Tailed Breed Of Fowls in Tosa(■ヽ J V01 27 Part l 1899)
日本上古史評論 訂正再版
羅馬字新綴方反 対意見

(日

(飯

田永夫訳

本英字新誌

国語伝習所

明治32年 10月 15日 )

明治32年 10月 15日

)

パー レン氏の非難)(言 語学雑誌
〔ローマ字書 きに対す る文部省へ の建議書〕 (文 部省報告 の羅 ,電 字書方 に対す るチ ャン

明治33年 12月

)

Basho and the Japanesc Poetical Epigram (■ 4S」 Vo1 30 Part 2 1902)

On the study Of the Japanese Language(YMCA 1902)
The lnvention of A New Religion(London, Rationalist Press Association 1912)

The lnvention of A New Religion(London,


Vatts&Co

1912)

The National Cult in Japan:A Roman Catholic Study of lts Opposition to Evangelization(1918)
日本人 の愛国教 (思 潮社 1923)
The lnvention of A New Religion(Reprint Canton Pan― Pacinc Cultural Association 1933)
琉球語 より観た 日本語動詞活用 の起源 に対す る試論 (金 城朝永訳 方言 昭和 9年 10月 1日 )
新宗教 の発明

(田 中明訳

近代文学 昭和28年 7月 1日

チ ェンバ レン日琉語比較文共

(山

口栄鉄訳

)

琉球文化社 昭和51年 3月 )

バ ジル・ ホール・ チェンバ レン 琉球語文典 および辞典にかんする試論 (1895年 )(由 良哲次訳

古琉球語 で解明す る邪馬台国 と大和 ,学 生社

,

昭和57年 6月 15日 )

mニ ロ=ヽ Hヽ く ヽヽ榊こ lEll騒

ギ 11‖

押 111(

<翻 訳 >
Jitsu― go― kiyo

The Teaching of the WOrds Of Truth

(771`Cο ′77″ ′
′Magα zル ′v。 1 34, 1876 8)

The Death― StOne:A Lylic Drama frOm the Japanese(Tλ

a c。 ′
″た″J

Magazル

The Maiden Of Unai(■ 4SJ V01.6 Part l 1878)

`vOl.34, 1876.1)

EducatiOnal Literature For Japanese Women (JAS 1878 3)
Wasaubiyauwe, the Japanese Gulliver(TASJ V。 1 7 Part 4 1879)
A Transiation Of the``Dou― Zhi Keu"(TASJ Vo1 9 Part 3 1881)

Chamberlain shi nO uta(Romaji Zasshi

明治18年 9月 10日 )

The Fisher bOy― Urashima 」apanesc Fairy Tale Series No 8(KOubunsha 1886)
The serpent with Eight Heads Japanese Fairy Tale Series No 9(Koubunsha 1886)
EikOku K5shi Plunkett Kun no Enzetsu(Rο ″ゥf

KISA GO TAMI NO HANASHI(Rο
elly― Fish

The Silly」

J明 治19年 2月

Zα ∬方

″″づZあ sみ J明 治 19年 10月 10日

10日

)

)

The Japanese Fairy Tale Series No 13(Koubunsha 1887)

My Lord Bag― o'Rice The Japanese Fairy Tale Series No 15(Koubunsha 1887)
Thc Hunter in Fairy Land Aino Fairy Tales No l(KOubunsha 1887)
The Birds Party Aino Fairy Tales No 2(KOubunsha 1887)

An Aino Bcar Hunt(■ 4SJ V01 15 Part l 1887)
Aino FOlk-10re(Fら ′
λ一二ο′

`J。

Aino F。

lk― Tales

″″″α′ V。 1 6 No l London 1888)

with lntroductiOn by E B Tylor(Privately printed fOr the FolkIOre sOciety No 22 LOndOn 1888)

The Man whO LOst His Wife Aino Fairy Tales No 3(Koubunsha 1889)
Japanese Fairy Tales V01 3 Nos 13-18(KOubunsha 1889)
Japanese stOry Translated intO English FrOm The lsland Of Yezz。
The Land Of Perennial Life(和

The Land Of Perennial Life(和

荘兵衛 ,不 死国)(日 本英字新誌

a77y
(Araω み

Hoぉ

′ ″
ルι LondOn, 1891)
`』 ag燿

4回 連載)

明治20年 2月 28日 γ4月 13日

4回 連載
3回 連載

荘兵術・大人国)(日 本英学新誌 明治26年 4月 28日 ∼6月 13日

The Great Learning fOr WOmen(女

大学)(日 本英学新誌 明治26年 6月 28日 ∼ 8月 13日

)

)

RyOshi's PIcture of FudO(絵 仏師良秀家の焼 くるを見てよろこぶ事―宇治拾遺物語)(日 本英学新誌

Orchids蘭

(北 窓瑣談第二巻)(日

本英学新誌 明治26年 9月

13日

Extract from the Yamato MOnogatari(日 本英学新誌 明治26年 11月
Compa

明治26年 8月 28日 )

)

ng Beauty(美 を較ぶること)(日 本英学新誌 明治26年 11月

15日

30日

)

)

Elegy on the Death of the Mikado Tenji(天 智天皇崩時婦人作歌一首)(日 本英学新誌 明治26年 )
Extract from the YamatO Monogatari(日 本英学新誌 明治26年 12月 15日 ,26日
The Robe of Feathers(話 曲「羽衣」
)(日 本英学新誌 明治27年 1月
The Grave Of the Maiden of Unai(日 本英学雑誌 明治27年 1月

ADヽ cussion

15日

30日

2回 連載

)

)

)

on the New Departure(福 沢諭吉,維 新の弁)(日 本英学新誌 明治27年 3月 4日 )

The Fisher Boy Urashima(詠 水江浦島子,万 葉集)(日 本英学新誌 明治27年 3月 19日 )
Extract frOm the Yamato Monogatari(日 本英学新誌 明治27年 3月
和歌英訳12首

(日

本英学新誌

Ribs and Skin(骨 皮)(日 本英学新誌

19日
)

)

A Hint as to How To Serve a Master(日 本英学新誌 明治27年 10月
A Frontier Soldler's Regrets of Lea

)

2回 連載
27年
19日
9月
13日 3回 連載
8月

明治

明治27年 4月 20日 , 7月 9日

31日

)

ng Home(陳 防人悲別之情歌)〈 日本英学新誌 明治28年

The Death StOne(殺 生石)(日 本英学新誌 明治28年 1月

25日

Records of Andent Matters(日 本英学新誌 明治28年 11月 30日 ,12月
Records of Ancient Matters(日

明治29年 1月

12日

)

3回 連載
2回 連載

Teaching for the Young(童 子教)(日 本英学新誌 明治28年 3月 8日 ∼ 4月 30日

NAKAMITSU(仲 光〉 (日 本英学新誌

1月 25日

)

21日

)

)

)

本英学新誌 明治29年 3月 28日 ∼5月 25日

3回 連載

)

A BIunden in a Comた Stanza(日 本英学新誌 明治29年 10月 12日 )

How a Poem Cued DLsoute Habits(日 本英学新誌 明治30年 2月
m=目 =卜 Hヽ °
くヽヽ榊せ皿囃

28日

)

ギ 11ギ

―――――――――――――――¨¨―――‐中‐‐…………………‐¨‐Ⅲ‐‐ 由由由白口由由口ロロロロロ ロロ■ロロ■口■■■■■□田田■■■□■口■■口■■□■
口■■□■□□■口口■■□■ロロ││口│1日 ロロ│□ □ロロロ│口 口田田□ロロロ目│││□ 1目 │□ │□ ││□ │□│□│□

"ロ

The Land Of Penennial Life(英 語世界

│1日 │ロ ロ│□ │││││□ ││││││││││││││

ギ ‖く
明治30年 2月 28日

)

」apanese POetical EPigrams(英 文新誌 明治39年 4月 15日
)
Japanese Fairy Talcs GOwan's lnternational Library 13(LondOn 19o7)
和歌―首訳

(古 今集 )(英 語の 日本 明治45年 1月 1日 )
Hints tO women(女 子の心得), Ma ms for Daily Dudance(座
右銘), The Centipede and the snate(百 足 と蛇の
間答),Portrait
Painting(肖 像画)そ の他 (Speclmens Of English Trandation frOIn Eminent writers

有朋堂 明治45年 6月 7日 )
二様の翻訳対照 和荘兵衛英訳 (1)∼
(13)(中 外英字新聞 大正 3年 4月 1日 ∼10月 1日 )
The」 apanese Fairy Tales tOld in English(Reprint Of the Japanese Fairy Tales in English 19o7-Gowan's lnternational Library 13,
1917)

The」 apanese Fairy Tales tOld in English(Reprint Of the abOve 1920)
和漢英三文対訳 古事記・神代巻 上下 (世 界文庫刊行
会 昭和 3年 )
Aino F。 lktales with An lntrOductiOn(Reprint_LondOn,Nendeln 1967)

<そ の他 >
明治歌集第二編

(明 治10年

8月

)

歌一首 (佐 佐木信綱編,明 治開化和歌集上 ,明 治13年 5月

)

Mr Henry Norman On the ShOrtcOmings Of the Yokohama Community(T/1`Jψ
(小 中村清矩著 ,歌 舞音楽略史 ,明

批評 蝦和英三対字書

(ジ

治21年 2月

ョン・ バチェラー著 北海道庁版 ,出 版月評

The MonbushO cOnversatiOnal Readers∝

´″ レ″λり

]イ α

明治20年 10月 13日 )

)

部省,明 治22年 11月 27日

明治22年 7月 )

)

The PeOny Lantern Extract Of PrOf B H chamberiain's HandbOok Of c01loquial Japanese (The Museum_ JOurnal fOr encou‐
ragement Of the study of English TOky。

1890 5.5)

The Peony Lantern Ⅱ (Above 1890 5 25)
P,e y(F干 き Ct i?mBH・
berlain,s“ Tle 91assiC」 POetry of the Japanesc")に

9'a■
bove 1890_525,7.25,102の

多毒鰊鰊弄藝多鶉鶉移笏不″多窄窄″″″を多″″″″│″ ″″″″

多多後繊 多多
多多 を 多多‐
彩″″
%″ を

Noveis(Prof B H Chamberlain's`て Colloquial Japanese'')(Above 1890. 1026)

(人 肉質入裁判法廷之場講義録 ,国 民英学会文学会

和歌四首 〈日本英学新誌

明治24年 10月 19日 )

明治26年 10月 15日 )

ContributiOn tO A Bibliography of Luchu(TAS」 Vo1 24 1896)

(小 中村清矩著 ,歌 舞音楽略史

序文

(日

明治32年 )

本語学 ,明 治32年 )

局外観 (英 語青年 ,明 治35年 3月 12日 )

Literature and History, The Lack Of ldealism, No Real Reaction, The 01d Way in Japan, The PersOn Dies, The House Lives
(Dux Christus― ――An Out line Study of」

apan By W_E Gri∬ is

0■ Japanese Short POem By the Courtesy of Mr Sasaki(帝

思草をよみて (心 の花
国語調査意見書

1904)

国文学

明治37年 4月 10日 )

明治37年 6月 1日 )

(明 治38年 )

」apan Old and New(東 京響醒社出版

明治38年 9月 13日 )

Forelgn Employ6s in」 apan(東 京警醒社出版 明治38年 9月 13日 )

Grammatika Yaponskago razgOvornago Teoret(Sankt Peterburg.Universiteta,No 28 1908)
Uproschelllnaya graminatika Yaponskago yazyka(Sankt Pcterburg Universiteta, No 31 1908)
Prakt Wedenie V izuchenie yaponskoi pis'mennosti(Sankt Peterburg Universiteta No 35 1910)

(佐 佐木信綱校 ,新 謡曲百番 ,明

ラフカデ ィオ・ ハア ン

│い の花

治43年 )

明治44年 1月 1日 )

(佐 佐木信綱校 ,新 話山百番 ,明 治45年 2月

ゼ ネバ湖畔 より

(小 花清泉訳 ,心 の花

瑞西 ゼネヴァ湖畔 より

(心 の花

)

大正 1年 8月 1日 ∼大正 2年 7月 1日

3回 分

)

大正 5年 1月 1日 )

葉書二通 ,山 縣五十雄 ,関 根正直宛

(桑

田春風編 ,面 白き英語の手紙 ,富 山房 大正 5年 4月 24日 )

ゼネパ湖畔 より 0い の花 大正 9年 6月 1日 )

m=国 =ホ Hヽ ″
くヽヽ撫辻 匝懸

ギ 11ペ

_

ギ 1110
デェネバ湖畔 より (心 の花 大正10年 2月 1日 )
Huit siё cles de po6sie francaise(仏

ジュネヴァの湖畔 より

(心 の花

蘭西詞草集)(PariS:Payot 1927)

昭和 2年 1月 1日 )

Love― song(市 河三喜編,岡 倉先生記念論文集

王堂チェンパ レン先生原稿

昭和 3年 12月

(佐 佐木信綱編,鏡 草

10日

)

昭和 7年 9月 25日 )

英文手紙ゼネバ より (心 の花 昭和 8年 8月 1日 )
ゼネバ湖畔 より (英 文三通)0い の花 昭和10年 1月 1日 )
チェムパレン先生感想録「 鼠はまだ生きて居 る」の中より (吉 阪俊蔵抄,国 語 と国文学 昭和10年 4月 1日 )
泉一雄編,北 星堂 昭和11年 9月 26日 )

Letters from Basil Hali Chamberlain to Lafcadio Hearn(小

More letters frOm Basil Hall Chamberlain to Lafcadio Hearn and letters from M Toyama,Y.Tsubouchi and others(4ヽ 泉一雄編

,

北星堂 昭和12年 8月 7日 )
日本人の特質「 日本事物誌」 より (落 合貞二郎訳, 日本を観 る,青 山出版社,昭 和17年 7月 31日 )
序 (渡 辺薫之助訳,王 堂チェンバ レン先生,好 学社,昭 和23年 12月 1日 )
思草をよみて

(小 花清泉訳,王 堂チェンバ レン先生,好 学社,昭 和23年 12月 1日 )

ラフカディオ・ハーン

(小 花清泉訳,王 堂チェンパ レン先生,好 学社,昭 和23年 12月 1日

)

(渡 辺薫之助訳,王 堂チェンバ レン先生,好 学社,昭 和23年 12月

文部省の諮間に対する答申書

1日 )

(佐 佐木信綱編,短 冊凌寒帖,昭 和32年 10月 3日 )
王堂チェンバレンーーその琉球研究の記録 (山 口栄鉄編訳,琉 球文化社,昭 和51年 )

歌一首 自筆図版

マー ドック『 日本史』 (第 一巻)書 評 (Japan ChTOnicle

年代不詳)

B=EEチ ェンパ レン関係 書簡 リス ト
9月 現在 )

(昭 和 61年

発信書簡

受信書簡

合計

発 信書 簡

受 信書 簡

合計

1873

1892

5

6

11

74

93

57

61

118

75

94

42

66

76

95

27

22

49

2

1

3

96

77

1

7

99

2

6

6

1900

2

82

2

2

01

83

1

1

02

03

81

80

98

7

97

1

79

一  一

3

1

1 一

2

78

108






22

91


10


90

3

89

1

1

88

87

86

m=口 =ホ Hヽ・くヽヽ口蟷榊紅 ヽ く4

85

6

84

1

04

1

3

4

05

1

2

3

06

1

8

9

8

8

07
08

33

7

40

09

64

11

75

10

63

5

68

ギ川

1

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful