崚好錐藻雛パ土産﹄と﹃
翻案物里


訓夢の暁﹄︱︲
。 名人くら べ ︵
黄薔 薇﹄
名 人長 二﹄ ﹃
錦 の舞衣ご ﹃
三遊 亭 円朝 の翻 案 物 と 一般 に括 ら れ る噺 があ る ﹃

遊 亭 円朝 全 集L 一
英 国 女 王 イ リ ザ ベ ス伝 ﹄。 す な わ ち デ 一

英 国孝 子 之伝 ﹄ ﹃
松 の操 美 人 の生 埋﹄ ﹃




九七五、角川書店︶第 六巻 所 収 の西 洋 種 の六作 品 を指 す 場 合 が多 い そ の他 全 集 未 収 録 の円朝
純。 ま た今 後 、新 た に、


日∼ 一月 一九日︶も 翻 案 物 と見 な さ れ
読売新聞﹂ 一八九七年 一〇月一
文 一雅 伝 L ﹁
。ち な み に、右 に挙 げ た

、﹃
応 文 一雅 伝 ﹂ の三作 品 。 原 話
松 の操 美 人 の生 埋 ﹄ ﹁
黄 薔 薇﹄ ﹃

知 ら れざ る円朝 作 品 が出 現 す れば 、 そ れ が翻案 物 であ る可能 性 も 出 てく る
う ち で原 話 が判 明 し て いな いのは
発 見 がま た れ る。
。 しか

さ て、本 稿 でも 円朝 の 一翻 案 物 を扱 う 。 そ し て そ れ は す でに全 集 収 録 ず み の作 品 であ る

。浅 草 演 芸 ホ ー ル に て ﹁こな いだ 池 袋 演 芸 場 に

し、前 に挙 げ た作 品 の いず れ でも な い。 つま り 、 これま で多 く の人 の目 に曝 さ れ てき た にも か か わ

らず 、ま った く翻 案 物 と は 思 わ れ て いな か った作 品 を 巡 る考 察 であ る

現在 の寄 席 で、 こんな こと を耳 にす る こと があ る



だ浅 草演 芸
変 な お客 さ ん が いま し て⋮ ⋮﹂ と 語 ったあ る落 語家 が 今 度 は池 袋 演 芸 場 に て こな い

変 な お客 ﹂ は 、
し 、 の ﹁
ホ ー ル に変 な お客 さ ん が いて⋮ ⋮﹂ と ま ったく 同 じ マク ラを ふる は た て そ
し 。 詮 、虚 々
本 当 はど ち ら の寄 席 に いた のか。 と 、 思 い悩 む より も そ の話自 体 の事 実 性 が疑 わ い 所
変 わ り はな い。
実 々な のが高 座 におけ る話 の本 質 。 円朝 も そ のよう な落 語 家 の 一人 であ る こと に


地名 人名 を 日本 にし てお話 を いた しま す﹂ と前 置 き し 原話 のジ
英 国孝 子之 伝 ﹄ で ﹁
円朝 は ﹃
、﹃


名 人 く ら べ﹄ では 、 そ んな改
ー ジ ・スミ スを 清 水 重 二郎 にす る等 冒 頭 で断 って いる し か し
。 これを 信 じ込 んだ鏑

作 の断 り は せず 、 主 人 公 の墓 が 日暮 里南 泉 寺 にあ ると ま こと し やか に語 る

永井啓夫 コニ遊
木 清 方 は 、墓 を 捜 し に行 った が ど こ にも な か ったと 告 げ て 円朝 に笑 わ れ た と いう ︵

2︶


8の
、 円朝 は ﹃
東一
江 戸名 所 図会 ﹄ を 引 く等 し て こ れ が板 橋 ︵

287

怪 談 乳 房 榎﹄ でも
亭円朝し。 ま た 、 ﹃

刊︶に そ の原 型 が あ る。 す な わ
世 の中 貧 福 論L 文政五年 。一八壬 一
之 一 。二、十 返 舎 一九 の滑 稽 本 ﹃


本書
み に秘 し た ︵
赤 塚 に実 際 にあ った こと であ る か のよう に語 り 実 は信 州 の話 であ った こと を 巧


福 禄 寿 ﹂ のな か で こ んな こと も 述 べ て いる コ﹂ん

猫塚 ・皿屋敷﹂ の節冒頭参昭じ。 さ ら に 円朝 は ﹁

ど お聞 き に いれま す るは 、 わ た く し が あ る御 方 のお供 で北 海道 へま いり ま し たと き に あ ち ら で こ

し 、外 題 を福 禄 寿 と つけ ま し
う いう 話 が あ ると お っし ゃ いま し た そ のお話 へ 少 々色 気 を つけ ま て
0 八月 に 一月 ほど 、 山 県 有 朋 と 井 上馨 の視 察 旅 行 に同行 し
た 。確 か に、 円朝 は明 治 一九 年 2 八八工

、 し か し、 ﹁
福 禄寿 ﹂ も先
て いる。 だ か ら 、ま す ま す こ の円朝 の言 葉 には信 憑 性 が出 てく る のだ が

刊︶巻 四
正徳 二年 ・一七 〓 一
商 人 軍 配 団﹄︵
行 す る江 戸 文 芸 の焼 直 し であ った 江 島 其 積 の浮 世 草 子 ﹃

『蝦夷錦古郷家土産』と『欧州奇談夢 の暁』

288

ち 、 円朝 は翰 晦 しな が ら再 話 ・翻 案 を物 す る老 檜 な作 家 だ った の であ る。
だ から、 ﹃
松 の操 美 人 の生 埋﹄ に引 き続 いて、 明治 一九 年 貧 八八工
C 一二月 二 一日 か ら 翌 二〇年 一
蝦 夷 錦 古 郷 家 土 産 L単
月 一九 日 ま で ﹁やま と 新 聞 ﹂ に連 載 ︵
小相英太郎速記、水野年方挿絵︶さ れ た ﹃
行本は明治二 一年 ,一八八八、金桜堂︶の冒 頭 にお け る、円 朝 の次 の言 葉 も 易 々と 信 じ こむ わ け には い
か な い。
お聞 き に入 れま す お話 は せ んだ って大 臣 がた が北 海道 へ御 巡 回 の節 、 は か らず お供 を いた しま
し た 、 そ のお り 函館 で聞 いてま いり ま し た お み やげ のお話 でござ いま し て、初 め のほど は北海
道 のと こ ろは さ ら にござ いま せ んが、 だ んだ ん末 は北 海 道 のお話 にあ いな り ま す 。
と り あ え ず 、 こ の前 置 き を 持 つ ﹃
蝦 夷 錦 古 郷 家 土 産 L 以下 ﹃
蝦夷錦し の梗 概 を 、後 に引 く 物 語 と
の比 較 のた め 、 な る べく細 か く引 いてお こう 。 な お、 こ の ﹃
蝦 夷 錦﹄ は ﹃三遊亭 円朝 全 集 ﹄ 第 三巻
に収 め ら れ て いる。

﹃蝦 夷 錦 ﹄ の梗 概
安 政 二年 2 八五五︶十 月 、 谷 中 日暮 里 の喜 三郎 は神 田橋 か ら 三 河 町 一丁 目 にか か った と こ ろ で大
地 震 に遭 遇 。 そ の時 、悲 鳴 を あ げ た娘 を助 け 、護 持 院 ヶ原 ま でお ぶ って いく 。 そ こ で、娘 が島 村 屋
のお録 だ と わ か るが、命 の恩 人 と な った喜 三郎 は名 のら ず去 る。数 年 後 、 深 川浄 心 寺 で の身 延 山 の

御 開帳 でお録と喜 三郎 は再会す る。改 め て礼 を言う お録 は喜 三郎 を見 そめるが、喜 三郎 には世話を
受 け て いる親方 ・重助 の娘 と の婚約 が調 って いたため気 が重 い。だが、 それも告げ られな いまま に
喜 三郎 は、お録と の再会 を約束 し逢瀬を重 ね るよう にな る。 いつしか、 これが親方と そ の娘 に知 れ
喜 三郎 は責 められ る。それ でも話 のわかる親方 は、自分 の娘 に喜 三郎 を諦 め るよう にさと し、喜 三
郎 には内 々に田舎 でお録と 一緒 にな るため の知恵 を授 け る。と ころが、親方 の配慮 を無視 す る形 で
喜 三郎 はお録 と駆け落ち。激怒 した親方 は島村 屋 に乗り込 み、主人 に 一切を話 し、 二人を呼び戻す
手段 があ ると耳打ちす る。
 一方、追 っ手 に脅え木曾路を行 く 二人だが、塩尻峠を越え た洗馬宿 で喜
三郎 の具合 が悪くな る。お録 は身を売 って人参 を買う など し て看病す るが喜 三郎 は亡くな る。そ の

子 にす る旨依頼す る手紙と、本人 であ ることを証明す る備前盛景 のヒ首 を父 から託 された、と打ち

じた父は、亡 くな る前 に相州足柄郡山 田村 の裕福 な曾根惣右衛 門 の未亡人 の伯母あ てに、お桂を養

間 へ。 しかし、すぐ に母と姉 を失 い、父も亡くな った今 は身寄り がな い。ただ、お桂 の行 く末を案

り出す。女 はお桂 と いい、元は江戸麻布谷町 の医師 ・高山元貞 の娘 。わけあ ってお桂六歳 の時 に笠

録 は女を病院 に抱え て行き、数 日 の看病 。容体も快方 に向 か った頃、旅 の女 はお録 に身 の上話を切

の様相を呈す る。あ る時、病 人 の食糧 を仕入 れ に出 たお録 は、 そ の道 中 で療 に苦 しむ女 を救う。お

慶応年 間、水 戸浪士 が世間を跛尼 し筑波山 一帯も物騒 にな る。高道祖村 の病院も臨時 の野戦病院

る。看護婦 にな ることを決意 したお録 は、女郎を やめ筑波 へ行 く。 2 ∼ 一上

後 、 お録 は流連 の客 から、常陸筑波 下高道祖村 の荒 れ寺 にでき た慈善病院 に勤 めることを勧 められ

『蝦夷錦古郷家土産』と『 欧州奇談夢の暁』

『蝦夷錦古郷家土産』と『 欧州奇談夢の暁』

明 け る。 お桂 は 、 お録 が亡 く な った姉 に似 て いる こと を 理由 に、今 後 は姉 妹 と し て の関係 を望 む 。
当 初 、 そ れを 拒 んだ お録 だ が、 お桂 の強 い求 めを受 け 入 れ自 分 のこと を話 し出 す 。 ち ょう ど そ のと
き 、近 く で鉄 砲 の音 が激 しく な り 、砲 弾 が病 院 で炸 裂 。 そ の砲 弾 が お桂 に当 た った と みえ 、 ま った
く息 を吹 き 返 さな い。悲 しむ お録 であ った が、倒 れ て いる お桂 が自 分 の服 を 着 て いて、 洗 濯 のた め
お桂 の服 が脇 に置 いてあ る のを 見 ると 、悪 心 が頭 を も たげ てく る。伯 母 は お桂 と 子供 の頃 に別 れ た
っき り 、今 の顔 は分 か ら ぬ はず 。証 拠 の手 紙 と ヒ首 も あ る。今 、 お桂 が着 て いる服 の裏 襟 には、自
い布 にお録 と あ る。 お録 を 死 んだ こと に でき る。 そ し て、 お桂 の服 を着 て、相 州 へ行 き 高 山 元貞 の
娘 だ と名 の って出 よう 。 さ っそ く 、 お録 は番 兵 が立 つ関 門 を お桂 と し て通 過 。 そ のさ い、高 山 元貞
を 知 る隊 長 に護 兵 を つけ ても ら い、滞 り な く相 州 に到着 。 お桂 と 信 じ ら れ た お録 は、伯 母 の家 に入
り こむ 。
 一方 、 倒 れ て いるお桂 に医 師 ・榊 原善 庵 が近 づ き 、脈 は絶え て いるが名 医 善 庵 は お桂 を蘇
生 さ せ る。実 は大 砲 の音 で 一時 仮 死状 態 にな って いただ け 。蘇 生 し た お桂 は 、裏 襟 の名 か ら お録 と
判 断 さ れ ると 、激 しく 反発 し事 情 を 説 明 す る。 と り あえ ず 、 お桂 は体 調 を 整 え た後 にお録 の後 を追

つ。 2 七 ∼二五︶
す っか り 、曾 根 のお嬢様 と し て居座 った お録 も 、婿 捜 し の時 期 。伯 母 の甥 に、 了義 寺 と いう 寺 で
一度 出 家 し て いた綾 川信 夫 と いう 男 が いた 。 仏 の教 え と漢 学 の教 養 あ る話 で村 人 か ら慕 わ れ 、 お録
も惹 か れ て いた 。 しか し、 お録 は相 手 にさ れず 、逆 にお録 の嫌 って いる沢 辺作 弥 にし つこく 口説 か
れ る。 沢 辺 は伯 母 を介 し て、自 宅 にお録 を招 待 。 そ の頃 、乞 食 の姿 で曾 根 の家 の前 に件 む お桂 。伯

 一旦 は絶望 し た お桂 も 、 父 が今 際 の際 に
母 と の面会 を求 め るが、夜 番 の者 に無 下 に追 い返 さ れ る。
語 った 、従 兄弟 が了義 寺 の僧 にな って いる、 と いう 言 葉 を 思 いだ し、 そ こを捜 す 。 還 俗 し て いた信
夫 に何 と か会 え た お桂 は、信 夫 に親 切 に話 を 聞 いても らう 。 そ し て、信 夫 は伯 母 のも と へ行 き 、 も
う 一人 のお桂 が現 れ た こと を告 げ る。 し か し、伯 母 は言 い掛 かり を つけ にき た者 だ と し て会 おう と
しな い。信夫 も 証 拠 が な け れば と 、 お桂 を な だ め る。 そ こ へ沢 辺 の家 か ら 戻 ってき た お録 の駕 籠 。
信夫 は そ の反応 で本 物 を見 極 め る べく 、 巧 みな手 段 でお録 と お桂 を鉢 合 わ せ さ せ る。 お桂 を見 て卒
倒 す る お録 。 お録 と知 らず 介 抱 す る お桂 も 、 これ が お録 と気 づ く や掴 み か か る。懺 悔 す るお録 。 し
か し、 許 さ ぬ お桂 の執 拗 な攻 撃 に顔 を傷 つけ ら れ ると 、 お録 は豹 変 。 お桂 に向 か って逆 に大 晰 り だ
と罵 る。 騒 ぎ が大 き く なり 、役 人 に縄 を掛 け ら れ るお桂 。 そ れを見 て、 再 び懺 悔 す るお録 。 そ し て、
こ こ で信 夫 の説 法 。看 護 婦 と し て のお録 の善 行 を讃 え る。 か つてお桂 を助 け た のも お録 、 師 って い
たと は いえ 、 お録 の伯 母 への孝 行 は嘘 では な い。 これを も って、 お録 を 許 す よう に、 と 。 さ ら に、
  一緒 にな った 二人 は陰 徳 を 積 む べく 北 海道 に渡
信 夫 は お録 を自 分 の女 房 にす ると告 げ る。 そ の後 、
六∼三八︶
る。 公一

蝦 夷 錦 ﹄ と いう 題 名 は似 つか わ しく な いが 、 か つては、 ま ま見 ら れ た命 名 の仕
こ の梗 概 か ら は ﹃
椿 説 蝦 夷 な ま りL 一八九六、博文館︶では全 篇噺 の舞 台 が北 海 道 。 これ を続
方 であ る。 こ の続 篇 の ﹃
椿 説 蝦 夷 な ま り﹄ にお いては 、信 夫 と お録 は
篇 に持 つと す れ ば 題名 の違 和 感 も 薄 ま る か 。 た だ 、 ﹃

290

脇 役 的 存 在 にま わ る。
こ のよう な舞 台 設定 を持 つ作 品 だ った せ いか、 北 海道 文 学 と し て の歴史 的 な位 置 づ けも な され て
第 一章 萌 芽 期 ﹂ に
いる。例 え ば 、本 原 直 彦 ﹃北 海 道 文 学 史 。明 治 編買 一九七五、北海道新聞社︶の ﹁
は、 ﹃
蝦夷 錦 ﹄ ﹃
椿 説 蝦 夷 なま り﹄ は円朝 の北 海 道 旅 行 の所 産 であ る、 と 記 念 す るよう な言 葉 で記 し
て いる。 ま た、 永 井 啓 夫 は前 掲 ﹃三遊 亭 円 朝 ﹄ のな か で、 ﹁
初 期 の病 院 の様 子 が描 か れ て いる こと
にま ず 注 目 さ れ る。 わ が国 は じ め て の病 院 施 設 に ついて述 べ て いる条 り は、医 家 松 本 順 か ら得 た知
識 によ るも のであ ろう ﹂ と いう 見 解 を ﹃
蝦夷 錦 ﹄ に示 し て いる。確 か に、 円朝 の北 海道 で の見 聞 や、
医 者 か ら得 た知 識 な ど の作 品 中 に生 か さ れ て いる こと少 な く な いかも し れ な い。
蝦 夷 錦 ﹄ が 北 海 道 で仕 入 れ た 土 産 話 を 下敷 に成 立 し た
と こ ろが であ る。 ま る っき り 一切 合 切 、 ﹃
も のだ と す る従 来 の見 解 を 、 く つがえ す であ ろう 資 料 があ る。 そ れ が、 以 下 に梗 概 を 掲 げ る、外 国
文 学 の翻 案 と 思 しき 作 品 であ る。



訓夢の暁﹄の梗概
第 壱 回︶ 一八七 〇年 に勃 発 し た普 仏 戦争 。 そ の秋 のウ エゼ ンパー ク の戦 いは仏 軍 の劣 勢 。 そ れ

でも 仏 将 軍 の ア ルノ ルト は ラ ング チ村 で必 死 の応 戦 、 しば し敵 を 退 け る。 ア ル ノ ルト は同村 に病 院


わる
が、怪 我 人 を 置 いては いけ な いと 一人残 る 横 た

293

を 設営 。 軍医 サ ウ ヒ ルと英 国 生 ま れ の看 護 婦 メ ル シーを 配 置 。 あ る時 メ ルシ ーは薪 を 拾 いに山 へ行

断 。 メ ルシ ーは サ ゥ ヒル に脱 出 を勧 めら れ る

傷 者 の世話 。砲 弾 爆 裂

、 どう ゃ

れ の中 国 人 を見 かけ る 様 子 を窺 って いると
く。 そ こ で貴 婦 人 を背 中 に縛 り つけ た 二人連



を救 う べく悪 人 のな か に飛 び 込 み 二人 を 叩 き
ら人 さ ら い。勇 敢 にも メ ルシ ーは 貴 婦 人 の危 機



によ ると 、 英 国 人 で名 は ロズ ベリ ー ︱l ヵ ナ

め し、婦 人 を病 院 に いざ なう 貴 婦 人 の身 の上


殺 さ れ、自 分 は捕 ま った 母 は カ ナダ






か ら英 国 に向 かう 途 中 で戦争 に遭 遇 連 れ の い


っ こと

っ 。親 類 も ほと んど な いが ただ   一度 も会 た
に いるとき 亡 く な り 父も 病 死 し財 産 を失 た
、 父 が存 命 中 に残 し た、 万 一のこと がぁ った ら娘 の世 話

のな い伯 母 が英 国 に いる こ の小袋 の中 に

。 れだ け を 頼 り に英 国 を 目指 し て いる ︱︱

を 頼 む 、 と いう 伯 母 あ て の手 紙 が 入 って いる


人 暦 拾 いを し て いた 禁 止 さ れ て いる ロ





第 弐 回︶ メ ル シ ー の身 の上話 ︱︱ 零 落 た


た。
を探 し に行 って 警 察 に捕 ま り 一時 牢 屋 に い
ンド ン のド ブ さ ら いに行 ったま ま 帰 って こな い父
。 ト ン



ッ の マト ロ ン の知 遇 を得 て そ の家 に奉 公 マ ロ
そ れき り 父 と は離 れば な れ そ の後 リ ヒ チ

、奥 様 の死 に伴 い マト ロンと自 分 の仲 を 暉 さ れ 心

が カ ナダ に移 住 す る際 自 分 も つ いて い った が
。 こ こ で仏 語 を お ぼえ るが、病 気 になり辞 職 。

雇さ れ た 。 リ ヒ ッチ に戻 り あ る家 に奉 公
な らず も 解 一

二人 の身

紹 介 で看 護 婦 の仕事 に就 いた ︱︱ そ んな
こ の間 、 宣 教 師 ク レイ に 一日惚 れ マト ロ ン の

る。
の上話 が交 わ さ れた頃 近 く に砲 弾 が飛 ん でく


医 サ ウ ヒ ルと逃 亡 の相 談 メ ル シ ーは落 ち着 き 負
第 二回︶ 独 軍 の猛撃 慌 てる ロズ ベリ ーは 軍


。気 が っく と ロズ ベリ ー が息 を し て いな い。 サ ゥ ヒ ルが診 ても は や絶命 判

の暁』
『 蝦夷錦古郷家土産』と『 欧州奇談夢

ロズ ベリ ー の遺 体 の前 で考 え る メ ルシ ー。 せ め て こ のこと を 英 国 の伯 母 さ ん に知 ら せ よう 。 そ れ に
は、 所 と名 を調 べる必 要 があ る。 そ の手 掛 かり は、 さ つき 話 し て いた手 紙 にあ る のでは 。 こう 思 っ
た メ ルシ ー は小袋 に手 を伸 ば す 。

第 四回︶ 小 袋 の中 か ら、 ロズ ベリ ー の父 の認 め た、英 国 ケ ンジ ント ン の ロイ夫 人宛 、娘 の世話
を 頼 む旨 の依 頼 状 が出 てく る。 さ ら に、過 去 のさまざ ま な こと を 記 した手 紙 や、 ロズ ベリ ー の手 記
が出 てく る。怪 我 人 の世話 を し な が ら 、 メ ル シ ー の中 であ る考 え が浮 か ん でく る。伯 母 には 一度 も
会 って いな いと いう 言 葉 を 思 い出 し つ つ、 必 死 に ロズ ベリ ー の素 姓 を手 紙 など か ら把 握 し 、自 分 の
服 と倒 れ て いる ロズ ベリ ー のそ れを 取 り替 え 、 ロズ ベリ ー にな り す ま す決 心 を 固 め る メ ル シ ー。外
には 、独 軍 が刻 一刻 と迫 ってく る。
第 五回︶ 独 軍 に降 伏 す る メ ルシ ー。独 軍 の士官 、老 医 師 、 さ ら に英 国青 年 が や って来 る。老 医

師 が ロズ ベリー の体 を診 る。 メ ル シ ー ヘも 訊 間 。 不安 な メ ル シ ー に、英 国青年 が、独 軍 は手 荒 な真
似 は し な いと言 って安 心 さ せ る。 こ の英 国青 年 ホ ラ スは新 聞 記 者 で、独 軍 の晴兵 線 を 通 過 す る特権
が自 分 にはあ るか ら英 国 へ 一緒 に帰 ろう 、 と メ ル シ ーを誘 う 。
 一方 、老 医 師 は ロズ ベリ ー の服 か ら 、
メ ルシ ーと いう 名 のあ る手 巾 を 見 つけ る。 これと 同 じ時 、 メ ルシ ー は ホ ラ スか ら名 を 聞 か れ る。 メ
ルシ ー、意 を決 し て ﹁ロズ ベリ ー﹂ と 答 え る。 ロズ ベリ ー に ついた老 医 師 は、 脳 膜 が傷 つき 一時 的
に絶息 した だ け と 見抜 き 、蘇 生 手 術 にか か る。 メ ルシ ーは ホ ラ スと 共 に独 軍 の哺 兵線 を 通 過 。 そ の
とき 、 ロズ ベリ ー が息 を吹 き 返 す 。

第 六 回︶ ケ ンジ ント ン の豪 邸 。 す で に優 雅 な生 活 を始 め て半 年 た った 、 メ ル シー。英 国 へ共 に

帰 った ホ ラ スに言 い寄 ら れ て いるが 、宣 教 師 ク レイ が忘 れ ら れ な い。 そ んなあ る 日、夫 人 の留 守 中

ク レイ が訪 ね てく る。 ク レイ は ロイ夫 人 の甥 だ った 。遠慮 な く 家 に入り 込 み酒 を手 にす る ク レイ に


メ ル シ ーは意 外 な印 象 を持 つ。 ク レイ は 、 いま 慈 善 金 を募 って いると語 る そ こ で メ ル シ ーが金
を渡 そう と す るが 、 そ れ は拒 ま れ る。 そ こ へ、 ロイ夫 人 が ホ ラ スと連 れだ って帰 宅 。 ク レイを 中心
に紹 介 し合 う 。 ロイ夫 人 、 メ ルシ ーを 最 近 養 女 にし た ロズ ベリ ーだ と紹 介 す る。
第 七 回︶ ク レイ の持 ってき た手 紙 を読 む ロイ夫 人 。 ロイ夫 人 は メ ルシ ー に自 分 の代 理 と し て会

社 の集 会 に行 く よう に命 じ、 メ ルシ ーを遠 ざ け 、 ク レイ に手 紙 の内 容 を 聞 き ただ す 。 ク レイ は そ の

戦 病 院 で の顛 末 を 記 し たも の。 ﹁メ ル シー﹂ と いう 女 を 蘇 生 さ せ ると 、 そ の女 が ロイ夫 人 の名 を 叫
、夫 人 の庇 護 を乞

、 本当
んだ り 、う な さ れ た り し、快 方 に向 か った 頃 に ﹁メ ル シ ー﹂ と呼 び か け る と 、激 しく 怒 り ﹁
の メ ル シ ーは自 分 の服 と大 切 な手 紙 を盗 んだ 、 し かも 、 そ の女 は自 分 の名 を 師 り

いに英 国 に向 か った﹂ と 、 述 べたと いう 。 そ こ で、 そ の女 を捜 す べく探 偵 者 を派 遣 す ると 一人 の該

当 者 が浮 か んだ 。手 紙 を奪 わ れ た女 の名 は ﹁ロズ ベリ ー﹂。 これを聞 いて驚 く ロイ夫 人

第 八 回︶ ロイ夫 人 やホ ラ スには ク レイ の話 が信 じら れ な い。 そ の領事 が師 さ れ て いるか そ の

女 の神 経 を疑 う し か な いと夫 人 は思う 。 そ の女 が今 日 こ こ へ来 ると ホ ラ スか ら告 げ ら れ た ロイ夫 人
は、 面会 を嫌 が るが 、 間 も な く ロズ ベリ ー到着 。 ロズ ベリ ーは必 死 に訴 え る が、 証 拠 も な く 唯 一証

295

答 の代 わ り に自 分 の旧友 で仏 国滞 在 の領事 マンレイ か ら の自 分宛 の手 紙 を読 む 。 そ れ は か つて の野

『蝦夷錦古郷家土産』と『欧州奇談夢 の暁』

明 し てく れ る友 人 も カ ナダ に いる ので、 どう にも な ら な い。 興奮 し て ロイ夫 人 にし が み つく ロズ ベ
                                                    2
リ ー。 そ こ ヘメ ル シ ーが。 二人 鉢 合 わ せ 。

第 九 回︶ 一一
人 の女 同 士 の激 し いやり と り 。 だ が、本 物 の ロズ ベリ ーが追 い出 さ れ る羽 目 に。 ク
レイ が ロズ ベリ ー の身 柄 を 引 き 取 り 、善 後 策 を ロズ ベリ ーと練 る。焦 った メ ルシ ーは仮 病 を 装 い、
計算 ど おり転 地療 養 を医 者 に勧 め ら れ 、 別荘 へ。 ク レイ は ロズ ベリ ー のた め に奔 走 し、数 週 間 二人
の連 絡 が途 絶え る。 こ の間 に ロズ ベリ ー の滞 在 し て いた旅 館 が左 前 にな り 、 ロズ ベリ ーを好 意 だ け
では置 いてお け な く な る。仕 方 な く 、 ロズ ベリ ーは宿 を 一人 あ と にす るが 、仕事 を 世 話 す ると 近 づ
いてき た 人 に有 り金 を巻 き 上 げ ら れ る。 絶 望 し た ロズ ベリ ーは橋 の上 に。 あ わ やと いう 時 、何 者 か
に止 めら れ る。
第 十 回︶ 殺 さ れ たと ば かり 思 って いた じ いや に助 け ら れ た ロズ ベリ ー。 これま で の身 の上 話 を

す る 二人 。 じ いやは ロズ ベリ ーと 離 れ たあ と 、
  一時 農 家 に いた が、結 局 落 ち ぶれ今 は乞 食 だと 語 る。
ロズ ベリ ー の話 を聞 いた じ いやは 、明 日 に でも 自 分 が証 人 と し て、共 にケ ンジ ント ンに行 く と 言 い
出 す 。 しか し 、 そ れ では毒 婦 は逃 げ ると考 え た ロズ ベリ ーは、 とり あ え ず 二人 と も乞 食 と な って、
メ ル シー の動向 を 探 る べく ケ ンジ ント ンに向 かう 。 そ し て、 メ ルシ ー の居 所 であ る別 荘 を つき と め
た 二人 は、乞 食 の立 場 を利 用 し て メ ル シ ー に近 づき 、 つかまえ る。 しか し 、 じ いやは メ ルシ ー の顔
を見 て驚 く 。紛 う こと なき 我 が娘 。 メ ル シ ーも 思 わ ぬ父 と の再会 に肝 を つぶす 。 さ ら に、 ロイ夫 人
も 驚 く 。 そ の乞 食 は別 れ た前 夫 。 つま リ メ ルシ ーは ロイ夫 人 の実 の娘 であ った。 こ こ で、 い つの間


にか来 て いた領 事 の裁 定 が 下 る。 ロズ ベリ ー に扮 し て いた メ ルシ ーを メリ ックと改 め 夫 人 の娘 と



す る。 ロズ ベリ ーは ロズ ベリ ーと し て新 た に養 女 と す る さら に ロズ ベリ ーは ホ ラ スと メリ ッ
クは ク レイ と結 婚 さ せ る。幸 福 の大 団 円 。


国 立 国 会 図 書 館 蔵 本 ﹃識訓夢 の暁﹄ の刊 記 に よ る と 、 発 行 が 明 治 三 二年 2 八八九︶ 漫 遊 会 発

、 人 物 の対 照 関係 を 整 理 す ると 、次 のよう にな る。

。 さ ら に、梗 概 では

、﹃
夢 の暁﹄ では普 仏 戦争 。 ヒ ロイ ン の職   7


業 ・看 護 婦 が等 しく 、女 同士 の知 り合 い方 が 危 難 を救 う と いう 形 でほ ぼ同 じ

次 に舞 台 設定 が 、 ﹃蝦夷 錦 ﹄ で の水 戸義 軍 の戦 いに対 し

綾 川信 夫 → 基 旦教 師 ク レイ

相 州 ・曾 根 の伯 母 →← 英 国 ケ ンジ ント ン の ロイ夫 人

お桂 →← ロズ ベリ ー

お録 →← メ ル シー

こ こ で両者 の類 似 箇 所 を 幾 つか比較 す る。 ま ず


おみやげ のお話 でござ いまし
蝦 夷 錦 ﹄ の マク ラ の言 葉 ︵
円 朝 が実 際 に北 海 道 に行 って いる た め に、 ﹃

てしが信憑 性 を 帯 び 、翻 案 物 だ と は思 わ れ て こな か った のであ る



蝦夷 錦 ﹄ が 西洋 種 であ ると 、 か なり高 い確 率 で言 え る こと にな る
夢 の暁﹄ の出 現 によ って、 ﹃


夢 の暁 ﹄ の類 似 は誰 の目 にも 明 ら か であ ろう 。
蝦夷錦﹄ と ﹃



売 店 ・金 桜 堂 。発 行 者 ・中 川米 作 。編 輯 人 ・小 原正 太 郎 。作 者 ・菊 廼舎 東 離 画 は小 林 清 親

『蝦夷錦古郷家土産』と
『 欧州奇談夢 の暁』

引 か な か った が、微 妙 な と こ ろま で近 い。 ま た 、 お録 ・メ ル シ ー と も に、自 分 の救 った 女 性 、 お
桂 。ロズ ベリ ーか ら身 の上話 を さ れ た末 、 これを 縁 にと 、義 兄弟 の契 り を追 ら れ るが、 いず れも 過
去 を 恥 じ 入 り自 分 のこと を 語 り た が らず 、 そ の関 係 を な か な か承 諾 しな い点 。他 に蘇 生 。入 れ替 わ
り の点 、信 夫 ・ク レイ に対 し て、 お録 ・メ ルシ ー の惹 か れ たき つか け、等 々。病 院 にお いて偽 物 に
な ら んと す る心 理 描 写 は、 ﹃
夢 の暁﹄ のほう が細 か い。
 一方 、敵 対 関係 と し て女 同 士 が 再 び相 ま み
え る場 面 は、 ﹃
蝦 夷 錦 ﹄ のほう が 工夫 に富 み優 れ て、 か つ面白 い。永 井 啓 夫 は前 掲 書 のな か で ﹁

節 、 お録 が無 実 で いま し めら れ た お桂 を 見 て改 心 す るあ た り 、心 理描 写 の巧 みさ は、当 時 の小 説 の
技 法 より 一歩 進 んだ非 凡 の手 法 と称 す る こと が でき よう ﹂ と いう 評 価 を す で にし て いる が、翻 案 作
であ っても こ の評価 はあ てはま る。
次 に、 両者 の相 違 点 。 ﹃
夢 の暁﹄ のじ いや に対応 す る人 物 が ﹃
蝦夷 錦﹄ には見 あ た ら な い。 ﹃
夢の
暁﹄ の ﹁
第 九 回﹂ と ﹁
第 十 回﹂ は、本 物 が訪 ね て来 てす ぐ解 決 す る ﹃
蝦 夷 錦 ﹄ に較 べ、 や や筋 が こ
み入 って いる。 これ には 、 じ いや、 あ る いは そ れ に代 わ る存 在 の有 無 が関係 し よう 。 ま た終 局 に至
って、 ﹃
夢 の暁﹄ では 、思 わ ぬ遅 近 を複 雑 に入 り組 ま せ るが 、 ﹃
蝦 夷 錦 ﹄ には 、 そ んな趣向 はな い。
ま た 、仏 国領事 マンレイ に当 た るも のが ﹃
蝦 夷 錦 ﹄ には な い。 さら に、微 に入 れば 、身 柄 を 証 明 す
蝦 夷 錦 ﹄ では手 紙 以 外 に備 前 盛 景 のヒ首 と いう道 具 立 てま であ る。
る のに ﹃
さ て、 両 者 の最 も 似 て いな い部 分 は 、 ﹃蝦 夷 錦 ﹄ の冒 頭 、大 地 震 か ら お録 が看 護 婦 にな るま で の
場 面 であ ろう 。 これ に該 当 す るも のが、 ﹃
夢 の暁 ﹄ には な い。 梗 概 で引 いた よう に ﹃
夢 の暁﹄ は い

お こ よ源 三郎 ″を 思 わ せ る、 お録 喜
蝦 夷 錦 ﹄ には、 ど こか ″
 一方 、 ﹃
き な り 野 戦 病 院 か ら始 ま る。
三郎 の馴 れ初 め、 駆 け落 ち 、逃 避 行 と いう ロ マンチ ックな 展 開 が、 そ の前 に組 み込 ま れ て いる。 こ
の問 題 を 巡 っては後 で考 え を 述 べる。

山 生テ有人︶と 同 一人
﹃明 治 文 学 書 目﹄ に よ る と、 Fグの暁﹄ の ﹁
作 者 ﹂ 菊 廼舎 東 籠 は 、条 野 採 菊 ︵
物 であ るか のよう に記 さ れ て いる。 しか し、 こ の記 述 は誤 ま り 。条 野採 菊 は東 離 園 と いう 別 号 も持
って いる。 ゆえ に、 こ の酷 似 が誤 診 を 生 んだ のであ ろう 。 いず れ にせ よ、東 籠 と条 野採 菊 は別 人 で
ある︵
以下、条野採菊が円朝と の関係上多くでるが混同を避けられたし︶。
蜻 蛉 洲 本 草 史 廼 双 紙 L 明治 二〇年 ・一八八七刊Y
菊 廼 舎 東 籠 の他 の作 品 で管 見 に入 つたも の に ﹃
蜻蛉洲

五年 。一八九一一
刊︶があ る。 ﹃
年 。一八八九刊︶・﹃歌 俳 百 人 伝 L明治一一
竜 宮 開化 覗 機 関L 明治≡ 一

ま り 、東 籠 の本 名 は小 原 正太 郎 では な いだ ろう か 。


す ると菊 廼舎 東 籠 と 小 原 正太 郎 は同 一人物 で、前 者 は後 者 の ペ ンネ ー ム であ った と想 像 さ れ る つ

夢 の暁﹄ の編集 人 と し て出 てき た名 だ が、
小 原 正太 郎 ﹂ と は 、前 に記 し た よう に ﹃
見 つけ ら れ る。 ﹁

菊 廼東 籠 ︵
小 原 正 太 郎 こ と いう 表 記 が
って いな い。と こ ろ で、 ﹃
蜻 蛉 洲 本 草 史 廼 双 紙 ﹄ のな か に ﹁

校 訂 し たも の。東 籠 は西洋 科 学 の教養 を も備 え た人 物 のよう だ が、 それ以 上詳 し いこと は現在 分 か

歌 俳 百 人 伝 ﹄ は、 ﹃歌 誹 百 人 選L安永四年 ・一七七五︶を 補 ・
イ カな ど水 中 生 物 を 擬 人 化 し た物 語 。 ﹃

竜 宮 開 化 覗 機 関﹄ も 、 クジ ラ、 スズ キ、 タ コ、
本 草 史 廼 双 紙﹄ は虫 を 武 家 に擬 人 化 し た 騒 動 物 。 ﹃

『蝦夷錦古郷家土産』と
『 欧州奇談夢 の暁』



夢 の暁﹄ の序 文 は 、刊 行 の前 年 、 す な わ ち明 治 二 一年 2 八八八︶に東 離 自 身 の記 し たも のであ る
そ のな か に次 の 一節 があ る。
雅 友 ・弥 生 山 人饗 に香 港 滞 留 の日余 に 一書 を寄 贈 せ ら れ且 謂 ら く 這 は是 旅 泊 一睡 の夢 中 に成 た
る戯 墨 な り翁 も し之 を 閲 し て意 あ らば 取捨 校 正 し て上 梓 せ は如 何 な ら んと余 欣 然 と し て巻 を披
け ば英 国 一婦 人 の奇事 談 なり 惜 か な長 編 未 だ完 か らす依 て其 一隅 を採 り余 が愚考 を交 へ児 童 の
読 易 か ら ん こと を旨 と し拙 き筆 を 顧 視 す今 回其 局 を結 び暁 き覚 へぬ弥 生 の夢 只 一睡 のお伽 に代
ん こと を爾 り
英 国 一婦 人 の奇 事 談 ﹂ を 記 し た本 を 貰 い、 そ れ を も と に
弥 生 山 人﹂ か ら、 ﹁
要 す る に、香 港 で ﹁
弥 生 山 人﹂ と は誰 のこと な のか 、 これも 具体
して ﹃
夢 の暁 ﹄ を書 いた 、 と いう こと であ る。 こ の ﹁

伊東 弥市﹂ な る
的 な こと は わ から な い。 ただ 、 こ こ に引 用 し た東 籠 の自 序 のあ と に 香 港 滞 在 の ﹁

人物 の序 も 副 え ら れ 、 そ の中 で東 籠 に本 を 渡 し た等 の記 述 が見 え る。 し た が って 弥 生山 人 は伊 東
弥 市 の号 と 思 わ れ るが、 そ れ以 上 のこと は わ か ら な い。 では 、東 籠 が弥 生 山 人 か ら貰 った本 と は何
作   菊 廼舎 東 離 ﹂ と あ った の に対 し て、
夢 の暁﹄ のな か で ﹁
か 。捜 索 し、検 討 す べき は、 これだ 。 ﹃
明治 初

訳   菊 舎 東 籠 ﹂ と し て記 す 。ま た 、 柳 田泉 の ﹁
夢 の暁﹄ に つ いて ﹁
明 治 文 学 書 目﹄ では ﹃
原作
夢 の暁 ﹄ に つ いても ﹁
無 名 人﹄ に並 ん で、 ﹃
風薫 る里 昂 の花 園﹄ と ﹃
期 翻 訳 文 学 年 表 ﹂ には、 ﹃
ある いは翻案本︶であ ると いう 認 識 が示 さ れ
夢 の暁﹄ は翻 訳 本 ︵
不詳 ﹂ と あ る。す で に こ のよう に、 ﹃


て いる。 と いう こと は 、 そ れ が正 しけ れば 、 原本 が必 ず存 在 し な く ては な ら な い
夢 の暁 ﹄ の原 話 と 思 しき 外 国 小 説 ・記 述 類
け れど も 、筆 者 と し ては実 に漸 愧 に堪 え ぬ のだ が、 ﹃
余 が愚 考 を交 へ﹂ と あ るか ら 、 日本 的 な 脚色 の施 さ れ た
に未 だ 出 会 え な い。前 掲 の東 籠 の言 葉 に ﹁
、 西 洋 にも こ の種 の結

大 団 円 で の親 子 の奇 遇 は歌 舞 伎 の趣向 を 思 わ せ る が
箇 所 も あ る のであ ろう ︵

  一概 に こ の部 分 が 日本 的 脚 色 と も いえ な い︶。 そ れ でも 従 来 の日本 文 芸 には見
末 のあ る話 があ り 、
第 五回﹂ で の、 別 々 の場 所 に いる 二人 の人物 を 交 互 に細 か く描 写
例え ば ﹁
ら れ な いと 思 え る手 法 ︵
夢 の暁﹄ に漂 って いるも のと 思
す る場 面 な ど︶も あ って、 お そ ら く こ れ ら は原 話 に従 った色 調 が ﹃
、 これ が 原話 究
、筆 者 は管 見 の及 ぶ限 り捜 索 し た が 、前 述 の

わ れ る。 さ ら に、他 人 にな り す ま す 趣向 は原話 ど おり と判 断 し ても よ さ そう だ か ら

明 の手 掛 か り にな りう るかも し れな い。 いず れ にせ よ

。識 者 の御 教 示 を乞 う 。改 め て言 う ま でも



蝦 夷 錦 ﹄ を指 す と いう こと も あ りう る。 し か し 幾 つか の理由 か ら そ
つた本 と いう のが、実 は ﹃


序 文 と は いえ 、事 実 ではな いこと の書 か れ て いる可能 性 はあ る と す ると


英 国 一婦 人 の奇事 談 ﹂ と いう 言 葉 を 疑 う こと に つな が る
う な仮 説 も 成 り立 つ。 こ の見 解 は東 離 の ﹁
、東 籠 が弥 生 山 人 か ら貰

奪 胎 し たも の では な いか 、 と いう 仮 説 であ る。 ﹃蝦 夷 錦 ﹄ が ﹁やま と 新 聞 ﹂ に連 載 さ れ た のは 明治


0。 留グの暁﹄ 序 より 二年 先 立 つ。 した が って 成 立 年 だ け を 問 題 にす れば そ のよ
一九 年 ■ 八八工

、 夢 の暁 ﹄ は ﹃

蝦夷 錦﹄ を換 骨
な お、次 のよう な仮 説 も 一応 考 慮 し てお く べき だ ろう そ れ は ﹃

夢 の暁﹄ の原話 判 明 が、 そ のま ま 円 朝 研 究 の発 展 を促 す
な いこと だ が、 ﹃

柳 田泉 か ら進 歩 す る こと な く 、 原話 は不 明 のま ま であ る

『 蝦夷錦古郷家土産』と『 欧州奇談夢 の暁』

300

の可能 性 は少 な いと考 え た い。
夢 の暁 ﹄ を 成 し た と す れ
蝦 夷 錦 ﹄ を も と にし て ﹃
ま ず 、改 作 に伴 う 下調 べ の煩 雑 さ にお いて。 ﹃
ば 、 日本 人 が、 日本 を舞 台 にし た話 を 欧 州 の話 に置 き換 え た こと にな る。 す ると 、虚 構 だ か ら少 々
い い加 減 でも構 わ な いと は いえ 、 あ る程 度 は聞 き 慣 れ ぬ地名 や習 俗 を 調 べな け れば いけ な い。 明治
二十年 代 とも な れば 、 江 戸時 代 に比 べ、欧 米 諸 国 の情 報 や歴 史 な ど を知 るた め の文 献 も 豊 か にな っ
普仏戦争日誌﹄がある。が、そこにウ エゼンパ
仏戦争 に関しては 一八七三年 に、翻訳書 ﹃
て いた であ ろう 釜日
仏戦争史﹄ でも同じ︶。 だ が 、 そ んな手 間 暇 を か け て
ークに関する記述は見 つけられな い。 エングルス コ曰
刊 行 し たと し て、 ど れだ け の見 返 り があ る のか 。 さら に、 そ こま でし て、 す で に刊 行 さ れ て いる本
蝦 夷 錦 ﹄ の後 塵 を 拝 し た にし
夢 の暁 ﹄ が ﹃
と 、 こ こま で類 似 し た本 を 出 版 す るだ ろう か 。 ま た、 ﹃
夢 の暁﹄ を 出 版 し た側 の人 々は 、円朝 の ﹃蝦夷 錦 ﹄
ては、無 駄 が多 く 出 来 が悪 す ぎ る。要 す る に、 ﹃
の存 在 にあ る いは気 が ついて いた のかも し れ な いが、 そ の内 容 にま では精 通 し て いな か った と考 え
蝦夷 錦 ﹄ だ と は考 え 難 い。
るし か な い。 いず れ にせ よ、東 籠 が弥 生 山 人 か ら香 港 で貰 った本 が ﹃
蝦 夷 錦 ﹄ の最 も 似 て いな い部 分 だ が、 これ こそ円朝 の翻案
夢 の暁 ﹄ と ﹃
と こ ろ で、前 に書 いた ﹃
作 業 の痕 跡 な のでは な いだ ろう か。 ま ず 、喜 三郎 と お録 の話 は、 そ の後 の筋 と 噛 み合 って こな い。
さ ら に、 お録 を 捜 す と言 った親 方 や島 村 家 が等 閑 に付 さ れ たま ま で終 って いる。 さ ら によく考 え て
み ると 、喜 三郎 と お録 の知 り合 い方 、 お録 と お桂 の知 り合 い方 には、 共 通 点 があ る。 ま ず 、前 者 が
後 者 を救 う と いう点 、次 に、知 り合 つてか ら後 者 が前 者 に胸 襟 を 開 いて、身 の上 を 語 る よう迫 るが 、

夢 の暁 ﹄ の登 場 人 物 名
と も に前 者 が逃 げ 腰 にな る点 。 要 す る に、 趣向 が ダ ブ ッて いる。 こ こ で、 ﹃
を使 って思 い切 った推 測 を試 み ると 、 円朝 は、 メ ル シーと ロズ ベリ ー の遭 遇 場 面 を 、 い った んは喜
三郎 と お録 のそ れ に移 した のでは な いだ ろう か 。 そ し て、大 胆 な翻案 を す る心 づも り が、 何 ら か の

の筋 のま と ま り が、 そ れを物 語 って いるよう に思え てな ら な い。
夢 の暁﹄ の原話 と な った外 国産 の文 献 は存 在 し
蝦 夷 錦﹄、 そ し て ﹃
以 上 を整 理 す ると こう な る。 ﹃
組 のグループと当 軍 える︶が、翻 案 す る べく注 目
た 。 これを 、 明治 二〇年 2 八八七︶頃 、 二人 の人物 全一
籍︶があ って、
し た。 か た や円朝 、 か た や東 離 ︵
小原正太郎︶。 そ れ ぞ れ の側 に原話 を記 載 し た文 献 釜日
お互 いの存 在 な ど意 識 せず 、 そ れ ぞ れ翻案 にか か った。 そ し て、 円朝 は例 によ って、 ま ったく外 国

、こ

蝦 夷 錦 ﹄。 これ に遅 れ る こと 約 二年 、今 度
の話 と は思え ぬ出 来 映 え に脚色 し 、新 聞 連 載 。 これ が、 ﹃
夢 の暁 ﹄。
翻訳︶。 これ が 、 ﹃
は東 籠 が 、 お そ ら く か なり 原話 に近 い形 で翻案 ︵

蝦夷 錦 ﹄ 単 行 本 の序 を 書 いて いる。 そ の中 で、 こう 述 べ て いる。
条 野採 菊 が ﹃
わ が友 三遊 亭 円朝 氏 は、去 る年 位 山高 き か た が た に従 ひ、 胡砂 吹 く 蝦 夷 の呆 し見 巡 り しは


よな き饒 倖 と こそ いふ べけ れ 。玉 櫛笥 函館 の港 を は じ め、恵 比寿 画 く札 幌 、岩 松 の根 室 風寒
の北 見 はも のか は、 そ のほか海 に沿 ひ山 に昇 り 、見 も し聞 き も し せ し こと を 、藻 塩 草 掻き 集 め
て、例 の御 伽 噺 と し、 号 け て蝦 夷 錦古 郷 の家 土産 と す 。

303

事 情 で挫 折 。 再 び 、 原 話 に近 い形 にな ぞり始 め た の では な か ろう か 。 お録 が慈 善 病 院 に勤 め てか ら

『蝦夷錦古郷家土産』と『欧州奇談夢 の暁』

304

疑 う べき は前 掲 の東 籠 の序 より も 、 こち ら だ 。 これ こそ、作 家 と そ れを 援 護 す る者 の曰 く あ り げ
蝦 夷 錦 ﹄ は、条 野採 菊 が創 刊 し た ﹁やま と新 聞﹂ に
な 関 係 を暗 示 し て いると 、勘 繰 り た く な る。 ﹃
蝦夷 錦 ﹄ の本当 の取 材 先 を 知 って
連 載 さ れ たも のであ る。 こ の近 し さ から だ け でも 、条 野採 菊 は ﹃
前 後 は条 野採 菊 自 身 、 た く さ ん の
いた の では な いか 。 し かも 、 ち ょう ど こ の明 治 二〇年 ■ 八八七︶
美 人 の勲 功 L 同Y
第 一の住人﹄とも。 一八八七︶。﹃
折 枝 の梅 ヶ香 L ﹃
翻 案 物 を著 し て いる の であ る。 ﹃

迷 ひ の夢 L 一八八九︶な ど 。 ま さ に、 こ のよう に明
残 花 憾 の葉 桜 気 一八八八Y ﹃
月 雲 両 面 鏡 員 同︶・﹃
採菊 の翻案物 にも出典未詳 のも のがある︶。 そ し て、
治 二 一、 三 二年 頃 に採 菊 の翻案 物 は集 中 し て いる ︵
そ の ニ ュー ス ソー スは ほと んど 、採 菊 と親 交 の厚 か った福 地 桜 痴 だ と いわ れ て いる。 円朝 も 桜痴 か
ら材 を得 て人 情 噺 を創 作 し た こと は よく知 ら れ て いる。 こ の時 期 、 円朝 も採 菊 も 、 桜 痴 の情 報 と外

、 円 朝 に限 ら ず 、

蝦 夷 錦 ﹄ の原話 も 桜 痴 を
国 語 の能 力 を 最 も 重 宝 にし て いた時 期 だ った の では な いか 。 と す ると 、 ﹃
経 由 し たも のだ った のではあ るま いか 。

 一口 に翻 案 と い っても
西洋種︶の数 を 限 定 す る には ま だ 早 す ぎ る。
円朝 の翻 案 物 ︵
そ の方 法 は さまざ ま であ り 、常 に原話 に忠 実 に仕 立 て直 さ れ るわ け では な い。 原作 と翻 案 作 品 と で
、種 々様 々な

は、 そ の長 さ にお いて異 な る こと も多 く 、 ま た、 潤色 、膨 ら ま し、 江 戸文 芸 の流 用 、講 談 本 か ら の
趣向 の利用︶な ど 、翻 案 には多 彩 な様 態 が あ る。特 に舌 耕 文 芸 にお いては
ツカ ミ コミ ︵

先 行 文 芸 か ら 、種 々様 々な方 法 で貪 欲 に吸 収 し て いく 、 と いう ゴ ッタ ニの生 成 過 程 を 経 て成 立 す る

または中国種︶と思 い込 ん で いる円朝作 品
のがむ し ろ普 通 であ る。だ から、我 々がす っかり 日本種 ︵
蝦夷錦﹄ のよう に、意外 にも西洋種 のも のが息 を潜 め て いる可能性
のなか に、本稿 で取 り上げ た ﹃
はまだ残 って いるだ ろう 。また、九分九厘 日本種 のも のであ っても、あ る 一場面 にだけ、西洋 の小
応文
黄薔薇﹄ や ﹁
松 の操美 人 の生埋﹄ や ﹃
説 の趣向 を取 り入れ て いるかも しれな い。原話不明 の ﹃
蝦夷錦﹄。 これら の他 にも、まだまだ、原話究明 の努力 をす る べき作品、西洋文
一雅伝﹂、 そし て ﹃
芸 の趣向 を利 用 し て いる点を探す努力 をす る べき作品 が、あ るはず であ る。
翻案 は古 くから話を作 るうえ で、最も盛 んに行 なわれた創作技術 であ る。も っとも、 これは今 日
独創性﹂と いう概念をむ やみに尊重 し、
個性﹂ や ﹁
も成 され て いる のであ ろう が、何 はともあれ ﹁
ありがたがる近現代 の風潮 にあ っては、世間体冷 たく、も は や大きく店を構え難 い。と ころが、明

は西洋種 かと疑 ってかか ることも必要だ ろう 。

 一度
独創﹂ 云 々に言及す る前 に、
明治 の文芸 にお いて、真新 し い話 の趣向 に触 れた時 は、作家 の ﹁


う にし て いた節もあ る。明治 には現代以上 に、新 し物好きな創作者 が多 か ったとも思え る。だ から

風 に焼き直す こと に何 の躊躇 いも なく、む し ろ恰好 の題材を探すため に、耳を そばだ て目を皿 のよ

ととも に堰 を切 ったよう に入 ってく る、本邦 には馴染 み のな い新奇 な物語 に小躍りし、 それを 日本

を残す、あ る いは近代的な文学観 の東縛 を受 け ぬ者 たちと言 ってよ いだ ろう 。彼 らは、欧米 の文化

治時代 には外 国 の話 がたくさん日本 の話 に翻案 された。そう せしめた作家 の多 くは近世期 の雰囲気

『蝦夷錦古郷家土産』と『欧州奇談夢 の暁』

注 記
6 ﹁
幕末学 のみかた﹂ 一九九 八年 四月︶

1︶ 延広真治 ﹁
名 人円朝 を生 みだした幕末 の文化只 AERA ・MOOK3
あ る いは翻案物 かとも推 される﹂とあ る。私見を述 べれば、応文 一雅と いう名 からし て西洋人名 の
のなか に、 ﹁
モジリと思われる。そ の他、諸 々の趣向 を みても外国種と推断 でき る。
朝 日ジ ャーナ ル﹄ 一九 八八年
大江戸曼陀羅﹄ 一九九六、朝 日新聞社所収。初出、﹃
円朝 の江戸宍 ﹃

2︶ 延広真治 ﹁
深窓奇談員享和
八 一四日 ・二 一日合併号︶。向井信夫 の示唆 を受 け、信州を舞台 にす る怪談、十 返舎 一九 の ﹃

奸曲智 こ が原話と指摘す る。
尾形霊斃 二
二年 ・一八〇二序︶巻之五第 一話 ﹁
業平文治漂流奇談﹄ にも同じ ことが言え る。

3︶ 円朝作品 では、﹃

雑体和 歌集﹄ は菊 廼舎 稲見俊春 ・作 歌、とす る。発行 所 ・国友社 。編輯人 ・小 原金 茂。発行
4︶ 一九 〇 四刊 ﹃
飲酒只採 二
菊東離
人 ・小原大治郎。とも に住所を播磨 とす る。後考 を待 つ。なお、菊廼舎東籠 の号 は陶淵明 の ﹁
今泉康弘氏 教示︶。
下一
悠然見 二
南山 しに拠 ったも の︵

弟﹂ が
弥生山人 の何人かは、 つひに知 るべくもな い﹂としながら、そ の ﹁

5︶ 弥生山人 に ついては、森銑 三も ﹁
書 いたも のから、弥生山人 の弟 は山本笑月 ではな いかとす る 3談洲楼燕枝 の文才し。だとす ると、弥生山人は山
本笑月 の兄 であ る のは無論、長谷川如是閑ならび に大 野静方 の兄と いう こと にもな る。だが、山本笑月 は通説 に
よれば浅草花屋敷 の設立者 ・山本金蔵 の長男 のはず。
緑林門松竹﹄と、円朝 の単
栗 田口霧笛竹﹄ ﹃
怪談 乳房榎﹄ ﹃
 一八八八年 に ﹃

夢 の暁﹄ の発売店 の金桜堂 は、
6︶ ﹃
行本を出し て いる。

椿説蝦夷 なまり﹄ も設定 や趣向 を詳細 に見 ると、恐らく西洋作品 の翻案 ではな いかと思われ る。なお、円
7︶ ﹃
朝作品 に限らず、ま ったく翻案物とは思われ て いな いが、翻案物 かも しれな いと いう舌耕文芸 は意外 に多 いと想
像 される。

あ と がき
延広 真治
起 居不自由 な老師 の乗 る車椅子を、若人 が支え合 って地 下 三階 の寄席 にお連 れす る︱︱ 停年 を迎
える教員を送 る儀式 の形態 は数 限りなくあ ろう が、学生 たちから こ のよう にし て惜別 の情を表現 さ

れた例を聞 かな い。車上 の教授 は松 田修 さん。本年 二月六 日に永逝 されたが 終生 パーキ ンソン氏

梓 した いと望 んで いる。

志 ん朝 に魅 せられ て落語 の虜 とな った中込君 の、 のめり込 みぶり の凄ま じさは 毎年年 頭 に送 っ


に従来 の志 ん朝論 には飽き たらず、自 分 の聴き定 めた、もう 一人 の志 ん朝 を大切 にし いず れは上


池袋演芸場 の客席 に担ぎ込 んだ のも、矢来 町 の師匠を お聴 かせした い 一心 から であ った それだけ

明鳥﹂ 冒頭 の、 ﹁エエ﹂を聞 いただ け で
落 語好き と落語狂 の境 目 は定 か でな いが、先代桂文楽 ﹁


何年何月ど の会場 で の録音と、当 てる御仁 が いると いう 中込君 は熱烈 な志 ん朝宗 で 松 田さんを

に記 した ので繰り返 さな い。

、 明治文芸 と薔薇L右文書院︶の序文
れた経緯 に ついては、間も なく刊行 され る著者 の第 一論文集 ﹃


が本書 の著者 、中込重明君。御退職を半年 ほど後 に控え た松 田さんから 無類 の落語好きと紹介 さ


病 に苦 しまれた。宿痢 に侵 された松 田さんを介護 し 授業 が円滑 に行 なわれ るよう肝胆を砕 いた の

あとが き

2004年 6月 25日

第 1刷 発行

著 者

中込 重 明

発行者

山 口昭男

発行所

株式会社 岩 波 書 店
〒1018002東 京都千代田区一ツ橋 255
案内 0352104000

電 話

http:″ www

iwanamicojp/

印刷・三陽社 カバー・NPC 製本・牧製本
◎ Shigeaki Nakagomi 2004
1SBN4-00-002421-3

Printed in Japan

日本複写権 センター委託出版物)本 書 の無断複写は,著 作権
国〈
法上での例外 を除 き,禁 じられてい ます 本書 か らの複写は
日本複写権 センター (0334012382)の 許諾 を得て下 さい

,

一九九八年 三月

歌舞伎 研究と批評﹄歌舞伎学会、 二〇〇〇年 一二月
中村仲蔵出世噺 の成立﹂、﹃
中村仲蔵﹂  ﹁

落語 の種 あか し

第 四章

円朝 の世界﹄岩波書店、 二〇〇〇年九月
文学 増刊 ﹃
円朝 の種 明かし 、﹃

一代記   ﹁






法政
翻案物異説﹂、﹃


蝦夷錦古郷家土産﹄と ﹃瓢訓夢 の暁﹄︱︲
三遊亭円朝 ﹃
識訓夢 の暁﹄   ﹁










2号、
 一九九九年 三月
大学大学院紀要﹄ 4

編集協力 :今 泉康弘



*本書 の引用文は、適宜 現行字体 にし、内容 に支障 な いと判断されるふりがな等 は 省略 したも のもあ る
古今東 西 落 語家事 典員 平凡社︶
増補落 語事 典員 青蛙房︶に、落 語家 の生没年 は ﹃
*落語 の題名 に ついては、﹃
に拠 った。

中込 重 明 (な かごみ しげあき)09652000
近世・近代文学,博 士 (文 学).著 書 に,『 明治文芸
と薔薇 一 話芸 へ の通路』右文書 院,『 笑 い と創造
第 一 ∼三 集』(共 著)勉 誠 出版,『 松 田修著作 集』(解
題)右 文 書 院,『 落 語 の世 界 1落 語 の愉 しみ』(共
著)・『文学』増刊『円朝 の世界』(共 著)以 上 岩波書
店,『 落語 の鑑賞 201』 (共 著)新 書館,『 落語 で読 み
解 く「お江戸」 の事情』(監 修)青 春出版社 など

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful