You are on page 1of 8

一九九一年九月三日第三種郵便物承認毎月︵了二・三・四・五・六・七・八の日︶発行

泌晶・巾品小中品小中品小中議品中山晶小中品凪中山晶品中一温不泌品中山繭小中轟品中山繭小中品小山晶品中山品小中級品中中晶$栄滋品中山繭凪・灘小中晶小山尚品中山繭品小中品小山尚凪中山晶凪中山品小山尚品中巾晶相官栄 であることから名付けました。
※ー※
鰍︿サロン・あべの﹀ 3月 の 出 会 い 鰍 それでは、大人向けの絵本の読
粉大人のくつるぎスペース本の森鰍 み聞かせのお話会、始まりです。
鰍 3 テl マ﹃花﹄3 燃
本日のテl マ﹁花﹂です。どうぞ
ゆっくりとお楽しみください。
側大人の絵本のお話会問 −﹃さくら﹄
作日長谷川摂子
泌小中品小灘小山尚小山繭念品市泌小中轟品中山品小説小山繭小中栄泌小中品小山品小説小中梯小中品小中品小中品小中晶念品小山晶品工品品中山品小中轟品中山議小山品小山品小説小説品小中晶品中
平成初年3月げ日︵土︶、育徳 スマートフォンの電源を切って 絵日矢間芳子
KSKQ第三種郵便物承認〈サロン・あべの〉週巻 9063号 2018年 5月 18日

コミュニティセンター2階研修 いただき、また、本のお話し中も、 桜の木の 1年を描いた絵本。


室において、︿サロン・あべの﹀ 部屋からの退出もご遠慮くださ 満開の桜、葉桜、虫で大賑わいの
3月の出会いは、﹁大人のくつろ いますよう、ご協力ください。お 夏の桜の木。桜の木の成長をス
ぎスペース本の森テl マ﹁花﹂ 願いします。 トーリー仕立てにして優しく教
大人の方向けのお話会
43 1﹂と ・本の森−m︿サロン・あべの﹀ えてくれる。細部まで描かれた
題して、ボランティアグループ 私たちグループは、阿倍野図 絵も良い。
﹁一八十︵いちはちじゅう︶の会﹂ 書館を拠点として活動し、大人
︵代表・脇坂めぐみさん︶のメン 向けのお話会を開催しています。
バーさん方にお話を伺いました。 その他に、妊婦さんやO歳時の
・はじめに 親子向けのお話会も開催してい
こんにちは、私たちは、図書館 ます。皆さんに、ゆっくりと絵本

負色帥会ぃ
,ふれあい
ボランティア﹁一八十︵いちはち の世界を楽しんでいただきたい
t
:、
念、 じゅう︶の会と申します。メンバ という想いから立ち上げました。
ーは7名ですが、今日は4名で 私たちのグループ名﹁一八十︵い

(1)

まいりました。大変申し訳ござ ちはちじゅう︶の会﹂は、本とい
いませんが、皆様方には、携帯や う漢字の構成により、一、八、十
2 Lifesライフ3


に歌いました。 した。﹂など。

(2)
作口くすのき しげのり 6 花さき山
絵一松本春野 作一斎藤絵一滝平二郎 本をゆっくりとした時間で聴かせていた

ある冷たい風の吹く日、一人のおばあさん あっちの山は、三コっていう大おとこが、 だきました。また、休憩後、参加者からリクエ


が町外れにある﹃巴貯﹄という小さなお店に 山火事になったオイダラ山サにかぶさって、 ストにもかかわらず、バイオリンで、テレビ
やってきました。冬の聞このお店にたくさん 村や林が燃えるのをふせいでやけしんだと 番 組 の テ1 マソングの演奏に応えていただ
の人が訪れ、春になって、素敵な奇跡が起こ きにできたのだ。優しいことをすれば花がさ きました。本の楽しさ、奥深さを改めて教え
ります。人は誰かとの関わりの中で生きてい く。いのちをかけてすれば山がうまれる。 ていただいた︿サロン・あべの﹀ 3月の出会
KSKQ第三種郵便物承認〈サロン・あべの〉通巻 9063号 2018年 5月 18日

るのだ。 うまやのそばのなたね いでした。


7
はなさかじいさん︵紙芝居︶ 作 口 新 美 南 吉 絵 日 鈴 木 靖将 ︵参加者間人 山村貴司︶
3

作一与田準一絵 υ岡野和 光あふれる菜の花畑。そこに生まれてくる


正直じいさんが灰をまくと、見事に枯木に 小さな命たちに、慈愛に満ちた母のまなざし
花が咲き、殿様に、ほうびをもらいました。欲 が注がれる。これから開花しようとしている
ばりじいさんがまねをして、灰をまくと・:。 ﹁なたね﹂のつぼみたちは、まだ見ぬ世界に夢
懐かしい昔ぱなしです。 膨らませている。
あした花になる おはながわらった︷えほん 詩のブランコ︶

8
4

作 いもと
υ ト すっA J V﹂ 編 集 υ渋谷清視、小海永二
大きな鎌をふりあげて、だれよりも一番強 絵一南塚直子
い、かまきりのマンティス。そんなマンテイ 詩集の中の詩、風景、タンポポ、などを聴き、
スが恋をした。美しい蘭の花に魅了されI億 おはながわらった、を歌いました。
年の時をこえて祈りつづける。 休憩の後、参加者に自己紹介と感想を聞き
5 バイオリン演奏﹃花﹄ 申A
myレ私九。
﹁花﹂のテ1 マなので、﹁春のうららの隅田 ﹁こんな形で聴くのは、はじめて。﹂
ip﹂をバイオリン生演奏に参加者が一緒
川 ﹁紙芝居が懐かしい。お話しの内容に感動
も の 時 の 心 肺 蘇 生 に 使 わ れ るAED︵自動 っていくそうです。なので、救急車が来る
体外式除細動器︶を誰もが使いやすいもの までの8分間の聞にその場にいた周りの人
にしていくにはどうしていけばいいのかな たちが、どんな対応が出来たかがとても大
岸田美智子

どのお話がありました。街の中で時々見か 切なのだと実感しました。
けるAEDですが、私には到底関係ないと、 私たち障がい者が地域で暮らしていく時
このセミナーを受けるまでは思っていたの に、色々な場面に出会うと思います。その
ですが、セミナーが終わった今ではその使 一つに人が倒れた時、いったい何ができる
い方をばっちり覚えてしまいました。 のかを私たち障がい者も考えておかなけれ
KSKQ第三種郵便物承認〈サロン・あべの〉通巻 9063号 20I8年 5月18日

人が突然倒れて心停止になった時、その ばならないと考えさせられた良いセミナー
すべての人ができる! でした。
場に居合わせたら、いったい私たちには何
心肺蘇生セミナーに参加して ができるのかW こんな問いかけには、私の
障がいがあってもできることがある
tE i ような両手足が動かない重度障がい者は関
3月お日日曜日NPO大阪ライフサポー 係ないわ!と当たり前のように思っていま
ト協会主催の公開セミナー﹁すべての人が した。でも、このセミナーの中でAEDを
で き る 心 肺 蘇 生 ﹂ に 参 加 し て き ま し た 。 人 使 っ た 救 命 処 置 のDVDを見たり、実際の
が突然倒れて心停止になり、亡くなられる場面を想定した演習に参加して、へルパ l
人の数は、 1年間に約6万人もいるそうです。さんや参加者に私が指示したとおりにやっ
このセミナーのことは、私の担当の作業ていく体験はとっても新鮮でしたし、感動
療法土の先生から呼びかけられたし、予定 したり焦ったりとドキドキでした。他にも
も空いていたので、勉強になると思い軽い 視覚障害の方や聴覚障害の方も、みなさん
気持ちで参加してみました。 一生懸命に参加されていました。
当日の内容は、星川安之先生の﹁誰かの 人が倒れた時救急車を呼んでも来るまで
不便を、みんなの便利に﹂というテl マで、 には、平均8分かかるそうです。心停止の

3
()
ユニバーサルデザインのお話でした。もし 場合1分経つごとに叩%ずつ蘇生率が下が
どり着けるはずだと無我夢中で走りたくな 高校生のころ、体育の授業で強いられた長
79 距離走では、走るのが嫌でいやでしかたが無

