正蓮寺だより37号

し と 咲 ぞ 生 咲 ど
ょ 、 か 、 き 彼 い う 境
う ど あ 岸 て
せ て し 内
か こ き 花 く
か て い て の
。 ら く 、 れ こ あ
ほ く 悲 る
め 私 う ち
っ だ 願 の
と な た も こ
さ 花 か
す い ち お ち
っ ぞ 。 不
る て を 悲 思 彼 に
の い と し 岸 咲
、 議
は る 願 見 み ぴ く
う で
私 。 捨 と す っ 彼
だ と 仏 て 一 た 岸

け 思 様 な 緒 り 花
で う が い に に 。

1
お気軽にご相談ください

今 備 くと と
は 考 るこ き
浮 まろ

に 1 1 1 1 1 平
望 報 申 秋 寺 正 6 4 3 3 2 成
み 恩 込 ら 駐 蓮 時 時 時 時 時 2
無 講 い し 車 寺 半 半 1 半 9
し 5
に 懇 た い 場 本 年
参 ・ 志 だ 普 お 堂 分
・ 10
詣 2 く 段 よ じ 法 ~ 月

し 0 と 着 び ゃ 話 み 仏 開 受 29

ま 0 、 で 幼 ん 休 ん 教 会 付
を 日
し 0 お ど 稚 け お な 讃
痛 (
ょ 円 弁 う 園 ん て 憩 で 歌 あ
め 大 ら お い 日
う を 当 ぞ 保
発 会 お ~ つ さ )
。 拝 が 育 日
心 受 ひ 園 や と 程 つ
し い と 園 散 つ め 案
た た つ 庭 会 ク 内
し つ ラ
ま き ブ
す ま 僧
す 侶

の に 開 に し 阿 語 と 日








参 意





































詣 恩
人 、 3 9 講 宗
一 り と だ お の ほ め ん
055-948-1366

地 人 年 軒 を の
緒 、 な さ 勤 本 ど ら じ
区 数 、 の し 宗
に 現 っ い め 願 、 れ て
「 お な 祖








申 た















































込 っ
f 世 職 寺 聖
ん a 申 み る 左 、 え 存 つ 浄
が に が 院 人
x 込 ま お エ 大 を 在 ど 土
出 望 、 は 」
く に せ 寺 門 勢 味 意 い 真
055-946-0750


欠 み そ 、 の
だ 参 ん 、 ( の わ 義 ) 宗
を 無 れ 真 ご
さ 詣 か 現 釋 僧 う や 」 寺
し ぞ 宗 命
聞 い し 。 代 如 侶 二 、 で 院
」 れ 寺 日
を 法 度

き 。 ま が 命 す で
と の 院 (
に し 生 住 出 と 題 。 の
発 お で 1
伺 ょ き 職 仕 な を 最
心 寺 は 1
い う る ) ( い 確 重
「 の し に な 月
ま 。 読 機 か 要
私 想 正 お い 2
す 経 会 め 法
蓮 参 」 8
。 」 い ) 。 、 要
寺 り と

2
正蓮寺だより37号

交 た い ク 経 近 部 な 平
臨 真 真 法
済 宗 宗 話
宗 高 大 :































田 谷 宗
派 派 派

































薬 賢 放 超 す 活 8 ひ 体 寺 い べ 阪
師 隆 光 え 。 な 動 月 と さ た さ 北
左住 左高 右野 右蒲 講 ぜ と
山 山 山 た 団 2 り の ん お せ 区
か職 か山 か田 か池 師 林 久 長 若 こ 体 4 協 が 母 た で
ら らさ らさ らさ の 親
昌 遠 善 手 ( 日 力 協 さ か 起
2 3ん 4ん 3ん 活 家 っ
寺 寺 寺 僧 N 、 の 力 ん き
動 P 庭 た
侶 お 元 し の た
が O に 。 母
野 高 蒲 に や 送 、 て メ
田 山 池 よ 必 ) つ お い モ ご 子
要 登 る め 餓
芳 信 卓 る そ ま か

for Everyone
な 録 活 ん 死
樹 雄 巳 お な す ら
師 師 師 話 の 。 動 え 。 、 ね 事
か 5 お の 全 ・ 件
」 年 て お 国 ・ 「
を 目 ら 菓 8 ・ 最
仏 に お 子 0 ・ 後
教 入 を や を 0 ・ に
を っ 願 つ 、 軒 」 お

つ 5 約 月 い い ※ ・ ・

全 N ま 聞 在 以 浄 1 原
ク 万 2 古 1 い 。 う 「 国 H た 』

ま 上 土 9
版 人 必
ラ 円 0 本 1 た お お お に











西

0 制 気 ず
ブ 近 0 も 日 だ や 菓 て あ 都


く レ 、 京 た 山 年 作 じ 当
「 新
に く 0 集 に い つ 子 ら は な




現 聞







都 者 わ た
寄 が 冊 め 発 た ボ や お じ た ァ 日



『 兵 、 寺 市 り る
付 お が て 送 お ッ 食 や め ン 本 洛 庫 檀 派 生 西

僧 あ
さ て 集 い し そ ク 品 つ に が テ

味 で 信 十 ま

ク て で














。 光

れ ら ま ま て な ス が み 、

ど を 化 第 現 年 だ
ま お り す い え を あ ラ き 読

の 九 を 五 在


し や 、 。 ま も 設 れ ブ ま る 売


新 回 目 十 、 師 お

に せ テ

聞 開 的 七 法 略 て
た す の 置 ば こ レ

雑 催 に 世 然
歴 景
。 。 は い 、

送 ん と













ら 品
、 た っ か い
カ (
賞 し 日 て か ど












味 お も 。 ら 広


の た を 大 五 レ は
ま く 挿 わ 彫 僧 霊
ン ず
期 す 持 い 。 紹

絵 ら り 正 場
限 ち 介

を 、 続 。 第 ダ れ
。 い さ



け 四 三 な
順 く よ れ



、 十 番 ー
に だ 、



現 年 ・ し
」 が 新

毎 さ と

3
お気軽にご相談ください





す 心 す の さ 彼 の り
お 。 を る 施 ん 岸 世 彼 ま




お み
捨 人 し や 、 界 岸 す 彼





に て は を 有 年 を
が ら


。 多 親
、 美 さ 縁 末 ち 此し は
り と 来 い し






心 し れ の 年 ょ 岸が
静 い た 方 始 っ (
ん の




陽 な






か 」 後 が 。 と こ
に と 、 庫 季 離 っ






西







御 い 本 裏 節 れ ち
参 う 堂 に を て の
り 言 へ 付 味 お 岸
















す 葉 お け わ 寺 )
る が 線 届 う ま と







、 で
秋何
謙 あ 香 け 四 い は お
と だ の 慕 秋
虚 る を を 季 り 、 浄
だ そ 電 や 、
と う 源 な よ 手 さ 参 す 嫉 報 お


のて
姿 う 向 れ り る 妬 が
思 で を 恩 墓
は に け 、 で 春 や 最
い す 切 感 ま
と 、 ら お は 彼 愚 も
ま 。 る 謝 い






て 仏 れ 米 、 岸 痴
も 様 ま や 多 、 の
美 の す お く お 世







おる
数は少ないですが、境内の3色






し 前 。 布 の 盆 界
い で 「 施 お 、 。







さ 彼?
心 執 合

の彼岸花を同時に見られるかも な 檀 秋 そ れ
る ま 入 り
で 着 掌 ど 家 古

みに
宅 ー い と で ほ お の 児
へ ム た も 一 す と 参 イ が 楽 きてね!
送 、 だ さ 般 。 け り ラ ク 生
る 病 い ん 、 さ が ス レ 保
予 院 て 、 お ま て ト ヨ 育
定 、 い 親 ま を ら が ン 園
で 天 ま 子 い ご 、 本 と ・ 芸
す 災 す 連 り 覧 純 堂 水 寿 く術
。 な







く 真 に 彩 光
だ 無 展 で 幼 の れの
よ秋








さ 垢 示 描 稚
い な さ い 園 の ん彼








。 こ れ た の
も ど ま 正 年 入 さ 写岸
れ 仏 皆 信 ち も す 蓮 長 退 仏企








ろ た 。 寺 さ
ん ち お の く 場 ま 画

由 展
が 、 ど ん 入 が 線 阿 ら
な 老 に 、 場 描 香 弥 組
い 人 見 は 無 い で 陀 の
お ホ て す 料 た の 様 園

ろ レ 職 ち か で 昭
の コ 友

込 ? 、 た 和
は 特


普 洗 ー 人 み か ア ま じ

























レ め

ココ
レ 9





















不 て 月

ンー
越 る て ん

す い コ た
要 の 2
ー 職 に
し 時 音 の 。 レ ー り
デ お お 真 3



























サド 空


い 。 し

















ー 管 後




















ト 7

住 憩
4
正蓮寺だより37号

ご た か 悲 ら ョ ほ っ 甘 だ ま
ほ 次 友 9 グ

we will play for him.
Today we miss on his birthday.
今 く 今 り に 彼 あ し れ 何 ン し 本 て 皆 い そ き し 誰













































に 月 リ










































ま を

分 1 ー
心 加 聞
































。 さ

。 い

心 6 フ
な れ て











私 い

















じ た く


日 ケ
言 方 れ











話 葉

















き の る



を 、 だ




。 週




皆 言


。 も







。 か


を そ け


参 の
わ れ で
























う は ホ


加 つ
た 心 ッ








に た

悲 聞 悲 す 心
が 辛 と
い 者 ど
M

. ち 、 聞 し け し 。 い す と
半 っ ゃ 話 い 集 み て さ グ 温 そ ご い
S

た い か 思 る
ん を て は 安 、 リ い ん




聞 ほ












し を

で な


き 感


い た く た

な ま に ケ て
く じ

。 が 想
て く て ら し 気 ア 、 そ な
す く な 会 な た 持 と れ 自 ん い
。 れ く 社 い 。 ち い ま 分 な か
た て の 。 男 を う し は 時 と

H

こ 避 同 実 ひ 性 分 場 ま 間 探
. ま 。
M

と け 僚 感 バ か 所 だ を し
K

. わ

K
が ら な さ ー っ が ま い て
S

り .
す れ ん せ ジ て あ だ た い

T
ご 栄 所 ※ さ 別 ・ ・ ・ し ま す
紹 太 も ひ い に パ 合 個 一 て れ の 平
介 供 境 っ 。 相 ン 同 別 般 き た さ 成
し 養 内 そ 談 フ 墓 集 的 ま 、 と 2
て の に り さ レ ( 合 な し 安 」 7
い 方 設 と れ ッ 合 墓 墓 た 心 は 年
ま な け 、 た ト 祀 地 。 し 、 に
す ど ま ワ い や ) 区 て コ 開

。 、 し ン 方 資 「 「 画 お ン 苑

お た ち 個別集合墓 はすともの庵 は 料 す え は ま パ し
寺 。 ゃ お は と く す い ク た
と お ん 気 お ぼ と り ト 正

ご 檀 ネ 軽 寺 の も で な 蓮

縁 家 コ に に に の き が 寺

あ さ ち お あ わ 庵 る ら の

る ん ゃ 問 り 」 」 場 木 新
方 や ん い ま 所 々 し
の 信 の 合 す と や い
み 徒 た わ の し 花 墓
に さ め せ で て 々 地
限 ん の く 、 定 に 「
り 、 場 だ 個 着 囲 は
個別集合墓 えくぼのにわ

し で る た 「 「 あ お あ 「 ご 選 か 本 正
た で 気 本 」 座 園 る 寺 っ 大 利 ん 今 ら 堂 蓮 本
。 き が 堂 布 児 。 の て 変 用 で 年 選 で 寺
た し で 団 が

本 よ だ に お は ば の で 堂
本 て の だ 見 堂 か と な ら 9 れ ご は
堂 い お と 送 で っ 思 っ れ 割 て 法 、 で
を ま 葬
大 す 式
思 っ
っ て
、 た っ た
ち 。 て 方



方 本堂葬儀の様子





代 の
切 。 、
に お こ
た く
ら れ
ゃ 長 い の
ん 年 た 感
。 が








し 檀 れ
た 家 か
イ た
ス 。
と お け 想
送 世 ど







い さ ら で 涙 れ 話 、 の お 計
と ん 主 安 が た に 温 お 檀 し
思 の 流 心 出 実 な か 葬 家 た
い 浄 に し た 感 っ み 式 さ 広
ま 財 な 。 が た が を ん い
」 本堂でのお食事(法事)
5
お気軽にご相談ください

■ お ・ 置 見 ・ 区 ・ 生 企 た 様 な ■
最 や 運 い 学 イ 画 同 育 今 業 京 。 が ど 晴
終 「 新 つ 営 た 者 ベ が 時 し 年 様 都 お 大 天
了 お 来 情 ク 費 だ が ン 新 開 た は も か 寺 勢 に
後 寺 年 報 ラ を い あ ト た 催 も ハ 、 ら の の 恵
、 の 2 ■ ブ 抜 て り 後 に の の ス 蓮 蓮 旅 方 ま
来 蓮 花 月 、 い い 、 も 分 墓 を の ま 園 行 に れ
年 食 し 2 グ た ま 現 来 譲 地 多 花 つ 芸 の ご 、
で ラ ご 5 リ 余 す 在 場 さ 見 く を り 会 コ 来 家
す ン と 日 ー 剰 。 近 が れ 学 の 試 の 社 ー 場 族
が チ ~ フ は 隣 止 ま 会 方 験 盛 の ス い 連
、 新 ハ 日 サ 護 の ま し も に 的 況 杜 に た れ
ぜ 年 ス 曜 ポ 寺 宿 ら た 、 お に ぶ 若 入 だ 、
ひ 会 の 午 ー 会 泊 ず 。 通 求 バ り 園 れ き ご
ご 花 前 ト 、 施 、 常 め ケ に 芸 て ま 近
参 ~ 9 団 社 設 8 よ い ツ 驚 様 く し 所
加 ( 時 体 会 や 月 り た で か 、 だ た の
く 植 か へ 福 、 下 も だ も れ 金 さ 。 方
だ え ら 寄 祉 老 旬 倍 き 栽 ま 沢 り 県 、
さ 替 付 協 人 ま 以 ま 培 し の 、 西 ハ
い え さ 議 ホ で 上 し し た 蓮 に 部 ス
作 れ 会 ー ち の た た 。 グ ぎ の フ

業 ま 、 ム ら 来 。 と ッ わ 同 ァ
) し お に ほ 場 こ ズ い 宗 ン
た て も ら 。 ろ 販 ま 寺 の
。 ら 設 と 三 、 売 し 院 方

背よりも高いハスにうっとり 住職ハス講話 販売した蓮を車まで運ぶスタッフ

おてらおやつ劇場 募金感謝 バケツ蓮の梱包 蓮の珍品種の展示

は 菩 プ 蓮 亡 蓮 投
す 提 ラ ま 弟 持 句
の 寺 レ つ と ち あ
花 に ー り 蓮 て り
心 ル 剣 の 逝 ( が
炎 安 を 撮 き 蓮 と
天 ら 蓮 も : 影 し ま う
下 ぐ の ら 伊 正 妣 つ ご
に 蓮 線 っ 豆 蓮 こ り ざ
つ の 路 て の 寺 そ 期 い
花 を ち 国 聖 間 ま
り : 走 ゃ 市 観 に し
: ん : な る : ん 音 設 た

目 と 亜 お か と ば 松 置
黒 咲 紀 き な も ら 本 )
く 三 ひ だ 蓮
才 と 夢

6
正蓮寺だより37号






お 寺 の 予 定
9月
20日㈬~26日㈫ 秋のお彼岸四季参り お待ちしています
22日㈮~24日㈰ ののさまクレヨン写仏展・蓮写真展
23日㈯17~19時 レコードコンサート
10月
7日㈯ 楽生保育園秋祭り 14日寿光幼稚園秋祭り
11日㈬ 京都東本願寺参拝旅行申込締切
11日㈬ 10時半~いちごいちえの法話カフェ 名古屋愛知さん
22日㈰ 午前8時~ お寺の庭しごと(奉仕作業)
11月
4日㈯~5日㈰ 京都東本願寺参拝旅行
11日㈯ 10時半~いちごいちえの法話カフェ 東京平松さん
12月
11日㈪ 10時半~いちごいちえの法話カフェ 横浜久住さん

暮れの四季参り お待ちしています

平成30年
1月1日 元日法要 修正会
2月23日 お寺の花しごと~ハス植え替え~

7
お気軽にご相談ください

と 東 ▼ 切 ハ ▼ 役 よ 「 住 ▼ ◆
で 本 お に ス 7 立 う 若 職 4 編
す 願 寺 し の 月 つ に い の 月 集
。 寺 の て 花 の 。 聞 お 友 か 後

報 に 旅 生 を 蓮 け 寺 人 ら 記

恩 お 行 き 見 ま て さ 僧 「 ◆

講 連 会 て て つ う ん 侶 い

を れ が い 思 り れ の が ち

が で 久 き う は し 話 集 ご

ん き し た の 予 い を ま い

ば る ぶ い は 想 」
「 聞 っ ち

っ こ り と 、 以 終 い て え
泥 い
て と に 思 上 活 て い の
ま て
、 は 開 い の に み ま 法
み い
京 、 催 ま 大 ま た す 話
れ ま
都 住 さ し 反 つ い 。 カ
の す 「
を 職 れ た 響 わ 」
「 フ
蓮 。 そ
楽 と ま 。 と る セ ェ
根 私 の
し し す な ア カ 」
。 も ま
み て 。 人 り ド ン が
勉 ま
ま 大 ご 生 ま バ ド 始
強 の
し 変 縁 の し イ オ ま
に 私
ょ う の 根 た ス ピ り
な で
う れ 皆 っ 。 も ニ ま
り い
! し さ こ 咲 聞 オ し
ま た
い ん を い け ン た
す い
こ を 大 た て の 。
。 」

ほとけのこ

インターネットで 夏休み期間中、地区のラジオ体操に会場提供
をしています。毎朝6時半から、老若男女が集
正蓮寺の墓地やお葬式の手順などを まってわいわいと。ハスの花咲く境内で行うラジ
見られるようになりました オ体操は、きっとこの子たちが親になっても思い
出してきてくれることでしょう。
正蓮寺も載っています

一期一会を大切に
発 今日を照らして明日に繋ぎ

者 お念仏の中で泣いたり笑ったり
人生に感謝できる居場所を守り続けます
410-2221 伊豆の国市南江間 930 住職渡邉元浄
8

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful