You are on page 1of 1

〔Technical Data〕

〔技術データ〕 金型に利用できる表面処理法 General Dimensional Tolerance Excerpt from JIS B


0405/0419(1991)

■表面処理の種類 1. General dimensional tolerance of cutting 


JIS B 
0405−1991
めっき CVD PVD TRD
窒 化
ボライ
溶 射 肉 盛 Length dimensional tolerance(excluding chamfered parts) Unit: mm
硬質クロム ニッケル一燐 ディング 熱CVD プラズマCVD イオンプレ 溶融塩法 流動層炉法
ーティング Degree Standard dimension
TiC,TiN
Fe 2−3 N FeB TiC,TiN VC,NbC VC,TiC Ni-Cr-B-Si ステライト、
表面層 Cr Ni-P アモルファ TiN,CrN 0.5 (1)
Over 3 Over 6 Over 30 Over 120 Over 400 Over 1000 Over 2000
Fe 4 N Fe2 B TiCN,W2 C Cr-C,VN Cr-C,TiCN Ni-Cr-B-Si-WC 同 左
スカーボン to 3 incl. to 6 incl. to 30 incl. to 120 incl. to 400 incl. to 1000 incl. to 2000 incl. to 4000 incl.
Symbol Explanation
①粉末中
①ガス中 ①ガス炎、棒、粉末
加熱 Tolerance
加熱 ②溶融ソ ①溶融塩 プラズマ のガス炎、
水溶液 水溶液 ②溶融ソ ルト浸漬 ガス中 減圧ガス中 減圧窒素 浸漬 粉末流動 による溶 アークな f Fine ±0.05 ±0.05 ±0.1 ±0.15 ±0.2 ±0.3 ±0.5 −
施行方法
中電解 浸漬 ルト浸漬 ③溶融ソ 加熱 放電 ガス中 ②溶融電 層中加熱 融粉末の どによる
③減圧ガ ルト電解 解 吹付け後 溶融金属 m Medium ±0.1 ±0.1 ±0.2 ±0.3 ±0.5 ±0.8 ±1.2 ±2
ス中放電 ④ガス中 再溶融 の盛上げ
加熱 c Coarse ±0.2 ±0.3 ±0.5 ±0.8 ±1.2 ±2 ±3 ±4

面 50∼80 60∼100 500∼600 600∼1000 800∼1100 400∼600 400∼600 (800∼1200) (800∼1100) 1000∼ 鋼の融点近傍 v Very coarse − ±0.5 ±1 ±1.5 ±2.5 ±4 ±6 ±8
施工時の 500∼600 500∼650 500∼650 1100
母材温度(℃) 中 ①②同上
心 同 上 同 上 ③200∼500 同 上 同 上 同 上 同 上 同 上 同 上 500∼900 300∼900 Note (1)
:Tolerance for standard dimensions of less than 0.5mm shall be specified individually.

①100∼200 小面積ごとの被覆のため、
Length dimensional tolerance in chamfered parts 3. Tolerance of angle dimension
2. 
所要時間 1∼5 1∼5 1∼4 4∼8 1∼2 2∼4 0.3∼8 0.3∼8
②③1∼8 品物の大きさによる。
層厚さ
(μm) 20∼50 20∼50
10∼20
(化合物層) 50∼500 3∼15 1∼5 1∼5 3∼15 3∼15 500∼2000 2000∼5000 (corner roundness or chamfer dimension)Unit: mm Unit: mm
歪み発生
小 小 中 大 大 小 小 大 中∼大 大 大 Degree Standard dimension Degree Shorter side of corner
の危険性
Over 10 Over 50 Over 120
局部被覆 可 能 可 能 可 能 可 能 不可能 可 能 可 能 可 能 不可能 可 能 可 能
0.5(1) Over 3 10 or less Over 400
Over 6 Symbol Explanation to 50 incl. to 120 incl. to 400 incl.
母材硬化
処理後再加熱
処理後再 Symbol Explanation to 3 incl. to 6 incl.
処理前ある 処理前ある
処理前 処理前 処理前 して、あるい 処理前 処理前 処理と同時 処理と同時
いは処理時 いは処理時 Tolerance
熱処理 加熱して
は処理と同時 Tolerance f Fine
必要性 時に必要 一般に不要 一般に不要 一般に不要 一般に不要 一般に不要 一般に不要 一般に不要 一般に不要 必 要 必 要 f Fine ±1° ±30′ ±20′ ±10′ ± 5′
後 m Medium
加 ±0.2 ±0.5 ±1
工 研 削 m Medium
方 法 ラッピング ラッピング ラッピング ラッピング ラッピング ラッピング ラッピング ラッピング 研 削 研 削 c Coarse ±1°30′ ± 1° ±30′ ±15′ ±10′
ラッピング
c Coarse v Very coarse ±3° ± 2° ± 1° ±30′ ±20′
PVDより良 ±0.4 ±1 ±2
厚さ均一性 不 良 良 良 良 良 不 良 良 良 著しく不良 著しく不良
CVDより不良 v Very coarse
各種金属 鉄鋼、Ni合金、 各種金属
母   材 同 左 鉄鋼 Co合金、 同 左 同 左 同 左 同 左 同 左 各種金属 Note(1): Tolerance for standard dimensions of less
非金属 超合金など 非金属
than 0.5mm shall be specified individually.
参考文献 型技術(1990.9月号)
■金型材料と熱処理の関係 4. General tolerance of perpendicularity
JIS B 0419 −1991 Unit: mm
熱処理の種類 使用材料 熱処理方法 ポイント
Nominal length on shorter side
Over 100 Over 300 Over 1000
構造用合金鋼 ガス軟窒化・塩浴窒化 ⃝変寸少ない Degree 100 or less
(560∼580℃) ⃝鏡面には不適当 to 300 incl. to 1000 incl. to 3000 incl.
炭素工具鋼
イオン窒化 ⃝変寸少ない Squareness tolerance
プリハードン鋼 (400∼570℃) ⃝鏡面部は再みがきが必要 H 0.2 0.3 0.4 0.5
表面処理 マルエージング鋼
PVD処理 ⃝変寸少ない
⃝耐摩耗性、離型性良好 K 0.4 0.6 0.8 1
合金工具鋼を調質 (400∼500℃)
⃝鏡面は強い被膜が得られる
L 0.6 1 1.5 2
13Crステンレス鋼 CVD処理 ⃝変形、変寸に注意
を調質 (800∼1200℃) ⃝耐摩耗性、耐熱性、
離型性良好

ガス炉
⃝適用鋼種の選択に注意
5. General tolerance of straightness and flatness
全体焼入れ 電気炉
⃝変形、変寸多い
JIS 
B 0419−1991 Unit: mm
構造用合金鋼 ソルトバス ⃝焼入れ後に加工が必要
Nominal area
炭素工具鋼 フレーム焼入れ
部分焼入れ ⃝局部的に焼入れができる Over 10 Over 30 Over 100 Over 300 Over 1000
レーザ焼入れ Degree 10 or less
焼入れ to 30 incl. to 100 incl. to 300 incl. to 1000 incl. to 3000 incl.
合金工具鋼
13Crステンレス鋼 ⃝耐摩耗性、耐圧強度が向上する Straightness and flatness tolerance
真空焼入れ ⃝鏡面性が維持できる H 0.02 0.05 0.1 0.2 0.3 0.4
高速度鋼 ⃝空冷鋼を選ぶ
K 0.05 0.1 0.2 0.4 0.6 0.8
焼入れ+ 焼もどし抵抗の高い材料を ⃝耐摩耗性がもっともよい L 0.1 0.2 0.4 0.8 1.2 1.6
焼入れ後に表面処理
表面処理 高硬度に焼入れしたもの ⃝多量生産、エンプラに適す
参考文献 型技術(1989.10月号)

1119 1120