命令文

English

1. 命令文
2. お願い・禁止・お誘いの文
☆ 命令文, and [or] ~.

命令文

1.命令文
命令文はその名の通り命令する文。ここでは人に何かを
命令する文と、それにお願いする文や相手を誘う文についても
勉強します。お願いは必ず覚えて、バンバン使いましょう。

命令文
1)Study English hard.
英語を一生懸命勉強しなさい。
2)Be quiet, Tom.
静かにしなさい、トム。

hard
:一生懸命
quiet

:静かな

英語の文には必ず主語が付いてたけど、上の例文では
主語がありません。それは、命令文では主語が必ず
「You(あなた/あなたたち)」になるので主語を書く必要が
ないから。
つまり、主語をなくして動詞の原形を文の先頭に持ってきた
カタチが命令文ってことになります。
動詞の原形、もとのカタチってなんでしょう。前に勉強した
「三単現のs」、覚えてます?動詞のおしりに「s」を
つけるんでした。これはもとのカタチじゃないですね。
命令文のときは、この「s」を取ったりして動詞だけを
文の最初にもってくればいいわけです。
2)では、命令文の後に「,」をおいて、うるさい「Tom」に
よびかけて、黙らせようとしています。最初の「Be」は
「is/am/are」、be動詞の原形です。be動詞の原形は「be」に
なります。「quiet」は「静かな」って意味の形容詞なので、
その前にbe動詞を入れないといけません。

戻って復習!!
三単現の"s"、
忘れていたら復習
です。

戻って復習!!
一度be動詞について
復習しておいたほう
がいいかも。

命令文

英語のカタチ
He studies English.
主語 動詞
Study English.
動詞の原形
⇒英語を勉強しなさい。

命令文「~しなさい。」は、
動詞の原形から始める。

チェック問題①
下の例文を命令文に直し、それを日本語訳しよう。
take a bath

1)He takes a bath early.
⇒(
) a bath early.
日本語(

;お風呂に入る
early

)

;早く
people

2)You are kind to old people.
⇒ (
) kind to old people.
日本語(

:人々

)

⇒答えは、
テキスト6ページ。

つぎのページからは、お願いや禁止(~するな)の表現を
勉強します。強調してしゃべるので、映画などでも
聞き取りやすいはずです。
2

命令文

2.お願い・禁止・お誘いの文
お願い・禁止・お誘いの文
1)Please give me your chocolate.
あなたのチョコレートをください。
2)Don’t touch me.
私にさわるな(さわってはいけません)。
3)Let’s go to the mountain.
‐Yes, let’s./ No, let’s not.
その山へ行きましょう。
‐はい、行きましょう。
/いいえ、行かないでおきましょう。

chocolate
:チョコレート
touch
:さわる
me
:私に、私を

mountain
:山

上の例文を見て、ややこしそうだと思った人!安心して
ください(^O^)/ぜんぶ、さっき勉強した命令文に飾りが
ついただけなんです。カタチで確認してみます。

英語のカタチ
Open the window.
Please open the window.
Don’t open the window.
Let’s open the window.

⇒窓を開けなさい。
⇒窓を開けてください。
⇒窓を開けてはいけません。
⇒窓を開けましょう。

知りたい!!
この命令文を使った

Please

Don’t

Let’s

+ 命令文.
「~してください。」
+ 命令文.
「~してはいけません。」
+ 命令文.
「~しましょう。」

3つの表現は「can」
や「will」などの
助動詞を使った表現
で言い換えられる
んです。

3

命令文

丁寧な文は文の最後に「,」をつけて、「please」を
最後にしてもいいです。(Open the window, please.)
「Let’s ~.」の文には「Yes, let’s.」か
「No, let’s not.」で答えることができます。

チェック問題②
下の()を埋めて、次の日本語を英文に直そう。

eye
:眼

1)(あなたの)目を開けてください。
(
) open your eyes.
2)私のチョコレートを食べてはいけません。
(
) eat my chocolate.
3)明日サッカーをしましょう。
(
) play soccer tomorrow.

soccer
:サッカー
tomorrow
:明日
⇒答えは、
テキスト6ページ。

4

命令文

プラスのチカラ
いろんなカタチの命令文を勉強したけど、ただお願いした
だけじゃあ、動いてくれない相手もいます。そんな人にも
納得してもらえるような言い方を、見てみましょう。
Run fast, and you will get catch the bus.
⇒速く走りなさい。
そうすれば、あなたはバスに間に合うでしょう。
Run fast, or you will miss the bus.
⇒速く走りなさい。
そうしないと、あなたはバスを逃すでしょう

fast
:速く
catch + 乗り物
:~に間に合う
miss
;①見逃す

②~がなくて、

「命令文 + and ~.」で「命令文、そうすれば、~。」と
いう意味になり、「命令文をしたらどうなるか」を伝える
ことができます。「and」の後は、いいことが続きます。

さびしく思う

逆に「命令文 + or ~.」で「命令文、そうしないと、~。」
になり、「命令文をしなかったらどうなるか」を伝えることが
できます。 「or」の後は、悪いことが続きます。
これでほほえみながら、お願いすれば、きっとお願いを
聞いてくれるはず(-.-)

5

チェック問題の答え

チェック問題①
1)He takes a bath early.
⇒( Take
) a bath early.
日本語( 早くお風呂に入りなさい。

)

2)You are kind to old people.
⇒ (
Be
) kind to old people.
日本語( お年寄りに親切にしなさい。

)

命令文へ書きかえる問題なので、主語を省いて動詞の原形で
文を始めます。命令文の日本語訳は「~しなさい」。
2)では「are」はbe動詞なので、be動詞の原形「be」を
使います。

チェック問題②
1)(あなたの)目を開けてください。
( Please ) open your eyes.
2)私のチョコレートを食べてはいけません。
( Don’t ) eat my chocolate.
3)明日サッカーをしましょう。
( Let’s ) play soccer tomorrow.
1)は、日本語訳が「~ください。」と丁寧な文になって
いるので、「Please + 命令文」を使います。
2)は、日本語訳が「~いけません。」と禁止している文
なので、「Don’t + 命令文」。
3)は、日本語訳が「~しましょう。」と誘う文になって
いるので、「Let’s + 命令文」を使います。

6

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful