You are on page 1of 4

り ら す に し ( ( に 際 幕 に 1 い のき 味 ノ う セ ホ

solfato di ferro

borace
金 れ お る 入 、 入 の 府 ニ 幕 て 金ん で の に ガ ホ ニ
を た そ 。 れ 煮 れ 金 が セ 末 語 銀 ぎん あ お す ネ ン セ

な ン
ら 立 の る カ モ に モ
メ も て ) て 貨 発 二 の のこ る る を ノ ノ 、
ッ の く も っ


硝 打 を 行 分
こ こ 小ば か ネ た 作 の だ お ノ
キ で 、 う ろ と 判ん を に ら っ 金 の
こ 硝 しょう 酸 ち 少 し 判 ばん 、 が め お て
し あ
の 一
酸 さん

カ 極 ごく し た 金 きん 勤 きん 早 はや が 明 似に に な カ ? が お
た っ を ホ せ は
も た 佐さ 度
液 えき 混 リ 印 いん 加 ち
丁 ょう を 王 のう 道 みち ン
ら よ ど


ネ い な 金
渡ど 火 え か の や い
の 。
そ ( ぜ ( を 銀 ぎん 作 派は で モ

う う う 作 い っ の

cianuro di potasio

acido nitrico
、 原 はら を 合 押 て っ の あ ノ と 作
色 の 加 合 あ た 佐さ の す し に り や ?
藩 はん わ す る し
が ほ の え せ 金 る が 渡ど 。 お る な
た す 方 、
こ お り
か 。 い カ た ら れ を
似 に
二 る た つ を は 、
そ 原 はら
ネ け よ ば 教
れ 金 方
て 分 と 粉 ふん ぎ 作 一 藩 はん め れ は な
も 、 に

に の と に い よ え ホ ん
い 、 判 ホ 末 まつ っ 分 作 ( ば の い
る 金 い こ た 現 し は よ ン て
銅 銀 ン れ を 。 銀 り て 、 よ だ の
は ) れ 宮 い ろ で う モ 自
な や モ て 加 と そ と 方 キ 時 。 ノ
銅 ニ ノ 硫 を い 崎 の う あ 分
ど セ 何 え 大 し は ラ 代 で そ の で
や の 、 酸 て っ 県 か る お
を の 二 度 き た 次 キ を あ 。 の 作

鉛 まり 金 も 長 銅 そ の 宮 ラ さ 。 極 ごく カ
そ 分 な 銀 る そ で れ
貨 洗 く ( の よ 崎 と か 。 は 意い ネ
の ( 判 貨 の ば
solfato rameico

火 合 市 の
piombo

ま と う 器 つわ を う 輝 の だ 、 は い
金 で 金 ) が 極 ニ 作
ま し 。 の 下 した な はと い ぼ セ と い
そ 煎い な を て っ 、 意 て り の
使 て 最 金 がね も 討う て ガ

を は っ 後 っ か 二 い こ も も 方 で
っ く て と の 幕 ばく た み れ ネ す
た 金 きん 最 に に 分 で 簡 簡 で
も り か し の 江 よ が 単 を す 。
箔 ぱく も の そ ら 入 判 あ 資 う 単 そ
の ) 、 っ 戸 ど だ 作 。 岩 いわ
で 精 せい 色 れ ザ と れ 金 そ た 金 。 う ら で れ
な 硫 時 。 あ 井い
ど 包 巧 こう に を ル て の れ 。 の 代 ま い ホ な じ
ん に 変 坩 るつ に 酸 硼 ほう 鋳 いが に ま だ う る 克 かつ
、 た に ン い 。 ゃ 人と
金 だ 作 化 堝ぼ 移 鉄 砂 しゃ 型た 実 ず め つ あ 意 モ よ ニ

一 丁 二 下 場 佐 勤
分 銀 分 金 を 幕 王
銀 (
銀 判 と 派 派
( 金 元 っ に
銀 貨 ( に た 対 幕
貨 ) 金 す 一 し 末
) 貨 る 派 、 に
) 金 。 朝 江
属 廷 戸
を 幕
擁 府 1
護 を
す 助
る け
立 る
と 金 出 自 い て カ ネ 文 を り か 管 よ い に い
営 とな 2 そ で 前 で て て 貨
い 相 し 分 手 い 実 ネ と 章 も 」 り も る て 使 こ の な の ホ も だ も を
つ 段 る 際 と 交 ん こ 意 こ が
で 手 の の に し が つ 手 てが お 信 わ で い ン し 同 偽 ぎぞ
返 へん 借 しゃっ で 額 がく 、 変 へん て て 書 換 で 味 も と モ 、
も へ そ 形た こ 用 れ い 、 か ど 様 造う
の 済 さい 金 きん あ の こ 貌 ぼう の え 相 あい か な と を て た 同 で の だ ノ た で
引 支 金 のあ 金 れ 」 を け の の す
の の る し ら 渡 わた と っ 厳 げんじ お い 天 てん じ ニ 金 な よ あ る
き 払 代 支 金 貨 預 ずか 貨 す 、 い て こ た セ で 確 い る
換 て れ そ わ い 重 ゅう 王の 江 ガ き 銀 う に
い わ 払 貨 や り い 銀 て べ な 金 寺 うじ 認 。 。 は
え に 銀 の れ た に う 戸 ネ る に こ に
り い 銀 手 てが く 貨 い く 。 貨 屋や し こ し あ
ら 代 貨 も 横 て 守 の 時 「 か て 見
と に 貨 形た と る 申 そ 、 や 偽 で て り
れ え し 代 を の は 短 たん に い ら が 銀 代 ぎ お え
る を を し 「 る こ れ 本 鴻 うの

に 金 る は 実 と
る て え 受 な 似 冊 ざく そ
右 で 貨 り け 、
こ 直 両 りょ 候 うろ も た 来 大 」 よ 際 あ
金 受 る け の て 形 がた の 、 お 池 いけ と ホ ば ニ ら
と 接 替 うが で う の 預 よき そ の 坂 は ン う セ に
貨 が け こ 取 も の 」 通 で よ 屋や 十 金 ゆ
と 渡 屋 えや あ と 金ん の 商 ( 「 モ 分 に ガ
銀 で 取 る 似 紙 り あ び を 江 似 ネ 貨 る
が さ に る い 者 しゃ 金 かな 売 そ 紹 ノ だ 細 さい
貨 き っ ず こ 持 。 つ き た る 戸 せ に と や 方
た で と か れ う に 蔵 ぐら で の 介 。 工く
の る 、 っ 金 し 。 の あ 他 時 」
ガ 似 ニ さ は 銀 法
「 。 人 き 代 が て な の か そ た し
代 そ も る で い こ 貨 安 っ の 代 ネ せ セ れ ホ 貨 が
わ 行 に れ い た よ よ ガ ン 知
わ の 、 。 き こ と 銀 し 全 お は な た が
今 そ り け の 受 は 性 。 カ う こ う ネ モ 偽 ぎぞ ら
り 意 る で 貨 、 て し の も ノ
味 度 し に ば 「 あ け か を ネ 。 の で と を 造う れ
」 。 だ 紙 と た か 両 の の
と で は て こ だ き る 取 れ も を 「 あ す 作 で 金 さ て
し の れ の と し 替 坂 る
、 そ 、 か れ 。 引 り え ら と 、 そ 」 る る あ 銀 れ い
て こ こ 預 ら で 実 申 屋 で 。 作 と る た
れ の か 」 き ば が に 同 の で る
、 の 、 も こ は し 発 、 時 時 と 表 業 は と か 。
あ 預 を 預 り 人 そ 換 表 は 、 は 銀
使 そ 、 そ
行 人 に の 記 で い な を
た り り 手 は の 、 ホ え 候 うら に 、 ホ う 貨
っ 「 し 々 、 相 そう 当 ) あ ン い こ
か 手 て 手 形 本 表 ホ ン を ふ
銀 ぎんじ の そ で ご の
ン モ 、 た 場ば 時 り モ も れ 偽 ぎぞ
も 形 自 形 を 当 に 保 こ 財 の に 両 りょ ノ く 以
モ ノ 拾 ゅう の 商 しょう 替 うが 、 の 造う
そ は 分 を 渡 の 書 ノ の 証 の 産 資 も ま の 当 が 上
れ 貸 支 手

匁 んめ が 取 とり 屋 えや 金 た に
そ の し か の お す 「 の 力 と さ ま 語
自 れ 借 し て 払 れ お カ る 形 な 預 あず 保 に 引 ひき を に 銀 り る つ
づ っ い

江 大 両
戸 坂 替
時 鴻 商
代 池
の 屋
預 本
り 邸




替 2



ン た の わ 際 わ っ
た 通 銀 て し っ 3 て ホ に か 貨 れ で 幕 ばく を 際 身
モ だ の 作 り の っ し 貨 次 て た 太 た
」 ン 代 も こ て は 末 まつ 用 の
て 両 の い
そ 銀 こ が
ノ が で 用 」 銀 は が に 用 古 こ モ っ 支 貨 い な の い 金 借
の 、 あ が 流 替 で に れ ノ て に た く こ 貨
お あ こ 行 じ 、 、 い 、 自 実 払 の ひ て 金
る そ そ 券 通 屋 め 表 本 ら そ お の 単 と 、 ろ 取 や
カ の 。 れ の 身 お 際 手 と い 預 の
、 の し た 示 来 れ の い 段 な つ の 引 銀 支
ネ ニ 太 に は 預 は て が カ の わ り 大
セ 代 。 さ は 本 で る の れ し 貨 払
が ガ 古 「 じ り さ 刻 こく じ 金 ホ ネ 支 逆 ぎゃく 手 坂
ホ 代 わ れ 来 払 あ 代 て た を い
ネ か り め 手 ら た 印 いん め 銀 ン の 説 せつ 形 に 手
ン わ の が モ 単 い る わ い お 方 用
作 ら っ と 、 形 に 価 でな た 用 よう ノ が る を い 段
モ て そ 、 次 、 な 手 か り け が
ノ り 現 し 値 内 いよ と 途と い の 段 の で 作 。 は る で
」 し 新 は き お る 用 る 日 よ
で た 在 そ て そ 容 うり に つ 「 と よ あ じ あ
あ ま 流 て し 、 、 で カ 代 し め 商 々 り
ち れ 現 い 本 の 量 ょう こ 使 し う っ る
る で 通 も わ も ネ わ に た て と 取 の も
を 自 在 時 来 を の て 引 商 か
の 支 本 し の 表 世 れ 装 そう に り 使 預 い し 、 の
は 身 で 代 は と 身 しん な 流 りゅう る た の 売 こ
配 物 ホ は で 示 に る 」 通 つう わ り よ
そ じ は 金 し 具ぐ っ が 。 さ 九 に の う
し の ン 小 は し お 代 て す れ 手 は 十 持
れ お め 貨 て や 、 、き ま と に
て モ 切 銀 実 た カ わ し 本 る 形 じ 九 っ ち
が カ ノ て 銀 り 祭 さい ま 窮 ゅう が め ざ て 用
ホ い 手 行 際 単 ネ 来 よ ま パ 運
た ネ に い 貨 に 礼 れい う 極 きょく 、 は は い
ン な る や 券 けん の な と の う な ー び
の と の い 交 こう 器き と ホ 現 本 セ る も ら
モ は っ 。 ク が 引 金 る に 的 てき 種
ノ い て す 、 金 う 易 えき 具ぐ い ン 実 来 ン か 保 れ
、 う レ き 銀 う な に 類 ト る
の し な 金 銀 も の に モ る そ の の に 管
こ も デ 貨 替か 内 換 逆 ノ 商 支 の が 便 こ
金 の ま わ ィ のか の た の れ も
銀 の 銀 え 容 が め え 説 の 取 払 手 、 利 と
逆 を う ち ッ 塊 たま お で 自 実 容 よう に
か 、 ト 貨 証 量 誕 の ら で あ 引 い 形 で
説 作 と り
カ 身 手 を 際 易い な
ら い ホ カ そ 書 と で 生 支 れ あ る に あ
と り は ネ が 段 通 に な る
で は う ン ー の に あ し 払 る る 。 お る
続 こ モ ド も す 独 どく た い も 。 に す 金 で し 金 預 。
き 逆 ノ っ い 。 い
け の が の ぎ 立 りつ た 。 手 の 「 な 貨 て あ て 貨 事 り や
て の 逆 の 金 代 銀 銀 手
い 、 て 「 、 に な に そ 段 で わ わ あ る 行 実 、
る ホ き 説 代 実 代 か 流 貨 し と あ ち 貨 た 金 わ 貨 、 形 実

3
1問 は い わ は 実 4 う の わ に あ し 者 獄 ごく し に ゆ よ モ か
題 な は れ 、 際 も こ ホ 作 り も っ て こ な 門 もん か た え っ ノ ら
筆 い ホ に ホ ち と ン 用 か て 預 れ の も い 、 て の で
、 モ 」 も に の 、 お
者 。 ン は ン 天 ろ ― を が か り で 刑 、 す ニ あ
モ モ ノ ホ 、 た セ ホ カ
は (
出 、 王 ん ― 受 わ 手 あ に 一 ひと る ガ ン る
な ノ ホ ノ 、 の ン こ い っ 度 たび ニ ネ

の の 寺 ― お け ら の 形 し た 処 セ ネ モ と
世 究 岩
ぜ ン だ そ モ ず せ ニ ノ を い
井 『
ヴ お モ お や れ カ 、 ノ 単 を て 。 モ と ホ う
紀 員
克 「 鴻 れ そ 、 ら セ の
の や ニ ェ
ニ カ ノ カ も ネ に な 発 天 てん ガ ノ は お ン 「
資 教 人
セ ス
ネ の ネ 池 が れ 「 い る れ で 、 ホ
本 員 の が に 自 代 や 行 王の ネ カ モ


1 モ 商 形 を 屋 ホ 似 「 し た し い ノ ン

9 ノ 人 の ホ 身 わ そ 紙 寺 うじ が か ネ
』 歴 4
」 作 而 作 ほ ン せ れ た 屋や 。 発 か に モ
任 7 と
の ン モ ホ っ き つ な に と し ノ


り 上 り ど モ る て と だ や ま 覚 ホ 同
広 ~
「 本
学 の ノ ン れ く て の
い )
理 ホ 論 方 だ ノ の の モ 」 は け こ
鴻 うの り し ン 一 形 けい
学 』 に お の お で そ 」 、 モ い

論 ン ( に す ノ 似 が で か て そ の る 而 じじ



つ 身 お お カ は の れ て 、 あ 池 いけ ノ
と 済 摩 あ き カ 自 屋や れ し れ に 価 は 上 ょう

学 ノ 書 い を ネ な お も ホ る ら ま

」 房 て の な ネ く 身 ン は は 似 値 ず 学 がく
に 者
を ま 逆 を カ 似 。 は え の
洗 。 )
「 陰 いん か 資 を 、 ネ ホ モ だ 、 決 て を 」

カ ホ
説 作 つ ノ た ホ ば 得 金 で
練 京 ン 鬱 うつ せ 力 作 ホ に ン か が し い あ
さ 大 タ モ は る ン モ の 、 だ ン 、 て て よ 銀

カ ノ に て も る 極 ごく な な お モ ニ っ

学 の
科 あ こ モ ノ か ホ セ 本 も う に た
論 名
ナ お ニ 厳 げんじ 意い っ い カ れ ノ あ 「
述 誉 金 学 セ り と ノ て に た ン の ガ 物 と 似 。
教 で の ガ え 重 ゅう が な の し な め ネ ら モ 形 ネ く し す

授 書 作 す な の お ノ に せ

。 り ネ な で ま っ に と の 而 作 な ま て 」 な
る ア い 方 る 金 かな で カ っ て 、 は 意い の た わ
。 メ た こ を い き あ た し お 上 り る で い
主 リ

一 作 。 蔵 ぐら る ネ あ 似 図と も た も ち
著 カ の 部 と そ る の ま の カ 学 た こ
は で よ る も わ に で て が ち と ホ の の か

の 改
れ 。 代 う ホ も ど ネ の で を れ
貨 各
し 変
り こ な け あ ン 哀 あわ は は ン
幣 地 ) と ゆ い わ と 似 ん の で モ あ 作 ら
の ょ ほ で る い モ 代 れ 、
論 大 う か え と は っ 。 ノ つ な ハ き ノ る る は

『 学 か 、 こ て う か わ な リ の 。 こ
二 か 、 な の こ な 、


に あ わ ろ し 逆 な と り 犠 ツ 金 そ と ホ
研 。 い 「 い
一 道 る れ に 。 ま 説 代 い で と 牲 ケ 。 銀 れ に ン