4
()
砂漠のなかで、何も目印がないままにまっす く、自分の足が左右に機械的に動くことだけ
ぐに歩いていくと、いつの間にか元の場所に戻 を見て、何も考えず、時聞が少しでも早く過ぎ
立ち止まること ってしまうそうだ。人間の左右の足の長さが違 てくれることを待っていた。一方で、テレビで見
うために、ぐるりと大きな円を描いて、出発点 る長距離のランナーは自分が走り出したとき
に帰ってきてしまうのである。 から走り終わるころまでを考え、自分はどこ
だから立ち止まることが必要なのだが、それ で力を出すか、他の走者の様子をみながら考
KSKQ第三種郵便物承寵〈サロン・あべの〉通巻 9063号 2018年 5月 18日

ができないのは、ひとつには、冷静に考えるこ えているという。文字どおり立ち止まることは
脳は疲れないという話をどこかで読んだこ とが恐ろしいからだろう。たとえば、残りの時 なくても、走る自分自身から距離を置いて、冷
とがある。ずっと考えて疲れたというのは、同 聞がわずかなのに、しなければならないことが 静に全体をみつめているのである。
じ姿勢でいたために目が疲れたり、身体が痛く 山ほどある。どう考えてもできるはずがない。 要するに、こんな忙しい毎日だからこそ立ち
なったりするのであって、脳そのものは疲れて しかし、その﹁できるはずがない﹂という現実を 止まる必要があるということだ。どこか少し
しなし 見たくないので、立ち止まらない。日々、目の前 高いところに登り、背を伸ばして遠くを見つめ
その証拠に、何か考える仕事で疲れたといっ のことを一生懸命やっていれば、やがてすべて成 よう。時間は限られている。何を取り、何を捨
て、インターネットの画面などをぼんやりと見 し遂げられると考えたい。 てるか、限りない未来などあるはずがないのだ
ていても脳は動いている。脳は、ずっと走りっぱ ただ、それは願望にすぎない。たとえば冬は から、この際、潔く諦めることも大切だろうと
なしの状態なのだそうだ。そういえば、眠って 雪に覆われる高い山に登ろうとして、夏の日か 思う。︵知︶
いる間も夢をみているときは、やはり脳は休ん ら少しずつ登ろうとする。その歩みがわずかな
でいないのだろ﹀つ。 ので、頂上に着くころには冬になり、道は雪で
もし走りっぱなしであれば、だんだん方向が 見えなくなる。とすれば、この山は諦め、自分
わからなくなってくるはずである。どこかで立 の登れる、より小さな山を目指せば良いのだ
ち止まり地図をみなければ迷ってしまう。しか が、それが諦めきれず、かといって自分の歩みを
し、地図で調べる時間が惜しいほど急いでいる 早めることもできず、寸登ることができない﹂と
ときもある。あるいは地図を見るのもわずらわ いう現実を直視できないものだから、足下だけ
しい、このまま走っていけば、目指すところにた を見ながら登り続けるのである。
KSKQ第三種郵便物承認〈サロン・あべの〉通巻 9063号 2018年 5月 18日

もと誘われた。昼は和食だったので、中華にし
ようと近くの中華店志村軒での話は、その店は
店長をはじめ、すべての従業員の方は中国人
で片言の日本語で「ラーメンと唐揚げですね」
私は「いいえ、ラーメンだけ」店員は「から揚げ
おいしいですよ」私は「ラーメシだけ」と言ったら
店員は「はいわかりました」しかし、しばらくし
先日、朝 9時から、午後4時まで会議が入っ て、ラーメンとから揚げが出てきた・・・
ていた。午前の会議が終わり仲間数人と昼食 食べ過ぎには注意しましょう・・・。
を食べに行った。この日は変なオッチャンが注
文で「キツネ、ねぎ入れんといて」はよく聞くが
「ねえちゃんキツネ、ねぎ多い目に」と言うオッチ
ャンこれにはなるほどと思った。少なめの人と
多い目の人でええ加減になるか。
そのお店で子供がお母さんに、おうどんにキ
ツネさんが入っているの?と聞いていた。お母さ
んは、たぬきさんも居るよという話をしていた。
昼食の仲間の一人は身長 160cm
位で体重
が 95kくらいと本人の話ですが、私たちが見
ると、背の方はもう少し低く、体重はもう lOOk
越えているように見える。昼食は好きなおかず
を選んで取っていく定食屋で、各自好きなおか
ずを取り、次にご飯と味噌汁を入れてもらう。そ
の時に店員さんが「 100円追加で味噌汁を豚
汁にできますいかがですか」私たちは、ご飯は
少なめそして味噌汁にしたが、太田の友人は豚
汁を頼みました。店の方が「豚汁はあとでお持
ちしますからお席でおまちくだきしりと言ったの
で私たちは、席で待っていた。しばらくするとご
飯と味噌汁・豚汁を持って店員さんが来て「豚
のお客さんは∼?」と尋ねると、太田の友人が
「豚は私です」と返事…!?なんや、かんやで昼
食は楽しかったです。
会議も、 4時に終わり、太田の友人が夕食で

(
5)
学、更には会社まで基本、平日は毎日勉強や仕 食べながら考えていたのですが、夏休み真っ只
務や品川匂

事、週末はお休みの生活が基本でしたし、その 中の日曜日と同じような感じだと思いつきま

)
伍 め 夜2 う

6
(
境界線が無くなって行くとちょっと戸惑って した。確かに小学生の夏休みのお盆前位。ある
r

しまう感も無きにしも非ずです。当然の事な 程度夏休みの宿題もめどが付き始めると、そ
ココみ 窃 か
HV
がら﹁そサエさん症候群﹂も最近は無縁です。 んなに慌ててする事もないし、月曜日も火曜日
やがてこの夏に国家試験を受験して、産業 も休みがまだまだ続いている。別にのんびりし
ゴールデンウィーク最終日とサザエさん カウンセラー関連の仕事に就く等、今後の進 ていても良いんじゃないの?と言う感じに近い
KSKQ第三種郵便物承認〈サロン・あべの〉通巻 9063号 2018年 5月 18日

ゴールデンウィークも今日で最終日です。し 路次第では再び、これまでと同じ感じで連休 で
す。
かし、今年はそんな実感が湧かない不思議な 最終日や日曜日の夕方には﹁サザエさん症候 日々、問題集やレポートの作成は行っていま
感じがしてなりません。 群﹂になるかもしれませんが、就職先がシフト すが、仕事と違ってキチンとした﹁解答﹂と言う
昨年までは、会社に勤めていた事もあって、 勤務で週末が休みとは限らない職場となると、 ものがあるし、レポート自体も、ちゃんとポイ
年末年始やお盆休み等、季節ごとの大型連休 どうやって生活リズムを取って行くのかな?と ントを押さえていれば、そんなに何度も提出し
がある事が当たり前のように思っていました 言う素朴な疑問も湧いてきます。 なおさなければならないものでもありません。
し、連休最終日となれば、日曜日夕方の﹁サザ ﹁サザエさん症候群﹂自体、明日の仕事が大 学生時代に戻った感じと言うよりも、お勉強
エさん症候群﹂の親玉みたいな何とも言えない 変で、色々とストレスを溜めてしまいそうだと そのものを楽しんでやっていると言う感じです。
欝陶しさを感じたりしていたのですが、今年の 言う状態でないと起こらないし、仕事自体がと もちろん、 8月末にある国家試験はちょっと
ゴールデンウィークには、まったくそれを感じ てもやりがいがあると感じている時に﹁サザエ 大変だけど、それはもう少し先の話。﹁人生の
ません。 さん﹂を見たら反対に﹁明日は仕事だ!頑張る ゴールデンウィーク﹂
それどころか、 5月の連休中もキャリア・コ ぞ!﹂となってた時期もあったような気がしま と言うよりも、﹁人生の夏休み﹂をもう少し楽
ンサルトと産業カウンセラーの研修で通学し す。今思うと、どれだけ会社でメチャクチャ仕 しんでみようと思います。︵つづく︶
ており、それ相応の宿題もこなさなければいけ 事をやっていたのだろう?とか、よくもまあ、
ないので、連休どころか平日と週末の感覚もぼ そんなに体力があった事自体が不思議でたま
やけている感じがします。 らない感じがします。
幼稚園から小学校、中学校、高校、そして大 この感覚って二体何だろう?と晩ごはんを
KSKQ第三種郵便物承認くサロン・あべの〉通巻 9063号 2018年 5月18日

その他︵敬称略︶

ありがとうございました。
平岡太、芳郁かほる、
加賀谷正、志村鈴子、原田仁、

宛名シlル等のご寄贈、
カンパ、お茶、お菓子、、

サロン・あべの毎月の感謝
| お知らせ |

くサロン・あべの> 5月の出会い

0日 時:平成 30年 5月 19日(土)


午後 I時∼ 4時

0内 容:「パラの香りに誘われて」
∼散策してみませんか∼

O場 所:大阪市立長居植物園、
[大阪市東住吉区長居公園 1-23 ]
地下鉄御堂筋娘『長居」駅下車、東へ行く
*集合場所:長居植物園入り口前
~『、

O参加費:大人=¥ 20o
.
障害者手帳・ 65歳以上の証明書を
お持ちの方は無料、ご持参ください。

Oお問合せ先:
(富田慶子) 06-6691-1028

(
7)
KSKQ第三種郵便物承認くサロン・あべの〉遇巻 9063号 2018年 5月 18日

5月はどこのサロンの、
どのテーマが
お気に入りですか。
SALOON いい出会いしませんか。
鱗鱒輯響額
−日内

「ウイズ東淀川」 5月の出会い
時: 5月 13日(日)午後 I時 30分∼ 4時
容: 「ボランティア活動の流れ」
∼60年代から 90年代、そして
これからのボランティア・市民活動∼

ゲスト:脇坂 博史 氏

場 所:ギャラリー NOVA自由空間
一九九一年九月三日第三種郵便物承認毎月︵了二・三・四・五・六・七・八の白︶発行

大阪市東淀川区淡路 5-10ー 7
会費:なし
問合せ先: Tu.090-2598-9528 (鈴木昭二)

.「サロンそよかぜ(旧・サロンにし)」 5月の
出会い お知らせ
日 時 : 5月 12日(土) 13時∼ 16時 くサロン・あべの> 6月の出会い予定
*奇数月第 2土曜日午後に開催します。
0日 時:平成 30年 6月 16日(土)
テーマ:みんなで楽しく、お茶を飲みながら 午後 I
時∼ 4時
お話しませんか?
∼テーブルゲーム(トランプやオセロ 0内 容:「楽しい折り紙、あれこれ」
等)もあります。∼ ∼作ること、楽しみませんか∼

参加費: 100円(お一人) O講 師:井上喜世子さん(折り紙講師)


場 所 : 西 区 役 所 6階、市民活動センター
大阪市西区新町 4-5-14 O場 所:背徳コミュニティーセンター 2階
(地下鉄西長堀駅4A 出口徒歩 I
分) 研修室(スロープ、車イストイレ有り)
問合せ先:宮脇淳也 090-3949-6973 [大阪市阿倍野区阪南町 5-15-28]
地下鉄御堂筋線「西田辺」駅、徒歩 5分

0参加費:なし
0問合せ先: Tu.06-6691-1028 (冨田慶子)

くサロン・あべの> Vol.382 発行:平成 30年 ( 2018年 ) 4 月 21日 定価¥ 100


編集人:くサロン・あべの>運営委員会 表 題 : 中 西 利 香 ・ 筆
事 務 局 : 干 545-0021大 阪 市 阿 倍 野 区 阪 南 町 6.-3-26富 田 慶 子 方 く サ ロ ン ・ あ べ の >
TEL・FAX06-6691-1028 郵 便 振 替 口 座 : サ ロ ン ・ あ べ の 00950-9-26941
印 刷 : セ ル フ 社 干546-0
044東住吉区北田辺町4-23-2ミスターDピル2FTEL06-6719-8212
ホームページ: h tt
p:/It
omo
fu凶okawe
b.f
c2.c
om/
sal
on/i
nde
x.h
tm/「サロン・あべの」でも検索できます

発行人:関西障害者定期刊行物協会[大阪市天王寺区真田山町2-2東輿ピJレ4F
(8)