、 はリ アイ ヌでぁ った こと、従 ってそ の言 語 は、 ア



な いこと でぁ る。 すな わち 本 州 の蝦夷 も そ の言 語 の上 から や

る こと でぁ る。
イ ヌ語 の本 州方 言 にちが いな か った ことが 証 明 され て来

川し

沢︶、 ペツあ る いは ベツ ︵


に、 よ く ナ イ ︵
これ によ って、奥 羽 の地 名 が 北 海 道 樺 太 千 島 の地 名 のよう


が た い所 以も自 然 に了解 され て来 る 今 日 のアイ
の つく理由 も理解 され、 またそ の 一々が 必ず しも直 ち に明解 を得
。 また これら の地名 が、自 河 の関 、名古 曾 の関 を結び

ヌ語 と は、方 言 の差 の上 に 時 代 の差 もあ る ことだ から であ る

も これよ り南 には下 らな い事実 と符節 を合 し て違
つけた線 より以南 に存 しな いことも 古史 にわ け る蝦 夷征伐 の地域

︱︱ 鷲 瀧 磯 應 爆 鵞 鸞 灘 機 曇 麗 番 曇 甦

人︶ を アイ ノと伝
刀︶ を エモシと伝 え、 アイ ヌ ︵
神 ︶ を カ モイ、 エム シ ︵

オ︶ のよう に聞 いた のであ る。 カ ムイ ︵


え て いた。 こと に人名 の語 尾 とな った場合 は、 そ の oさえ落 ち てアイ ンと聞 こえ た た とえば 音 の有 名 な巨曾 の名

ウ︶ は、 円 唇 にな る の で、東 北 人 は そ れ を o
ウ︶が 平 唇 で発音 さ れ る の に、 アイ ヌ の u ︵
国方 言 では、母 音 の u ︵



 一部 の学者 には、今 でも アイ ノと言 われ て いる のであ る。 これ は古 いころ から のこと で 要 は 日本 の東
それ でも、

同 じ趣 であ る。


邦 人 は、 江戸 時代 から アイ ノと呼 んだ が、 ジ ョン ・バチ ェラーが主張 し て アイ ヌとあ ら た め て呼 ぶよう にな った

人﹂ を意 味 す る語 で自 称 し て いる。
と いう ことだ そう であ る。 オ ロッ コ人 も、自 分 ではイ ェータ と ﹁
人間 ﹂ を意味 す る語 だ。但 し
神 ﹂ ではなく ﹁
アイ ヌは、 アイ ヌとも アイ ノとも いう が、同 じ語 で、何 れ にし ても ﹁

?ヨ”●∨ヨoヨ“0と
“ぃ
E と いう。ヨい
妻 ﹂ヨ障 を添 え て B洋︲
英語 の 日”5と同 じ で、 男 のこと で、婦 人 と いう 語 は、 ﹁


る、 こ の ニグブ ンも、 す べて皆 、 そ れぞ れ の語 で ﹁ひと﹂ と いう語 であ る

人﹂
エスキ モーと いう呼び名 も、 フラ ンス人が そう呼 んだ が、自 分 で自 分 たちを呼 ぶ名 はイ ンメイ ト で ゃ はり ﹁



う。蒙古 語 の モンゴ ー ルと いう名 も、台湾 のタイ ア ル族 のタイ ア ルの名 も ア フリ カ のバ ンツー人 のバ ンツーも ギ

こ のギ リ ヤ ークは ロシア人 が呼 ぶ名 で︶周囲 の他 種族 のアイ ヌ、 オ ロッ コなど から ニグブ ンと いわれ
リ ヤ ーク の ︵

人﹂ を意 味 す る語 で ついて いる。自 分 を、 そ の語 で、 ﹁ひとだ﹂ と答 え る から であ ろ
種族名 は、 よく そ の種 族 の ﹁


  種 族 名

アイ ヌ から来 た言 葉

わな いのであ る。

アイヌか ら来 た言葉









マイ ノ、 シ  2

のトピ カ ライ ン、 コシ ャ マイ ン、 シ ャム シ ャイ ン等 々 これら を 本 によ ては トピ カ ライ ノ コ



ャム シ ャイ ノとも書 き伝 え、 トピ カ ライ ヌ、 コシ ャ マイ ヌ シ ャム シ ャイ ヌとも伝 え た それ で胡 奢魔 犬 沙牟 沙犬

と書 き伝 え たり、 こ
など と、 巨曾 の語 尾 を よく犬 と書 いた文 献 が たく さんあ った ゆえ ん であ る これを思 い違 え て允

、釈 日本紀 の成 る鎌倉 時代 には存 在 し て いて、


倭漢 三才図会 し
の語 尾 のイ ンは、 頭 分 のも のの敬称語 尾 だ ろう と考 え た学者 もあ る ﹁北島 志 ﹂ ﹁

さ て、 こ の種族 の古 名 エミ シは何 語 であ った か
天書 ﹂ は散逸 し て今 は伝 わらな いが
釈 日本 紀 に引 用 す る藤 原 浜成 の ﹁

蝦夷 ﹂ と いう語 の説
著者 は、 日本紀 の景行 天皇 の朝 に武内 宿 爾 が東 国 を巡行 し てそ の状 を復命 す る条 の中 にあ た ﹁



の未開状 態 を述 べなが
明 に、 天書 の中 の同 じ復命 の条 を引 用 し て いる のであ る そ の条 は 日本書 紀 と同様 に 蝦夷

ば れ て いる。
ら、 な お、少 しく出 入 があ り、 日本 書紀 にな い大 事 な次 の 一句 で 復命 の条 の蝦夷 の説 明 が結
自 日二
蝦夷 こ





 エミ シと いう語 は、彼 らが自 身 を そう呼 ぶ語 だ と いう のであ る あ た かも 今 日 彼 らが自身 アイ ヌ
すな わ ち、


自 身 で エミ シ、 と いう﹂ と いう のであ る そ れ で 日本 から彼 らを エミ シと呼 んだ とす
と言 う よう に、昔 は彼 らが ﹁


れば 、 アイ ヌが アイ ヌ語 原 であ ると同様 に  エミ シも アイ ヌ語 原 だ った ことが わ かる



ど、概 し て、 よ り
では、今 日 のアイ ヌ語 に、 エミ シと いう語 があ る かと いう に 北海 道 では つい 聞 かな いけ れ


人﹂ を意 味 し て、 ち ょう ど ァ イ ヌ と同 義 の
多 く古 体 を保 存 す る樺 太 アイ ヌ の方 では ま さ に これだ と思 わ れ る ﹁
寿牢

ドィ の8 ど ”︻
半 人 半 神 ﹂ と いう 時 鶴︼
8 β 〓 ま た は 8 争 cま た は ①ユcと いう 語 が あ る 英 雄 を た た え て ﹁

、 人間 のことば も て﹂ と いう
F”BL ﹁
半 ば は人、半 ば は神 ﹂ と連 ね た り、 ま た は アイ ヌと いう語 と対 旬 にた た ん で ﹁
ことを
け”F ”●︼
      ①いo い
o一
一”庁 ”●︼
●C ︻
”︼

 一語 で簡 単 にこ の北方 の異族 を指 し て いう言 葉 とな る。 えぞが島 、
奥 の エビ ス﹂ 署処エビ ス﹂ の代 り に、
突如 とし て ﹁

の エビ ス﹂ ﹁
荒 エビ ス﹂ な どと いう よう にな る。 こ の時︱ ︱ 平 安 末 から、 鎌倉 の初 頭 にかけ て︱ ︱ ﹁え ぞ﹂ の称 呼 が


アイ ヌ族ば かり でな く︶未 開 人 と いう ほど の意 味 にな る ので、 アイ ヌ族 を いう時 は、 ﹁
平安 朝 以後 、 エビ スは ︵


平安朝 より古 く はさ か のぼら な い︶

恵比須 。大 黒 の エビ スは、 そ れ ゆえ に、
さ て エミ シは平 安朝 ご ろ には訛 って エビ シ ・エビ スな ど とな る のであ る。 ︵

も書 いたり、勇将 の名 の今 毛 人 と い った人 が幾 人も出 て いる。

毛 人﹂ とあ る。 そ れ で、毛 人 も エミ シと訓 む。蘇 我蝦夷 が、蘇 我毛 人 と
官 ︶ など から初 ま った こと で、 そ れ以前 は ﹁

も と漢 人 で、帰化 し て文筆 をも って朝 廷 に仕 え た遣唐 使 の通訳
エミ シは蝦夷 の二字 で書 かれた のは、伊吉連 博徳 ︵

日本書 紀 は、朝鮮 語 の古 形 を伝 え て いて、朝 鮮語史 料 の欠 を補 ってく れ る のと同 じ趣 であ る。

席 とあ る。鴨 緑 江 な ど。 こ のことが 証拠 とな って、今 日 の モイ ・ナ イ は、古 く は r 音 があ った のを脱落 し た のだ。

が伝 え るら し い。 こ のことは、 ち ょう ど、朝鮮 語 でも同様 のことがあ る。今 の朝鮮語 の山 ・川 は、 日本書 紀 には山 ・

止 。之 ・志 ・斯 の類 ︶ は
外 国音 のチが 日本 語 に シとな る ことは古 いほど例 外 なく そう な って いる。 た とえば 、 シ ︵
Ho ︻
●” ︵
●じ で、だ から
主 ・朱 の類 ︶ も チ ュだ った。 シナも サ ン スクリ ット 0ぃ
みな中 国音 はチだ った。 ス ・シ ュ ︵

〇〓50p o〓●じ だ。 アイ ヌ語 の地 名 のチ ロットが今 の自 人 とな り、 チ ロップ が自符 とな
チ ャイ ニーズ、 チ ャイ ナ ︵
選、
 エサ シ ︵
餌 差 ・江刺 ︶ とな って いる類 であ る。
り、 ヱンチ ャシ ︵
①5o 3 じ が、
, ,
だ から、 上代 日本 語 に エミ シとな った こと を︶ 日本 書 紀
こう し て今 日 の 8 多 ど の元 形 が ①B多 ど だ った ことを ︵

に引 かれ て、 mが nにな ったも のであ ろう か。

=3
 エ ニシではなく エミ シだ った こと から推 す と、①●o ど の古 形 は ①Bo ど だ った のが、後 の o ︵
思う にただ、


に対 し て唱 え る ことば 、祈薦 のことば 、 そ れ から叙 事詩 のことば な ど に出 て来 る雅語 であ り、古語 であ ると いわ れ る。

こう し て、樺 太方 言 では、全 く アイ ヌと いう ことと同義 の語 とし て エンチ ウがあ る。 改 ま った会釈 の語 と か、神 々


SFは ﹁ことば ﹂、”L は ﹁も って﹂ と いう語 であ る
と 二旬 に述 べる時 も聞 かれ る。ぃ

アイヌか ら来 た言葉


                                               3
えぞが千島 、千島 のえ ぞな ど。
みち のく の岩 手 信夫 はえぞ知 ら ぬ書 き尽 し てよ坪 の石 ぶ み        頼 朝
、 う たう ま いのかけ は し﹂ を過ぎ て

頼 朝 は、泰 衡 を討 ったあ と、 父祖 の功 業 のあ とを観 に み ち のおく を窮 め て ﹁


は、

今 の青 森湾 ま で出 て、 みち のく の名 所 を、 こう し て 岩手 。信夫 ・蝦夷 ・坪 の石文 と詠 み込 む こ のよう に 奥州


を しな む
積年 の エミ シ族 の勢 力 が海 を渡 って島 のかな た に退 く ので 中 央 の人 々が歌枕 を探 し に来 ては 異 国情 調 た

え ぞ﹂ ﹁えぞ﹂ と い ってたく さん の歌 があ ら われ る
ので、鎌倉 初頭 の大宮 人 の歌 に ﹁

いわ れ る木 。 こ のオ ヒ ョウ は北海 道 方 言 であ るが、樺 太 アイ ヌ語 に、 こ のア ツ の本 を oもご と いう。松前 地 方 のアイ


ヌ語 は、 西部 アイ ヌ方 言 で樺 太方言 に近 いのは、海 づ た いに宗 谷 から石狩 。後 志 は交 通 の衝 にあ た って いた せ いで多   3

障︶ と いう木 の皮 の繊 維 と いう こと であ る。楡 の 一種 で、 オ ヒ ョウダ モとも
アイ ヌ語 には 鮮ご争 いと いい、 ア ツ ︵

ん正 め い、 まが いのな いアイ ヌから入 った日本 語 であ る。

アツ シ ︵
厚 司︶ と いう織物 は、地 厚 な所 から厚 司 など と書 かれ て、 す っかり邦語化 し て いるけれど、 これ こそ正 し

伝 わ ったも の。

が来 て死 んだ から祭 った と いう よう な通俗語原 説 が 発生 し て いるけれど、 も と は アイ ヌ語 の鮭 の秋魚 の秋 と いう語 の

茨城 県下 には、 鮭 の名 所 に鮭神 を祭 った のが起 原 であ ろう オー スケ神 社 があ る。 スケを祐 に連 想 し て、 工藤 祐経 の子

上 って来 る大 きな魚 のこと で、時 とし ては鱒 にも、 マスの スケ と いう。 こ の スケは、茨 城地方 の スケ川 のスケ であ り、

ん とう の鮭 をば 、秋 味 と い って いる。秋 食 の邦 訳 であ るが、音 訳 の方 は チ ュクを スケ と訛 って、 これ は、秋 おそ く

と呼ば れ る。邦 人 が訛 ってサケ ンベと いう。 こ のサ ケが、全体 の名 とな った のではな いか。秋 にな って上 って来 るほ

夏食 は鱒 の方 であ るけ れど、 八月 の末 から、 もう早 い鮭 が上 って来 て鱒 と い っし ょに網 にか かる。 これが や はり夏食

実 は、秋 は鮭 の季 で、 七月、 八月 は鱒 と いう少 し小振 り でよく鮭 と 一つにさ れ る魚 の川 へ上 って来 る季節 だ から、


げe 、秋捕 れ る のを秋 食 ︵
物 であ る。夏捕 れ る のを夏食 ︵
o cF O ①じ と いう。 アイ ヌは漁 猟 の民 で、魚 類 中 で
部 Fi


声”8L o 8 ︶ とさえ いう。 こ の魚 ︵
は鮭 が 一等 の魚 で、神 魚 ︵
吾 々 の食 うも の﹂ ♂巨 ヨロ々﹂
o 3 ︶ と いう語 が ﹁


食 う ﹂0 ﹁
物 し と いう語原 であ る。
o﹁

和名 抄 にす で に載 って いる古 い言葉 の鮭 が、 ひ ょ っとし たら アイ ヌ語 か。北地 の魚 で、昔 エゾ 族 の住 んだ地方 の名

ただ し産 物 など は、 そ れを取 入 れ ると、物 と い っし ょにそ の名 が 口 にさ れ て日本語化 す る こと は、ず いぶんあ り得
た。

た であ ろう。


限 、
何 とし ても下 に見 る人 々 の言 葉 を好 ん で取 り入 れ はしな いも ので そ の 回ま ねを しよう と いう気 分 にな らな い り




ば 、 あ れも アイ
アイ ヌ語 が 日本語 の中 へ生 き て使 われ る ことは まず 無 い だ から 簡 単 に 語原 のわ から な い語 を



らな いから アイ ヌ
ヌ語 、 これも アイ ヌ語 とす る人 はあ るけ れど 語 原 と いう も のは わ から なく な る方 が常 で わ か


語 だ ろう と いう考 は浅 い考 であ る。 そう そう たく さん は わ れわ れ の祖 先 が アイ ヌ語 を借 り て物 を言 う ことがな か

一一
 産 物 名

ここま ではょ い︶更 に エビ スが エゾ と
 エミ シが エビ スに訛 って ︵
こ の ﹁えぞ﹂ と いう称 呼 の語 原 は何 か。従来 は、

 エビ ス ・エビ ス ・ェビ スと、 いく ら唱え ても  エゾ とは成 り にく いから こ の説 は乱暴
訛 った と いう けれど、 どう も、




だ。 そ れ で私 の考 では、邦 人が、 もう 恐 く はなく な って奥 州 へ往復 し て じ か に そ の地 の人 の口に  エミ シ族 を
、 種 族 の自 称 の語 の


①ユLと言 う のを聞 いて、 そ れを エンジ ョー土 ンゾ ー土 ゾ と伝 え た ので や は り エミ シと同様

ざ っと発音 し た形 を耳 にとらえ て中 央 人が伝 えた新名 であ った ろう と思 う のであ る


・北狭﹂ の




西


さす れば 、中 世 のアイ ヌ の呼称 の エゾ も国語 に入 った アイ ヌ語 の 一例 であ る 但 し ﹁



異日本 の浜 づ た い、今 の青 森 県西 部 の エゾ や  エゾ ガ島 の エゾ をば 中 世 の人 は秋 の字 を用 いて よく狭 ガ島
考 で、一


だ の狭人だ のと書 く。 漢字 は、 そ のよう な わけ でちが っても 内 容 は蝦夷 ・エミ シと何 ら ちがう も のではな い

アイヌか ら来 た言葉


                            3
な お、次 のよう な植 物名 が アイ ヌ語起 原 かと思 わ れ る。

地 にあ るも の﹂ と解 いてあ る のは、御 名 答 であ る。

て いる から、奥 州 から、 日蝦夷地 方 のアイ ヌ方 言 では、 これを トド ロップ と言 った ことが確実 であ る。

oけ
Rφ O ﹁
植 物 篇 ﹂ には、 ち ゃん とあ って、 そ の語 原 は B①一
分 類 体 ア イ ヌ語 辞 典 ﹂ ﹁
さすが に知 里真 志 保 君 の ﹁

だ し トド ロップ の名 は、 ジ ョン ・バチ ェラー の辞書 にも見 えず 、宮 部 。神 保 両博 士 の北海道 植物名 表 にも見 えな い。
現在知 る限 り では、 こ の本 の名 は ぎ 0また は く”︻
︲cや く”くcoで、 ど こ にも、 トド ロップ と いう地方 が見 え て いな い。

し かる に、音奥 州 に いた最後 の エゾ の宇 鉄 の四郎 三郎 が これを トド ロップ と言 った ことが、確 かな津軽 の文書 に見 え

含oQo8 0︶ であ る。松前 広 長 の松 前 志 に、 こ の方 の エゾ が こ の本 を トド ロップ と いう と見 え る から確 か であ る。 た

ト ド マツ  椴 と いう 字 が出 来 て、 こ の樹 に用 いら れ て いる が、語 原 は、 口蝦 夷 地 方 の ア イ ヌ方 言 の ト ド ロ ップ

訓 ん で いる。

にはトド崎 があ って鮭 の字 が宛 てら れ て いる。 形 は魚 に似 て毛 が生 じ て いる から こう いう字 を書 いて東 北 ではトド と

島 ﹂ と聞 こえ て島 の字 を宛 て てそう いう名 とな って いる。陸中 の東 岸 の出 っ張 り
ことを 争〓日”と いう のであ るが、 ﹁

般 に海 馬 の称 にな ったも のら し い。方 々 にトド島 があ るが、海 馬 が時 々潮 から出 て休 む岩 のこと で、 アイ ヌ語 で岩 の

 一
トド は海 馬。 アイ ヌ語 の ざ己 oは、大 き な も の の皮 の無 毛 にな って象 の皮 のよう な のを そう いう 語 であ るが、

でそう い って いるま でだ から、 あ り のまま にそ こま で い っておく。

でな る ほど北 寄 か と いわ れ た が、北 海 道 にも あ って、 ア イ ヌ は これ を Oo巨 X︻と いう。昭︻は貝 の汎 称、 ポ キ は、

下﹂ と いう語 であ って、 女陰 にも そう いう。 あ ま り よく な い名 だ から、 どう かと思 ったが、飾 り気 のな い素直 な 心

ホ ッキは、幸 田露 伴翁 が、 △ 戸港 の宿 で初 め て賞美 し て、 女中 にそ の名 を問 えば ホ ッキ です と いう。 北 の海 に住 ん

ければ な らな い。

胸 は ウ ンネ ウ であ った はず だ。 そ れが アイ ヌ ヘ、 ウネ ウ と逆輸 入 され た が、 ウ ンネ ウ の元 はどう し ても o●お 0でな



F と いう が、 そ し て沼 に漬 け て から



分 オ ヒ ョウ は、 こ のオ ピ ウを原 語 と す る邦語 だ こ の木 の皮 を剥 こと



ア ッツ シ︶ が、 アイ ヌ の衣料 の最 も おも なも のだ 丈夫 で 雨
手 で裂 いて、糸 に経 って いざ り機 にかけ て織 った ︵
、 日 の海伝 いに エゾ ガ島 へ来 る大阪地方 の

を はじ き、 暑 さ に涼 し いが、厚 いから寒 い時 にも用 いら れ る これを 裏 本

あ ぶら や さん﹂ な ど いわれ る胸 から膝 にわた るも のに製 し
船 が、持 ち渡 って、船 の荷 上げ 人足 の仕事着 いわ ゅ る ﹁




ら れた。 ア ツ の木 から製 す る手数 を省 いて 後 には
て用 いて重 宝 が ら れ て ア ツ シ ァ ッ シと早 く から大阪 には用 い

治時代厚 司 の店 を本 郷通 り で見 かけ た
地織 り木綿 の荒 い竪縞 の布 が、依 然 ア ツ シと呼ば れ て今 日 に及 ぶ 東 京 にも明

も のだ が、今 どう な った か知 ら な い
、 猟虎 な ど、 アイ ヌ語 の “ ドFoの音 を写 し


ラ ッ コと いう海 獣 の名 の文 献 に見 え た初 は本 草 類 の本 で 文 字 額虎
。海獣 で魚 でな いから虎 と いう字 をあ てた

たも の に相違 な い宛字 のみ であ る から これも確 か にアイ ヌ語起 原 であ る
ど は笑 いも のであ る。海 に棲 む哺 乳動

義 経蝦夷 軍記 ﹂ が、竹藪 から ゆさ ゆさ出 て来 る よう に書 いた のな
ま でで、 ﹁



 ユーカ ラ にも こ の名 が出 て来 て 虎杖 丸 の
ら、
物 で、 ビ ロード のよう な皮 のゆえ に アイ ヌ にも貴 重 なも のだ た か
ッ コのゆえだ った。 ラ ッ コの語原 はわ から
若者 た ちが捕 獲 を競 って 一篇 の いく さ物語 が初 ま る元 が珍 ら し い金色 のラ


な いが、 アイ ヌ の国 の産物 だ から あ ちら の語 が元 であ る こと は疑 いな い


には明 ら か に異邦産 のも ので 音 訳 し た獣
艦 胸暦 は本 草綱 目 など によ って中 国 から逆輸 入 した名 詞 であ るが 中 国
、 海 狗 腎 な り﹂ とあ る から、 中 国語 と し ては海 狗 と いう獣 、 ただ し薬

名 皿納 の暦 が薬物 にな る のだ った 説 明 し て ﹁


なも のが、 エゾ ガ島 から、長崎 へ渡来 す る中
用 にす る のはそ の暦 から陰 部 へかけ て 身体 の下部 を むしり取 たよう

い とあ る。c8 cであ る。 こ の名 で取 引
国 の商 人 に買 い取 ら れる のであ った 林 羅 山 の他 識 篇 には これを宇 爾字 と う



し が、 本当 のアイ ヌ語 では o●お 0と いう
き さ れ た ので、 こ の名 が アイ ヌ ヘ入 って アイ ヌも ゥ ェゥ と言 た ら い

れな いよう な稀 し い字 で漢字 典 を引 いて日
阻胸 はそ の音 訳 であ ろう。 訥 と いう字 の音 は こ のも のの名 にし か用 いら
った。獣名 をば オ ット ツ獣 な ど。 し かし、 阻


本 の本 草家 はオ ット ツと読 んだ から オ ット ツせ い︱ ︱ ォ ト セー とな

アイ ヌか ら来 た言葉

、美 し いから、東 北 では今 でも用

カ バ、 カ ンバと東 北 で いう のは山桜 の皮 であ る 曲げ物 を綴 じ る に強 靱 であ る上

か。 アイ ヌ語 に山桜 を カ
が多 い。 万葉集 に ﹁カ ニバ巻 き造 れ る小舟 ﹂ は これ であ ろう なぜ 山桜 の皮 を カ ニバと いう
。 こう し てアイ ヌ語 で初 め て語 原

リ ンバ樹 と いう。 カリ ンバは、グ ルグ ル巻 く こと で そう や って用 いる から であ る

が解 け る から、 アイ ヌ語起 原 かと思 われ る



シ ン コ マツ  植物 学 上 エゾ 松 の学名 であ るが こ の松 のアイ ヌ語 名 シ ュンクを取 た学名 であ る


ヒネ キリ松 千 島 の這 い松 のこと 千 島 アイ ヌ語 ①お FFq①を取 った学名 であ る





グ 松  落 葉松 のことを そう いう のは、 アイ ヌ語 のこ の本 を クイ と いう それを取 た名 あ る

、 も しゃ北奥 から松前 地方 にかけ て のアイ ヌ方 言 ででもあ
青森 や松前 でキ ャラボ クを オ ン コと かオ ッ コと か いうが

った ろう か。
  北 海 道 方 言 の ア イ ヌ語
〓一
。 沼 や湖水 を ト ーと いう

北海道 の人 々 の中 には、知 ってると いう興味 から 軽 く アイ ヌ語 を用 いて いる ことがあ る
。 太 の亜庭 湾 の奥 の沿岸 一帯 の


く ら いのこと は知 って いて、 そ の附近 の人 々は よく ト ー トーと言 いな れ て いる 樺
。 潟 ﹂ と いうぐ ら いのと ころも アイ ヌ語 では トー であ る から。
人 々は、 亜庭 湾 のことを も、 よく ト ーと言 って いた ﹁



Fぼ ﹁
小舟 し と いう が、 函館 あ たり の人 は はし けな どを モチプ と言 って いた
日Oo
小舟 を モチプ ︵

富F電じ と いう が、 函館 辺 の人 は、 よく ト ッカリ と言 う
ま た海豹 はトカリ ︵


道 では、 いちご。樺 太
フ レ ップ  樺 太 では こけもも の実 を そう い って いた フ レ ップ餅 など いう 菓 子 もあ る 北海

ど。
ご﹃
①じ で こ の語 も土地 の人 々 の口 には上 って いた ト レップ取 り に行 こう な
の いちご は、 ト レ ップ ︵

四  北 海 道 の地 名 の ア イ ヌ語



の ﹁
薬 ﹂ で温泉 の湯 の川 の義 であ ると いうが、確 か に、釧 路 にク スリ の名 もあ った が し かし 上流 の湖水 のク ッチ

ャ ロ 層F ﹁
咽喉﹂3 鶴 o ﹁口﹂ に出 た名 だ とも説 かれ る。 湖水 の出 口を い った名 で そ れが 川 の名 のク ッチ ャ ロが逆

にそ の川 の出 る湖水 の名 にま でな った のが ク ッチ ャ ロ湖、 ついに国名 の釧路 にま で発展 した 国名 にひろげ た のはも
ち ろん和 人 の方 であ る。
湾内﹂ の
湾 にな って る所﹂ ﹁
R と同 じ で ﹁
Roは ウ ソ ロ a ︲
局島 のオ シ ョ ロは、 原名 ウ シ ョ ロ c ︲
追 分節 の忍路 。一

小 さな港湾 ﹂ の義 であ る から。
意 。c ま た あ は ﹁



高 島 は、ざ っと和語 に聞 こえ るが、東 北 や北海道 の海 岸 に、 ち ょ っとした岩 で 海 馬 や海豹 など の 水 から出 て休

し ま﹂ と
む岩 が、海 馬島 と か、海 豹 島 など と呼ば れ て いる ことが あ る。 アイ ヌ語 の岩 は シ ュマであ るが 邦 人 は ﹁

聞 いて、島 の字 をあ てる。高 島 は海 豹 島 の日本 訛 し てす っかりば けた名 であ る
麓﹂ ﹁
傍 側 ﹂ の義 で、響一は 〓
砂 浜﹂〓一﹁
歌棄 ・磯 谷 は、北 地 には至 る所 にあ る地 名。 ウ タ スツは、実 は P” ﹁

3” ﹁
側 ﹂ ﹁そばし も
砂 浜 ﹂邸B ﹁
とも いわ れ る から、樺 太 の西 岸 のよう に小 田洲 とな って いる所 も あ る。 小 田寒 ︵
同義 の地名 であ る。
陸 ﹂ で、岸 に水 の中 から露岩 の立 って いるも のがあ る所 であ る。
露岩 ﹂く” ﹁
磯 谷 は、一
8 ﹁

333


乾 いた る﹂
札幌 は、豊 平 川 が、札幌 附近 で川幅 が広 く な って、 川底 があ ら わ に洲 が たく さん出来 て いる ので 部一﹁
道 路﹂●L ﹁
沢﹂ の
砂 浜﹂ご ﹁
大﹂R 一﹁
川﹂ と いう。 そ の下略 のサ ツ 。ポ ロと いう地 名 であ る。 小樽 は 8” ﹁
88 ﹁
館 ﹂ で、 上半 は音 訳、 下半 は意 訳 で出来 た地 名 。 函館 市 の
薄 ﹂o あ〓 ﹁
下略 のオタ 。ルであ る。 函館 は、原名 ぎ F ﹁

末 ﹂ ﹁はず れ﹂ であ る。 いわ ゆ
湾 内﹂、 ケ シは ﹁
はず れ臼岸 は、原名 ウ ソ ル ・ケ シ ︵
あ︲
R F8こ の訛 で、 ウ ソ ルは ﹁

る巴 港 の港湾 の入 回 の地名 であ って、 ここは函 館 の古 名 であ った。釧 路 は、 アイ ヌ の古 老 が 古 名 ク スリ は日本 語

アイヌか ら来 た言葉

│‖

│││

rl

l‖

│││
│││

│││

││

││

││




、 れ で説 かれ て い  3

であ るが、 アイ ヌ語 サ マンベは鰈 であ る から そ
長 万部 は、 誰 にも、 けげ んな顔 を さ れ る珍妙 な名
は 変 異 であ
るけ れど、 そ れ にし ては語 頭 のオ の遣 い方 が や り
麒肝
ア=堡 ︶・歌 志
小 沢し 。岩内 ︵


口 奪大 沢し 。茂内 ︵
とは
し かし、北海道 のア イ ヌ語 地 名 のう ち 最 も顕 著 な こ

││

アイヌか ら来 た言葉

原義 のたどり にく いも の のみ であ る。



内 ︵

樽 沢し 。免 内 ︵
泉 沢し な ど。 し かし、 こ の辺 は奥 州 の入 口で、 早 く開 け、 日本 化 の年 次 が古 く な っただ け に


滝 沢し 。近
っても大抵 ﹁
う ち﹂ の方 であ って、 ナ イ と訓 む方 は稀 であ るが、 そ れ でも 二十 ほど は拾 わ れ る。 曾内 ︵

内 ﹂ の つく地 名 が多 数 あ

真 沢﹂ ﹁
大 沢 し な ど十 七個 所 、福 島 県 には ﹁

樽 沢 山し ・志内 ︵
惣内 ︵

滝 沢 し ・混 内 山 ︵


樽 沢し 等 々十 数 個所 、宮 城 県 にも、前 記保 呂内 の外 にも、


沼沢し 。紅内 ︵
赤 沢 し 。今内 ︵
山 形県 下 にも、藤 内 ︵



小 沢し 。宿内 ︵
う ぐ い沢し 等 々九十 ほど、


長 沢し 。本 内 ︵
沢し 。米内 ︵

蛇 沢 し 。似内 ︵
沼沢地 の沢 し 。谷内 ︵


真奥 の


長 沢し 等 々百ば かり、岩 手 県 にも 沼 宮 内 ︵
滝 沢 し ・谷 内 ︵
沢し 。酸 々内 六﹁
柳 沢 し ・惣内 ︵
ヨ8 oと ヨ心


直 原 の端 の沢し ・院内 ︵エンナイ


深 沢し 。米内 ︵
神 ﹂ の いる沢、多 分蛇 の多 い沢 のこと︶。猿 半内 ︵
県 にも生内 ︵

椰壌﹄
鱚顆撒暮飾六師﹂

五   東 北 の地 名 の ア イ ヌ語
卜マ

苫 辺地 とも︶。
馬別 とも︶。人馬” ︵

森 県 の牛 が 。馬部 ︵

輩いは薪


じ起 原 の川
チ増 ゅ嘲 剌 レ購捌 抑制 膀 刹 つ い諦臓 羅 ”
0ど、 ベツ ・ベチ の つく地 名 が多 い 恐 らく同

湊 渉地

、 ト ー ベッは 8 02
広 い川﹂
、 え んご さく ︵
8Bじ 川﹂、 セ ベチ は %り 03 ﹁

を意味 す るも のと思 え る ト マベツは ﹁


浅 川﹂ かと思 え る

湖沼 川﹂、 カカ ベッは コ”F02 ﹁

の青森 県北津軽

にも、 ナイ の つく地名 はたく さんあ る 本 州最 北
北海道 の幌内 ・茂内 ・岩内 ・稚内 のよう に 北奥


の最
´
ベツ ﹁川し の つく地名 で いず れも アイ ヌ語地名

た人 々と


と いう も のは、 そ こ へ移 り住 ん で来 る人 々も も と
も ハッキリ した刻 印 を も つ地名 であ る こう し て地 名

、 どう し ても必要 であ って、 こう し てァイ ヌ語 も残 る のであ る
い っし よ に、 そ の地 名 を呼 ん で交 際 す る上 に

蒲平



L一
嚇躙辟蛛囁隋規輻羮一

1,


ti7´

三省堂

大 原 裕 子

中 川    裕

アイ ヌ語校閲協力

和 田 利 政

辻 村 敏 樹

田村 す ゞ子

武 部 良 明

川 上  秦

岡 野 弘 彦

岡 崎 正 縫

大 林 太 良

岩 城 之 徳

代 表  平 山 輝 男

金 田 一京 助全集編集 委員会

ハ巻 アイヌ語 Ⅱ
金 田 一京 助 全 集 第一

一九九二年六月 一日 第 一刷発行
編 者 金 田 一京助全 集編 集委 員会

株式会社

二省堂 代表者 守屋員明
発行者 株式会社 一
発行所

0。3 ﹀

﹃”0”●

十 二番十 四号
〒 ら一東京都千代 田区 三崎 町 二丁目 二
電 話 編 集 曾 ≧ 亭 菫
販 売 ⊇≧ 尋 菫 一
振替 口座 東京 六圭里8

示助 全 集 6アイ ヌ菫T
︿
金 田 一一

o〓 じ X ”■詳 oO
◎ パ・パ〓 。”︻
編集協カ   オ メ ガ 社


︱ ︱
︲︱
︲︱
卜===︱
︱=================︱
︲︲州 >
∽∪ソェ︲∞∞い︲卜o∞oO︲∞
落丁本はお取替えいたします H
乱丁本・

載。
語 と の関係TIチェインパリン説の再検討︱︱
国語 と ア


昭和十 二年十 一月 ﹃
日本文化史論纂穴中文館書店︶に収録。←
選集 I
樺桜考
昭和十 三年 八月 ﹁
民間伝 承讐 下 一二 ︵
六人社 ︶に掲 載。昭和 十
九年 六月 冨墨並をめぐり て家 八洲書房︶に収録。←選集 I
東歌 に就 て
国語研究穴 八雲書林︶に収録。昭和十 八年 九
昭和十 七年 一月 ﹃
増補国語研究穴同︶に収録。
月﹃
え みし ︵
蝦夷 ︶の国
国学院雑誌 ﹂五 二︲一︵
国学院大学︶に掲載。
昭和 二十六年十月 ﹁
昭和 三十年 五月 コ一
呈中
学 五十年穴宝文館 ︶に収録。

奥州 の蝦夷語
国学院雑誌﹂五五上 ︵
国学院大学︶に﹁
本州
昭和 二十九年 八月﹁
の蝦夷 の言語﹂ のタイ ト ルで掲載。昭和 三十年 五月 冨呈中学
五十年穴宝文館︶に収録。

アイ ヌから来 た言葉
昭和 三十 一年 九月 で﹂とば の生 い立 ち穴講談社︶に収録。

資料 ︼
あ いぬ物語

単行本。大正 三年十 一月、博文館 より刊行。山辺安 之助著、
凡例﹂にあ るよう に、樺 太 アイヌ山辺安之助
金 田 一京助編。 ﹁
の口述 した自 伝を金 田 一が筆録、訳出対照したも の。尚、巻
樺 太 アイヌ語大要 L樺 太 アイ ヌ語彙﹂は本全集第 五巻
末附録 ﹁
に別途収録。

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful