You are on page 1of 16

56x

Infrared
Thermometers

PN 3833028 (Japanese)
December 2010
©2010 Fluke Corporation. All rights reserved. Printed in China. Specifica-
tions are subject to change without notice.
All product names are trademarks of their respective companies.
保証および責任
この Fluke 製品は、発送日から 2 年間材料および製造上の欠陥が
ないこと を保証します。ヒューズ、使い捨て電池、または、使用
上の間違いがあったり、変更されたり、無視されたり、汚染され
たり、事故若しくは異常な動作や取り扱いによって損傷したと
Fluke が認めた製品は保証の対象に なりません。Fluke 認定再販
者は、より大きな保証または異なった保証を Fluke に代りに行う
権限は持っていません。保証サービスを受けるには、 最寄りの
Fluke 認定サービス・センターへご連絡いただき、返送方法に関
する情報を入手してから、問題に関する説明を添えて製品を返送
してください。
本保証は、購入者の唯一の救済手段であり、特定の目的に対する
適合性といった、その他いかなる保証を意味するものでも、また
暗示するものでもありません。Fluke は、なんらかの理由、また
は理論に起因して生ず る、いかなる特別な損傷または損失、間接
的な損傷または損失、偶発的な損傷または損失、または必然的な
損傷または損失に対し、責任を負うものではありません。ある国
または州では、黙示の保証の期間に関する制限、または、偶然的
若しくは必然的損害の除外または制限を認めていません。したが
って、本保証の上記の制限および除外規定はある購入者には適用
されない場合があります。
Fluke Corporation Fluke Europe B.V.
P.O. Box 9090 P.O. Box 1186
Everett WA 98206-9090 5602 B.D. Eindhoven
USA The Netherlands
11/99
目次

題目 ページ

はじめに ...........................................................1
安全に関する情報.............................................1
温度計の使用....................................................5
バッテリーの交換.............................................5
ケーブル接続(568 のみ)...............................6
561 ディスプレイ.............................................6
566/568 メニュー概要......................................8
仕様概要 ...........................................................10

i
56x
Infrared Thermometers

ii
Infrared Thermometers

はじめに
561、566 および 568 Infrared Thermometers(“温度計”または
“製品”)は非接触の温度測定用です。これらの温度計は、物体
の表面から放射される赤外線の量から物体の表面温度を測定し
ます。またこれらの温度計は、K 型熱電対により接触温度測定
をサポートします。
日本向けモデルは、摂氏のみを表示します。

安全に関する情報
警告は、ユーザーに危険をもたらす状態や行為を示します。注
意は、本器の損傷、被試験装置の損傷、または完全なデータの
損失を引き起こす可能性のある状態や行為を示します。
製品とこのマニュアルで使用される記号は表 1 と図 1 および図
2 で説明されます。

1
56x
スタート・ガイド

*W警告
目や身体の怪我を防ぐため、次の事項を厳守してくだ
さい。
• 製品を使用する前に、安全に関する情報をすべ
てお読みください。
• 光学機器を通してのレーザー光を見ないように
してください(双眼鏡、望遠鏡、顕微鏡な
ど)。光学機器はレーザー光を集中させるた
め、目に悪影響を与える可能性があります。
• レーザー光を直接見ないでください。レーザー
光を直接または反射面を介して人や動物に当て
ないでください。
• レーザー視認グラスをレーザー保護グラスとし
て使用しないでください。レーザー視認グラス
は、明るい光の中でレーザーを見やすくする目
的でのみ使用してください。
• 製品分解しないでください。レーザービームが
目に悪影響を与える可能性があります。製品を
修理する場合は、必ずフルークサービスセンタ
ーに依頼してください。
• バッテリー残量の低下インジケータが表示され
たら、測定値が不正確になるのを防ぐためにバ
ッテリーを交換してください。
• バッテリーカバーは、製品を操作する前に確実
に閉じてロックしてください。
• 作動に異常が見られる場合は使用しないでくだ
さい。

2
Infrared Thermometers
安全に関する情報
• 爆発性のガス、蒸気の周辺、結露した環境、ま
たは湿気の多い場所で製品を使用しないでくだ
さい。
• オプションの外部プローブは絶対に、通電して
いる電気回路には接続しないでください。
• 実際の温度測定の前に、放射率に関する情報を
参照してください。反射性の物質では、実際の
測定温度より低く表示します。こうした物質に
よるやけどの危険険があります。
• 製品を高温物体の上、またはその近くに置かな
いでください。
• 本書で指定されている以外の制御、調整、性能、手
順を使用すると、危険なレーザー放射に晒される恐
れがあります。
• 指定された製品のみを使用するか、製品ととも
に提供される保護具を使用してください。
W注意
製品または被試験装置への損傷を防ぐため、以下から
防止してください。
• アーク溶接機や誘導加熱器などからの EMF(電
磁場)
• 静電気
• 熱衝撃(おおよそ、大きなまたは急激な周囲温
度変化に起因 — 使用前に製品を使用環境下で
30 分安定させてください)。

3
56x
スタート・ガイド

- LASER RADIATION
AVOID EXPOSURE
THIS APERTURE
IS EMITTED FROM

CAUTION - DO NOT STARE


INTO BEAM
LASER RADIATION
630 - 670nm
WAVELENGTH
OUTPUT < 1mW PRODUCT
CLASS 2 (II) LASER
FDA 21CFR
COMPLIES WITH
1040.10 AND 1040.11
IEC 60825
COMPLIES WITH

AVOID EXPOSURE - LASER RADIATION


IS EMITTED FROM THIS APERTURE

CAUTION
LASER RADIATION - DO NOT STARE INTO BEAM

OUTPUT < 1mW WAVELENGTH 630 - 670nm


CLASS 2 (II) LASER PRODUCT
COMPLIES WITH FDA 21CFR
1040.10 AND 1040.11
COMPLIES WITH IEC 60825

fhm010f.eps

図 1. 561 レーザー安全マーク

fhm08b.eps

図 2. 566/568 レーザー安全マーク

4
Infrared Thermometers
温度計の使用

温度計の使用
温度測定を行うには、温度計を測定対象物に向け、引き金を引
きます。温度計の狙いを定めるには、レーザーポインタが使え
ます。K 型熱電対プローブを装着して、接触測定を行うことも
できます。

バッテリーの交換
バッテリーを交換するには、図 3 を参照してください。

AA

(+)

ewm04.eps

図 3. バッテリーの交換(図 566/568)

5
56x
スタート・ガイド

ケーブル接続(568 のみ)
USB および熱電対を 568 に接続するには、図 4 を参照してくだ
さい。

ewm05.eps

図4. K 型熱電対、USB ケーブル(568 のみ)の接続


注記
不正確な読み取り値を防ぐためには、568 が 三相の接地プ
ラグで接地された PC に接続されている間は、接地された
導体の温度測定を行わないでください。

561 ディスプレイ
主温度ディスプレイには、現在または前回測定された赤外線温
度が 7 秒間表示されます。
副温度ディスプレイには、K 型熱電対が接続されている場合、
現在の熱電対温度が表示されます。図 5 を参照してください。

6
Infrared Thermometers
561 ディスプレイ
注記
バッテリー電圧が低下すると、Bがディスプレイに表
示されます。
2
1 3

8 4

5
7

Fhn001ra.eps

番号 説明

A レーザー“オン”の記号
B SCAN または HOLD
C °C の記号(摂氏)
D 主温度ディスプレイ
E 副温度ディスプレイ
F 放射率 LO、MED、HI
最低、最高、温度差、KTC の温度値。
G
KTC は熱電対の温度を表します。
バッテリー電圧低下記号バッテリーの電圧が 25
H % 以下になると表示されます。

図 5. 561 温度計表示

7
56x
スタート・ガイド

566/568 メニュー概要
メニューを使って簡単に変更できる設定が多数あります。表 1
は最上位レベルのメニューの説明です。Menu ボタンを選択す
ることでメニューの次のレベルに進めます。図 6 は LCD 画面
とメニューインターフェースを表しています。メニューの詳細
は、ユーザーズ・マニュアルを参照してください。

fhm01a.eps

図6. メニューナビゲーション

8
Infrared Thermometers
566/568 メニュー概要

表1. トップレベルのメニュー説明

レベル 左ソフトキー 説明 中央ソフトキー 右ソフトキー 説明

測定結果をメモ バックライト
1 保存 Menu 照明
リに保存 の輝度を変更
メモリを表示/
2 メニュー Menu ε 放射率を設定
削除
最高/最低を有効 平均/差分を
3 Min/Max Menu 平均
にする 有効にする
アラームの設
4 °C 摂氏 Menu Alarm
定と有効化
レーザーのオ
G
5 温度計のロック Menu Laser ン/オフを切
(ロック)
り替える
— バックライト
を消す
— 時刻/日付を
6 設定 Menu
変更する
— 言語を変更す

9
56x
スタート・ガイド

仕様概要
詳細仕様は、ユーザーズ・マニュアル CD を参照してください。
機能 561 566 568
-40°C ~ -40°C ~ -40°C ~
非接触 温度測定範囲
550°C 650°C 800°C
< 0°C: ± (1.0°C + 0.1°/1°C)
確度 > 0°C: ± 1 % または ± 1.0°C、いずれか大き
い方
K 型熱電対入力温度-
0°C ~ 100°C -270°C ~ 1372°C
範囲
-270°C ~ -40°C:± (1°C +
入力確度 ± 0.2°C/1°C)
K 型熱電対入力確度
2.2°C -40°C ~ 1372°C:± 1% ま
たは 1°C の大きい方

10
Infrared Thermometers
仕様概要

機能 561 566 568

距離: スポット
(90 % エネル 12:1 30:1 50:1
ギー)
1 点レーザー、出力< 1 mW クラス II、波長
レーザー照準
630 ~ 670 nm
0.10 ~ 1.00 の範囲で指定
(0.01 ステップでデジタル
放射率 LO、MED、HI
調整可能)または内蔵の一
般物質表を使用
データ保存 - 20 点 99 点
通信 なし USB 2.0
作動高度 海抜 3,000 メートル
保管高度 海抜 12,000 メートル
相対湿度 10 % ~ 90 % RH 30°C まで、結露なきこと
作動温度 0°C ~ 50°C 0°C ~ 50°C
保管温度 -20°C ~ 65°C -20°C ~ 60°C

11
56x
スタート・ガイド

機能 561 566 568

単 3/LR6 乾
単 3/LR6 乾電池 2 本(アル 電池 2 本、
電源 カリまたはニッケルカドミ または PC
ウム) 使用時の
USB 接続
レーザーとバックライト オンで 12 時間;レ
バッテリーの寿命 ーザーとバックライト オフで 100 時間、
100 % デューティサイクル(温度計オン)

機能 K 型熱電対プローブ(ビードタイプ)

測定レンジ -40°C ~ 260°C

12