『塩原多助一代記』

し お ば ら た   す け い ち だ いき


塩 原多助 一代記号︱︲原話のからくり

三遊 亭 円朝 の作 品 ﹃
塩 原多 助 一代 記L初編明治 一八年 。一八八五刊︶は、次 のよう な粗 筋 であ る。
塩 原角 右 衛 門 は 、 ゆえ あ って浪 人 と な り 、 上 州 の山奥 で猟 師 のよう な 生活 を し て いる。倅 の多
助 だ け は どう にか し て世 に出 し た い、 と 思 って いるが 、先 立 つも のが な い。 あ るとき 、 元家 来
の岸 田右 内 に出 会 い、仕 官 のた め の金 策 を右 内 に頼 む 。 そ こ で右 内 は、金 を持 って いた豪 農 を
襲 う が、猟 師 に撃 た れ てしま う 。右 内 を撃 った のは 、角 右 衛 門。 間違 え て撃 ってしま った ので
あ る。 そ のと き 偶 然助 け ら れ た豪 農 の名 も角 右 衛 門 であ った 。 二人 で話 し てみ ると 、 同 じ血筋
の間柄 と わ か る。浪 人 の角 右 衛 門 は、自 分 の息 子 の多 助 を豪 農 の角 右 衛 門 に養 子 と し て与 え 、
自 ら は豪 農 角 右 衛 門 か ら の金 で、仕官 先 を求 め て旅 立 つ。亡 く な った右 内 の妻 お亀 と そ の娘 お
豪農 の角 右 衛 門 に助 け ら れ、 そ れ が縁 で角 右 衛 門 は お亀 を 妻 にす る。
栄 は、盗 賊 に襲 わ れ た が 、一
角 右 衛 門 の死後 、多 助 は お栄 を 妻 にす る。 し か し、 お亀 。お栄 の母娘 は、 そ れ ぞ れ原 丹治 ・丹
三郎 の侍 親 子 と 密 通 。多 助 を 邪 魔 者 にし、 いじ め は 日 に日 に激 しく な る。 こ のま ま では殺 さ れ
る、命 がな け れば養 父 への恩 返 しも でき な い、 と考 え て、多 助 は 二十 一歳 のとき 家 出 を決 行 。

277

、炭 屋 を 開業 。 零落


愛 馬 の青 に別 れを告 げ て江 戸 へ向 う 。 が 、江 戸 には出 たも の の進 退 窮 ま り 絶 望 し て身 投 げ し
、山 口屋 に奉 公 す る よう にな る。
よう と す る。 そ こを山 口屋善 右 衛 門と いう 炭 問 屋 に助 け ら れ

こ の後 、多 助 は謹 厳実 直 、 か つ才 覚 を働 か せ、商 人 と し て頭角 を あ ら わ し
し た お亀 と遊 近 し、 お栄 が青 にか み殺 さ れ た こと を 聞 く 。多 助 は勤 労 と倹 約 によ って財 を 成 し

、 あ る いは 不 用 な草 履 を集



本 所 ぽ過 ぎ た るも のが 二 つあ り 、津 軽 大 名 炭 屋 塩 原﹂ と 世 にう た わ れ る よう にな って 故 郷
の塩 原 の家 名 も 再 興す る。
多 助 は 、山 口屋 に奉 公 し て いた頃 、道 に落 ち て いる紙 く ず を 拾 い集 め

。この

、 日本 人 の模 範 の如 く 示 さ れ る


つまり廃品回収業兼リサイクル品販±
め て、 そ れら に手 を 加 え て、売 り物 と し てこ しらえ 直 す ︵
く だ り は修 身 の教 科 書 にも 取 り 込 ま れ、多 助 の倹 約 と地道 な人 柄 は
よう にな った 。

も っと も 、拾 い物 で資 金 作 り を す る話 は、多 助 に限 らず 浮 世草 子 を は じ め近 世 説 話 にす で に見
巻七 ︲
古 今 堪 忍 記 L宝永五年 。一七〇八刊︶
ら れ る。 ﹃日本 永 代 蔵 L貞享五年 ・三 ハ八八刊︶巻 三 ︲ 一、 ﹃
刊︶巻 一︲二 上二、 ﹃商 人 職 人 懐 日 記﹄盆 徳三年 ・一七 三二
四、 ﹃
商 人 軍 配 団﹄盆 徳 二年 。一七 〓 一
、﹃
世 間 長 者 容 気 L 宝暦 四年 ・一七五四刊︶巻
刊二 ︲ 一、 ﹃
商 人 家 職 諏L 享保七年 。一七 壬 一
刊と 下 〓一
花 の御 江 戸L 天明三年 。一七公 二刊︶等 々。
財 宝 速 蓄 伝 L 明和九年 ・一七七 一刊︶、黄 表 紙 ﹃
三 ︲二、 ﹃
等 。塩 原多 助 も これら の話 の主 人 公 の後 塵
我 ら が共 通 の友 L 一八六五︶
外 国 の小 説 では デ ィケ ンズ ﹃

を 拝 す るも のであ る。 ま た 、江 戸前 期 の豪 商 ・河村 瑞 賢 にも 類 似 の話 があ るが 多 助 の前 に同種 の


賢 は、 そ れ以 上近 づ け て論 じ ら れ る
行 為 を した言 わば 先 輩 格 的存 在 と見 な さ れ ただ け で 多 助 と瑞
、 円朝全集 ﹄所収 ﹃
塩 原多 助 一代 記 ﹄、 な ら び に円朝 の弟 子 であ る初 代 金
こと は な か った 。 そ れ は ﹃

っ 。
塩 原多 助 後 日 諄 k 一九〇 一刊︶か らだ け では 当 然 の判 断 だ た
馬の ﹃
日出国新聞﹂
円朝遺稿﹂。﹁
塩 原 多 助 後 日諄L 以下 ﹁
と こ ろ が、 こ のた び 改 め て知 ら れ た 円 朝 遺 稿 ﹃


やまと新聞﹂を改題したも の︶の出 現 によ って これま で
一九〇〇年 一一月 一日∼ 一二月三 一日 同紙は ﹁

も 、 そ の十 四席 か ら十 九 席 にか
断 定 しき れ な か った瑞 賢 と多 助 の関 係 に踏 み込 め そう だ と いう の

け て、 こう 展 開 し て いるか らだ

を 素 早 く 離 れ、 ひ と り 上 州 に
安 永 元年 ■ 七七一し。江 戸 が大 火事 にな ると 多 助 は燃 え 盛 る江 戸


には これ ら の需 要 が昂 じ る と踏 んだ
炭 薪 ・草履 草 軽 の買 い込 み に飛 ぶ 火事 で焼 けだ さ れ た庶 民

売 し、 ま た そ の名 を挙 げ る
多 助 の読 みは当 た り 、 にわ か に生 活 物資 に窮 し た庶 民 に薄 利 多
紀伊


占 め で大 儲 けす る講 談 ﹁
これ は、売 る物 の違 いだ け で 明暦 の大 火 の際 木 曾 山 中 の木 材 買

逸事 であ る こと は先 行 研 究 が説 く と
国 屋文 左 衛 門﹂ と 、 同趣向 であ るが 本 来 こ の話 が河 村 瑞 賢 の
、 旧 主 ・山 口屋


評伝河村瑞賢﹄ 一九 一二、博文館︶ そ し て 円 朝 遺 稿 の十 九 席
春秋居士 ﹃
こ ろ であ る ︵

278


善 右 衛 門 が多 助 の功 績 を誉 め る場 面 に こう あ る
、 席ぼ 瑞 軒 にも 劣 ぬ手 際 、
這度 汝 の働 き は彼 の紀 伊 国 屋文 左 衛 門

賢 が横 た わ って いた こと の有 力 な   9

これ ぞ、 円朝 の種 あ か し。多 助 の人物 造 型 の下敷 には 河村 瑞

に流 用 さ れ た経緯 も 、 円朝 は十 分
証 拠 であ る。 さ ら に、 こ の 一文 によ って 瑞 賢 の話 が紀 文 の偉 業

『 塩原多助一代記』

『塩原多助一代記』

承 知 し たうえ で、 そ れを十 四席 か ら十 九 席 の多 助 の行 為 へ転 化 さ せ た 、 と推 測 でき る。 し た が って

多 助 の廃 品 再 利 用 の話 も 瑞 賢 の話 か ら流 用 さ れ た と考 え ら れ る。 さ ら に、種 あ か しを し た こ の円朝   2
遺 稿 か ら わ か る こと は 、 そ れ のみ では な い。
岡 本 綺 堂 翁舞ム
 一九三五。﹃
綺堂劇談﹄ 一九五六、青蛙房 の ﹁
ど、
寄席と芝居と﹂所収︶の頃 か ら 、塩 原多
助 の粉 本 と し て影 響 が指 摘 さ れ て いたも のは 、大 岡 政 談 ﹁
越後 伝 吉﹂ や ﹃
宮 川舎 漫 筆 只安政五年 ・
一八五八序︶や講 談 ﹁
石井 常 右 衛 門﹂ な ど であ るが 、 そ の他 に、 も う 一つの出典 と す べき 候 補 作 品 が
浮 上 し てく る。 紙 暦 や草 履 を拾 い、手 直 し し て売 った り 、 火事 を機 会 に木 材 を 買 い占 め る ︱︱ これ
ら瑞 賢 の逸 話 は近 世 随 筆 類 に見 ら れ る ︵
藤浦敦 ・作、立川談志 ・演 の人情噺 星臥河村瑞賢﹂はこれらの逸
話から成 るも のである︶。 こ の二 つのこと が書 か れ て いるも のと し ては 、 八島 五岳 ﹃
百 家 埼行 伝L 天
保六年 。一公 一
五 自序︶
巻四の ﹁
川村 瑞 軒 ﹂ を ま ず挙 げ ね ば な ら な い。
東 武 出身 の瑞 軒 は 、上 方 行 き の途 中 、大 井 川 で路 銀 が尽 き る。落 ち て いる瓜 や茄 子 で食 い繋 ぎ 、
品 川 の知 合 い宅 で厄介 にな り 、捨 て てあ る古 い雪 駄 を 蠅 叩 き と し て売 る。 ﹁
次 の日 より は往 来
の人 のはき 捨 た る草軽 あ る ひ は馬 の軽 など多 く拾 ひあ つめ川 の中 へ浸 し おき 土 を よ く洗 ひ おと
し泥 土 の つか ふ寸 渉 と い へる物 に刻 み泥 匠 の家 にも て行 て売 け る宍 国立国会図書館蔵本︶。 そ の
後 、 明 暦 三年 貧 六五七︶の大 火 の際 に木 曾 山 中 の材 木 を 買 い占 め大 儲 け 。
こ の ﹃百 家 埼 行 伝 ﹄ と 類 似 す る記 述 が、神 沢 貞 幹 ﹃
翁 草 L安永 五年 ・一七七六序︶巻 人 にあ 唾 、 そ
こ では精 福 流 し の茄 子 や瓜 を 拾 い上 げ るが、食 す のではな く塩 漬 け にし て売 ったと あ る よう に、 両

者 に微 妙 な差 異 があ る。ま た ﹃
翁 草﹄ では草 軽 や雪 駄 を売 る こと には言 及 し て いな い。 さ ら に、 両
者 の文 面 を 比 較 す ると 、成 立 の遅 い ﹃
翁 草 ﹄ だ け を 参 照 し た と は思 え な い点 も
百 家 埼 行 伝 ﹄ が、 ﹃
あ る。 な ぜ な ら前 掲 のカギ括 弧 の引 用文 と次 の文 を見 比 べれば わ か る。
是 より寺 ゝ へま は る道 す が ら 。馬 の沓 草 履 草 軽 も 切 た るを ひ ろひと り て。 是 を水 に て砂 を す ゝ
ぎ おと し こま か に切 て。左 官 釜 塗 の所 へ。 す さ にし てあ き な ひけ れば 。次 第 に人 のし ら ぬ銭 を
も う け。
八文字屋本全集第二
こ れ は、前 掲 ﹃
商 人 軍配 団﹄ 巻 一︲三 ﹁
貧 苦 を 切 替 へる骨 牌 の絵 書 ﹂ の引 用 ︵
翁 草﹄ の他 に こ れ も 参 照 し た
巻、汲古書院︶であ る。 八島 五岳 は ﹁
川 村 瑞 軒 ﹂ を 著 す に当 た って、 ﹃
貧 苦 を 切替 へる骨 牌 の絵 書 ﹂ の主 人 公 は河村 瑞 賢 では な いの
のでは な か った か 。 と こ ろが 、 こ の ﹁
であ る。要 す る に、 八島 五岳 の ﹁
川村 瑞 軒 ﹂ は、創 作姿 勢 か ら し て正 し い瑞 賢 伝 と呼 べる代 物 では
到 底 な い の であ る ∩翁 草﹄ でも 、瑞 賢 によ る木 曾 の材 木 買 占 め の話 を 引 き つ つ、本 来 こ れ は材 木
商 ・冬 木 のこと と考 証 し て いる。前 掲 ﹃評伝 河村 瑞 賢﹄ では冬 木 説 を 否 定 し 、 やはり瑞 賢 のこと と
す る︶。
では 、 円朝 は 、瑞 賢 にそ のよう な逸事 が本 当 にあ ったと 信 じ て いた のか と 言 え ば 、 そう と は思え
な い。仮 に円朝 が ﹃
百家埼行伝﹄ の ﹁
川村 瑞 軒 ﹂ を 読 ん で、 紙 暦 な ど か ら資 金 作 り を す る多 助 を造
型 し たと し ても 、 そも そも これ は瑞 賢 の話 では な いと 、 円朝 は気 づ いて いた の では な いか。 な ぜな   ︲

ら 、 円朝 が書 いた と さ れ る人情 噺 ﹁
商 人 軍 配 団﹄ 巻 四 ︲ 一 。二 に 一致 し
福 禄寿 ﹂ は、 そ の粗筋 が ﹃

、 川村 瑞 軒 ﹂ の前
商 人 軍 配 団﹄ を 読 ん で いた 可能 性 は至 って高 い。 し た が って ﹁
てお り 、 円 朝 が ﹃


商 人 軍配 団﹄ を 下敷 にし て いると いう事 実 にも 気 が付 いた と推 察 でき るか ら だ す な
掲部分 が ﹃

わ ち、 ﹁
川 村 瑞 軒 ﹂ の名 を 十 九 席 で述 べ ておき な が ら 円朝 自 身 瑞 賢 の逸 事 には疑 わ しき こと多 し

と感 づ いて いた、 と いう こと の情 況 証拠 は揃 う のであ る。 と いう こと は 塩 原多 助 の人物 像 の モデ

ルと し て、瑞 賢 の他 に これ に仮 託 さ れた無 名 の人物 も 円朝 の脳裏 に揺 れ動 いて いた こと にな る

円朝 が、文 献 渉 猟 を す る過程 で学 んだ こと は、実 伝 と さ れ るも のにも 怪 しげ なも のが多 い と い

う こと ではな か った か。 な らば 、創 作 者 。円朝 は し た た か に育 ま れ ても 不 思議 でな い
上 野 下 野道 の記﹂ 等 にお い
  一見 塩 原多 助 の実 伝 を 語 るよう な振 り を し て、 し かも 実 際 ﹁
円朝 は 、
、 円朝 作 品 全 般 に言 え る。


て、 現 地 調査 を す ま せ た経 験 も ち ら つか せ て噺 し ておき な が ら   一方 で先 人 の写 に倣 って先 行 説 話
を大 いに取 り 入 れ る こと に何 の躊 躇 も な か った のであ る。 こ のカ ラク リは

蝦 夷 錦 古 郷 家 土 産 L 一八八八刊︶も 実 は 西 洋 種 であ った が、 つ い最 近 ま で 円 朝 が 北 海 道
例 え ば、 ﹃
序 ﹂ 等 によ って、 ず っと 日本 の話 と我 々は信 じ込 ま
に行 った事 実 と 、 そ れを 語 る条 野採 菊 の右 書 ﹁
塩原多助 一代
岩波文庫 ﹃
本書次節参昭じ。 正 岡 容 は、金 馬 の速 記 によ って円 朝 の後 を 補 い ︵
さ れ て いた ︵
多 助 か し家 督
も う 半 分 ﹂ に似 て いると 記 し た ︵
記﹄解説︶、怪 談 調 と な る そ の部 分 に つ いて、落 語 ﹁


