You are on page 1of 21

ラリーをしたり,得点を競い合ったりすることが楽し い運動である。 (

ルールを工夫したり

運動に進んで取り組み

特徴に応じた作戦を立てたりすることができる

ボールの方向に体を向けて素早く移動することができる

ボールを片手や両手で操作して味方が受けやすいボールを返したり

相手コートに打ちつけたりする ことができる。

もっとこうしてほしいのに

なれるともっと良くなるので、~のように関わっていきます

休み時間を使って練習したとか

素晴らしい態度が見られました

アドバイスを素直に受け入れながら自分の取組をよりよいものにしようとする向上心をもっています。

にも強い関心と興味を示しています

力が少しずつ向上してきました

konkiyoku ganbatte

苦手な学習や難問にも根気強く取り組む姿勢がみられ

を活気づけてくれました kakkini michiteiru

いつも落ち着いた学習態度

真剣な表情で学習に参加しています

姿が印象的でした

あきらめず最後までやり抜く意志の強さがあります。Tsuyoi ishi no okage de ´´ishiwo tsuyokumotteiru

目標を設定

それに向かって努力

doryoku nakushiteha nanimo erarenai

yoi ten wo torou to doryoku wo shita benkyou ni doryoku ha kakasenai doryoku ha mukuwareta minoru

mattaku no nesshin na doryoku no okagede

笑顔いっぱい楽しそう

喜びを表現している姿を見ると
より良い係活動をするためにはどうしたら良いか

練習やゲームに取り組もうとする姿

ルールやマーナをまもる

ゲームを楽しもうとする

ラリーの楽しさに触れることができる

動きのポイントを

積極的にルールの工夫したりする
より良い係活動をするためにはどうしたら良いか

に挑戦する

力が伸びました

mokuhyou wo tassei

より良い係活動をするためにはどうしたら良いか

練習やゲームに取り組もうとする姿

ルールやマーナをまもる

ゲームを楽しもうとする

ラリーの楽しさに触れることができる

動きのポイントを

積極的にルールの工夫したりする

協力して素早く片付けるように声をかける

チームにあった
作戦を成功させるために練習を選ぶ考える

優しいルールや場を考える

困ったことや良かったことを話みんなで動きを共有する

ボールのほーこに体を向けて素早い移動することができる

ルールを選ぶ、考える

味方が受けやすいボールをかえしたり、相手ことに返したりすることができる

ボールになれる、コントロール、ラリーゲームに活用ができる

ラリーゲーム、ルール、場を話し合って決める、いろいろな方向に打って ラリーを続ける

自分たちに合った易しいルール、レシーブとトスを奥や角を狙って 打とう

ボールの動きに合わせて体を動く

ワンバウンドがあり、返す回数を多くする、味方にパスができる、自分の目当てを達成する
アタックが決まり楽しい

基本技術

自分で考えた作戦が実行

活動することができた

発揮することができました。

とても進歩した

意欲的にゲームに参加することができた

学習に楽しんで参加する

休み時間も積極的に体を動かしました

気を配り、いつも陽気で目を向ける

伸びや良さ、声を出す、パスをつなげることができる

頑張る、ゲームしようとした、ボール二なれる
めあてに進んで練習しました
守備の時にチームの仲間に声をかけ
友達と協力してゲームを楽しむことができました
持ち前の運動能力を生かし
頑張りの精神で
生き生きとした表情で活躍する姿が印象的でした。
熱心に取り組み
あきらめることなく何回も練習してできようになり、基本的な技能を身につけることができました。
何回も練習し、基本的な技能を身に付けることができました。
技術を高めていました。
練習に熱心に取り組むことができました
上達が少しずつ 大いに 著しい  いちじるしい 驚くほど よくできた
勤勉のため
基本練習をしっかりすることです
アンダーハンドパスやオーバーハンドパスの基本姿勢や動きを、しっかり練習することから始めることが
jishinn wo eru自分に自信を持って
ボールの落下位置にしっかりと入ることができるようになることが前提です。
コントロール力を上げるには
しかし、繰り返し練習をすることで、徐々にですが感覚をつかめるようになるため、自ずとコントロール力も
根気よく
バレーボールの用語やルールを、簡単にわかりやすく説明する
基本姿勢や基本の動き
ボールに慣れるには
優しいボールから、少し強いボールなど様々なバリエーションでのキャッチボールをお勧めします
練習を嫌々していたり、練習や試合をやらされているだけのような気持ちで
練習でサーブが入った嬉しさやレシーブが上手くあげられた嬉しさを感じた時に、たいていの人は楽しい、もっと練習して上手くなりたいなどの

練習に集中
練習でも試合でも意欲的に動くことで、バレーの流れを把握できるようになるため
好きな物や好きな事には、とことんのめり込んだり、頑張ったりしますよね?
そして、練習にも身が入り、意欲的に練習する環境が整うことで少しずつ上達していくのです
サーブコントロールの強化を目的とした練習
そのためには、サーブをどの位置に打つのか、誰を狙って打うつのかなど、自分でサーブをコントロールして打てるように指導をしていきます。

スパイクもサーブも練習時に、カラーコーンやパイプいすなどを用いて的を作り、そこに向かって打つ練習をする
ねばり強く努力する気持ち
子供たちにバレーの楽しさ

キャッチボールや足を動かしてボールを追いかけるなど、遊びのような練習をすると
中学年は、アンダーハンドやオーバーハンドの基本の練習をすることがとても大切な時期になります。
その時は、できないのではなく、これから練習していけば上手くなるなどの言葉をかけて、
指導とともに心のケアをすることが大切です。
大人と違って簡単に気持ちが離れてしまう傾向があり、モチベーションを下げてしまうということは、その子の才能をもつぶしてしまう可能性が
バレーは楽しい、バレーが上手くになりたいなど思えるように
子供にバレーボール楽しいな、もっとうまくなりたいななど、前向きな気持ちになってもらうことで
どんな形でもボールをとる、キャッチできなくてなくて転がっていったボールを追いかける
このような動作をすることで楽しくボールに慣れることが見込めます
声を出すこと、お互いに声を掛け合うことです。
これをすることによって、ボールを取るタイミングやパスを上げる位置をコントロールできるようになり、
相手へ正確なパスを返すことができるようになります
アンダーハンドパスやオーバーハンドパスをするにあたって、基本的な手の動き、手首や膝の使い方を復習しながら、練習する
オーバーハンドパスの場合は、おでこの前ギリギリでキャッチして、そのボールを手首や膝を使って相手に返す練習をしましょう
適当にしてしまうとボールを真上に上げることができず、あっち行ったり、こっち行ったりしてしまうため、練習にならなくなっ
meni miete warkunaru
どうしたらうまくなるのか、どうしたらボールをあげることができるのかを考えながら、パスの練習をする必要があります
できないのではなく、わからないときは質問をすること、パスが上手くできるように努力することで、バレーの技術を上達させていきましょう!
努力することで、バレーの技術を上達させていきましょう!
練習が楽しくなってくるはずです
ンバウンド有り、キャッチありなどのハンデを与えて、3回以内で相手に返すようにしましょう
難しいから、上手くならないからと諦めず、一つ一つステップアップできるように練習をして
できなかったプレーができるようになったり、入らなかったサーブがたくさん入るようになったりと上手くなっていくことで、自ずとバレーの練習が楽しくなる
互いに支え合い、教え合いながら自主的・自発的に学習を進めることができるものです
ミスに結びつくからと消極的な態度を取りがちな生徒たちをうまく指導していくことが大切となります
目が輝くようにやる気に満ちた形へと導けるようになっていると幸いです。
パス技能の習得と向上を目指しました
チームプレイの中の個人の役割を自覚させて、互いに協力しながら活動させるとともに
自己の能力に応じた課題を与えて、それを解決できるような方向で練習を行っていきました
練習やゲームが楽しくなるような工夫も行ないました
オーバーハンドパスやアンダーハンドパス、サーブ、ミートといった技術も練習を重ねることで習得できるように
バレーボールの特性に関心を持って、チーム編成や役割分担、ボールへの慣れといったことを行わせました

ボールに沢山触れさせることで、基本的な個人技能の行ない方を覚えさせました。
ゲームを楽しみながらチームの課題を見つけ、それを解決できるように練習を行ないました
ゲームを楽しめるレベルまでバレーボールの技術上達を目指したいところです。
オーバーハンドパスを使って着実にパスをつなぐことができるようになることを目指します。
よりレベルの高いゲームを行えるよう練習を重ね、ゲームのルールや遊び方を理解すること
互いの技能を確かめ合いながら、なにが課題かを明確にして練習に打ち込むことができるようになることが目標です

ゲームの楽しさや喜びを味わいながら積極的に運動に取り組むこと、
勝敗に対して公正なジャッジを取れることが大切です。
ームの動きで、気になったことを作戦やゲームで活用するためにアイデアを出せること、ルールや作戦を工夫した攻防戦を展開してゲームを楽し

オーバーハンドパスの練習は短調になりがちなので
バレーボールのパスで繋ぐという基本の動きを学びます
ゲームでは、ワンバウンドを許し、着実にパスを繋いでゲームをすることを重要視しています
軸がずれボールが変な方向へと飛ぶ確率が高くなってしまいます。

この練習法は正確なレシーブの姿勢を身につける
ボールを頭上に上げオーバーハンドレシーブ、アンダーハンドレシーブで50回ずつ落とさないようトスし続けます
レシーブする側とボールを投げる側に別れます
ゲームを進行していくことができるようになることが目標です。
集団での連携がプレイのキーとなりますが、
自分がどう動けば良いのか瞬時に判断して動いたりと

瞬発力や俊敏性を鍛え、バランスよく身体作りのできるスポーツです
攻撃のフォーメーションを工夫したり
みんなで声を掛け合って、考えながら協力プレイをするゲームです
的な技術を身に着けた上で
オーバーハンドパスを中心に練習するが、スパイク
チームプレイの面白さに気付けるようになることが目標です
パスの練習をかさねていくうちに当てる位置がわかってきた
さらに、という言葉を使い続けた結果、少しずつではあったが
このように練習してきたことをゲームのなかで生かすため、正式名ゲームへ近づけていく試みを行った
この気づきを意識して、とりくむことでらりーが続く場面が多くなった。さらに、チームで超えを掛け合ったり
チーム内で励ましあう姿も見られました。
基本的ななボール操作の習得を目標
ラリーを続け、楽しいと感じられるように、
味方が
操作しやすい場所を考えてボールを送りだす。
ボール二なれる
パス中心に味方と協力してボールを繋げ、相手コートへ返球できること
3回攻撃を成功させる
可能な限り速く駆け抜ける動作が求められますcarrera de 50 m
スラローム走
スタートダッシュ走
ごくごく短い距離(5m、10m)を前傾姿勢で走り抜けるのです
5秒間走
速度を重視する練習法です
全力疾走の感覚を身に付ける上で効果があります
自分が限界だと感じる速度の9割程度で走りましょう
もし身体部位に違和感を覚えたら走行を中断しましょう
スタート地点からゴール地点までのタイム」という数字によって評価と勝敗が下されます
支える理論的な要素は技能向上の点で欠かす事が出来ません
この部分で地面を蹴るようにすれば(つま先で蹴り上げるようにすれば)、走行速度の向上を図れます
母指球
ピードを乗せる上でとても重要な意味を持ちます。姿勢
よりパワフルな走り込みが可能となります。
足が身体の前に出てしまうような走り方ですとブレーキ効果が生じてしまいます
腕の振り方
腕振りによってバランスを整えます。
あごの高さ程度まで上げて脇腹あたりまで降り下げる」wakibara
ぶらぶらと揺らさずに直線的に振り続ける
腋を広げ過ぎず拳1個分ぐらいの間隔を維持する」といったものになります
腕振りによって身体が安定すれば、間接的にスピードも向上します
基礎知識に関するお話でした。安定と反発を上手に利用し、スピードの向上を目指しましょう。
重要なポイントを理解せずにただ走るだけでは効果は期待できません
タイムを伸ばす上で重要なのは「筋肉強化」「バランス感覚」「適切なフォーム」といった要素となります
片足ジャンプ法
地面に対する足の反発で前進する動作になりますから、短距離走のフォーム感覚に慣れるというメリットもあります。
これを15m、10本ずつ2セット行うのが目安です
バーピー法
走る作業において腕はどういう役割を持っているかというと ストライド(一歩の幅)を大きくするための道具 です
グングン速くなる
足下はフライパンのように熱いというイメージで。地面に足をつけている時間を短くしよう」
速く走るコツ!一歩目は小さく、足をつく位置は身体より後ろへ
友達と協力して活動し
積極性が見られるようになっています。
意欲的に取り組むことができました。
コツコツ努力した結果 コツコツ取り組んでいる
休み時間になるとグラウンドで友達と仲良くボールゲームに汗を流しています
の力がめきめきTSUITEKITA
ひとつひとつの学習課題をしっかりとやり遂げてきたことで、めきめきと自信をつけてきています。

発揮するアイディアや行動はクラスのお手本となっています。
楽しみながら落ち着いた
一生懸命取り組む姿がとても輝いていました。
努力を惜しまず
よく努力し、何事にも
誰よりも元気よく
明るく前向きに
初めてのことにも挑戦してみようという思いが、いろいろな場面で見られた
グループで何度も練習を重ねました
表情豊かに
大変立派でした。
失敗を繰り返すことが成功につながる
疑問に思ったことをそのままにせずに、素直に担任や友達に相談して解決する姿勢が見られ
始めると黙々と活動する集中力を見せ
するまでこだわて  する集中力をみせました。
ソフトバレーボールでは、体全体をうまく使ってボールを打ったり、パスしたりすることができ、みんなのお手本となりました。
身体能力が優れており、走る・投げる・跳ぶはどれも全身をバランスよく使うことができ

体全体を使った機敏な動きでみんなのお手本
「がんばれ!」と励ましの言葉をかけ
難しい技でもあきらめずに練習するなど努力する姿が素晴らしいです
鉄棒はできない技に何度も挑戦したり
その頑張っている様子はクラスの友達にもよい刺激となっていました。
やり方のこつを友達に教えたり、「いいよ」「ドンマイ」と声をかけたりするやさしい姿に感心しました。
誰にパスを出すか考えてから動くとパスがつながるようになるという発見をし、上達していました。
業中は、よく話を聞き「そういうことだったんだ。」「わかった。」などと即座に反応していました。
授業では、いつも学習準備が早く、背筋を伸ばして挨拶する姿が
一生懸命な姿は授業中にも見られ、課題にいち早く取り組み、意欲的に発表していました

最後まできちんとやり遂げる姿勢が立派です。
授業では、毎時間積極的に
その頑張りはクラスの友達にもやる気を奮い立たせてくれる源となっています。
相手の行動に対して冷静に「それはよくない。」とはっきり言う姿勢は
「何か手伝うことはないですか?」と声を掛け
「コーナーは体を傾けて走ったら走りやすいよ」とアドバイスされたことを生かして熱心に練習していました。

持ち前の明るさで学級を引っぱってくれました。
姿には、大きな成長を感じました。
誰とでも仲良く活動する姿が多く見られました。
汗びっしょりになって働きました。
マット運動では、友達の励ましに応え、失敗しても「もう一度やってみる」とあきらめずに取り組む姿が立派でした

マット運動では、体を一直線に伸ばして側転することができ、みんなのお手本となりました
運動が苦手な友達に気を配り励ましの言葉をかける姿が、大変立派でした。
間違えた問題を丁寧にやり直すなど、根気強く取り組んだ成果が着実に表れ
学習内容がしっかりと身に付きました。
授業でも自分から進んで
真剣なまなざしで先生の話を聞き
することができ立派でした
それを実行しようと努力する姿が素晴らしいです
友達とも上手に過ごせるようになってきました。
いつも明るく
いつも明るく元気な笑顔を見せ
友達と仲良く
話をよく聞いて楽しみながら学習に取り組みました。
授業では話をよく聞いて楽しみながら学習に参加しています
何度も練習するうちに、少しずつ整ったきれいな字が書けるようになり、学習の成果が見られ
繰り返し練習するうちに、さらに
花丸を目標にお手本を意識して真剣に取り組み
粘り強く練習に取り組むことができました。
いつも元気はつらつraと活動している姿は素晴らしいです a fondo, intensamente vivamen
蹴りゲームではどこまで遠くに飛ばすことができるのかと、みんなに期待されるほどでした。
成長を感じます
真剣に正しく書こうとする姿が見られました
進んで行動する姿が素晴らしいです
行動することができています。
周りの友達にも良い影響となって広がりました。
休み時間、友達を誘って汗をかくまでたくさん遊びました
困っている友達に声をかけて手伝ったり先生に知らせたりする気配りとやさしさが発揮される機会が増えてきています。
友達に対してとても優しい面があり、何かで困っている友達がいるとさりげなく声をかけてあ
誰に対しても優しく接することができるので
次の運動を行い、体を動かす楽しさや心地よさを味 わうとともに、体の基本的な動きができるようにする
体のバランスをとる運動 (イ) 体を移動する運動 (ウ) 用具を操作する運動 (エ) 力試しの運動 (オ) 基本的な動
動きのレパートリーを増やしていきます
易しい動きをしっかり身に付けていることが大切です
2つ以上の動きを同時に行ったり、「回った後にボール を捕る」のように2つ以上の動きを連続して行ったりする動きを扱い
つ一つの動きを確認できるように学習を進めることが必要です
、複数の運動を取り上げることが有効 であると考えられます。
体育の授業だけでなく、休み時間も外で元気よく遊ぶ姿が
見られる
何度も練習するうちに、少しずつ整ったきれいな字が書けるようになり、学習の成果が見られます
達成感を味わうことができました。
少し思い通りにいかないことがあっても、気持ちを切り替えて挑戦することができるようになり、
この1年間での心の成長を感じます
この1年間での心の成長を感じます
解決に向け、最後まで自分で追求することができた。
良く、みかけます
元気に生活
とても喜んで
が得意
わかろう・しろうおという姿勢で
与えられた動きの課題の時速く 進んで学習に取り組んだり 努力する姿がみられました・
気にいり
積み重ね
意欲的に学習に取り組んでいました

基礎体力
簡単なルールのあるゲームを
体力をついてくる
少しでもタイムを縮めるために日々試行錯誤を繰り返し、さ
タイムを少しでも向上させるためには、ストライドを伸ばすことが重要なポイントになります
ストライドを伸ばす1つのトレーニング方法にスキップがあります。
ピッチ×ストライド=最大スピードという関係
脚の回転の速さ×1歩の歩幅の大きさ=最大スピード
脚を速く動かすか、ストライドを伸ばすか

ストライドを伸ばすためにスキップで弾む感覚を掴む練習方法
やってみよう! 大股でゆっくり走る
歩幅をいつもより大きく、ゆっくり走ります。ただし、ゆっくり飛ぶんじゃなくて、地面についたら、早
トントンというリズムが大事。指の付け根で地面をけることも忘れずに。股関節を大きく開かせることを
てください。