You are on page 1of 8

一九九一年九月三日第三種郵便物承認毎月︵一・二・三・四・五・六・七・八の日︶発行

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※職や玉ねぎをすり潰したで作った
綱︿サロン.あくの﹀吃月の出会い ※クリーム状のソース︶とコーン

※ ※チップス、マカロニグラタン︵玉

︾ランチは八ワイアンⅡ亜洲膳か川悼葬鯲鯰蜂

※ ※
※ ※大皿︶に盛り付け。ハワイの美味
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※しさを盛り合わせた限定スペシ

平成成朗
朗年年吃吃
月月22
日日 ︵︶
︵土 土︿
︶サ︿
ロサロ−
−ブブル
ルをを挟
挟んんで
で席席に
に着着き
きままし
しヤルプレートです。
KSKQ第三種郵便物承認くサロン.あくの>通巻8995号2018年2月25日

里璽


ン。。あ
あくくのの
﹀﹀吃吃
月月 の会
の出 出い
会はい
、は年、年たた
・・ああ
いいささ
つつとと
参参 加の
加者 者自
の己自紹
己紹ドリンクは、ランチメニュー
昼食
忘れ昼 食会
会﹁﹁ラ
ランンチ
チででハ
ハワワイイ
アア介。
介。そそ
ししてて、
、いいく
くつつか
かののラ
ランンチチメメとセットにして、黒ビールやジ
ンⅢ∼和やかに今年のあれこニュニ
ーュのー
中のか
中らか、
らお、店
おの店一
の一番番
人人ンジャーエール、コナコーヒー、
iggK"

VOLs7g

れ語
語りり合
合いいな
なががらら
、、アア
ロロハハ
ミミッッ気気
でであ
あるるラ
ランンチ
チメ ーで
メニュー であ
あるるオレンジジュースなど、各自の
クスプレートを楽しみません ﹁アロハミックスプレート﹂を参
か﹂と題して、近鉄百貨店アベノ 加者全員が選びました。
ハルカスⅢ階にある このサービスランチは、野菜
I、畷 日

釘ご罰甸望口同穴弓O題画Z︵サーフ の盛り合わせ︵ベピーリーフ︶、
サイドキッチン︶﹂において開 マグロとアポガドのアヒポキ

鱗;

,L
.さた弓
!rか.,5
B● e
くわ

催しました。 ︵マグロ、タマネキ、ワカメをタ
このお店は、アメリカ合衆国 レで混ぜたもの︶、鳴門金時のは

鋤I始、ぃ
,ふ、れあい
出会い のハワイ州でポピュラーな軽食 ちみつマリネ︵ビネガー︶、モチ
一∼、

スタイル。一枚の皿に多種類の コフライドチキン︵もち粉、片栗
料理を盛りつけたプレートラン 粉、ソース合え︶、ガーリックシ

チで提供するお店です。 ュリンプ︵海老料理︶、Ⅱ穀米、ワ

(1)
,

;蕊
,ロ託・マq4 aワ

■〆■.e,■■
、弓.

割L凸
店員の案内で店内に入り、テ カモレ︵アボガドを主にトマト
好みで選びました。お料理には、鮮やかな生例のエビもおいしかったです。加賀谷正 ○皆様とお会い出来八お話出来て、うれしか

(2)
花が添えられ、プレート一杯に前記のお料理 ったです。
と海老フライなどが盛り付けられていまし○今年も元気で参加することができた。 お食事も、とても美味しかったです。
た・お料理はボリュームがあり、それぞれ多体調に気をつけながら、来年も元気に参加 山戸大智
様な味付けを楽しみ、お腹一杯になりました。したいものだ。
参加者同志の歓談が進む中で、今年の思い︿サロン.あくの﹀もすえながく、続くこと ○一年ぶりにお会い出来て、とてもうれしか
出、本日の感想などを書いていただきましを願って! 高谷武 ったです。
た・恒例のお楽しみ抽選会は参加者が封筒を 美味しいお食事、楽しいお話し、ありがと
KSKQ第三種郵便物承認くサロン。あくの>通巻8995号2018年2月25日

引き、封筒に入っている番号のプレゼントと○一度は行ってみたいハワイです。今日は華 うございます。山戸三枝子
交換しました。 やかなハワイアンのお料理で楽しませてい
師走に入り、慌ただしい日々の中、多くのただきました。皆さまと和やかな時間を過ご ○あっという間の一年でした。
参加者が集まり、あくのハルカスⅢ階においせましたこと、ありがたく感謝申し上げます。 今年の思い出は、京都や岡山に旅行に行った
て﹁ハワイアンミックスプレート﹂の美味しとみたけいこ ことです。今日はハワイアンの美味しいプレ
いお料理をいただき、身も心も温まった︿サ ートをいただきました。とても良かったです。
ロン.あくの﹀胆月の出会いでした。○今日は、ハワイアンレストランの美味し昼 晴れた天気で、多くの方が参加していただ
︵参加者9名山村貴司︶食を頂き、とてもほっこりとした気分になり き、ありがとうございました。山村貴司
ました。
.:今年の思い出、今日のご感想など:.今年は、月の台風の凄さ︵雨が1週間近く
○今年は息子が高校に進学し、娘は仕事に精降り続き、避難勧告が私の住む地域にも出た
を出し、まあ良かつた年になりました・駅の事等︶に災害の恐怖を改めて感じました・そ
方も損失はなく、申告しないといけないくらして、去年4度も台風に襲われた北海道の
いの利益となりました。 人々の苦労を思うと無関心ではいられない
今日はハワイ料理で、きれいに飾った料理と痛感しました。 平岡太
に手をつけるのがもったいくらいでした・好
11

| ’


lIIjll0dIⅡ11■lⅡ




I

に認めようとしない、この地域社会を変え 皆さんは新しい年に何を思い、行動します
ていくために、私達は何をしていけばよい
冒封子のこんな,零

か烈
のでしょう?どんな声を上げ行動していけ
岸田美智子

ばいいのでしょうか”そんな事を考えさせ
られた一年だったと思います。
この事件が起こった入所施設﹁津久井や
まゆり園﹂は、やはり駅や街から離れた場
所に建てられていて、その存在は地域の人々
KSKQ第三種郵便物承認くサロン。あくの>通巻8995号2018年2月25日

の暮らしや意識からは切り離され忘れられ
今年も障害者が地域で元気に生き抜こう!
ていたと思います。そして、障害者運動を
昨年は、北朝鮮問題でミサイルが日本の 進めてきた私達の意識からも、入所施設に
上空を飛んだり、緊急速報のJアラートが 未だに暮らしている何万人?の障害者の存
何度も発令され、障害者の私達もとても不 在を何処かにおいてきたような気がします。
安な年でした。この不安な社会状況は今年 そんな事を反省しながら、今年一年もまた、
も続くかも知れないと危機感を感じている 改めて入所施設で暮らさざるえない仲間の
人は障害者だけでは勿論無いはずです。も 障害者のことをいつも想いながら、地域で
し戦争になれば、いの一番に障害者はやは の日々の暮らしや、色々な活動をやってい
り厄介者、役立たずとして施設送りや抹殺 きたいと思っています。そして、優生思想
された歴史がよみがえりそうです。 そのものだった優生保護法の下で、強制的
そして、2年前に起こった相模原市の入 に本人の同意なく、子宮を取られてしまっ
所施設での重度障害者殺傷事件で、明らか た宮城県の女性障害者︵帥代︶が、国に謝
になった障害者差別や優生思想もこの社会 罪と賠償を求めた提訴が1月に行われます。
には、未だに根強く残っています。 全国で初めてだそうです。是非、勝利して

(3)
そんな不安な社会、障害者の存在を平等 欲しいものです。
っていく。長い経験から、人をいくつかのタイプ

薑乏彗私唇雇鬘モ羨

に分け、型にはまったような筋書きを他人の
とが

(4)
人生に貼り付けて、それで人を理解し、その力
人は人を になることができると思い込んでしまうので


ある。

解理
できる 逆に言えば、人の理解から始まる仕事であ

と相約う
るにもかかわらず、人には人が永遠に理解でき
ないのだと知れば、私たちは深い魅惑に満ちた
KSKQ第三種郵便物承認くサロン・あぺの>通巻8995号2018年2月25日

謎に向かいあうことになる・どの人との出会い
人間には人間のことが理解できないという か、そういったテクニックが人間の理解につな も新鮮であり、また長いつきあいの人からも新
説がある。なぜなら人間であるからである。 がると私は学校で学んできたし、また教えても しい驚きを覚烹ることだろう。
わけがわからないような話だが、例え話として いる。 そしてもっとも深い謎が自分自身のなかに
﹁自分の足を持ち上げても、自分の身体は持ち しかし、本当はそんなものは人間の理解と あることに気づいたとき、私たちは学び続ける
上げられない﹂ということだと説明されること はほど遠いものなのである。遠くにそびえる山 ことの大切さと、他者を安易に裁くことの危
もある。 に向かって手を伸ばし、山をつかもうとしても うさを知るのである。︵知︶
自分の身体を持ち上げるためには、たとえ 無理なように、人間は、いつも人間のはるかか
ば、そこにクレーンのようなもの、すなわち、そ なたにある。私たちが理解したと思った瞬間、
れは自分の身体の外にあり、しかも自分より 人は一歩も二歩も離れたところにいる。私たち
も大きなものが必要である。 が見えたと思うのは、屋気楼のようになびいて
だから人間を理解しようとすれば、人間以 いる影にすぎない。
外のもの︵たとえば神のようなもの︶になり、人 人の理解から始まる仕事は多い。社会福祉
間の理解を超えた世界,理解も可能である大 の仕事も、また人の理解から始まる。しかし、
挙皇弓釜
きな存在にならなければならない。 その仕事は、同時に人には人を理解するのは
しかしそんなことはとても不可能であるか 不可能なのだという諦念が必要なのだろう。
ら、古代から人は神からの啓示を受け取ろう その諦念なくしては人間でありながら、同じ
として、あるときは予言者を信じ、その言葉を 人間が理解できるという傲慢な態度につなが
I︲I l

I

IL
0I
I I
IIl
lll

KSKQ第三種郵便物承認くサロン。あくの>通巻8995号2018年2月25日

我慢・我慢。
次に、腰を伸ばす器具に座り引っ張ってもら
う。心配なのは足が短いのにこれ以上腰を引
っ張ると、どない成るのか不安でした。
次の治療のウォーターベットはモコモコとベッ
トから水の力で全身を揺さぶってくれる。しばら
くは気持ちが良いのでポーットしていたら腰よ
昨年は、気候の変化についていけ筑体調を りもお尻の周りが異常。
壊して様々な行事を休ませていただいた。 電気治療ではオナラが出そうになったが、今
ぽんぽんは体が弱い。のどの痛みで咳が止まら 回はドレミのみが出そうになった。我慢・我慢、
ず肺炎かなと思い病院へ行く。診察の結果体 でなんとが治療が終わり会計に行くと初診料
温を冷やさずに暖かい服装で安静にしていれ と治療で2千円でお釣りが戻ってきた。
ば良くなるとのことでしたが、家でじ−つと、して 70歳になると医療費が2割負担と聞き、力
いる方が体に悪いのではないのかな−。 士の白鵬関ではないが、思わずバンザイがした
特に行くところもないので、しばらくは家でゴロ くなったが我慢の一日でした。医師よりしばらく
ゴロして過ごしたが、腰が痛くなってきた。椅子 は通院治療してくださいとのことでした。行き場
に座ったり、近くのスーパーヘ買い物(お酒)に 所が見つかりボンボンに笑顔が戻りました。
行くのにはそれほど痛くは無いが横になると激 あくる日から病院へリハビリ治療に行く、電
しく痛む。 気治療・腰を伸ばす器具・ウォーターベット、
我慢できないので病院へ行くと、レントゲ撮 あ−. . ..
影。点滴・電気治療・腰を伸ばす器具・ウ 最高、診察費請求書は220円、バンザイと
ォーターベットと順番に治療していただいた。 叫びたくなるのを控えて、 「ありがとうございま
驚いたのがレントゲン撮影では即座にパソコン した」。

画面にて説明があった。腰のこの部分が少し │’

曲がっているのが傷みのせいですね、と言われ
た。思い当たるのが重いバックを肩にかけてブ
ラブラしているのが原因かもしれない。(中身は
必要な物はあまり入ってはいない)
点滴は20分程で終わり、電気治療は腰の
部分に低周波を当てていただく。強度を確認し
ながら看護師さんにこのくらいがいいです、何
とも言えない気持ちが良いが腰の周りがピリピ
リ・ドンドンbあ−気持ちがええ−、と叫びたく
なる。しばらくすると、おならが出そうになった

(5)
もなりふり構わず仕事をしないと生活ができ ずっと心の中の暗い部屋に閉じ込めていた
ない状況でもないので、比較的時間的にも経済 ﹁あやか﹂と言う女の子を何とかしたいと言う

(6)
し一つ八#斡 的にも余裕があるこの時期にじっくりと腰を 事もあり、どこかのタイミングで別居をしよう
据えながら行動するのが肝心と考えていま玄 と考えていました。
みあやか
先日の薬局チェーン店の本部事務所で面接 実家からも距離を置いて、会社への通勤も
に行った時の印象は、昔、大阪で薬局を営んで 十分可能な、小さなワンルームマンション。その
﹁乙女の部屋﹄の夢 いた頃の実家とそっくりで、懐かしいけどイヤ 部屋に入るとメイクが出来る鏡台やかわいら
新年あけましておめでとうございま式哩本年 な思い出が蘇ったのです。実家全体が﹁倉庫兼 しいぬいぐるみ、クローゼットを開けたら女の
KSKQ第三種郵便物承認くサロン。あくの>通巻8995号2018年2月25日

もよろしくお願いしま丈 住居﹂と言う状態で、山積みされた栄養ドリン 子向けの服がいっぱいハンガーに掛かっていて、


昨年は、心身の健康、特に人工股関節に換え クやトイレットペーパー等、商品の大きな段ボ 自分の好きなファッションで、テレビや音楽を
た左脚の状態が思わしくなく、会社を自己都 ール箱に囲まれて生活しておりました。 聞いたりしながらゆっくりとティータイムを楽
合退職したり、病院へ入院したりした1年でし 当然の事ながら子供部屋も倉庫を兼ねてい しむひと時を過ご式
たが、逆に考えると今までのようにフルタイム た感じで、親から﹁机の上を整理しなさい!﹂と 大きな荷物も置かれる事も無ければだれに
で会社で働く生活から、仕事はパートタイムか、 言われて、少しスッキリしたか?と思えば、父 も邪魔される事のない部屋。
フリーのITエンジニアとしての仕事として、 が大きな栄養ドリンクの入った段ボール箱を ありのままの自分で過ごせる﹁乙女の部屋﹂
収入よりも健康第一で収入よりも社会との繋 机の横に積み上げて行くと言う感じで、これ の夢でした。
がりを大切にして行く人生の歩み方へと変え では、いくら片付けても変わらないやん!と思 あれから側年近くの時が流れた今、﹁乙女の
て行く時期に来ていると感じておりま式 ってしまい、片付ける事自体も止めてしまいま 部屋﹂は、小さなワンルームどころか、ファミリ
今年の初めにパートタイムの面接を受けま した。やがて社会人になってからも、この状況 ー向けでも使える2LDK納戸付きのマンシ
した・進学塾の一般事務職と薬局チェーン店の は変わらないまま・親は、自分たちの跡を継い ョンとなり、あやかとして会社へ仕事に行った
本部事務所でのインターネット管理者として、 で薬剤師の道を歩んで欲しいと言う願いも、そ り、友だちと遊びに行ったり、﹁サロンあくの﹂や
いずれも週3日程度の勤務を希望としました。 んな生活はまつぴら御免で会社員としての人 LGBT関係の団体のお手伝いに行ったりし
私も会社の方も﹁何だかなぁ﹂と言う感触でし 生を歩みだしましたが、自分の部屋は相変わ て、ありのままの自分で日常生活を過ごしてい
たので、あまりご縁はなさそうですし、私自身 らずのままでした。 ま式
111 ’’’’’1IIjll■Ⅱl■011ⅡIIIlIlI1llIIlIIjIIIIIIll1Jl←IF 11 111



11
1
面接に行った進学塾では受験戦争真っただ ○お詫び ただいている皆様、サロン活動を支えてくださ
中の頃、薬局では、そんな﹁乙女の部屋﹂を渇望 っている皆様、多くの方々にご迷惑をおかけし
していた頃、それぞれの辛い思い出をより現実 皆様には良き新年をお迎えになられました ましたこと、お詫び申し上げま支
的な形で見た思いでした。 でしょうか。 拙い事務局ではありますが、サロン活動は続
今回はいずれの職場も縁がないと思いますが、 一ヶ月遅れのご挨拶になりましたが、本年も けて行きたいと思いおりますので、今後ともよ
却って良い人生の﹁復習﹂が出来て良かったと よろしくお願い申し上げま丈 ろしくお願い申し上げます.
感じま玄 平素は︿サロン.あくの﹀の活動にご理解とご 冨田慶子
今年の抱負は、これからも﹁健康で自分らし 協力を賜りまして、ありがとうござま支
KSKQ第三種郵便物承認くサロン。あくの>通巻8995号2018年2月25日

く過ごす事ができる新しいライフスタイルを この度は、﹁サロン.あくの﹂紙379号の発
︽︵
確立する﹂事です。今回の面接を通して改めて 行が遅れましたこと、誠に申し訳ございません
決意しました。︵つづく︶ でした。ご寄稿くださいました皆様、ご愛読い

○場所:育徳コミュニティーセンター2階,研

伏阪市阿倍野区阪南町5-15-28]

(冨田慶子)06-6691-1028
・保育士を経て、主婦業・ベビーマッサージ、
<サロン.あくの>2月の出会い

ボランティア活動(バルーンアート)、他

(スロープ、車イストイレ有)
○日時:平成30年2月17日(土)

(資格=保育士、ベビーマッサージ、
親子ヨガ、ファアミリーサポート、)
○お客様:服部安恵さん、
○内容: 「私のいま」
午後1時∼4時

修室

○参加費:なし

○お問合せ先:
=八、
、、〆
人Y

(7)
KSKQ第三種郵便物承認くサロン。あくの>通巻8967号2018年1月22日


会費:200円(材料費)
’ 問合せ先:鶴見区ボランティアビューロー
2月はどこのサロンの、 mO6-6913−7070

どのテーマが
お気に入りですか。
1 1 I

SALOON いい出会いしませんか。
繍蕊鶴瀧
’ ■サロン「アイ」2月の出会い
日時:2月10日(土)午後1時30分∼4時
内容: 「ピアサポーターって楽しい1 1」
講師:森実恵氏(ビアカウンセラー、講演の

達人)
参加費:なし

場所:生野区在宅サービスセンター2階多目的
ホール
[大阪市生野区勝山北3−13−20]
一九九一年九月三日第三種郵便物承認毎月︵一・二・三・四・五・六・七・八の日︶発行

問合せ先:生野区社協ボランティア・市民活動セ
ンター
hO6-6712-3101西浦、
hO6-6757-8574

■「てくてくすみよし」2月の出会い
日時:2月10日(ia) 12:30∼15:30
’ 内容:“てくてくお年玉企画、2018新年会”
場所:旨唐揚げと居酒メシ(ミライザカ)梅田店
大阪市北区曽根崎2−15−20
スイングうめだピル5階
TmO6-6314-8775
I 集合:地下鉄御堂筋線梅田駅

Jエレベーター上がり改札前

参加費:2, 500円(飲み放題)
お申込み:山本篤江、携帯090-5168-5977
締切:2月5日(月)
*開設:LINE ID : 30061 1ay
I *URL:http:"tekutekusumiyosi・sakura・nejp/
■日内

l 「サロン。つるみ」2月の出会い
l
l 時:2月1日(日) 1時30分∼4時
容: 「折り紙を使って、花リースを手作りし
指場


1
ます」
導:サロンつるみ・スタッフ。
所:鶴見区民センター3階、
[大阪市鶴見区諸口1丁目12]

<サロン。あくの>Vol.379 発行:平成30年(2018年) 1月20日定価¥100


編集人:<サロン.あくの>運営委員会表題:中西利香・筆
事務局:〒545-0021大阪市阿倍野区阪南町6−3−26冨田慶子方くサロン.あくの>
TEL・FAXO6-6691-1028 郵便振替口座:サロン.あくの00950-9-26941
印刷:セルフ社〒546-0044東住吉区北田辺町4-23-2ミスターDビル2FTELO6-6719-8212
ホームページ:http://tomo加血kawebic2.com/salonAIldex.htm/「サロン.あくの」でも検索できます
111

発行人:関西障害者定期刊行物協会伏阪市天王寺区真田山町2-2東興ピル4F
(8)