を 譲 ら れ た 二代 目 が、 先代 に預 け た金 を 引 き 下 ろし に来 た者 に 証文 が な いなど と 言 って追 い返 し
塩 原多 助 旅 日記 ﹂ にお おむ ね そ の腹 案 と い
自 害 にせ し め た の で塩 原家 が祟 ら れ る︶。 こ の部 分 は、 ﹁


う べき も のがあ り 、 円朝 は そも そも これを塩 原 家 にま つわ る怪 談 と し て画 家 ・柴 田是真 か ら聞 き
塩 原多 助 一代 記 ﹄ を創 作 し始 め たと いう が、 これ自 体 眉 に唾 を つけ てか か る べ
そ れを き っか け に ﹃
お そ ら く読 書 家 で、虚 諄 を作 話 す る に無 類 のオ 分 の持 ち主 であ る円 朝 が、次 のよう な話 を知 ら な
巻 二 ∼八 は、出 家 が懇 意 にし て
千 尋 日本 織 L宝永四年 。一七〇七刊︶
か った の であ ろう か。 例 え ば 、 ﹃
いる家 に永 ら く 預 け た金 を 引 き 出 し に行 く が相手 にさ れず自 害 。金 を 返 さ な か った家 が祟 ら れ る、
武 道 張 合 大 鑑L 宝永六年 ・
本 朝 藤 陰 比 事 L 宝永六年 ・一七〇九刊︶巻 一︲三、 ﹃
と いう 話 柄 。他 にも ﹃
巻 四 ︲二、 ﹃
新 著 聞 集 ﹄ 第 四 な ど に類 話 があ る。 そ の他 、管 見 に入 ら ぬ講 談 な ど にも 同
一七〇九刊︶
趣向 は見 つけ ら れ るだ ろう 。
館︶ ﹁
十 四﹂ には番
明治三 一年 ・一八九八、 三 ≡一
塩 原 多 助 三 代 記﹄ 続 篇 ︵
ち な み に、水 月 庵 主 人 ﹃
頭 の仕 業 と し てこれ があ る。 これ は円朝 遺 稿 や金 馬速 記 に先 んじ ており 、 明治 二九 年 七 月第 十 一号

塩 原多 助 旅 日記﹂ を 典 拠 と し た か 。 ま た 二代 目 松 林 伯 円 ﹃二
名 家 談 叢 ﹄ に掲 載 さ れ た と さ れ る ﹁


四年 ・一九〇 一刊︶の上巻 でも 、多 助 が留 守 の間 に番 頭 が編 す話 があ る。
代 塩 原多 助栄 華 物 語L 明治一

し か し、 そ れ にし ても 何故 円朝 は ﹁
川村 瑞 軒 ﹂ な る こと を 口走 った のか 。 円朝 遺 稿 連 載 頃 の瑞 賢
に絡 んだ事 にあ た れば 、 そ の頃 静 岡 の袋 井 で瑞 賢 の記念 碑 が建 てら れ ており 、新 た に瑞 賢 顕彰 の動
河 村 瑞 賢 記念 碑 L 明治三二年 。一八九九、松成堂︶か ら わ か る。 ま た、
き のあ った こと が、 川崎 有 則 ﹃

282
283

き も のかも し れな い。

『塩原多助一代記』

、 川 村 瑞 軒 翁 古 雪 駄 を 以 て資 を 作 る﹂
年 。一九〇〇、日吉堂︶には ﹁
言一
立 志 百 話 L 明治一
椋木 蓮 花 編 ﹃
、 少年文学﹄十五編、博文館︶

人︵
高橋太華ヽ 河村 瑞 軒 只 一人九二 ﹃



の 一生 が平 易 な文 章 で書 か れ て
と いう 話 があ る。 や や遡 れば

には、 草 履 を 拾 って の資 金 作 り か ら商 人 と し て成 功 す るま で の瑞 賢

いる。
緒 言 ﹂ では 、塩 原多

実伝 ﹄ の ﹁
さ ら に、水 月 庵 主 人 が前 著 と 同 じ明 治 三 一年 に出 し た 塩 原多 助
、事 実 と異 な った話 が円朝 によ って広 ま ったと いう憤 葱 が

助 の血 統 を ひく 下条 善 十 郎 な る人物 か ら

、 円朝 は こう いう 世 間 の動 き を察 し、種 あ か しを自 ら何 気 な く吐 露

に、 シ ャレが通 じ な いと いさ さ

し て自 作 の懐 を 探 ら れ る よう な脅 え

、第 三者 か ら みだ り に詮策 さ れ る のを 嫌う と いう 。 だ か ら

し 捏造 の事 実 を論 難 す る に至 り ては或
漏 ら さ れ て いる ∩舌 弁 沿 々と誤 診 を指 摘 し逸 事 を談 話 し甚 き
は罵 り或 は怒 りし 。
作 家 は本能 的 に自 分 の作 品 の元 ネ タを
円朝 も 部 分 的 にせ よ、 ネ タば ら し に繋 がり かね な い出版 物 に対

か当 惑 した のか 。 いず れ にせ よ
し ておき た か った のではな か った か。

注 記


録 写 本︶にも 類 似 の文
川 村 瑞 軒 ﹂ は 、 ﹃翁 草 ﹄ を 典 拠 と す る 頼 春 水 霞 関 掌 穴
野史 ﹄ 武 臣 列 伝 巻 二 四九 ﹁

1︶ ﹃
があ る。

塩原多 助実伝﹄ には、物

2︶ 同書 には、多助 の六世 の孫 。塩原孝太郎 からも取材 した、とあ る。ただ し、 こ の ﹃
語的要素 が多 く、円朝作品 から の影響をも思わせると ころがあ る。
追  記
落 語 の世界 1 落語 の愉 しみ﹄ 二〇〇三、岩波書店︶にお いて
円朝 のネ タさがし只山本進 ほか編 ﹃
*  中込重 明 ﹁
塩原多 助 一代記﹄など に言及 し ている。
も、﹃

285

があ つた のか。 あ る いは、 あ ま り に噺 を真 に受 け た世 間 か ら の反感

『塩原多助一代記』

発行者

山 口昭男

発行所

株式会社 岩 波 書 店
〒1018002東 京都千代田区一ツ橋 255
案内 0352104000
http:〃 www iwanamicojp/

電 話

印刷・三陽社

カバー・NPC 製本・牧製本

◎ Shigeaki Nakagomi 2004
1SBN4-00-002421-3

Printed in Japan

日本複写権センター委託出版物)本 書の無断複写は,著 作権
国〈
法上 での例外 を除 き,禁 じられています 本書か らの複写は
日本複写権セ ンター (0334012382)の 許諾 を得て下 さい

,

一九九 八年 三月

中込 重 明


中村仲蔵﹂  ﹁
中村仲蔵出世噺 の成立﹂、﹃
歌舞伎 研究と批評﹄歌舞伎学会、 二〇〇〇年 一二月

著 者

第 四章

第 1刷 発行

、﹃












































蝦夷錦古郷家土産﹄ と ﹃識訓夢 の暁﹄  ﹁
三遊亭円朝 ﹃
蝦夷錦古郷家土産﹄ と ﹃融翻夢 の暁﹄︱︲
翻案物異説﹂、﹃
法政

2004年 6月 25日

2号、
大学大学院紀要﹄ 4
 一九九九年 三月

落語 の種 あか し

*本書 の引用文 は、適宜 現行字体 にし、内容 に支障な いと判断されるふりがな等 は、省略 したも のもあ る。

編集協力 :今 泉康弘

*落 語 の題名 に ついては、﹃
増補落 語事 典員青蛙房︶に、落 語家 の生没年 は ﹃
古 今東 西 落語家事典員 平凡社︶
に拠 つた。

中込 重 明 (な かごみ しげあき)09652000
近世・近代文学,博 士 (文 学).著 書 に,『 明治文芸
と薔薇 一 話芸 へ の通 路』右文書 院,『 笑 い と創造
第一 ∼三 集』(共 著)勉 誠 出版,『 松 田修著作 集』(解
題)右 文 書 院,『 落語 の 世界 1落 語 の 愉 しみ』(共
著)・『文学』増刊『円朝 の世界』(共 著)以 上岩波書
店,『 落語 の鑑賞 201』 (共 著)新 書館 ,『 落語 で読み
解 く「お江戸」 の事情』(監 修)青 春出版社 など

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful