正蓮寺だより36号

正月参りの方による 一文字書きぞめ ことばを発見

● ● ● ● ● ● ● ● ●
ほ 今 新 グ 法 護 募 お 誌

36
と 後 墓 リ 事 終 寺 集 て 上
け の 地 ー の 活 会 ら 法
平 発
成 行 の 予 お は フ 迎 な 総 食 お お 話
2 人 こ 定 し す ケ え ん 会 べ 寺 や ・
9 こ
年 正 写 え の ア 方 で と る の つ と


蓮 真 て さ の も 蓮 花 ク
の し ラ ば



住 館 住 と つ 相


渡 職 情 ど 談 効 ご ブ


元 ! 報 い 会 能 と

1
お気軽にご相談ください

へ こ で る を 人 父 の た イ 渡 と こ て
リ 迎 ん 説 い 者 失 的 は 「 こ の ト 邉 と 、 で ト お こ
ン え な い や の い の そ 人 と で ル 元 い 私 ト ラ ら ん
カ て 煩 て し な 、 争 れ 民 ば す が 了 う は ラ ン れ に
ー く 悩 く く す 結 い を の で 。 書 法 の リ ン プ ま ち
ン だ ま だ も べ 局 に あ 、 も 初 か 師 も ン プ 大 せ は
の さ み さ 大 き 種 時 え 人 書 め れ の 、 カ 氏 統 ん 。
言 る れ っ 志 こ 々 と て 民 い て た 言 正 ー の 領 で 住
葉 阿 な て あ と な 力 選 に て ノ ノ 葉 蓮 ン 是 が し 職
と 弥 自 い る で る を ば よ あ ー ー を 寺 を 非 誕 ょ で
、 陀 分 ま 者 な わ 空 ず る る ト ト 取 だ 一 を 生 う す
祖 仏 」 す 、 い ざ 費 、
「 、 と を の り よ 番 問 し か 。
父 」 を 。 浄 」 わ し 争 人 思 開 一 上 り 最 う ま 。 毎
の を 確 二 土 を い て っ 民 っ い ペ げ 前 初 わ し 日
想 確 信 種 真 選 を は て の た た ー た 号 に け た 寒
い 信 す の 宗 ん 他 な は た の と ジ の で 思 で 。 い
に す る う で だ 人 ら い め で き 目 で お い は 過 日
包 る こ ち は よ に な け の す は に す 送 出 あ 激 が
ま こ と 一 親 う も い な 政 。 、 、 が り し り な 続
れ と 。 つ 鸞 で 自 。 い 治 そ リ 、 し ま ま 発 い
て で も は 聖 す 分 い 。 」 れ ン 祖 た す せ 言 て
、 す う 「 人 。 に わ い と は カ 父 誌 。 ん で い
あ 。 一 お が も ん や い 驚 ー の 上 が 注 ま
た つ 浄 「 与 や し う き ン 「 法 、 目 す
た は 土 二 にし え 、 く 言 ま の 人 話 ア さ が
か 「 へ 種 ゅじ る 怒 も 葉 し 肖 の の メ れ 、
な そ 行 深 んし ご り 大 が た 像 こ 中 リ て お
冬 ん け 信ん と の 志 有 。 画 と に カ い 風
で な る 」 き た あ 名 て が ば 、 大 ま 邪
す 私 は と は め る で っ 描 」 私 統 し な
。 を ず い 、 に 者 す き か と の 領 た ど
お も う 思 自 は が り れ い 祖 と ね 召
浄 な 言 慮 制 、 、 高 て う 父 聞 。 さ
土 い 葉 あ 心 個 祖 僧 い タ 、 く こ れ

そ 君
こ が
か つ
ら ま

立 づ
イ ち い
関 興
ブ 上 た
ラ 心 味
ハ が こ
が は
ム る と
・ あ な
リ こ に
ン る と

カ の に

ン だ

2
正蓮寺だより36号

発 と 待 い い 作 伝 だ お 午 2
送 、 市 ち 。 た 業 っ さ こ 本 や 前 月

い 長 申 お で て る ど
た 泉

の し や

ま す く 方 も 堂 つ 1 1 手
し 町 上 つ の れ 、 に 発 0 0
ま 母 ひ

げ 、

。 で る と


貧 て 送 時 日 伝
す 子 ま 古 、 方
。 寡 り す 本


ご 、 に 困



作 よ




協 3 発 業




。 、
力 ご 力 0 送 共 ま を 半 募
添 一 を 分 作 感


ご え 緒 お 程 業 し す ま 集
へ 家 、 下 願 度 を て で
と 庭 お さ い の 手 く

前回発送はクリスマス 親子でおそなえありがとう イベント収益を寄付してくれたママ
3
お気軽にご相談ください

午前9時開始
11時半まで

差 時 ● キ 員 ● の な 麺 ● く ● け っ 想 だ す
植 申 し








































え 込





産 が



































:

す 後 ハ き に 用 ハ ハ 用 あ い も 募 く

(

お お 参 る ィ う ス

え 寺 誘
。 、



ま な 加 意 ス

ス ま 靴


ア り あ 多 と

集 ら


を に い

れ ン 花




希 し
ま 食


い 着 袋







で 檀

て の


...

望 用 蓮
し 直 合 物 コ



い で す べ


ん だ


施 。 和 す 家

い お


ご た 正 。 ( ま が ま で










































ハ 連 。 く












ハ 間




















絡 お ス お 」 定 料

を く 近





















































い 寺


























ハ 食

た い 役 数 す に や 方



ハ ハ

す 。

ぐ 参 ろ








の べ
)

。 ハ ス く 加
だ 。 員 名 は 、 の 植
き さ 。







の 正





葉 実
























ん 茶

し か



































ょ 、 な































を す
う は















。 子





あ し




も 一 ガ 会 方 い ス 加 向 な 連 ) く ま

4
正蓮寺だより36号

む 果 神 防 せ ハ 婦 れ ど め 用 め 病 ハ ハ す 用 秘 改 す ン ハ

る ス 女 、 な ス 。 、 解 善 。

B1
く も を ・ 人 て さ の ス 骨 消 そ の
期 安 改 作 の い 性 ビ れ ど 予 の 、 、 実
み 善 実 病 ま タ に 防 実 の 粗 、 精 の カ
待 定 用 に て 鬆 胃 神 栄 ル に
の に は の す ミ は

さ さ 有 が 自 予 。







改 古 実 症 腸 安 養

シ は
ウ 、
れ せ あ れ 予 病 定
防 効 る 律 防 し
や す が 善 く ( 防 予 、 果

ム リ




イ と と 神 ・ い

ネ 。 あ や か 蓮 効 防 む と 、 ウ

さ 経 ま 滋 ら く し
改 ま ラ


の 改 成 ラ た

養 生 の 果 、
な 疲 み て が ム
す イ て 分 と 多 や
善 。 ラ て 、 働 善 も


、 さ 強 薬 実 ど 労 の


婦 く 食
糖 が 回
を い 婦 き 豊 食 れ 壮 と ) 防 人 含 物
る 質 期 復
鎮 ほ
人 を 富 物 を 、 、



の 待 、 ・



ま 繊
れ 維
病 安 広 抗
め か の 定




は く 痢 婦 効 で 炎 善 予 て 、

る 、 き 、 防
効 精 予 さ ま な
じ 利 止 人 能 ま 症

便

い タ
ま ミ

で を い ハ 疲 す 予 便 動 繊 る で 乱 ハ 胃 に が き は ま 改 で ハ
き 動 る ス 。 防 秘 を 維 効 起 れ ス も 原 が 、 た 善 起 ス
の 労 の 腸 体 の
ま か た す の 活 も 果 こ に 効 因 あ 、 に こ
す め 実 回 る よ 実 の 果 内 ハ 効 る 実

に 復 る 解 発 含 も に 機 で る ス は
。 エ 、 の 消 化 ま 期 下 る を 起 た の 果 む
摂 は は 能 余 の 、
ネ に だ さ れ 待 痢 胃 発 こ め 実 が く 自
ル 取 糖 、 を る 分 み
質 も け せ て で や 腸 自 揮 、 に あ 律
ギ す 有 で お き 便 機 高 し む 細 な る や
る が る 律 含 神
ー 効 な り 秘 能 ま く 胞 水 と 体
源 こ 豊 働 ま 神 め 間 分
ま 経
と く き 、 す な の 経 す み れ さ 温
を と 富 腸 る の に を 低

に さ 腸 が 。 ど 異 の 。 る れ 乱
補 に れ の の ま を 予 溜 排 下
よ 含 あ 常 バ カ て れ
う て 病 ぜ た 改 が ラ 防 ま 出 リ い の
り ま る ん が
こ い 気 た 、 善 原 ン や る す ウ ま 予
と 、 れ ま を 動 食 改 水 原
体 め す 因 ス る ム す 防 因
が て 運 物 の 善 分 働 。 ・
、 に

す 正 が 排 分 節 ま ま を 折 す 担 定 カ ま ウ ハ 高 的 す ギ 糖 さ
。 常 あ 出 な や た す 引 し る っ 、 ル れ ム ス 血 で る ー 質 ら
に る し ナ 神 、 。 き や と て 筋 シ て な の 圧 す た へ 分 に
保 ほ て ト 経 カ 起 す 骨 い 肉 ウ い ど 実 。 め と 解 、
つ か 高 リ の リ ま に
こ く 密 す の ム ま の は
予 、 変 を ビ
効 、 血 ウ 伝 ウ し な 度 働 は す ミ 防 疲 換 タ

果 鉄 圧 ム 達 ム や っ の 。
カ き 血 。 ネ 、
カ 労 す け

が に を と に は す た 低 ル の 液 ラ ル 回 る ン
体 、
期 は
B1

予 水 も く り 下 シ サ 凝 ル シ 復 の 効
待 体 分 関 内 な 、 ポ 固 も ウ に を 率
さ の

を の 骨 を ウ ー や 豊 ム よ サ よ

す わ っ 粗 招 ム 体
れ 機 る 体 り
水 た き が ト 精 富 や り ポ く 内
ま 能 効 外 、 分 り 鬆 、 不 役 神 に カ 効 ー エ
を 余 調 し 症 骨 足 を 安 含 リ ネ で
果 へ 果 ト の

試しに作ってもらいました。ハス麺。 蓮の実を練りこんであります。

5
お気軽にご相談ください

相 総 ぜ
談 会 ・ ・ 平




終 正 成 ひ
容 活 蓮 29 お
なん 寺

員 22 役
















号 でも 護 年 集
相 寺 3
月月



91
日日




















11







: :

談 会 り
会 総 20
88 2 2 :
し 時時 相 9 8 2
支 居 催


願 全執






手 場











間 会 日


体行 続
い 業 業 護
会役部 ン は


場員会
ま タ 支

計 報 寺
会 調
;会 援 画 告





堂 す ー
よ セ













中 ・ さ
。 り タ 画 算 算 選 で 祝 い
ー 書 案 報 案 す
発 告
) 案

昨年の様子 みんなで真剣に ゲスト講師陣
く 招 ・ き が 冗 ・ そ 店 ・ も ・ 擬 ・ 良 ・ 【














う 、 お
。 仏 寺
壇 さ














加 前

あ 来 い け が で で 早 ○ 見 死 た 者
り た つ に 、 終 終 店 ん く ぬ の
×

れ 。 ア
が い や な 親 わ 活 が の や ク て 気 終 ン


と で る り 子 っ の あ 周 っ イ と は 活 ケ
う す ん ま で て 話 ( る り ( て ズ て な ( で ー
ご 。 で し 参 し 題 5 こ に 6 ほ は も い 5 は ト
( ( た 0 (












7 。











0 と 良
代 が 心
・ わ 的




















































一 か な
般 っ 葬
・ て 儀












































女 安 社
性 心 、
) で 石



















て を い 嫌 い き 材 。 模 て
) ) ) )
6
正蓮寺だより36号

ご お ● ● ● 法 前 ご
連 供 療 当 つ 名 さ 略 命














し ○








の ご 1

























仕 恩














望 の
















人 出 本 感











命 俗









の し 堂 謝















か ハ 忌 場 の で の
〇 ガ ま 合
経 が 時 数 ご れ




























業 者 お ご










す 様







さ さ 食 法
の の
事 事
宗 。 か 早 寺 浄








で ら








派 前






お に





お ご も を

正 い 月 を 知 過 ま 月 紹

















を 介 で 。
い は に い の し

055-948-1366







た こ


て し













ま ま





さ 。

ま て す す
後 す い す 安



。 。 。 心 ョ

に 。
法 今年法事の方
困お ※・・・ 事 一周忌 平成 28 年(2016)
っ墓 お供生遺 三回忌 平成 27 年(2015)
てや 布物花影 の 七回忌 平成 23 年(2011)

いお 施(一・ 持 十三回忌
十七回忌
平成 17 年(2005)
平成 13 年(2001)
る寺 ・亡対位 ち 二十五回忌 平成 05 年(1993)
方が 本き 牌 物 三十三回忌 昭和 60 年(1985)
も遠 堂人 ( 五十回忌 昭和 43 年(1968)
百回忌 大正 07 年(1918)
ごく 使や 法
相て 用遺 名
談法 料族 軸
く事 好 )
だが 物
さで な
いき ど
。ず )
7
お気軽にご相談ください

す か も も す 表 「 る り 間 た も が 母 ひ な
。 な 次 あ 、 。 ひ 現 な 。 つ だ に 「 そ 。 う 、 と 一 と い 今 新
ご 春 回 る そ で と が だ ま け 消 露 ん け 弟 折 茶 り 雀 回 年
縁 ん も し け
の か の て ら り れ え の な ま と り は で 」
の は 明
あ 日 グ も な 、
わ 命 い 」

れ 、 ど て 世 一 す の 合 1 す の 江 け
る 葛 ま ど 一 」 遺 よ
差 リ し に も し 茶 が い 7 。 う 戸 ま


皆 か い 茶 と

し ー れ 藤
っ は す う も
は 」 ま は が い 産 が 6 に 時 し
が フ ま を て 限 。 言 … と う 生 ず 争 悪 3
の ひ は こ 現 、 、 代 て
訪 ケ せ り 葉 … こ よ こ ま れ い か 年 子 お

れ ア ん と い が を 」 で 状 う の れ も も っ 、 ど を め
参 て と 世 幼 あ た 現 も 代 で


て の 。 に あ 二 、 を に
そ も た
加 い つ



る 度

ど 「
こ 認 、

の 露 ば く はり た 在 や 表 と
を る ど す し め 無 め の 小 す う
な そ う の の か し じ
お こ い
~ 時
の の 、


し 世 つ 世 情 の り て 15 長
さ る ご
と は り つ 世 め 野

で 春 に 申
こ 事 返 て は も で を の 亡 て 歳 な 俳 ざ
ち と は 表 娘 に 県 生 人 い
し し の は し は す も 何 、 は く 結
て ょ 間 、 訳

す こ 心 事 そ 何 す を な 婚 て 信 き の


う ~
ぜ 悲 と の も れ も 言 亡 り し 江 濃 物 林 す

り 。 は






て で う あ と

か 葉 露 く 、 た

戸 町 。
へ 一 松
喪 か
み く 移 っ も 。 し に の の 失
ま ん 、
3 蓮 。
誰 て り



に と 反 が 朝 の た く の 奉 農

慈 茶 下
の な
す な 月 寺 う い 対 儚 早 世 自 公 家 し の で
。 で 2 さ








う の く く

に 身 52 に の

み 俳 。 こ し
語 わ 間 事 な も 歳 出 長 深 句 と














こ に を



々 が

ん 37 の ま 男 い を ば み








仕 い



と 過



て の
葉 ら だ 歳 で
時 し と

俳 ご
句 紹


と か ー え



し の

で 去 る

く に


で し
子 た そ 。

て を 介 僧 〜

も れ





な ま つ







と た
ま さ こ
の ど 。 の
生 多 し 侶 悲 り
に い う し い も 24 後 ま く ま
春 す











想 ま で




た り 句
で の 歳 、 れ 読 す

臨 し ど
の の 気 な 後 20 ま み 。 床 み
花 そ








そ 持




。 味 露
の が

。 を

下 歳 し 、 一
今 茶
心 か こ





に い
か 時 れ ち

抱 の


す し
ず ら
追 の か た
う き ら 。
も と


ら ろ
で は お 。 が は


し 。
「 く よ く 俳
3 最 言 は
越 そ 、 誰 て も え じ
る ま
ん 誰 も て い 、

さ が う を 句 歳 よ ば

時 た し も る り に 妻 を 時 の 下 ま
く な に が の 、 く 、
間 季 強 こ な 日 亡
風 で わ こ 学 「 弓 る
に 節 だ も か い と と が が く に迎 び 生
に 愛 我
月 ご
で は さ に あ も を ら 昇 な え 始 母 さ と
き 感 っ は
め い る て の 示 よ 」
と れ っ 、 め れ き


れ ぐ 。 じ で て 三 を て て
ば ら も は

し く は ば
し た 亡 い 遊 塚 〜
り の い て わ あ
と 、 れ で る る い

「 っ ま 男 一 く る べ 市
思 ま る こ こ か そ と い 一 茶 し 俳 や
す ま っ
い た こ 。 と と す て の い ま 女 で 、 人 親
ま 温 と で で を 。 い 通 う し を す 継 の の

っ づ た を て す 話 で し が 聞 持
大 午 次 た つ 時 思 亡 有 初 も 。 を す て 二 で き ち 心 1

で 違 々 い く 難 め 有 泣 話 が 思 回 き す の の 2
切 後 回 す く は 出 な う て 難 い せ 、 い 目 る る 整 よ 月
な 2 の 。 な 主 し っ ご 参 か て る も を の よ こ 理 り 2










































































想 は り て っ 又 初 前 り 分
4 淑 の 出 ま の た い 。 次 が 回 す 自 ま な

い 3 で し し 。 渡 て に し 。 す る
時 方 山 た 感 回 戻 よ 分 参
そ 半 月 6







が 本 だ 邉
聡 じ も っ


り に 。



加 リ
の 2 多 き 来 少 反 者
ま 6
代 い




代 有
子 の
こ た



も し




で のー
本 し 子 す
ま 堂 日 し

た っ

子 意

4 の い














名 つフ
日 が 0 時 6




は 、 の 8 な 代 間 思 つ ぐ ッ 0 る ち 分 どケ
す 良 少 で 0 お は い 彼 4 ク こ を の
か し ま 代 話 と ま の 年 ス

と お 気 いア
8
正蓮寺だより36号



の 完
お 成
伝 読 一 す デ い す よ わ た
お 本 3 バ え 者 般 る ニ る さ 。 う じ は 新
越 堂 月 ラ 致 の 見 予 ン う て に わ す し
し に 1 の し 方 学 定 グ ち 、 ご と の い

は 間
ご に お 6 お ま に 会 で 墓 に 多 見 魅 さ 境
連 な 集 日 は す は を す が 発 く 学 力 と 内
絡 る ま ㈭ か 。 優 開 。 、 想 の の が 。 墓
く 方 り 午 優 先 催 春 3 し 方 方 浸 お 地

か 近
だ は く 後 先 的 し の 月 た と と 透 か と
さ だ 1 説 に 、 お 上 バ お お し げ し
い さ 時 明 魅 そ 彼 旬 ラ 話 会 、 さ て
。 い 半 会 力 の 岸 に の を い 毎 ま 開
。 ~ を 前 中 完 ガ し し 週 で 苑
お に 、 成 ー て ま の じ し

家 い 割 性 が と で さ く と と け






































ょ 家 お

お が り て は な う
進 ご れ
る 選 発 な え



香 も 、 多 と に よ ど 族
相 い 奠 め 迷 は

談 家 ぶ 明 方 す 近 が た 惑

で 、
変 く

先 葬

に 族 正 的 。 所 葬 わ 日
な く 蓮
が 一 ま り を し り に 友 っ


だ に
迷 寺


大 般


た 、
不 か ょ 儀
ま し 人

う 費
変 書 け ま 本

く さ 惑 本 言 的 か 快 せ
で 留 な 。 用 す 僧
い ん
だ 。

を 堂

え す な



で な

い を 。 。 侶 当
さ ま 葬

か 。 返 よ 全 む と
い 月 け で す 良 葬 人 っ い う 部 し 儀 話 に


二 た す 。



式 へ





に 自 ろ 社 題 お
く 。 は し


〇 恩 分 、 に に
な 番 味 た た せ た 参 も
日 返 で な
に い












も 持
列 よ り が
か の り
、 ま か


















。 ま























ば を 躇 り の 最
が な 後 え こ 、
開 、
相 お が と

香 悔 っ と お 葬 期 な
寺 て 香 儀
か 談

一 こ

典 す 香

す 典 費





が す




る 典 の を 用 し

一 る な 方 ?
す く あ の を で 辞 は い
番 の や 出 、 一 家
の 、 り し 、 出 退
で が 合 ま 書 す す 般 族
で す る て
ご 、 理 す し 留 出 る 葬 だ
。 7 い

9
お気軽にご相談ください

ゆお
く寺
年の



暮れにお参りされた方に差し上げたお墓のお掃除ブ
12/11 磨いた仏具にうつる笑顔 ラシ。これでご先祖様もスッキリ年越しでしたね!
みなさんのおかげで清らかに輝きました。笑顔は仏
具よりも光っています!ありがとうございました

大晦日、お寺と園を不思議な虹が橋掛けをしてくれ
ていました。何かいいことありそう!

12/11 正蓮寺巨大忘年会
色んな立場の方がごちゃまぜになって、お料理をた 1/1 元日法要 修正会(しゅしょうえ)
べたりおしゃべりを楽しんだり。不思議な出会いも 一年の計は元日にあり。一文字書初めは緊張感たっ
ありました。楽しかったですね!また今年も! ぷりでしたが、おかげでいい字がそろいましたね!

せおけく た 寺 ▼ み さ す さ 初 に ▼ か エ ▼ と き 間 ▼ ◆
ん檀る、 。 か 成 ま ん と ん め お 大 げ ン 先 か た に 怒 編
。家時上 ご ら 人 し も も だ て 参 勢 さ ザ 週 地 い 過 涛 集
さに司 先 お さ た ご 永 け 忘 り の ま に 妻 面 想 ぎ の 後
ん、や 祖 祝 れ 。 ち 代 で 年 に 方 で な と を い て 年 記
に左同 さ い た ゃ 供 な 会 な が 全 り 娘 歩 は 、 末 ◆
恥手僚 ま お ま 養 く を り 暮 快 、 が い 想 鳥 年
を あ
はにの ま 檀 ぜ の 、 開 ま れ し 順 て い の 始

かつ悔 い お 家 に 方 信 催 し や ま
て 番 い の よ が
かけや り 贈 さ な 、 徒 し た 年 し
ま で ま ま う あ
せまみ だ り ん っ 協 の 、 。 始 た
し イ す ま に っ
らしに け し に て 力 方 お 去 で 。
た ン 。 、 羽 と
れょ出 で ま 、 楽 業 や 檀 年 本 。 フ な ば い

ま か な し お し 者 は 家 は 堂 お ル ん た う

10
正蓮寺だより36号

2017 お寺の予定 ご縁ある方どうぞ
2月10日㈮10時~10時半 おやつクラブ発送会説明会
2月26日㈰ 9時~11時半 お寺の花しごと~ハスの花~
3月16日㈭14時~ バラの区画優先説明会(読者のみ)
3月18㈯~21日㈫13時~ バラの区画一般説明会
3月20日㈪祝 時間調整中 護寺会総会と終活相談会
〃 18時~ 真空管レコードコンサート
3月26日㈰午後2時~4時半 グリーフケアのつどい~春の間~
4月11日㈫11時~12時半 いちごいちえのおはなしランチ会
4月から毎月 11 日に「いちごいちえのおはなし会」 が始まります。色んな宗
派のいろんな地域から友人僧侶が大勢来ます。ぜひ私の仲間の話を聞いてみてくださいね。
終わった後においしいコーヒーを飲んだり、ご飯を食べて音楽を聴いたり、お寺でちょっと
だけ日々の忙しさから離れてみましょうか。

8 か 1 3 お ( 2 主 健 1 2 水 茶 書 1 2 正
ペ 4 月 指 5 1 催 9 月 曜 話 家 8 月 蓮
な 時 花 導 康 時 : 1
ー 2 0 9 : は 会 阪 書
し ~ 季 の 料 時 小 い 蓮 ~ 主 付 野 3 5 院
ジ み 6 先 0 の お 0 日
参 1 日 節 ・ 円 ~ 森 け 2 催 鑑
の 6 生 花 ・ ば 葉 0 や : 単 師 ~ 水
照 よ 日 の 代 ~ 2 大 す 2
時 お を 0 矢 な 茶 時 一 回 に 曜
り 半 曜 お ) 3 教 、 半 み 見 参 よ 0
㈰ 花 5 時 癒 :
ど 迎 室 加 る 主
こ 5 を 0 し 一 2 書 5
え 0 0 催
ろ 0 愛 の 回 5 道 :
0 で し 円 音 1 0
、 教 阪
円 ま 楽 5 0 室 野
す 0 円
。 0

① 春★ う い つ い こ に く 抱 と し っ で て 読 式 ▼ よ ち た 誕 ▼
の ぶ 。 か じ と 、 な っ や 、 て 保 き む を 先 う ま 。 生 1
だ 七ち い 父
答 い 草ょ 。 お 安 ょ に お っ こ わ い 育 ま う 本 日 に し 日 月

こ ち 念 う 気 浄 た し ら い ま 園 し ち 堂 、 思 た が 、 2
は に 心
入っ 亡
お ん ゃ こ

と 仏 し ぶ づ 土 こ て か す を た に で ち い 。 1 6
の っ ん が 。 か で と い な い 。 作 。 、 行 い 出 ま く 月 日
掲 ② てク て 安 き な

か と あ さ 生 を ま 笑 い り 先 静 い さ さ る 2 、
い 微 心 っ っ

か ぶ るイ 入 る れ き 心 す 顔 こ 、 代 か ま な れ で 9 先
、 のズ 園 笑 し 、 と ま て 代

は か て る る に 。 で 今 園 住 に し い 昨 、 日

し ん ほ 住


せ ど ら 時 存 刻 お 体 長 職 涙 た の す 日 1 は

ろ ま で 泣 と 頃 。 職
ー れ だ い で 在 む 葬 を 「 先 は が 。 ち の 5 命 (
ム り ? し い く す で そ 式 撫 け 生 お こ お の こ 日

て よ 年 父
ー た だ の 浄 で
ジ じ 、 。 あ の は で し を ぼ 経 お と が )
で よ こ
ょ さ い だ る 先 亡 、 よ や 土 れ を 葬 の 経 し の
。 」
11
お気軽にご相談ください

園長(住職)が園のこどもたちの様子を写真付きでご紹介いたします。Facebook、ブログも見てね♪

山梨からピザバス おそなえありがとう もちつきペッタンコ
テレビ番組にも出たMt。FUJI PIZZA さんが山 園に来たついでに、おうちにあまっていた 今年は例年より2倍3倍に消毒に気を付けて
梨から出張販売に来られました。販売できる場 お菓子をおそなえしてくれてありがとう! 行いました。お米はご近所から、あんこは饅頭屋
所をお探しでしたので名のりました。買うことがで おてらおやつクラブで発送し、どの子にも さんから、いちごもご近所からいただきました!
きた方、おいしかったですね! 喜んでもらうね!本当にありがとう! うーん!いっぱい伸びて美味しかったね!

ひがしほんがんじにて 春の七草給食 おゆうぎがんばった!
正蓮寺の本山は京都東本願寺。親鸞聖人の御命 御正月が明けて、ちょっと無理したおなかに 伊豆の国市長岡総合センターアクシス
日の法要である「ほうおんこう」に参詣すると、渡り やさしい、七草がゆの給食です。 かつらぎで、2 日間にわたっておゆうぎ会が
廊下に大きな大きなちびっこてづくりののさまが! せり、なずな、ごぎょ う、はこべら、ほとけの 行われました。泣いた子笑った子、けんか
黄色い手形の後光が差して、思わず娘も合掌 笑 ざ、すずな、すずしろ。やさいは、やさしい。 し始めた子も、大きくなりました!

~正蓮寺の使命~
一期一会を大切に、今日を照らして明日に繋ぎ、
お念仏の中で安心して、泣いたり、笑ったり、
人生に感謝できる居場所を、ともに守り続けます

12

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful